カテゴリ:まんが道(みち)( 6 )

悲恋としての「あしたのジョー」。その恋愛 ドラマツルギー。

 没後30年。
 見た目のこわもてと比べて、実は、梶原一騎(1936年9月4日~1987年1月21日)の「血中乙女ロマン濃度」は、驚くほど高かったのではないかと気づく、いまのわたくしなのであ~る。

 吉屋信子の 「母もの」 をホワイトホールとすれば、その逆の吐き出し口であるブラックホールとは、梶原が「父性」に仮託した俗にいう「スポーツど根性ドラマ」といえるかも知れない。

 しかし、その一方で、梶原は「あしたのジョー」の中で、自身の「血中乙女ロマン濃度」を上げながら、168.png矢吹丈をめぐるふたりの女を「悲恋」に導くのだ。

e0358504_18442529.jpg

 そのひとりが、林紀子、紀(のり)ちゃんだ。

e0358504_10431634.jpg

 彼女の実家は、林商店(食料品店)である。丈と同じ少年鑑別所に入っていた168.png西寛一(丹下ジムでは丈の先輩格で、マンモス西)は、出所後、この店で働くことになる。

e0358504_13465695.jpg

 そして、力石徹の死後、丈にボクシングをやめさせようとした紀ちゃんの思いは、結局、丈には通じず、彼への秘めた思いを断ち切りながら、彼女は西と結婚し、林紀子から西紀子になるのである。

e0358504_13512559.jpg

e0358504_10441770.jpg

 西との結婚式での丈のスピーチが終わったあとの紀ちゃんのこの表情はこわい。
 何かを大きく諦め、そして何かを深く決意する冷たい女の顔である。
 ちばてつやの画力は、まさにこの時がピークだ。原作者としての梶原(この作品では、高森朝雄。以下、高森と記す。)は、おそらくこの表情までは指定していなかっただろうと思う。


e0358504_10521115.jpg


 そして、この表情に至るまでの、162.pngおさげ髪だった少女の頃の紀ちゃんのかわいさと痛ましさが、ボクの胸をしめつけるのだ。

e0358504_10595594.png
e0358504_11001918.jpg


 この作品で、高森の中にあるロマンチストとしての資質は、少女漫画家あがりだったちばの絵によって「血中乙女ロマン濃度」を上昇させ、見事に花開くことになる。

e0358504_11333308.jpg

 そして、高森は、この紀ちゃんに、少女ならではの胸が張り裂けそうな青春論を語らせるのである。
 それにしても、一体、この驚くばかりの繊細な乙女心の描写は何なのだ。
 私見だが、高森自身の中に流れている「血中乙女ロマン」が作用しているとしか考えられない。
 すなわち、これが、高森の中にある “おネエの思考” で展開される彼の作家的資質の開花なのである。

e0358504_11122963.jpg
e0358504_11123757.jpg
e0358504_11124587.jpg
e0358504_11125132.jpg
e0358504_12022977.jpg
e0358504_12025519.jpg
e0358504_12053798.jpg

 嗚呼(ああ)、このふたりの距離の取り方は絶妙だ。当時のちばの画家としての力量(原作の読み込み能力)の高さを物語っている。

e0358504_11132327.gif
e0358504_11202899.jpg

 そして、この青春論は、同じ高森作品である「巨人の星」(こちらの原作は、梶原一騎名義)でも、星飛雄馬によって展開されるのだが、悲しいかな川崎のぼるの絵柄では暑苦しくなるばかりで、いささかも昇華し切れていないのだ。

e0358504_14095412.png

 ところで、紀ちゃんが、男の世界であるボクシングの現場に足を踏み入れたシーンはわずかだがある。


e0358504_11483209.png
e0358504_11434818.jpg

 しかし、結局、そこに彼女の居場所はなかったのである。
e0358504_11445365.jpg
 そして、もうひとりのヒロインが、女だてらに男の世界であるボクシング興行を自らのビジネスとして選んだ白木財閥の令嬢にして白木ジム会長の168.png白木葉子だ。

e0358504_11530829.jpg
 力石徹の死後、丈を立ち直らせる手段として、紀ちゃんが丈にボクシングをやめさせようとしたのとは反対に、葉子はプロモーターとしてカーロス・リベラ戦を組むのである。

e0358504_14334738.jpg
e0358504_14340229.png
 
e0358504_12073335.jpg

 そして、高森は、この作品の最後に葉子にこう告白させるのである。
 キャラが原作者を追い詰めるのか。それとも、原作者がキャラを追い詰めるのか。
 いずれにしても、話の “流れ” というか “勢い” というのは恐ろしい。そして、何よりも、話をそうさせる時代の “流れ” というか “勢い” が恐ろしいのだ。

e0358504_12070114.jpg
e0358504_12075845.jpg
 ところで、葉子は、いまでいうキャリアウーマンのはしりである。
 彼女が丈への思いを口にして女心をさらしたあと、冷徹な実業家(プロモーター)としての彼女のキャリアにどのような変化があったのか。

 そんなことに、ボクは一切興味がない。
 なぜなら、ボクの関心は、結局、紀ちゃんにしかないからね。
 それに、富士額(ふじびたい)の女はボクは好きくないからさ~。

e0358504_13382181.jpg

 というわけで、何やら勇んで書き始めたこの論考も、最後は尻切れトンボで終わってしまうのだが、しかし、これでいいのだ。
 ただ、これだけはいい切れる。
 梶原一騎は、漫画で恋愛論、青春論を展開出来た昭和の大ロマン派の作家だが、さすがの手塚治虫もこのマネは出来なかったということだ。

 じゃ、またね、ブラザー!!

e0358504_13393705.jpg
e0358504_13405282.jpg
e0358504_13411722.png
e0358504_13414530.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2017-09-17 18:49 | まんが道(みち) | Comments(0)

雨の日は家にいて。そして思う、赤塚不二夫、手塚治虫のことなど。

【2017年8月16日(水)】

 お盆休み最終日。

 この日も終日雨で、外出といえば、雨が小やみになったスキに近所のスーパーにチャリで買い物に出かける程度なり。
 結局は、ずっと家にいたのだった。

 ところで、1995年、赤塚不二夫は還暦を迎え、漫画家生活40周年と合わせて祝賀パーティーを開いたのだが、この時、彼は壇上に赤でまとめたチャップリンのコスプレで登場したのである。

e0358504_10300013.jpg
 かくいうボクも、来年、還暦を迎えるに当たり、これを見た当時37歳のボクのことを書いておこうと思うんすよ。
 で、その時ボクは、「げっ、チャップリンかよ。なんてダサいセンスなんだろう」って、かなりの失望感を感じたことを覚えているのである。泣いても笑っても、22年後には自分も必ず60歳を迎える時が来ることはわかっていたのだが、あそこまでズレた感覚で生きていたくはないなとも思ったのだった。

 その頃の赤塚不二夫はといえば、アルコール依存症の悪化などから連載は減り、アシスタントの数もたいしたことなくて、もうほとんど過去の人だったのだが、還暦と漫画家生活40周年を記念して、フジオプロ黄金期のメンバーだった高井研一郎が発起人となり、あだち勉、古谷三敏、土田よしこ、とりいかずよし、北見けんいちなどの黄金期のメンバーに加え、現役アシスタント2名を含めた総勢30名が一堂に会し、当時下落合駅前にあった旅館「山楽ホテル」に3日間缶詰になって50ページのマンガを制作し、それを小学館の「ビッグゴドール1996年1月号」に載せるという特別企画も並行して行われていたのである。

e0358504_10394428.jpg





 「シェー教の崩壊」と題されたこの中編は、地下鉄サリン事件を起こしたオウム真理教を元ネタに、宗教団体シェー教の教祖となったイヤミを主人公として、赤塚キャラ総出演の大作を目指した作品である。
 ボクはこの作品が掲載された号を新刊で買い、今も家に保存してはいるのだが、この時、もはや作品には黄金期の生気はなく、そのこともボクを大いに失望させたのだった。

 そして、確かその3年後、ボクはその「山楽ホテル」が消失してしまう前にと、友人たちと一泊したことがある。
 また、このホテル(というか、旅館)の近くには、2階に板前さんを擁した宴会場を持つ銭湯があり、ボクは、そこがフジオプロ御用達だったことを知っていたので、旅館に泊まる前に、ここで宴会を催す酔狂を演出したのだった。
 その銭湯の名前は忘れてしまったな。2階の壁には、いろんなマンガ家の色紙が至る所に貼られていたっけ。

 ところで、漫画家の還暦ネタの続きでいえば、手塚治虫は、1989年(平成元年)2月9日、還暦を迎えるこの年に、誕生日を待たずして59歳で胃がんにより病没してしまったのだが(昭和天皇御崩御の1月7日までが昭和64年で、平成元年は1月8日から始まる)、おっさんシャツをベルトの中に入れ、ベレー帽、背広、ズボン、紳士靴のそのいでたちは、いかにも年寄り臭く、ボクには、実年齢よりも10歳以上老けて見えていたのだった。



 手塚が、同じ関西育ちである2歳年下の野坂昭如ほどダンディーであったならと、つくづくないものねだりに思うのだ。

e0358504_11012946.jpg
 しかし、赤塚が過去の人と化したのとは違い、作品の質を衰えさせることなく、最後まで現役を貫ぬこうとした作家としての業の深さには、脱帽せざるを得ないのである。
 合掌。


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-08-27 10:23 | まんが道(みち) | Comments(0)

超人ロック生誕50周年展とわたくし。

 友人から、「超人ロック生誕50周年展」のチラシをもらう。

e0358504_19442664.jpg
e0358504_19463069.jpg
e0358504_20073649.jpg

 これに先立ち、 2017年6月26日(月)の讀賣新聞(夕刊)に、「『名作を訪ねて』超人ロック」という記事が載っていたのだが、そのキャラも、聖 悠紀という作家名も極めてシャープなのに、作家の現物が、どうしようもなくおっさん(68歳)だったのには、ちと驚いたのだった。

e0358504_19445356.jpg
ボクにとっての超人ロックは、それくらいの関心でしかないのじゃけどね。 


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-08-08 19:48 | まんが道(みち) | Comments(0)

わが青春の漫画十選 弥生美術館学芸員松本品子/日本経済新朝刊連載とわたくし。

【2017年7月21日(金)】

 朝の通勤電車で、向かいの座席に座って日本経済新聞朝刊を広げて読んでいるおっさんがこちら側に見せる紙面に、バロン吉元の描く女性の絵(下記の絵)がカラーで小さく載っているのを、対面で座っていたおっちゃん(つまり、ボク)は、見逃さなかったんよ。

e0358504_12095122.jpg

 あの記事は何だろうと思って職場に行き、職場で取っているその日の日本経済新聞朝刊の裏面の文化欄を見たら、「わが青春の漫画 十選(6)バロン吉元「日本柔侠伝」 弥生美術館学芸員 松本品子」という連載コラムだったのだ。

 げーっ!! もう、始まって6回目やーん!!
 前の5回は、どんな漫画なんだよーっ!! 

 って、ものすごーく気になったんすよ。

 そのあとは、せっせと追いかけて読み続けるボクだったのだが、ネットで調べてみたら、過去の連載が画像で出て来たので、それも合わせて、すべてをここに採録しておこうと思うのだ。

 ●わが青春の漫画十選(1)植木金矢「風雲鞍馬秘帖」
 ●わが青春の漫画十選(2)辰巳ヨシヒロ「月刊漫画ガロ 表紙絵」
 ●わが青春の漫画十選(3)滝田ゆう「寺島町奇譚」
 ●わが青春の漫画十選(4)つげ義春「ねじ式」
 ●わが青春の漫画十選(5)平田弘史「弓道士魂」
 ●わが青春の漫画十選(6)バロン吉元「日本柔侠伝」
 ●わが青春の漫画十選(7)梶原一騎・ながやす巧「愛と誠」
 ●わが青春の漫画十選(8)村上一夫「同棲時代」
 ●わが青春の漫画十選(9)宮谷一彦「孔雀風琴」
 ●わが青春の漫画十選(10)林静一「赤色エレジー」

e0358504_12102477.jpg
e0358504_12103072.jpg
e0358504_12105386.jpg
e0358504_12110418.jpg
e0358504_12111518.jpg
e0358504_12113064.jpg
e0358504_12115285.jpg
e0358504_20390364.jpg
e0358504_20391373.jpg
e0358504_20393032.jpg
e0358504_20394208.jpg
e0358504_12162456.jpg

 ふむう。(横山光輝風に)

 品子という名の特殊な響き。弥生美術館学芸員という特殊能力を感じさせるそのキャリア。 
 手塚治虫、石ノ森章太郎はもちろんのこと、永井豪、川崎のぼる、ジョージ秋山、一峰大二、ふくしま政美、大友克洋はいうに及ばず、女性読者なのに、少女漫画家らも排除した、ほぼガロ派というか、貸本漫画系ともいえるこのラインナップ。
 でも、花輪和一や丸尾末広は入れとらんのだね。ギロリ。

 それにしても、植木金矢なんて、わしゃ知らんよ~。昔の時代劇漫画家といえば、堀江卓でしょうに。ま、いずれにしても、特殊なラインナップだわな~。

 これらの漫画を青春の十選として挙げる品子、その人は、一体何歳で、どんな女性なのであろうか?

【追伸】
179.png宮谷一彦「孔雀風琴(くじゃくおるがん)」という作品(けいせい出版刊/1983年)は知らなんだ。
 でも、ボクのイチオシの作品は、何といっても177.png「キャメル」だな。

178.png週刊少年チャンピオン1975年(昭和50年)14号(3月31日号)・15号(4月7日号)

e0358504_21004443.jpg
e0358504_21105275.jpg
e0358504_21081690.jpg
e0358504_21083551.jpg
e0358504_21091728.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-07-29 12:19 | まんが道(みち) | Comments(0)

仮面ライダーアマゾンのこと。そして、石森章太郎、おまえはもう死んでいる。当たり前だが。

e0358504_22462139.jpg


 石森章太郎、おまえはもう死んでいる。

 いや、文字どおり、1998年に60歳で没しているのだが、先日買った「仮面ライダー2号&仮面ライダーアマゾン」(SPコミックス/リイド社刊)の「仮面ライダーアマゾン」は、ボクとしては、今回、初めて目にする作品だったので、思わず買ってはみたものの、石森章太郎名義の作品であるにもかかわらず、絵は全編完全にアシスタントまかせのひどい仕上がりで、よくも恥ずかしくもなく自分の名前を出せたものだと、いまさらながらあきれ果てるばかりのマンガなのである。

e0358504_22494931.jpg

 全5話で、179.pngテレビマガジンに74年11月号~翌75年3月号に連載された、いわゆるコミカライゼーション作品なのだとか。
 連載当時、石森36歳。
 すでにして、画業は死に体だったことが判明した。40年超ぶりに。(笑)
 そうなると、没するまでの24年間というのは、画家である本人にとっては、ピークの到来が早すぎた分、さぞやイバラの道であったろうと、察するに余りあるのである。
 晩年、マンガは「萬(よろず)画」だなんてことをいい出して、傍目(はため)にも気の毒なほど迷走していたっけな。
 60年代半ばの20代前半で書いた「マンガ家入門」、「続・マンガ家入門」で、全国の少年少女を、当時の最先端クリエイターである漫画家という職業に走らせた天才オーガナイザーのなれの果てなのである。
 南~無~。

e0358504_22334364.jpg
e0358504_22335076.jpg
e0358504_22335733.jpg

 ちなみに、「仮面ライダーアマゾン」は、TVでいえば、仮面ライダーシリーズの第4作として、1974年10月~1975年3月に放映されたとのことだが、さすがにこの頃のボクは、高校2年から3年にかけての年ごろなので、TVは観ておりませんな~。

 あのですな、仮面ライダーは、1号、2号のバッタが仮面ライダーで、あとのキャラはみな似非(エセ)過ぎて、とてもじゃないけど、仮面ライダーとはいえないのである。
 いまTVで放映されているのは、もう別モノの詐欺みたいなものだな。

e0358504_22422033.jpg
e0358504_22453757.jpg
 


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-07-12 22:35 | まんが道(みち) | Comments(0)

あがた有為とわたくし。

 先日拾った雑誌の束の中にあったエロ本2冊。 
 その1冊の中に、あがた有為の漫画が掲載されていたのに驚く。

 この漫画家は、ボクが上京した1977年当時、「コミックセルフ」などのエロ本では、すでに常連作家なのだった。

 セルフ出版 コミックセルフ1977年10月号
e0358504_08204880.jpg
 ちなみに、この雑誌の版元であるセルフ出版は、のちに白夜書房となり、その白夜は不祥事により、いまはガイドワークスと社歴を変じているのであるが。

 ウィキってみたら、作家名は、「あがた うい」なのだった。
 あ、そうなんだね。
 そして、1949年(唱和24年生まれ)の68歳であることがわかる。

e0358504_00381444.jpg
 驚くべきは、ボクがこの作家を知った1977年から40年を経てたいまでも、いささかもその画力が衰えていないということなのでありますわ。
 それを、先日拾ったエロ本の中で確認して、かなり驚いたというわけなのである。

 あのですね、机の前で毎日ペンを握り続け漫画を描き続けるということは、実は途轍もない重労働であり、作画生活を40年も続けていると、線はヘロヘロになり、見るに堪えない醜態をさらすのが漫画家の宿命なんですよ。
 さいとう・たかを然り、ちばてつや然り、安孫子 素雄(藤子不二雄A)然り、松本零士然り。

 んがしかし、この男だけは、その例から完全に逸脱し、エロ漫画家としての矜持すら感じさせるそのシャープな描線には、己(おの)が身をいささかも恥じることのない刀鍛冶にも通じる高い職人魂を感じるわけなのです。
 
 それにしても、この人の描く怜悧な女性の顔つきの、サイボーグ的な造形美は、他の追随を許しませんね。髪型が違うだけで、女の顔は全部同じという高い記号性が、この男の長い作家生命を支えているのである。
 女の顔は描き分けない。そして、読み捨てられるだけのエロ漫画を描くことにいささかの迷いもないブレのなさ。
 エロ漫画にイノベーション(革新)は必要ないのではなく、エロ漫画ゆえに読み捨てられる宿命に臆することなく、飽かず描き続けるこのブレのなさこそがイノベーションの核なのである。
 ロックしてロールし続けるからこそ、ロックン・ロールなのだ。
 手塚治虫でさえ到達出来なかった極北!!
 脱帽です。
e0358504_00510784.jpg
e0358504_00522491.jpg
 ところで、ケン月影という劇画家でありエロ劇画家がいますが、最近の彼の描画は、線がヘロついて、肉体の衰えを感じるわけです。
 そういう意味でも、68歳の漫画家が描く描線の “現役感” には驚嘆するのです。

e0358504_01020089.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2017-07-01 00:47 | まんが道(みち) | Comments(0)