オープンマイク放浪記@埼玉県加須市新古河「シャムロック」の巻。

【2017年4月23日(日)】

 オープンマイクを求めて全国各地を放浪するボク。

 この日は、家を出てから約3時間後、埼玉県加須市新古河(東武鉄道日光線)にある179.png音楽カフェ「シャムロック」に姿を現す。
 この店は、60~70年代のロックを中心に、LPレコード約1万枚、CD5千枚を自由に聴くことが出来るお店で、雑誌「レコード・コレクターズ」のストックも豊富なのだ。

e0358504_21250715.jpg

 店の前には田んぼがあり、カエルがゲコゲコと鳴くのどけさ。

e0358504_21253151.jpg
 そして、あの土手の向こうには渡良瀬川が流れているのだが、この店に着くのはいつもぎりぎりで時間がないのが実状なのだ。

e0358504_21254704.jpg
 いつか、あの土手の上に上がり、渡良瀬川の流れをこの目で見たいと思ってはいるこのボクなのである。

 さて、この日、ステージに上がった善男善女は、ボクを含めて7組。
 ほどよい規模での2曲回しは、出演者に2回のステージ・チャンスをもたらしてくれたのであった。

e0358504_21293520.jpg
e0358504_21294960.jpg
e0358504_21300524.jpg
e0358504_21301852.jpg
e0358504_21303531.jpg
e0358504_21324586.jpg
e0358504_21331963.jpg
e0358504_21333722.jpg

 この日、ボクが自アコギをかついで歌ったのは、以下の4曲なり。

 【1巡目】

 ●憎しみの川、かなしみの橋、にんげんのはしくれ(日本語のオリジナル曲)
 ●Welcome to the Machine/Pink Floyd(アコギによる展開)


 【2巡目】
 ●Time waits for no one/The Rolling Stones
 ●雨の御堂筋/欧陽菲菲
 <アンコール>(この日は、アンコールがお約束化したのだった(笑))
 ●21st Century Schizoid Man/King Crimson(アコギによる展開)


 アコギ展開による2曲のロック・カバー(Welcome to the Machine、21st Century Schizoid Man)の貴種性をわかっていただける聴衆(出場者でもある)が多く、実にやりがいのあるステージなのであった。
 また、セッションタイムでは、ボクの仕切りで、この2曲にチャレンジしたのであ~る。

 ●knockin' on heaven's door/Bob Dylan
 ●すきすきソング「ひみつのアッコちゃん」

e0358504_21340276.jpg

 おっと、このおにぎりセットは、店に着いた時腹ペコだったボクのために店の奥さんが作ってくださったお昼ご飯なり。

e0358504_21342795.jpg

 そして、オープンマイク終了後、懇親会開催。お店にいる全員で、店の奥さんの手づくりカレーを食べる。家庭の味のするカレーで、とてもウマかったです。
 おかわり自由だったので、遠慮するのは失礼だと思い、おかわりをする。

e0358504_21345715.jpg
 お客の女性が持参された青菜のおひたしも、青々としてみずみずしく、これもおいしかったのであります。

 大いなる満足感を得て店を辞し、駅に着くと夕暮れになったいたのだった。
 駅前にあるうなぎ屋。
 今度来るときは、ここでご飯を食べ、土手の上から渡良瀬川をながめることにしよう。

e0358504_21352755.jpg
e0358504_21354965.jpg
 帰宅したのは、夜9時半を過ぎていた頃だったなり。


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-04-26 21:37 | 音楽とわたくし | Comments(0)


<< 桜の次のお花がお待ちかね。 上野広小路のフォーク酒場「旅の... >>