東武東上線北池袋駅で、めずらしくボッタクらない中国女の店でカラオケの巻。

【2017年6月18日(日)】

 上京40周年イヤーなんすわ♪

 で、この日、とある会合に参加するため、池袋4丁目のある会場を目指して歩く。
 まったくもって、お初の場所なり。
 そして、まったくもってお初の道すじなり。♪

 しかし、残念ながら、わけあってこの会合は流れたのだが、参加者のひとりの顔見知りのおっちゃんと、小雨の中、東武東上線北池袋駅を目指し、ふたりして歩き出す。

 上京40年にしてはじめて歩く池袋4丁目周辺のまちは、けっこう緑もあって、なかなかいい感じ。知らないまちを歩くってのは、楽しいものがありますな。162.png

 目的地の東武東上線北池袋駅を目の前にして、とある店の前にチャイナ服の女が立って客待ちしている姿に気をひかれ、即、入店。(笑)
 するとそこは、中国女が経営するカラオケ居酒屋だったのさ。
 
 で、1時間飲み放題1,000円というメニューを信じ、日曜日の昼日中(ひるひなか)、酒とつまみを頼みながら、カラオケ歌いまくりなのだ!!
 さらにもう1時間延長で、きっかり2時間を楽しむ。
 中国女にしては珍しくボッタくらない驚きの店なのであった。
e0358504_21233082.jpg
 そして、東武東上線北池袋駅で電車に乗り、数駅先の駅で下車。

 この駅は、いまは引っ越してしまった息子一家が以前に住んでいたまちの駅で、そのまちの商店街を酔っぱらっていい気持になりながら歩くわたしを感じていたのだった。
 179.pngこの商店街を、息子一家とよく歩いたもんだが、ああ、何だかなつかしいな。

 なんて思いながら、勝手知ったる道を千鳥足で、乗り換えの地下鉄の駅まで歩いたのだった。

[PR]
by misaochan3x7 | 2017-06-19 21:13 | トラベローグ | Comments(0)


<< この土地の持つ磁場は、この地べ... 煩悩に屈す。じみへん編。 >>