「きっちん ひとくち」の閉店とわたくし。

【2017年5月5日(金)・

 午後、自転車を歩行器具がわりに、気分転換に阿佐ヶ谷に向かってチャリをこぐボクなのさ~。
169.png
 パール商店街の和菓子屋で豆大福を2つ買って、食べながら家に帰る。

 その途中、閉店した「きっちん ひとくち」の前を通る。

 ずいぶん前に、何人かとここでご飯を食べたことがあるのさ。

 確か、「東京みかん」でボクがナビゲーターをやった2003年3月9日(日)の「阿佐ヶ谷パン屋放浪記」の途中、お昼ごはんを食べに参加者と立ち寄った時ではないかと思うのだ。

 【みかんの活動記録】参照

  http://www.tokyomikan.com/index.htm

e0358504_15433707.gif





e0358504_15480267.jpg
e0358504_15481368.jpg
e0358504_15482360.jpg
e0358504_15483379.jpg
e0358504_15484137.jpg
 44年間、ここで営業されていたとのこと。
 てーことは、創業は1973年か。完全に〝自分史〟の範疇である。

 自宅からチャリで10分もかからず行ける店なのに、結局、一度しか行かず、売上に貢献出来なかった「きっちん ひとくち」。ボクの不義理をお許しください。

 さようなら。


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-05-07 15:43 | ご近所アーカイブ | Comments(0)


<< 阿佐ヶ谷の和菓子店「マスヤ」の... 1983年の細野晴臣。 >>