3番目のお孫ちゃん(おのこ)とその姉たちの記。

【2017年9月2日(土)】

 この日、無事退院した母子(3番目のお孫ちゃんと彼の母である息子のお嫁ちゃん)の様子を見に、奥さん運転の車に乗って息子一家を訪ねる。
 その名を琉誠(りゅうせい)という。
 凝り過ぎじゃーね~の。ま、いいけど。(笑)

e0358504_14144247.jpg

 彼らの住まいは、風通しがよくて実に気持ちがいい。この日は、湿気がなくて風が涼しい一日だったのだ。

e0358504_14081555.jpg
e0358504_14092774.jpg

 そして、眠っている琉誠をかたわらに、みんなで焼きそばとたこ抜き焼き(具材は、明太子、ネギ、チーズ)を作ってお昼ごはんなのだ。

e0358504_14155062.jpg
e0358504_14101401.jpg
e0358504_14105768.jpg
e0358504_14111948.jpg
e0358504_14121943.jpg

 余談だが、姉2人の子供部屋は、さながら女の園なり。

e0358504_14174103.jpg

 ああ、それにしても、4歳と2歳のこの女たちは、ナチュラルな写真を撮りたいと望むわたくしの思いなどやすやすと打ち砕き、誰が教えたわけでもないのに、カメラのレンズを向けるや否や、すかさずピースサインを送ってよこすのである。
 総ソーシャルネットワーク化時代である昨今の、ある種の“はやり病〟のように、自己アピールがスタンダード化して、彼女たちの無意識に入り込んでいるのだろうか。


e0358504_14191682.jpg

 さて、食事も終わり、ちょうどこの日の午前中に自転車に乗れるようになったという長女さくらの様子を確かめに戸外に出る。

 写真ではわかりにくいのだが、彼女が乗っている自転車は、超ピンクピンクした何ともピンキャバ嬢的なケバい車両デザインなのだ(笑)。
 これが、4歳のおなごが乗る自転車の〝いま〟なのである。いやー、勉強になるなー。
 でも、流行なんてすぐに古くなるんだけどね。

e0358504_14201869.jpg

 それにしても、4歳半にして早くも自転車に乗れるというのは早熟ではあるまいか。いきなり、よろけもせずに乗れるようになるなんて、大したものである。
 口も達者で長身のさくら。その姉の影響を受けて、妹のりおも2歳半にしては口が達者すぎるのだ。

e0358504_14212961.jpg
e0358504_14222882.jpg
e0358504_14225964.jpg

 そんな姉妹を子に持つ息子の大変さを思うと、お察ししますとしかいいようがないのである。そして、末弟の琉誠もね。
 南~無~。(笑)

e0358504_14232225.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-09-05 22:06 | お孫ちゃん物語 | Comments(0)


<< 水もれ甲介とジョン・ボーナムに... 「9月1日問題」とわたくし。 >>