利根川とわたくし。

【2017年4月30日(日)】

 奥さんの実家で一泊した朝、ふたりで墓参りをして帰京することに。

 帰りの道すがら、利根川を見たいと思って土手に登る。

e0358504_22341333.jpg
e0358504_22344014.jpg
 
 奥さんの実家があるこの土地は、埼玉県の北の端で、利根川を渡るともうそこは群馬県、というロケーションなのである。

 彼女と結婚することになり、挨拶のためにはじめてこの土地を訪ねたのは、1985年のことだった。
 結婚したのは、その年の夏だ。
 以来32年。その間、何度かこの地を訪れたものの、やがてボクだけ疎遠になり、この日久しぶりに利根川と再会したというわけなのである。

 びっくりしたのは、しばらく見ない間に河川敷が広がり、川がずいぶんと後退してしまったということだ。
 川はもっと近かったはずなのに!!

e0358504_22350257.jpg
e0358504_22352977.jpg
e0358504_22354548.jpg
e0358504_22360146.jpg
e0358504_22362731.jpg

 変わってしまうのは人の心だけではない。風景も変わってしまうのだ。


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-05-02 22:36 | 自分遺産 | Comments(0)


<< 自宅近くのリバーサイドでシエス... 奥さんの実家に行く途中の虹と夕... >>