すでに勝てもしないこの国のこのダメな感じを思いながら、鰊蕎麦を啜る大晦日の夜の巻。

【2016年12月31日(土)】

 四角い部屋を丸く掃く風に、部屋に溜まった埃をダイソンに吸わせて、あっという間に大掃除終了だ。
 
 夜、「紅白歌合戦」を観ながら、先日、平和島で調達して来た鰊の甘露煮を乗せた年越し蕎麦を食して過ごす。

e0358504_6333212.jpg

 それにしても、還暦を越えた郷ひろみを起用する意味と価値というものが、この世にはまだあるのであろうか。

 そして、視聴者と会場の観客の票では、圧倒的に白組優勢の中、会場審査員票の開票の結果、紅組優勝と決まったある種〝逆転優勝〟の瞬間の有村架純の唖然とした表情に、同じ思いを感じた日本国民は多いのではあるまいか。
 世間では、こんなやり口を〝いかさま〟というのだが、国民放送局である日本放送協会=NHKではまったく通用しないご様子。あな恐ろしや。

e0358504_17163942.jpg

 それにしても、敗戦国民を歌で励ますために始まった「紅白歌合戦」。相変わらずショーアップからは程遠いこの泥臭さが消えない限り、ジャポンのエンターテインメントは、一等国にはなれないね~。
 っていうか、明治開国以来、われわれジャップは、わが国が一等国だと思い続けて生きて来たのだが、これだけ貧困が広がっていては、どうにもならないよね~。

 経済は大事なことなんだろうが、資本主義を超越したスタンダードで、誰もがしあわせを感じる国にならなければ、一等国とはいえないし、そもそも、一等国でなくても全然いいので、政治家や役人だけがウマい汁をチューチュー吸い続けるこの国のシステムだけは、どうにかすべきだろう。

 民主主義ってヤツと、これとセットになった選挙ってヤツが、そもそもインチキの元凶で、政治家や役人どもの育つ〝悪の温床〟であるこの制度を滅ぼさないとね~。

 敗戦ですべてを新しくすべき時にそれが出来なかったのなら、ジャポンはもう一度敗れるべきだわね。
 ん!?再び勝負に徹する前に、すでに勝てもしないこの国のこのダメな感じとは、一体何なのか。
[PR]
by misaochan3x7 | 2017-01-01 07:05 | 自分遺産 | Comments(2)
Commented by kink at 2017-01-01 23:59 x
あけましておめでとうございます。
ニシン蕎麦でしたか〜同じですね。
年末はよく京都で過ごし、いつもニシン蕎麦を食べてました。
しばらく年末の京都は行ってないです。
「紅白歌合戦」なんかね〜という感じでしたね!
今年もよろしくお願いします。
Commented by misaochan3x7 at 2017-01-02 13:22
kinokoさん
今年もよろしくお願いします。
年末を京都で過ごすなんてかっこいい!!
京都の鰊蕎麦といえば、「松葉」ですか。


<< ある決心。2017年元旦の朝に。 日経電子版と三国志(横山光輝)... >>