オープンマイク放浪記@広島「トコナツ屋」の巻。

【2017年9月8日(金)】

 ボクは、ここ数年、地方に行く時にはネットで探したオープンマイクをやっている音楽酒場に出向き、店の置きギターで歌を歌いながら地元の音楽好きと交流することを無上の喜びとしている男なのであ~る。

 【オープンマイク放浪記<地方編>の過去ログはこちら

177.png【2014年11月1日(土)】函館初上陸/ライブ酒場「魂のフォーク 亀しょう」編。
177.png【2015年10月10(土)】香川県はうどんだけではないですよ。(5)<高松市内の音楽カフェでロック!!の巻>
177.png【2016年11月4日(金)】職員旅行で金沢に行って来ましたの巻(8)【金沢市片町「フォーク酒場ぷかぷか」編】。
177.png【2016年12月16日(土)】オープンマイク放浪記<博多編2016>。


 参考までに【オープンマイク放浪記<都内編>】169.png こちらです。

 さて、この日は、広島市内での仕事を終えると、定宿としているサウナに直行。
 TOKIOでいえば歌舞伎町に当たる風俗地帯のど真ん中にあるサウナで、ここの8階の屋上では、広島の空を見上げながら風呂に入ることが出来て、実に気持ちがいいのだ。

e0358504_16015447.png
 そして、ひと風呂あびて靴はサンダルに履き替え、すぐに外出。
 まずは、腹ごしらえにお好み焼きを食らい、それから目的のオープンマイクの店に向かうことに。
 それが、169.png「トコナツ屋」である。
 そういえば、秋は毎年中国地方に出張仕事があって、出張先は広島か岡山なのだが、ここ数年はずっと広島が続いているよな。
 それにしても、この広島でオープンマイクの店で歌うことを、どうしていままで思いつかなかったのだろうか。自分のことながら、不思議といえば不思議なことである。


e0358504_16021105.gif

e0358504_15360690.jpg
e0358504_15363149.jpg
e0358504_15365389.jpg

 さて、さて、ちょっと迷いながらも、なんとか目的地に到着。サウナからは徒歩で行ける距離なのだ。お店は2階なり。

e0358504_15373981.jpg

 すでに先客あり。マスターは、元釣り雑誌の編集者で、このお店をオープンしてから8年とのこと。
 最初は、鉄板焼き屋だったのが、ハワイ好きの方らしく、店にウクレレを置いておいたら、いつの間にか音楽好きが集まり、いまのように音楽酒場になって行ったたとのことである。
 ちなみに、鉄板のスペースは半分になったのだそうだ。
 ここで鉄板焼きが食べられるなら、さっき別の店でお好み焼きたべるんじゃなかったよな~。


e0358504_15442878.jpg

 店は照明が明るすぎて、ボクにはちょと不向きだなー。
 店いうんは、ある程度暗くなければね~。何ごとも陰翳いうもんが大事なんよ。隠したいものが隠せてはじめて、人間は大切なものを見せようとするもんじゃけえ。
 お客は常連の方ばかりで、一見客のボクは完全にアウェーなり。
 広島の人は、よくいえばシャイなのか、打ち解けるにはちょっと時間がかかる感じがしたんよね。
 でも、結局、閉店近くまではいたんだわさ。
 それというのも、最後は、この歌で締めなければ気が済まないボクなので。
 というわけで、店のお客のアコギ弾きとエレキベースを巻きこんで、“お約束”のこの歌を歌って締め、ようやく溜飲を下げて店を辞したのであった。




[PR]
by misaochan3x7 | 2017-09-10 15:52 | 音楽とわたくし | Comments(0)


<< 「発育ステータス」とわたくし。 阿佐ヶ谷のミニシアター「ユジク... >>