カテゴリ:音楽とわたくし( 40 )

カメラマン福田文昭さんの飲み会に行って来ましたの巻。

【2017年10月14日(土)】

 165.pngカメラマンの福田文昭さんが、さる事情によりわが身の自由を奪われたのは、2016年2月26日(金)の午前7時20分。
 それから4カ月たった6月24日(金)、福田さんはようやくその禁を解かれたのだそうである。

 ネットで「福田文昭 逮捕」と検索すると、さまざまなスレッドが立ち現われるのだが、福田さん本人からの言辞を直接聞かなければ、というか、直接ご本人から聞いたボクの判断では、どれもこれも似非(えせ)情報というしかないクソネタなのである。
 結局、この逮捕劇は、極めて恣意的な国家犯罪なのだ。

 あれから1年を福田さんは様々な思いで過ごし、やっと174.png写真展などを積極的に開催するまでに気持ちを立て直し、こんにちを迎えることが出来たのである。
 そして今回、自身の「復活」の狼煙を上げることになり、この日、飯田橋にある中華料理店「大古久塔(だきこくとう)」を特別に16時以降を貸し切りにしてもらい、福田さんの親しい仲間が集う。
 あのですね、ここのメニューは、どれもウマいんすよ!!165.pngハズレがありません!!

e0358504_23454410.jpg

e0358504_18493010.jpg
e0358504_18493998.jpg
 氏の職業柄、写真家やジャーナリストの参加が多い中、バイオリニストやアコーディオン奏者などの音楽関係者も何人かあり、参加者それぞれに新しい出会いがあったのである。

 かくいうボクも、アコギをかついで参加し、最近あちこちで披露しているこんなコスプレで、オリジナル1曲と昭和歌謡のカバーを1曲披露し、そして、新しい出会いがあったのとういわけなのだ。
(写真下は、169.png今年の「憲法フォークジャンボリーin東京2017」のボクのステージ。撮影は、福田さん)
e0358504_23172212.jpg
e0358504_18495365.jpg
e0358504_18500263.jpg
e0358504_18501119.jpg
e0358504_18502072.jpg
e0358504_18503117.jpg
e0358504_18504263.jpg

 下の写真は、アコーディオンの169.pngララリーヌさん。ジャポンの古い曲なども弾ける方。
 話してみたら、家がご近所さんだったのだ!!
 178.png大八木 藍野の名前で、美術活動もされているご様子なのである。

e0358504_18510417.jpg
e0358504_18511873.jpg
e0358504_18513078.jpg
e0358504_18514053.jpg

 飲んで語って歌っての楽しい3時間だったのであ~る。

e0358504_18595530.jpg



[PR]
by misaochan3x7 | 2017-10-15 19:00 | 音楽とわたくし | Comments(0)

玉城まさゆきさんが主催する音楽イベントのシリーズ〝風の轍〟に行って来ましたの巻。

【2017年10月9日・

 音楽仲間の玉城まさゆきさんが主催する音楽イベントのシリーズ〝風の轍〟。

e0358504_17530512.jpg
 今回は、ヒューマン・ファーマーズとのジョイント。
 会場の労音お茶の水センターに着いたのは、夕暮れ時だったのだ。
e0358504_17531366.jpg
e0358504_17532379.jpg
 北関東を活動の拠点に、農業従事者の視点から、食の安全や、自然とともに生きることなどについて歌うヒューマン・ファーマーズのステージ。
e0358504_17533190.jpg
 そして、玉城まさゆきさんのステージ。サポートは、金子さん。
e0358504_17545791.jpg
e0358504_17551144.jpg
e0358504_17552287.jpg
 後半は、ヒューマン・ファーマーズとのジョイント・ステージだ。
e0358504_17560354.jpg
e0358504_17561517.jpg
 実は、諸事情により、長年親しんできたこの労音お茶の水センターを一般の希望者が使えるのは、今年の11月いっぱいなのである。
 この場所での〝風の轍〟は、この日が最後となる。
e0358504_17562696.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-10-15 17:56 | 音楽とわたくし | Comments(0)

上野水上音楽堂に「アコースティックボイス2017」を観に行くの巻。

【2017年10月8日(日)】

 午後、電車に乗って外出。
 向かうは、上野水上音楽堂だ。
 この日、この会場で、フォークシンガーの井上ともやす氏が主宰する169.png「アコースティックボイス2017」が開催されるのだ。
 氏が25歳の時に始めて今年で25年、30回目を迎えるとのこと。したがって、氏は今年50歳なのだ。
 音楽が好きでなければ続かないことだね。逆にいうと、好きだからこそ続けて来られたということだ。うらやましいぞ!!


e0358504_14594547.jpg
e0358504_15001716.jpg
e0358504_15002916.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 アコースティックボイス30回記念コンサート
 ~自由な歌に酔え!~
 2017.10.8(日)開催決定!
 上野恩賜公園内水上音楽堂
 台東区上野公園2-1
 TEL03-3828-5644
 出演順決定!!

 12:30〜12:55 増子周作
 13:00〜13:25 カルチン
 13:30〜13:55 松本裕
 14:00〜14:25 千年弘高
 14:30〜14:55 森田智子
 15:00〜15:25 築秋雄
 15:30〜15:55 ソーセージ
 16:00〜16:25 MINAMI
 16:30〜16:55 石井明夫
 17:00〜17:25 いわさききょうこ
 17:30〜17:55 さとうもとき
 18:00〜18:25 ゲスト 川門正彦
 18:30〜18:55 井上ともやす
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 このイベントでのボクの最大の関心事は、出演者にあるのではなく、実は、会場そのものなのだ。というのは、日比谷の野音は行ったことがあるんだけど、ここはまだ行ったことがなかったのでね。

 というわけで、会場には、午後2時半頃に到着。
 交差点のむこうに見える緑色の半ドームがその建物なのだ。

e0358504_15071385.jpg
e0358504_15074359.jpg
 会場の目の前に広がる不忍池に繁茂するハスの葉。
e0358504_15081207.jpg
 会場の入り口に到着。
e0358504_15085721.jpg
 チケット代を払って入場すると、プログラムの5番目の演奏者のステージが始まっていたのだが、場内をカメラに収めることにむしろ夢中なボクだったのさ。
e0358504_15093559.jpg
e0358504_15122921.jpg
e0358504_15125862.jpg
e0358504_15133714.jpg
e0358504_15140742.jpg
e0358504_15144614.jpg
e0358504_15172917.jpg
e0358504_15180692.jpg
e0358504_15182228.jpg
 フェンスの向こうは不忍池なり。
e0358504_15190391.jpg
 9番目の演奏者の石井明夫氏のステージには、大いに反応す。
 というのは、演者の中でこの人だけが唯一のロッカーで、ボク好みのステージ展開の出来るキャラだったので。
e0358504_15253427.jpg
e0358504_15254348.jpg
 やがてあたりは夜を迎える。
e0358504_15262522.jpg
e0358504_15263315.jpg
e0358504_15264402.jpg
 そして、トリである井上ともやす氏のステージ。
e0358504_15273758.jpg
e0358504_15274608.jpg
e0358504_15275950.jpg
e0358504_15280893.jpg
e0358504_15281831.jpg
e0358504_15283242.jpg
e0358504_15283909.jpg
 ついにステージは、フィナーレとなる。
e0358504_15293795.jpg
 会場を出た頃には、上野はすっかり夜だった。
e0358504_15295789.jpg
 音響のよさに心動かされた水上音楽堂の一日だったのである。
e0358504_15380978.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-10-09 15:05 | 音楽とわたくし | Comments(0)

The Stooges - I Wanna Be Your Dogとわたくし。

 実は、50歳からアコギ弾きにチャレンジして、ボクがいちばんはじめに弾けるようになった曲がこの曲なんすよ。
 The Stooges の “I Wanna Be Your Dog”いいますねん。





 でも、アコギ一本では限界がありますわな。やっぱりバンドサウンドの厚みには勝てまへんて。

 こんだけの編成があって、オリジナルのあの音が構成されているのかと思うと、感慨もひとしおなのであります。

 それにしても、亜米利加のお子たち(たぶん)って、わかってるう~、アイフルウ~!!

e0358504_21230761.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2017-09-14 21:19 | 音楽とわたくし | Comments(0)

「発育ステータス」とわたくし。

【2017年9月9日(土)】
 
 広島出張から帰京する新幹線の中、持参したタブレットで音楽コンテンツを楽しんでいると、you tubeのサムネイルにこげな画面があるのを発見す。

e0358504_17362522.jpg

 ん!? おなごのベーシストとは気になるな。
 それに、この絵を見る限りでは、なかなかええ乳しておるではないか。ぐへへへ。

e0358504_17390270.jpg

 といふわけで、このコンテンツを見てみると、ベースのおなごは、椎名林檎によく似ているではないか。
 なぬっ!!ギターとドラムスもおなごかい!!
 ドラムスもまた、ええ乳しておるではないか。
 それにしても、ギターのおなご、田渕ひさ子女史によう似とるんじゃけど。




 で、調べてみたら、椎名林檎が2000年に作った「発育ステータス」というバンドで、めちゃくちゃカッコいいギターのリフを聴かせてくれるのは、やっぱり178.png田渕ひさ子女史だったのだ。
 それにしても、このバンドの存在に17年も気づかなかったこのオレって一体何なのだっ!!

e0358504_17472342.jpg

PS.実は、ギターの田渕ひさ子女史もなかなかええ乳をしているおなごであって、してみれば、このバンド、さながら「乳バンド」と称しても過言ではないチームといえるのではないか。
 んっ!?だから、「発育ステータス」なのかっ!?


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-09-10 17:43 | 音楽とわたくし | Comments(0)

オープンマイク放浪記@広島「トコナツ屋」の巻。

【2017年9月8日(金)】

 ボクは、ここ数年、地方に行く時にはネットで探したオープンマイクをやっている音楽酒場に出向き、店の置きギターで歌を歌いながら地元の音楽好きと交流することを無上の喜びとしている男なのであ~る。

 【オープンマイク放浪記<地方編>の過去ログはこちら

177.png【2014年11月1日(土)】函館初上陸/ライブ酒場「魂のフォーク 亀しょう」編。
177.png【2015年10月10(土)】香川県はうどんだけではないですよ。(5)<高松市内の音楽カフェでロック!!の巻>
177.png【2016年11月4日(金)】職員旅行で金沢に行って来ましたの巻(8)【金沢市片町「フォーク酒場ぷかぷか」編】。
177.png【2016年12月16日(土)】オープンマイク放浪記<博多編2016>。


 参考までに【オープンマイク放浪記<都内編>】169.png こちらです。

 さて、この日は、広島市内での仕事を終えると、定宿としているサウナに直行。
 TOKIOでいえば歌舞伎町に当たる風俗地帯のど真ん中にあるサウナで、ここの8階の屋上では、広島の空を見上げながら風呂に入ることが出来て、実に気持ちがいいのだ。

e0358504_16015447.png
 そして、ひと風呂あびて靴はサンダルに履き替え、すぐに外出。
 まずは、腹ごしらえにお好み焼きを食らい、それから目的のオープンマイクの店に向かうことに。
 それが、169.png「トコナツ屋」である。
 そういえば、秋は毎年中国地方に出張仕事があって、出張先は広島か岡山なのだが、ここ数年はずっと広島が続いているよな。
 それにしても、この広島でオープンマイクの店で歌うことを、どうしていままで思いつかなかったのだろうか。自分のことながら、不思議といえば不思議なことである。


e0358504_16021105.gif

e0358504_15360690.jpg
e0358504_15363149.jpg
e0358504_15365389.jpg

 さて、さて、ちょっと迷いながらも、なんとか目的地に到着。サウナからは徒歩で行ける距離なのだ。お店は2階なり。

e0358504_15373981.jpg

 すでに先客あり。マスターは、元釣り雑誌の編集者で、このお店をオープンしてから8年とのこと。
 最初は、鉄板焼き屋だったのが、ハワイ好きの方らしく、店にウクレレを置いておいたら、いつの間にか音楽好きが集まり、いまのように音楽酒場になって行ったたとのことである。
 ちなみに、鉄板のスペースは半分になったのだそうだ。
 ここで鉄板焼きが食べられるなら、さっき別の店でお好み焼きたべるんじゃなかったよな~。


e0358504_15442878.jpg

 店は照明が明るすぎて、ボクにはちょと不向きだなー。
 店いうんは、ある程度暗くなければね~。何ごとも陰翳いうもんが大事なんよ。隠したいものが隠せてはじめて、人間は大切なものを見せようとするもんじゃけえ。
 お客は常連の方ばかりで、一見客のボクは完全にアウェーなり。
 広島の人は、よくいえばシャイなのか、打ち解けるにはちょっと時間がかかる感じがしたんよね。
 でも、結局、閉店近くまではいたんだわさ。
 それというのも、最後は、この歌で締めなければ気が済まないボクなので。
 というわけで、店のお客のアコギ弾きとエレキベースを巻きこんで、“お約束”のこの歌を歌って締め、ようやく溜飲を下げて店を辞したのであった。




[PR]
by misaochan3x7 | 2017-09-10 15:52 | 音楽とわたくし | Comments(0)

DMM.タガメ、「みなと合唱交流」に参加するの巻。

【2017年8月27日(日)】

 ボクがメインボーカルとして参加している「DMM.タガメ(ディーエムエム・ドット・タガメ)というチームは、前身のアコギユニットである<チーム金子>の発展系の楽団であり、結成は2016年である。

 メンバーは、この4人。楽団名は、各人のステージ・ネームの頭文字に由来する。

  【D】=どんぐり/リードギター・コーラス・作曲担当。ボク=メインボーカル。
  【M】=正子さん/コーラス・作詞担当。
  【M】=ボク(ミミオ)/メインボーカル
  【タガメ】=かなめさん(別称が、タガメ)/三線・コーラス。

 ボクとしては、<チーム金子>の時に作られたオリジナル曲「チャイルドソルジャー」という曲を歌い継ぎたくて、「DMM.タガメ」結成に参加したのだった。

 この新楽団のデビューは、174.png今年の5月27日(日)に開催された「第19回 五月の夜の夢」である。
 そして、第2弾として、今回、「みなと合唱交流」に参加したというわけなのだ。
 会場は、「みなとパーク芝浦」という複合施設内にある177.png港区立男女平等参画センター(愛称「リーブラ」)だ。

e0358504_02301987.png

 ビルのかたわらを東京モノレールがかすめる港区ならではのランドスケープがカッコいいぜ!!

e0358504_02404270.jpg
e0358504_02405068.jpg
e0358504_02405873.jpg
e0358504_02410645.jpg

 さて、当日のプログラムは以下のとおり。
 わが楽団は出演順番は2番目なのだ。

e0358504_02324832.jpg

 この日歌ったのは、オリジナルのこの2曲。
 177.png鳩を飛ばそう
 177.pngチャイルドソルジャー
 ともに詞の中に〝anti war(アンタイ・ウォー)〟の内容を含んだ歌なのだ。

 はじめての出場だったが、わが楽団(4人編成)以外はすべて大所帯の合唱団である。
 あらためて、声は楽器であることを認識した一日だったのだ。

e0358504_18380200.jpg
e0358504_02445463.jpg
e0358504_02450530.jpg
e0358504_02452615.jpg
e0358504_02453553.jpg
e0358504_02455443.jpg
e0358504_02460291.jpg

 終了後、打ち上げに参加し、交流の輪を広げることに努める。


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-09-02 02:27 | 音楽とわたくし | Comments(0)

雨の日は家にいて。そして思い出す小島麻由美のことなど。

【2017年8月15日(火)】

 終日雨が降る。
 これではどこにも外出できないな。
 で、結局、1日中家に引きこもる結果となりぬ。
 
 それにしても、雨期(梅雨)に雨が降らなくて、8月のお盆休みの時期が雨続きになるなんて、一体どういうことなのさ。
 TVのニューズでは、8月になってTOKIOが15日連続の雨模様になるのは、40年ぶりの異変であると報じていたよ。

 さて、きのう、椎名林檎のことやボニー・ピンクのことなんかを書いた連想で、急に178.png小島麻由美のことを思い出したんだ。

e0358504_02570996.jpg
 彼女はタイプだったってことは、ずっと前にも書いたことがある気がするな。美人なのかブスなのかわからない絶妙な造作のあの顔とあの声が好きなんだ。
 そういう意味では、ビョークの顔も好きである。

 小島麻由美の曲の中では、結局、ボクはこの曲が一番好きだな。



 イラストも彼女が描いているのだろうか。たぶんそうだろう。だとしたら、ますます彼女のことが好きになる。いいセンスしているな。歌はうまいし、才能にあふれた人なのだ。
 それにしても、1995年の曲なのか。もう22年前のことだ。その時、ボクは30代の後半だ。
 1972年生まれの彼女も、いまや45歳を迎えるのか。
 嗚呼、信じられないほど時間は早く過ぎていく。もうほとんど、SFかおとぎ話だ。

 ところで、このCMの中の、かわいくて艶っぽい声は一体誰だろうと思っていたところ、彼女が歌っていたってことを偶然発見したのだった。



 調べてみると、彼女の曲がこんなにたくさんCMに使われていたのには驚いたな。

177.png「真夏の海」- カルビー 夏ポテト (1996年)
177.png「おしゃべり!おしゃべり!」- サッポロ 北海道生ビール (1997年)
177.png「はつ恋」- カルビー 夏ポテト (1997年)
177.png「やられちゃった女の子」- ラフォーレ原宿 小倉店 (1998年)
177.png「わいわいわい」- ピザーラ (2001年)
177.png「はつ恋」- Nintendo 北南米放映CM「Who are you?」 (2001-2002年) [2]
177.png「甘い恋」- ジェムケリー (2001年)
177.pngサッポロ Draft One CMソング (2006年)
177.png花王 ビオレパーフェクトオイル CMソング (2009-2010年)
177.png花王 キッチン泡ハイター CMソング (2011年)

 この曲は知らなかったな。好きな曲だ。



 1日中、彼女の曲を聴いていたよ。


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-08-16 02:51 | 音楽とわたくし | Comments(0)

慢心、慢心、また慢心。「憲法フォークジャンボリーin 東京2017」参加の記。

【2017年8月6日(日)】

 この日は、「憲法フォークジャンボリーin 東京2017」最終日である。
 ボクは、事務局として実行委員のお店である「かき氷屋」の店番を務めつつ、【第1部】の三番目の出演者として、ソロ・ステージをこなすという1日を送ったのである。

e0358504_21431720.jpg
e0358504_21432750.jpg
e0358504_21485524.jpg
e0358504_21490264.jpg
e0358504_21492076.jpg

 演奏したのは、この3曲なり。

 ●Tomorrow Never Knows/John Lennonのカバー
 ●憎しみの川、かなしみの橋、にんげんのはしくれ/オリジナル
 ●Alone in my room/オリジナル

e0358504_20552122.jpg
e0358504_20553550.jpg

 169.png今年の5月4日(木・祝)に開催された「憲法フォークジャンボリー in 彩の国2017」では、今回のソロ出場に先行して、同じくソロのステージを務めたのだが、この時の出来は、気合いが入っていた分、決して悪くなかったと自負していたのである。
 というか、けっこうな手応えを感じていたんだわさ。

 しかし、今回は、その慢心もあってか、あんまり気合いが入っていないままステージに上がったので、かなり出来の悪い結果となってしまったのである。

e0358504_21514635.jpg
e0358504_21503940.jpg
e0358504_21505191.jpg

 もともとギターは上手くなくて、いくら練習しても、もうこれ以上どうにもならないことは自分でもわかっている。そんな演奏者に出来ることといえば、ご来場いただいた皆様には、気合いを入れたステージをお届けするしかないのである。そのことを怠ってしまった。
 考えていた仕掛けもうっかり忘れ、なしくずし的に演奏を終えるしかなかったのだ。客をナメていた結果である。
 そもそも、演奏する自分に飽きていたのも敗因だ。お金をもらってステージに立っているわけではないので、もともと使命感はない。これがアマチュアの限界なのか。

 とはいえ、歌とギターは、<心・技・体>である。今回は、心から崩れ出し、技も体も生かすことが出来なかったのだった。

e0358504_21542562.jpg

 当日の1階フロアのお店、地下のステージ、交流会の模様をアーカイブしておこう。

e0358504_22044543.jpg
e0358504_22045489.jpg
e0358504_22050428.jpg
e0358504_22051576.jpg
e0358504_22053072.jpg
e0358504_22054897.jpg
e0358504_22055893.jpg
e0358504_22060961.jpg
e0358504_22062269.jpg
e0358504_22143532.jpg
e0358504_22144437.jpg
e0358504_22145607.jpg
e0358504_22150569.jpg
e0358504_22151757.jpg
e0358504_22152929.jpg
e0358504_22154311.jpg
e0358504_22155876.jpg
e0358504_22163062.jpg
 朝からずっと1階フロアで「かき氷屋」をしていたので、演奏を観たのは【第3部】からだったのだ。
e0358504_22234734.jpg
e0358504_22240640.jpg
e0358504_22241964.jpg
e0358504_22242807.jpg
e0358504_22243761.jpg
e0358504_22244886.jpg
e0358504_22245813.jpg

  そして、フィナーレだ。みんなで歌おう!!

e0358504_22254966.jpg
e0358504_22260101.jpg

 交流会は、ジャンボリーのもうひとつの真の姿なのである。

e0358504_22371367.jpg
e0358504_22372273.jpg
e0358504_22373059.jpg
e0358504_22373893.jpg
e0358504_22382950.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-08-09 21:57 | 音楽とわたくし | Comments(0)

Throbbing Gristle のアルバム “20 Jazz Funk Greats”の裏ジャケのことは知らなんだ。

 あのですね、Throbbing Gristleのアルバム “ 20 Jazz Funk Greats”(1979年)の裏ジャケのことは、ついこの間、このアルバムのリリースから38年を経て、ようやく知ったってわけなんすよ。ブラザー。

 結局、オレって何にも知ってねー!!

e0358504_19535806.jpg
e0358504_19541493.jpg























e0358504_19421770.jpg



[PR]
by misaochan3x7 | 2017-08-08 20:01 | 音楽とわたくし | Comments(0)