東芝凋落考。

 日本経済の絶頂期における質実剛健といった印象の東芝の広告。
 当たり前だが、絶頂期の日本なので、実に自信に満ちている感じなのだ。
e0358504_00502630.jpg
 そして、つい最近目にしたいくつかの新聞記事。
 気がついたら、巨大企業東芝は、あっという間に凋落していたのだった。
 177.png日経新聞 2017年10月20日(金)
e0358504_00503393.jpg
 177.png讀賣新聞 2017年11月23日(木)
e0358504_01435862.jpg
 177.png讀賣新聞 2017年11月26日(日)
e0358504_00523826.jpg
 その原因はどこにあるのか。
 それらの記事の断片から、さまざまなことを想像してみる。
 そして、この書籍の広告。177.png「テヘランからきた男」
e0358504_00511785.jpg
 それにしても、大企業であっても油断すると見る間に落ちていくのである。
 諸行は無常なのだ。

 177.png讀賣新聞 2017年12月10日(日)
   テヘランからきた男の死。
e0358504_21533770.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2017-12-03 23:31 | キャラ立ち | Comments(0)


<< じみへんロック・デー。ギルバー... カメラマン福田文昭さんのお誘い... >>