わんこたちのいない草津旅①

【2016年12月24日(土)】

 「親しくさせていただいている、なかを社長、いわたさん、そして、なかを社長の愛犬=柴犬のさくらとこもも母娘(おやこ)と車で行く1泊1万円の旅。」

 これが、われわれが2012年から始めた草津旅のすべてたっだのだ。

 072.gif2013年11月23日(土)▼
e0358504_14371098.jpg

 しかし、昨年の5月に母犬のさくらが逝き、そして、その母を追うように娘のこももがこの世を去ってしまい、われわれは旅の仲間を一気に2人失ってしまったのだった。 

e0358504_1345514.jpg

 というわけで、今回、彼女らのいない草津旅をして来たのだが、旅を終えたいまこのログを書いている現在、ボクにとって、さくら・こもも・草津は三位(さんみ)でセットであり、彼女らが欠けては草津旅は意味を成さないことが痛切にわかって悔いられるのだ。

e0358504_13463634.jpg

 もう、しばらく草津には行けないな。なぜなら、この場所は、もはや彼女たちと行かなければ楽しくない場所になってしまったことがわかったからなんだ。
 わんこ抜きのこのチームでの車旅をするなら、これからは、わんこたちと行ったことがない土地を旅するしかない。
 南無三。

e0358504_1347460.jpg
e0358504_13482060.jpg
e0358504_1348406.jpg
e0358504_1349188.jpg

 前に何度かわんこたちと泊まったことのあるお宿。

e0358504_146719.jpg
e0358504_1462699.jpg
e0358504_1464524.jpg

 前に来た時は、お宿の前に駐車場やドッグ・ランはなかったよな。

e0358504_1475765.jpg
e0358504_1481782.jpg
e0358504_1484092.jpg

 お宿の周辺には、民家やリゾート・マンション、ホテルなんかがあるのだ。

e0358504_1495974.jpg
e0358504_14102455.jpg
e0358504_14104383.jpg

そうか、世間はクリスマス・イブなんだよな。

e0358504_147947.jpg

 午後3時過ぎにチェックインし、しばらく休んでから、お宿の送迎で大型の露天風呂である「西の河原」に行くことに。
 今回は、山の上から下りているルートで行くことにしたのだった。

e0358504_14152647.jpg
e0358504_14154847.jpg
e0358504_14161136.jpg
e0358504_1416299.jpg
e0358504_14165013.jpg
e0358504_14171628.jpg
e0358504_14174029.jpg
e0358504_1418079.jpg
e0358504_14202281.jpg
e0358504_14203934.jpg
e0358504_14205768.jpg
e0358504_14211861.jpg
e0358504_14214050.jpg
e0358504_1422178.jpg
e0358504_14222370.jpg
e0358504_14241830.jpg
e0358504_14243550.jpg
e0358504_14245676.jpg

 今回、草津の湯は、白根山に降った雨が地中に浸み込み、ミネラルを取り込みながらマグマの熱で熱せられ、約30年かけて流れ込んできた湯だと初めて知ったのである。
 パンフには、「諸説あり」と記されているのだが、納得いく説であると思うのさ。

e0358504_15361838.jpg

 湯量が豊富で強酸性の熱い草津の湯を知ってしまうと、もうほかの温泉の湯には入れないのである。
 湯から出て、湯畑の近くにあるお好み焼きやで晩ご飯を食べ、お宿の車に迎えに来てもらい、宿に戻って就寝す。

e0358504_15251358.jpg
e0358504_15253946.jpg

 毎回、同じことを書いて進歩がないのだが、神社のライトアップやキャンドル、歌のステージなど。

 しゃらくさいわぁ~。大衆迎合。


 この湯を愛して止まない立場の者としては、ふつうに素朴な温泉街の趣きを楽しみたいんすよ。この湯のまちで生きて生活の資を得なければならない地元の人に思惑はあるにしてもね。

e0358504_1526085.jpg
e0358504_15262356.jpg

e0358504_14295828.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2016-12-28 07:28 | トラベローグ | Comments(0)


<< わんこたちのいない草津旅② 「憲法フォークジャンボリー i... >>