近所の空き地。そして、下北沢にあった「JAZZ喫茶 マサコ」と下北沢のことなど。

 最近、また近所に空き地が目立つよね。

 すぐ近所に見つけた、裏手にあるこの空き地もそうなのだ。
 ここにどんな建物があったのか、さっぱり思い出せないのだ。
e0358504_22140220.jpg
e0358504_22141554.jpg
 そして、阿佐ヶ谷に行く裏道にあるこの空き地には、179.png「ベトコンラーメン どさんこ」というテント看板を擁した廃ラーメン屋があったんだ。
e0358504_20184035.jpg
e0358504_20185298.jpg
 ボクが家族と杉並に引っ越してきたのが、確か1992年なんだけど、その頃からその廃ラーメン屋は、ずっとそのテント看板を残したまま、わりと最近まで姿を残していたのである。

 念のため、ネットで調べたら、恐ろしいことに画像が出てきましたよ。
e0358504_22162583.jpg
e0358504_22170874.jpg
e0358504_22160645.jpg
 しかも動画まで!!



 ところで、なくなった建物といえば、先日、ネットを漁っていたら、こんな画像が出て来たってわけなのである。
 下北沢にあった「JAZZ喫茶 マサコ」だ。

 大学が京王線の果てにあったので、下北沢にはよく行ったものである。二十歳前後の頃、背伸びしてこの店に数回行ったことがあるのさ。

 ロック小僧だったので、JAZZなんてさっぱり身に着かなかったんだけど。
 太った店主のマサコさんが、店の中で編み物をしていたっけ。
e0358504_22350310.jpg
 それにしても、社会人になっても何かあれば下北沢に飲みに行っていたある時期がうそみたいに、いまはもう、このまちに行くことはなくなってしまったな。
 なんで、あんなに下北沢に浮かれていたのだろう。

 いまは、幻のまち、幻の時間の下北沢なのだ。
 無縁まち、下北。


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-06-22 22:27 | ご近所アーカイブ | Comments(0)


<< 窓辺にならぶ3体の三毛猫。その... この土地の持つ磁場は、この地べ... >>