仮面ライダーアマゾンのこと。そして、石森章太郎、おまえはもう死んでいる。当たり前だが。

e0358504_22462139.jpg


 石森章太郎、おまえはもう死んでいる。

 いや、文字どおり、1998年に60歳で没しているのだが、先日買った「仮面ライダー2号&仮面ライダーアマゾン」(SPコミックス/リイド社刊)の「仮面ライダーアマゾン」は、ボクとしては、今回、初めて目にする作品だったので、思わず買ってはみたものの、石森章太郎名義の作品であるにもかかわらず、絵は全編完全にアシスタントまかせのひどい仕上がりで、よくも恥ずかしくもなく自分の名前を出せたものだと、いまさらながらあきれ果てるばかりのマンガなのである。

e0358504_22494931.jpg

 全5話で、179.pngテレビマガジンに74年11月号~翌75年3月号に連載された、いわゆるコミカライゼーション作品なのだとか。
 連載当時、石森36歳。
 すでにして、画業は死に体だったことが判明した。40年超ぶりに。(笑)
 そうなると、没するまでの24年間というのは、画家である本人にとっては、ピークの到来が早すぎた分、さぞやイバラの道であったろうと、察するに余りあるのである。
 晩年、マンガは「萬(よろず)画」だなんてことをいい出して、傍目(はため)にも気の毒なほど迷走していたっけな。
 60年代半ばの20代前半で書いた「マンガ家入門」、「続・マンガ家入門」で、全国の少年少女を、当時の最先端クリエイターである漫画家という職業に走らせた天才オーガナイザーのなれの果てなのである。
 南~無~。

e0358504_22334364.jpg
e0358504_22335076.jpg
e0358504_22335733.jpg

 ちなみに、「仮面ライダーアマゾン」は、TVでいえば、仮面ライダーシリーズの第4作として、1974年10月~1975年3月に放映されたとのことだが、さすがにこの頃のボクは、高校2年から3年にかけての年ごろなので、TVは観ておりませんな~。

 あのですな、仮面ライダーは、1号、2号のバッタが仮面ライダーで、あとのキャラはみな似非(エセ)過ぎて、とてもじゃないけど、仮面ライダーとはいえないのである。
 いまTVで放映されているのは、もう別モノの詐欺みたいなものだな。

e0358504_22422033.jpg
e0358504_22453757.jpg
 


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-07-12 22:35 | まんが道(みち) | Comments(0)


<< 十八番と書いて「おはこ」と読む... 高橋一生とブルースハープ。 >>