(What's So Funny 'Bout) Peace, Love, and Understandingという曲とボクが出会わなかったわけ。

【2017年5月15日(月)】

 毎度おなじみ、東中野の音楽酒場「じみへん」のロック・デーに参加す。

 写真は、このハコの常連たちの編成による激辛ロックン・ロール・バンド「じみへんオールスターズ」の面々。ドラムスには、元169.png「Black Sea」のリード・ギターのギルバートさん(fromスイッツァランド。写真、右から二人目)が参戦。

e0358504_21005359.jpg
e0358504_21010094.jpg

 この日、このバンドのステージで、ギター&ボーカルの169.pngりばでぃらんさんが歌った日本語の歌が、ボクのハートに突き刺さったのである。 
 「誰の曲だっけ?」とボクが問うと、すかさず誰かが、「エルビス・コステロ!!」と答え、続いて、「作ったのは、ニック・ロウだ」と声がかかる。

 その日本語の歌詞は、りばさん自身が訳しおろしたとのことである。

 そして、そのあと、ここにはいなかった別の音楽仲間に確認したところ、曲は、

(What's So Funny 'Bout) Peace, Love, and Understanding

 であることがわかったのだった。

 で、さっそく、you tubeでも調べてみたら、ニック・ロウとデイブ・エドモンズが在籍していた英吉利のパブ・ロックバンドであるBrinsley Schwarz(ブリンズリー・シュウォーツ)の映像が出て来ましたがな。しかも1974年だ。



 そんでもって、エルビス・コステロ&ジ・アトラクションズもこの曲をカバーしていることがわかったので、さらに調べてみたら、1979年リリースのアルバム169.png「Armed Forces」の亜米利加盤にこのカバー曲が入っているというではないか!!



 あのですね。21歳の頃、ボクはこの「Armed Forces」を渋谷に出来たばかりのタワーレコードか、同じく渋谷にあった外盤屋の「SICCO」のどちらかで、新譜で買ったはずなんですが、英吉利盤だったからなのか、この曲は入っていなかったのです。

 じゃによって、いまのいままで、ボクはこの曲の存在を知らないで生きてきておったんすよ。

 おまけに、ボクは、英吉利のパブ・ロック・シーンには、とんと疎(うと)いので、二重、三重ににこの曲との出会いが遅れたってわけなんすわ。

 不覚なり。

e0358504_21034793.png

 余談ながら、この曲をりばさんが日本語に訳した歌は、誠に失礼ですが、ボクには中川五郎さんの日本語訳の歌詞よりも響いたのだった。



 そして、いまのボクは、何としてもこの曲を、りばさん訳の日本語の歌詞で歌いたいという初期衝動から逃れられないのである。

【追伸】
 ブルース・スプリングスティーンがE・ストリートバンドとやっている映像も見つかりましたぞなもし。ボニー・レイットなんかの顔も見えますがな。
 ブラスが入っているので、ボクはこのバージョンのグルーヴが一番気に入っていますね。




[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-05-22 21:05 | 音楽とわたくし | Comments(0)

花の命の短さとわたくし、そしてキミのことなど。

【2017年5月13日(土)】

 終日、雨なり。 

e0358504_20303015.gif
 沖縄地方は梅雨入りしたとのニュースが。
 せっかく冬が終わって春が来て、さわやかな初夏を迎えたとたん、雨期かよ。

 さて、178.pngちょうど1週間前に撮った地元の公園に咲いたつつじの写真は、晴れていた時に撮影したので、情緒に乏しいと感じていたのである。
 そこで、この雨を幸い、にいわゆる〝濡れた写真〟を取りに件(くだん)の公園に出向いたところ、何と花は枯れていたのだった。

e0358504_20325167.jpg
e0358504_20330801.jpg
e0358504_20325903.jpg

e0358504_20384883.jpg


 花の命は短いことを思い知った雨の日の出来事だったのである。 

 あのさ、キミはその時、どこで何をしていた?

(´・ω・`)?
 


[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-05-16 20:33 | 花とわたくし | Comments(0)

「炭火焼干物定食 しんぱち食堂」とわたくし。

【2017年5月11日(木)】

 あいかわらず両膝の状態がよくないのォ~。
 きのうから、杖を使っての通勤となりぬ。
 医者から処方された飲み薬も湿布薬も気休めで、いっこうによくならにゃいのねんのねん。
 自然治癒を待つばかりなのでありんすわ。

 じゃによって、昼時のお食事の店選びは、ついつい階段を徒歩で上(のぼ)り下(お)りする必要のない店に限定されるのだ。

 で、先日見つけたのが、「炭火焼干物定食 しんぱち食堂」というチェーンの、職場近くの店なのだ。
 いいね~、焼き魚。
 3日間連続で通っているのである。

e0358504_20430222.jpg

 んがしかし、いいことばかりありゃしない。
 このお店の店員に、ハスキーボイスでおまけに地声の大きいおばちゃんがひとりローテーションで入っているんだけど、声音(こわね)の悪い女は、飲食店で勤労させてはイケないね~。
 せっかくの楽しいお食事気分がご飯が台なしになっちゃうんすよ。
 


[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-05-11 20:43 | 食べローグ | Comments(0)

GWの尻尾にしがみつけ!!

【2017年5月7日(日)】

 気がつけば今年のGWもけふで終わりである。
 3日(水)から休んでいるので5連休なのだ。
 夏日が続いている。きのうよりも暑いなり。じゃによって、わが家では、この日こたつを撤去したのだった。

 知り合いのおっちゃんらと厚木方面の温泉に遠出をする予定だったが、両膝痛による歩行障害でそれを断念し、自宅に潜伏。

 淡々と過ごしたGWだったが、このまま指をくわえて終わりを待つのも何だかもったいない気がして、歩行器代わりのチャリの前かごに、ハイボール缶とおつまみを乗せて、近所に流れる川の周りにある緑地帯に出向く。
 現場に到着したのは、夕方の5時近くになってからだった。そこで、〝ひとり酒場〟を開店す。

e0358504_20192292.jpg
e0358504_20195901.jpg
e0358504_20200883.jpg
e0358504_20203253.jpg
e0358504_20204642.jpg

 それにしても、川は、いいね~。
 川のそばにいると、海よりも内省的な気分になるから、ボクは川が好きである。

 そんなボクが歌える川をテーマにした曲は、この4曲である。

 ●The River/Bruce Springsteen
 ●Pissing in a River/Patti Smith
 ●London Calling/The Clash
 ●きょうボクは川には行かなかったよ/きょうボクは阿佐ヶ谷には行かなかったよ(オリジナル)

 それにしても、気がつけば今年もほぼ半分終わりですがな。
 夏は短く、うかうかしていると、あっという間にまた冬に逆戻りなのだ。
 キライだな~、北半球。

e0358504_03131356.jpg


[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-05-10 03:15 | 自分遺産 | Comments(0)

自宅の近所にある四方をつつじに囲まれた公園について。

【2017年5月6日(土)・

 いきなり夏日である。
 と申しますのも、今年の立夏が5月5日(金)とのことなので。

 さて、陽気にさそわれ、夏にふさわしく、Tシャーツ、半ズボン、ギョサン姿で外出。
 ただし、このところ、両膝の具合が悪く、歩行器代わりのチャリにまたがってのことである。

 藤、つつじ、ジャスミン、その他、色とりどりの花々が、町々のそこここに咲き誇る。緑は萌え狂っているし、いや、いい季節になったよね~。

 ん!?

 いまの家を居所に選んで今年で20年を迎えるはずだが、自宅の近所にあるこの公園の中に、四方がつつじに囲まれた一角があることは、いまのいままで気がつかなかったのであ~る。
 というわけで、公園内に入って写真を撮りまくる。
 んがしかし、あんまり臨場感を伝える写真にはならなかったようで残念なり。

e0358504_20124047.jpg
e0358504_20125053.jpg
e0358504_20130150.jpg
e0358504_20130936.jpg
e0358504_20131742.jpg
e0358504_20132744.jpg
e0358504_20133982.jpg


[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-05-10 03:10 | ご近所アーカイブ | Comments(0)