荻窪駅前に五百羅漢を見た。

【2015年11月19日(土)】

 笹沢佐保作の「木枯らし紋次郎」を想起させるタイトルである。

 古っ!!

 いまとなっては、ほとんど通用しないネタである。

 さて、朝から氷雨が降り続いている。057.gif
 まさか雨になるとは、まったくの想定外なのだった。この日は、かねてからチャリで吉祥寺に出掛ける用事を計画していたのだが、この雨で台無しにされた格好である。

 午後から雨はやんだものの、寒い。

e0358504_12532352.jpg

 夕方、親しい方と、JR荻窪駅南口にある天然温泉「なごみの湯」に行く。
 館中に入ると、受付に客が行列を作っているのには驚いた。ここに通って数年になるのだが、こんな光景ははじめてだ。

 それに、サウナに入ろうとしてドアを開けてギョッとした。
 当たり前だが、室内は裸のおっさんだらけで満杯。しかも、サウナ特有の暗いオレンジ色のライティングと木肌の感じから、一瞬、五百羅漢像を連想させて、思わずドアを閉めて退散し、そそくさと別の湯に浸かりに行ったのだった。

e0358504_132270.jpg

 体の心から温まり、館内の食事処で酒を飲みながら食事をして、湯屋を辞す。
 
 家路につく途中、地下鉄への連絡口で見えた麻雀屋のかなり大きな看板。
 最近、麻雀に親しみ始めたのだが、そうなると、まちのあちこちにある麻雀屋の存在に気づく。まだ、商売になるのだろうかと、大いに気になるのである。

e0358504_13105218.jpg

 それにしても、「リーチ麻雀」って書いてあるけど、どういうスィステムなのであろーか。一人で入るとカモられて丸裸にされ、借金まみれにされそうな場所である。

 コワい~。
[PR]
by misaochan3x7 | 2016-11-20 13:10 | 自分遺産 | Comments(0)


<< 「えび寿ベーグル」で買い物。 D幸住宅が転がしたあの土地のいま。 >>