カテゴリ:お孫ちゃん物語( 16 )

さくらさんの幼稚園の「敬老会」に招待されて出向くのさの巻。

【2017年11月8日(水)】

 くん、くん、くん。時々自分の体から老人のにおいがすることに気づく瞬間がある。(実話)

 といふわけで、そんなボクに、そして奥さんに、この日、お孫ちゃんの長女さくらさん(4.8歳)が通う幼稚園から「敬老会」のインビテーションが届く。
e0358504_19324786.jpg
e0358504_19325526.jpg
 何を差し置いてもこれは行かねばとの強い決意で、スーツにネクタイを締めて、奥さん運転の車に乗って会場に向かうのだった。
 そして、現場に到着。
 なかなかユニークなつくりの園なのだ。
e0358504_19331656.jpg
e0358504_19332519.jpg
 会場であるホールに入ると、すでに満員の状態。ボクらはかなり後ろの席に着いたのさ。
e0358504_19333464.jpg
 で、お目当てのさくらさんの登場は、6番目なり。
e0358504_19340257.jpg
 あんまりやる気がないな、こいつという感じのステージだ。(笑)
e0358504_19343533.jpg
e0358504_19344686.jpg
e0358504_19345955.jpg
e0358504_19352233.jpg
e0358504_19353177.jpg
 終了後、息子一家とボクと奥さんの合計7人でファミレスに行ってみんなでお昼ごはんを食べて散会。
 正確にいうと、内ひとりは新生児なので、お母さんのおっぱいなのだった。

[PR]
by misaochan3x7 | 2017-11-11 19:36 | お孫ちゃん物語 | Comments(0)

さくらさんの運動会に行って来ましたの巻。

【2017年10月28日(土)】

 今年、年中組となったお孫ちゃんの長女さくらさん(4.7歳)が通う幼稚園の運動会に、奥さん運転の車に乗って行く。
 178.png昨年に続いて2回目だ。
 会場は、昨年と同じ、板橋区内にあるとある小学校の校庭を借りての開催だ。
 台風接近による雨天とのせめぎ合いで、やれるかどうかが危ぶまれたのだが、なんとか開催にこぎつけたられた様子。
 ただし、プログラムは大幅に圧縮されて、午前中で終了に変更となる。
(結果的にこの日は、午後も雨は降らなかったのだが)

e0358504_13164697.jpg
e0358504_13173896.jpg
 んがしかし、ボクはもう競技などには興味がなく、アリバイ的に会場にいて、息子一家の写真を撮っていただけなのさ。
e0358504_13180792.jpg
e0358504_13181859.jpg
e0358504_13182853.jpg
e0358504_13184032.jpg
e0358504_13185301.jpg
e0358504_13191823.jpg
e0358504_13193518.jpg
e0358504_13203125.jpg
e0358504_13204281.jpg
e0358504_13205636.jpg
e0358504_13210729.jpg
 会場には、お嫁ちゃんのお母さんも来場。残念ながらお父さんは出張が入って不参加となる。
e0358504_13212922.jpg
 終了後、息子一家の家に移動して、お嫁ちゃんが用意してくれたお弁当をみんなで食すの巻。
e0358504_13215575.jpg
 さくらさん、今年8月に生まれた弟の琉誠(りゅうせい=7か月)を抱っこしてすっかりお姉さんの風情なり。
e0358504_13222565.jpg
e0358504_13223940.jpg
e0358504_13225302.jpg

 177.pngPS.
 運動会の会場で、2番目のお孫ちゃん(りお=2.7歳)のめんどうを見ていた時、息子が彼女と同じくらい小さい時のことを思い出したのだ。
 もう、今から30年近く前のことさ。

e0358504_13233837.jpg
e0358504_13234994.jpg
e0358504_13235932.jpg
e0358504_13240970.jpg
 その当時ボクが感じていたのは、子どもと一緒にいる時間の間じゅう、ボクが自分のために使いたい大事な時間が奪われて、好きなことが何も出来ないことへの強い〝違和感〟だったのだ。
 りおと遊んでいて、そのことをふいに思い出したのさ。
 ひどく身勝手な父親のエゴだとは思うのだが、否定できない違和感なのである。
 それでいて、息子が家を出て行って独立したあとで、彼と一緒にいられる時間が極端に短いことにはじめて気づいて後悔を感じたりする自分の態度って、われながら度し難いことではあるんよね。


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-10-29 18:19 | お孫ちゃん物語 | Comments(0)

この日、息子の第3子(長男)の初参りと2番目の娘の3歳の七五三詣でに3家族が大宮神社に集うの巻。

【2017年9月30日(土)】

 この日、息子の第3子(長男)の初参りと2番目の娘の3歳の七五三詣でに、3家族が地元杉並区の大宮神社に集うの巻。
e0358504_13005372.jpg
e0358504_13010756.jpg
e0358504_13011622.jpg
e0358504_13012513.jpg
e0358504_13013361.jpg

 その3家族とは、息子一家(5名)、お嫁ちゃんのご両親(2名)、そして、うちら夫婦(2名)の合計9名なり。
 ご祈祷を受ける前に待機所でしばし時を過ごす。
 ちなみに、過去のさくらさん(お孫ちゃん=長女)とりおちゃん(お孫ちゃん=次女)の初参りの様子は、かくのごとくなり。 

179.png【2013年5月3日(金)・祝】さくらさん(お孫ちゃん=長女)の初参り①
179.png
【2013年5月3日(金)・祝】さくらさん(長女)の初参り②
179.png
【2015年5月2日(土)】りおちゃん(お孫ちゃん=次女)の初参り

e0358504_13020822.jpg
e0358504_13022062.jpg
e0358504_13023252.jpg
e0358504_13030970.jpg
e0358504_13032058.jpg
e0358504_13034142.jpg
e0358504_13041073.jpg
 そして、本殿に入りご祈祷を受く。(撮影厳禁なので、写真はありませぬ)
e0358504_13075049.jpg
 セレモニーを終えた3家族は、近くの寿司屋に移動して会食し、散会す。
e0358504_13082497.jpg
e0358504_13085451.jpg
e0358504_13093737.jpg
e0358504_13100842.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2017-10-02 20:14 | お孫ちゃん物語 | Comments(0)

3番目のお孫ちゃん(おのこ)とその姉たちの記。

【2017年9月2日(土)】

 この日、無事退院した母子(3番目のお孫ちゃんと彼の母である息子のお嫁ちゃん)の様子を見に、奥さん運転の車に乗って息子一家を訪ねる。
 その名を琉誠(りゅうせい)という。
 凝り過ぎじゃーね~の。ま、いいけど。(笑)

e0358504_14144247.jpg

 彼らの住まいは、風通しがよくて実に気持ちがいい。この日は、湿気がなくて風が涼しい一日だったのだ。

e0358504_14081555.jpg
e0358504_14092774.jpg

 そして、眠っている琉誠をかたわらに、みんなで焼きそばとたこ抜き焼き(具材は、明太子、ネギ、チーズ)を作ってお昼ごはんなのだ。

e0358504_14155062.jpg
e0358504_14101401.jpg
e0358504_14105768.jpg
e0358504_14111948.jpg
e0358504_14121943.jpg

 余談だが、姉2人の子供部屋は、さながら女の園なり。

e0358504_14174103.jpg

 ああ、それにしても、4歳と2歳のこの女たちは、ナチュラルな写真を撮りたいと望むわたくしの思いなどやすやすと打ち砕き、誰が教えたわけでもないのに、カメラのレンズを向けるや否や、すかさずピースサインを送ってよこすのである。
 総ソーシャルネットワーク化時代である昨今の、ある種の“はやり病〟のように、自己アピールがスタンダード化して、彼女たちの無意識に入り込んでいるのだろうか。


e0358504_14191682.jpg

 さて、食事も終わり、ちょうどこの日の午前中に自転車に乗れるようになったという長女さくらの様子を確かめに戸外に出る。

 写真ではわかりにくいのだが、彼女が乗っている自転車は、超ピンクピンクした何ともピンキャバ嬢的なケバい車両デザインなのだ(笑)。
 これが、4歳のおなごが乗る自転車の〝いま〟なのである。いやー、勉強になるなー。
 でも、流行なんてすぐに古くなるんだけどね。

e0358504_14201869.jpg

 それにしても、4歳半にして早くも自転車に乗れるというのは早熟ではあるまいか。いきなり、よろけもせずに乗れるようになるなんて、大したものである。
 口も達者で長身のさくら。その姉の影響を受けて、妹のりおも2歳半にしては口が達者すぎるのだ。

e0358504_14212961.jpg
e0358504_14222882.jpg
e0358504_14225964.jpg

 そんな姉妹を子に持つ息子の大変さを思うと、お察ししますとしかいいようがないのである。そして、末弟の琉誠もね。
 南~無~。(笑)

e0358504_14232225.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-09-05 22:06 | お孫ちゃん物語 | Comments(0)

息子に第3子誕生。今度は、おのこなり。

【2017年8月22日(火)】

 この日の午後、ボクの携帯に息子から、間もなく第3子が生まれるというメールがあり、その後、この写真が送られて来る。
e0358504_11522770.jpg
 で、その日の夜帰宅して、奥さんの運転する車に乗って産院へと向かう。
 新宿区中落合にある179.png「聖母病院」である。彼の姉2人もここで生まれたのだ。
e0358504_12482272.gif
 母子ともに健康。五体満足で生まれて来てくれただけで十分なのだ。
 お嫁ちゃんのお母さんも来られていたので、母子を病室に残してみんなで晩ごはんを食べにレストランに行き、解散。

[PR]
by misaochan3x7 | 2017-08-27 12:13 | お孫ちゃん物語 | Comments(0)

3人目のお孫ちゃんの誕生を目前に息子宅を訪問の巻。

【2017年8月19日(土)】

 3人目のお孫ちゃんの誕生を目前に、母である息子のお嫁ちゃんの様子と、姉であるお孫ちゃんたち2人をいじくりに息子宅を訪問。
 この日は外食せず、ホットプレートでお好み焼きと焼きそばを作ってみんなで食す。
 うまいなり!!

e0358504_11173082.jpg
e0358504_11174967.jpg
 出産予定日は、8月22日(火)である。男の子であることはわかっていて、名前はもう決めた由。何と名付けたか楽しみなり。むふふのふ。

 お嫁ちゃんの様子は元気そうで、おなかはかなり大きくなっている。

 そして、変顔で焼そばを食べる女。きみ、面白いよ!!

e0358504_11181854.jpg
e0358504_11183165.jpg
e0358504_11190034.jpg

 あのですね、たとえ息子の家とはいえ、所詮、他人の家なので2時間もいると飽きるんすよ。で、2時間したら、奥さんの車に乗って帰宅。
 ああ~、やっぱり自宅はエエっすわ!!


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-08-27 11:19 | お孫ちゃん物語 | Comments(0)

息子が娘にいう気の利いたセリフ。

 いうこと聞かない4歳の娘に向かって、ボクの息子がいうセリフは、なかなか気が利いているのである。
 (いうこときかなかったら)働いてもらうよ!!
 すると、娘は即座にこう答える。
 「いやっ!!」
e0358504_03251468.jpg
 4歳にしてすでにこの子は、働くことの本質を知っているのである。
 つまり、働くことは苦痛なのだ、人間にとって。
 誰でもが楽をして暮らしたいのである。

 それにしても、なぜ、人は働くのか?
 あるいは、働かなければならないのか?
 人それぞれに理由はあるだろう。同じ指紋がひとつとしてないように。

 ボクの場合は・・・。
e0358504_03300590.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2017-07-30 03:27 | お孫ちゃん物語 | Comments(0)

息子の家で両家の会食の巻。

【2017年7月16日(日)】

 息子の両親であるボクと奥さん。そして、息子のお嫁ちゃんのご両親。
 その2組の両親(4人)と息子一家(4人)が、息子の新居に集って、久々の食事会を催すの巻。
 前回、両家が一堂に揃ったのはいつのことだっけ。

 で、この日は、外食せずに、お家(うち)の中で手巻き寿司を作って食べることに。
 いや~、手巻き寿司は、作るのが簡単な上に楽しいから、やっぱりいいよね~。

 といふわけで、写真をアーップ。

e0358504_01340617.jpg
e0358504_01343048.jpg
e0358504_01344618.jpg

 さて、本日のアトラクションは、ボクが左手でコードチェンジをして音を変えながら、さくらさんとりおさんのお孫ちゃん姉妹が、2人がかりでピックを使って弦を掻き鳴らすアコギの〝連弾〟なり。

e0358504_01350676.jpg
 でも、169.png以前にボクの自宅で初めて試弾したときの方が、何だか楽しかったな。
 この日のウケがいまいちだったのはなぜだか、ボクにはよくわからない。

 ピアノを持ち出して弾き始め、歌い始めるさくらさん。そして、りおさんも歌い始める。
 ちなみに、小さくてもこのピアノは、KAWAI製だったのだ。

e0358504_01360739.jpg
e0358504_01362632.jpg

 やがて、お嫁ちゃんの4人姉妹のうちの3番目のシスターも合流。

e0358504_01365059.jpg
 楽しい時間はあっという間に終わり、散会となったのであ~る。

 それにしても、さくらも、りおも、両家の両親(彼女らにとっては、お父さん筋のおじいちゃんとおばあちゃん、すなわち、ボクとボクの奥さん。そして、お母さん筋のおじいちゃんとおばあちゃん、つまり、息子の嫁ちゃんのお父さんとお母さん)は健在だし、その先の両家の実家(ボクの実家とボクの奥さんの実家。そして、お嫁ちゃんのお母さんの実家)にも行けるし、彼女らの父親(つまり、ボクの息子)のいとこの家や彼女らの母親の姉妹らともつきあいがあり、親戚の交流関係がハンパなく、実にしあわせなやっちゃな~、って思うのである。


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-07-17 09:45 | お孫ちゃん物語 | Comments(0)

息子の新居で手巻き寿司の巻。

【2017年6月4日(日)】

 奥さん運転の車に乗って、息子の新居へ。
 この日は、外食はやめて、家で手巻き寿司を作って食べることに。
 簡単に作れて、みんなで食べると楽しいからね。178.png

e0358504_21563881.jpg
e0358504_21565528.jpg

 撮られていることを完全に意識している、妙に媚びた表情(写真右)。こやつ、いやらしいやつだな。(笑)

e0358504_22020888.jpg
e0358504_22400470.jpg

 そして、海苔だけを食べる女。おもろいやっちゃの~。あんた、肩ひも下がっとるがな。

e0358504_22403010.jpg

 食べ終わったあと、奥さんが持参した軟プラスチック製の大きなかごを子どもらに与え、きゃつらに部屋に散乱したおもちゃを片付けさせる。

e0358504_22405462.jpg
e0358504_22410647.jpg
e0358504_22411900.jpg

 そして、下の写真は、粘土遊びをしているのではなく、クッキーを作っているところ。粘土みたいに半製品化したクッキー生地があるのだ。
 適当な大きさにちぎって麺棒で延して平たくしたあとは、オーブントースターで焼くだけ。
 便利なものですな。

e0358504_22415578.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-06-15 22:46 | お孫ちゃん物語 | Comments(0)

新居に引っ越した息子一家を訪問しましたの巻。

【2017年4月16日(日)】

 息子一家が引越しをしたので、新居の様子を確かめようと、奥さん運手の車に乗って現地調査の巻。
 前よりもずいぶん広いお部屋なり。まだ荷物は片付いていない様子。

 いまから約30年前、息子がまだ幼稚園に通っていた頃、ボクら一家が親子3人で住んでいたそのまちに息子一家は居を決めたのである。

 そして、みんなで車に乗って、近くのステーキ・レストラン・チェーンに向かい、会食。

e0358504_20422889.jpg
 ドリンク・バーに、ビタミンCの爆弾といわれるローズヒップのティー・バッグがなかったり、サラダ・バーの野菜類が少々魅力に乏しかったりする以外、肉はおいしかったのであります。
e0358504_20424815.jpg
e0358504_20430001.jpg
e0358504_20431005.jpg
 また来てもいいかなと、おじいさんであるボクは思ったのだった。


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-04-26 20:46 | お孫ちゃん物語 | Comments(0)