盧 佳代(ノ カヨ)さんライブに行って来ました。

【2016年12月3日(土)】

 泣いても笑っても12月である。
この日、東武日光線新古河(しんこが)駅にある060.gifレコードライブラリー&カフェ「シャムロック」で開催される盧 佳代(ノ カヨ)さんライブに赴く。

e0358504_2150073.jpg

 新古河発上陸。

e0358504_21572376.jpg

 自宅を出たのが12時過ぎ。店に着いたのは、約3時間後の15:30過ぎなのであった。

 Oh,too far!!

 住所は、埼玉県加須市柏戸3-1。
 埼玉県でありながら、電車は利根川を越えたのだった。アメイジング!!

e0358504_2155480.jpg
e0358504_21582293.jpg

 店内撮影は禁止なのか、ステージにカメラを向ける人が誰もいないので、ボクも遠慮して、今回はステージ写真なしなのであります。

 ちなみに、お店のホームページによれば、

 「お店の売りは、1万枚のレコードと5千枚のCD(60~70年代ロックを中心に、オール・ジャンル)を自由に聴くことができること。また、1967年頃からコレクションしている音楽雑誌や音楽に関する書籍も多数揃えており、自由に読むことができる。」

 とのことである。

 ライブ終了後、交流会となり、お店のレコード棚からElvis Costelloを選んでかけてもらう。
 この日、ボクが聴きたかったのは、〝Watching The Detectives〟だったのだ。





 この曲、店にあった「Armed Forces 」に入っているのかと思いきや、入っておらず、やむを得ずこのアルバムを聴くことにしたのだが、30数得年振りにレコードを聴き返してみて、あらためて気付かされたのは、デビュー当時、パンク・ニューウェーブのアーチストであったことにかき消されていた彼の資質は、最初からメロディー・メイカーとして有能だったってことだったんだ!!

e0358504_2265559.jpg
e0358504_227949.jpg

 あとであらためて調べたら、Watching The Detectivesは、デビュー・アルバム「My Aim Is True1977」に収録されていたのである。

e0358504_22121096.jpg

 そうか、このアルバムも、リリースされたばかりの時に、たぶん渋谷の「SISCO」って外盤専門のレコード店で買ったはずだが、どんな曲が入っていたのか、すっかり忘れてるな~。
 それにしても、デビュー・アルバムで、すでにこの水準に達していたのか!!
 つくづく恐るべし、らElvis Costello!!
[PR]
by misaochan3x7 | 2016-12-07 22:07 | 音楽とわたくし | Comments(0)


<< お初の出会いに感謝しながら、三... あ、「サンクス」は「ファミマ」... >>