「9月1日問題」とわたくし。

【2017年9月1日(金)】

 あっという間に8月も終わり、けふから9月なり。学校は新学期か。

 世間では、見慣れない143.png「9月1日問題」といふ問題が浮上していることに気づく。
 こげな問題があるなんて、ついぞ知らなんだ。
 夏休みが終わって新学期が始まる9月1日、その日が恐怖でしかない子どもたちが、自ら命を絶つ。これが、「9月1日問題」だというのである。
 データが明らかになったのは2015年とのこと。 
 どうりで知らないわけだ。

 「もし、逃げ場がなければ、動物園にいらっしゃい」という8月30日付の上野動物園のツイッター投稿記事が胸を衝き、切なさで落涙しそうになる。
 動物は、敵から逃げるときは誰の許可もなく、脇目も振らず逃げるというのである。

e0358504_20280562.jpg
e0358504_20282262.jpg
 それに、「学校は命をかけてまで行くところじゃない」というメッセージは、いまだからこそわかるのだ。

 学校に行かずに自分を磨き学力を上げる方法や選択肢など、昔に比べたらいまはたくさんあることに気づくべきなのだ。
 いっそ、猫のように眠ることを基本に生きられたなら、人生はもっともっと素晴らしいものになるだろうな。
e0358504_20304231.jpg



[PR]
by misaochan3x7 | 2017-09-05 21:48 | 違和感とわたくし | Comments(0)


<< 3番目のお孫ちゃん(おのこ)と... 「経食道心エコー」初体験記。グ... >>