カテゴリ:音楽とわたくし( 45 )

DMM.タガメで「第33回 みんなとピースサンデー」に初出場の巻。

【2017年12月2日(土)】

 うわーっつ!!
 もう12月じゃーん!!

e0358504_21274604.png
 というわけで、今月、わが音楽集団DMM.タガメが出演する2つのステージの第1弾がこの「第33回 みんなとピースサンデー」なのだ。
 今回、初出場の巻。
e0358504_21284894.jpg
e0358504_21285701.jpg
e0358504_21290696.jpg

 主催者から求められてボクが書いた司会原稿は、以下のとおりなり。▼

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 2009年に結成した前身のアコースティックバンドを母体に、2016年から現メンバーで活動を開始しました。

 バンド名は、メンバーである、どんぐりのD、正子(まさこ)のM、ミミオのMの頭文字と、三線(さんしん)のタガメから由来し、「ディー・エム・エム・ドット・タガメ」と申します。

 177.png「憲法フォークジャンボリーin東京」を活動の拠点にしながら、さまざまな場所で、戦争と平和についての歌を歌い続けています。

e0358504_21292844.jpg

 本日は、戦争のある国で生まれ、少年兵にさせられた子どもたちの悲劇を歌った「チャイルドソルジャー」と、平和を願う歌「鳩を飛ばそう」という2曲のオリジナルソングを歌います。

 お聴きください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 会場は、赤坂コミュニティーぷらざの3階にある赤坂区民センターホール。
 青山一丁目と赤坂見附の中間地点。

e0358504_21301721.jpg
e0358504_21302989.jpg
e0358504_21304491.jpg
 行ってみてびっくりしたのは、あり余る金をどう使ってやろうかと腐心したバブルの頃の建物なのだろう、区民のためのコミュニティー施設とは到底思えない、庶民の感覚からは遥かにかけ離れたそのバブリーな建物のつくりなのだ。
 ド短期で成り上がった80年代のアパレルの本社ビルといった態で、品格というものがまるでなく、建築資材も時を経てメッキが剥がれて重厚感もなく、むしろハリボテ感満載で軽々しくて哀れな感じ。
(写真手前の三角形の建物。その奥の建物は、赤坂警察署なり
e0358504_21312550.jpg
e0358504_21314270.jpg
e0358504_21315789.jpg
e0358504_21321058.jpg
 めったに来ることはない場所なので、周辺の紅葉の様子などを撮っておくことに。
e0358504_21330358.jpg
e0358504_21331580.jpg
e0358504_21332711.jpg
 さて、先日、この日のための何度目かの練習で、メンバーで集まって練習した時、2009年に結成した前身のアコースティックバンド結成から数えて8年目ではじめて、自分の歌う声をICレコーダーに入れてもらい、スピーカーを通して聴いたのである。

 自分の声を聴きたくないのは、過剰な自意識の裏返しで、実は、内心自分は歌がウマいとうぬぼれで、思い上がっている証拠なのである。
 また、ボクの練習ぎらいも同じ理由で、練習しなくても本番ではいつも失敗しないコンディションで歌えるという自負があるのである。

 ところが、生まれてはじめて意識して聴いた、コーラスグループのボーカリストとしての自分の歌声は、実に上っ面で通り一遍な歌いっぷりで、人にヨロコビを与えたり感動を与えられたりする、歌が持つ表現性などまるでないシロモノなのだった。
 ただ、歌詞のメロディーを声に出しているだけ。

 ああ、さすがにボクもこれには自分でもがっかりしたね。

 ゲロ、ゲロ、ゲローッツ!!

e0358504_21401956.jpg

 好きなロックン・ロールは、ソロでなら自由奔放に自分らしくアコギの自家演奏で力強く歌える自信はあるものの、仲間との合奏でのボーカルとなると、借り物の自分になっていることに改めて気がついてってわけなんだ。

 で、この時から、ちょっと自分の中で何かが変わったよ。
 自分以外の誰かと音楽すること=合奏ってどういうことなんだろうって。

 結局、誰かと何かをやるには、そして、やり続けるには、「やってて楽しい」っていう動機がなければ続けられないってことなんだな。

 振り返ると、前身のアコースティックバンドでは、最初の頃は、ボクの歌のバックで楽器を演奏してもらえることの楽しさがあったんだけど、でも、その楽しさは、いろんな理由でだんだんなくなって行ったことを、いま思い出したんだ。

 そして、いま、新しいこのユニットでは、ボクは、みんなで歌うことの楽しさを再発見しつつあるのでる。
 「鳩を飛ばそう」というオリジナル楽曲をメンバーと一緒に歌うことでね。

 で、この日、新生したボクは、このステージを大いに楽しめたってわけなのさ。

 ぃやっほーい!!

e0358504_21340761.jpg
e0358504_21341818.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-12-03 23:41 | 音楽とわたくし | Comments(0)

じみへんロック・デー。ギルバート氏のニューバンドのこと。

【2017年11月27日(月)】

 仕事帰りに、東中野にある行きつけの音楽酒場「じみへん」に立ち寄る。
 この日はロック・デー。
 ラモーンズやピストルズとの共演経験もある(らしい)常連のスイッツアランド人のプロフェッショナル・ギタリストギルバート氏のニューバンド「ゴールデン・ラット」のお披露目のギグだったのだ。

e0358504_23530153.jpg
e0358504_23531193.jpg
 あとで、アコギを弾きながらソロで歌うギルバート氏のコーナーもあったのだが、彼の歌声はカントリーフレイバーな感じで、嫌味がなくてボクはすごく好きなんだよね。

 ウィスキーのニューボトルを入れ、それをソーダで割りながら、ボクはひたすら飲み続け、ライブを聴き、やがて自分が歌えるオープンマイクの頃には、もうけっこう酔っぱらっているのがいつもの状態で、この日もご多分に漏れずヘロヘロだったのさ。
 カバー曲(TREXとPINK FLOYD)2曲とオリジナル曲1曲(初披露)を歌って引き上げる。

 写真下は、この日のセッション風景だ。 

e0358504_23531945.jpg
e0358504_23532781.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-12-03 23:36 | 音楽とわたくし | Comments(0)

「ゴロー&サマディライブ@労音お茶の水センター」レポート

【2017年11月12日(日)】


 今年いっぱいで希望者の申し出による使用を取り止めることになった労音お茶の水センターの地下ホール。

e0358504_18132558.jpg
 この日、その場所で、森 三摩地プロデュースによる中川 五郎さんと森 三摩地氏によるライブ開催。
 テーマは、〝言うべき言葉は声に出せ!〟だ。
e0358504_18134530.jpg
e0358504_18135287.jpg
e0358504_18140166.jpg
e0358504_18140998.jpg

 菊地さん(フォークグループあじさい)のログのアップ、相変わらず早いっすね!!(笑)

 五郎さんいわく、80年代から90年代にかけて、一時歌うことをやめていたにせよ、1967年の3月、17歳の頃からプロテスト・ソングを歌い始めて、今年で50年とのことである。
 まさに、テーマどおりの人生といえる。
 今回、ここに、三摩地氏は、自身の作詞・作曲である無伴奏の歌ををぶつけて来たのである。

e0358504_18152706.jpg
e0358504_18153790.jpg
e0358504_18154954.jpg
e0358504_18155997.jpg
 50年の焼きの入ったプロテスト・ソングに対抗するネタを、なぜあえて歌としたのか。
 大胆といえば大胆、向こう水といえば向こう水だ。
 考えに考え抜いた選択なのだろうが、彼には、「語り物」という得難い芸があるのである。
 ん!?「選択と諭」って、誰かの著書のタイトルだったっけ?

  三摩地マニアのボクとしては、今回の彼のステージが、果たしてこのライブのテーマを貫徹していたのかと厳しく彼に問い質したいところではあるのだ。
 あなたは、本当に言うべき言葉を口に出せたのかとね。

 仮にそうだとしても、50年の焼きの入った五郎さんのプロテスト・ソング歌いの経歴や、今回の出し物である重いテーマを引きずったトーキング・ブルース(下記のyou tube動画のコンテンツ)に拮抗して、その厚い岩盤を打ち抜くのに、今回の三摩地氏の歌が、芸としての強靭さを備えていたかのどうか。
 そして、それを気にするのは、ボクだけなのかどうか。



 終了後、交流会を開催す。
e0358504_18162681.jpg
e0358504_18165012.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-11-18 18:16 | 音楽とわたくし | Comments(0)

12月のDMM.タガメ(ディー・エム・エム・ドット・タガメ)

【2017年11月4日(土)】

 わが音楽集団169.png「DMM.タガメ(ディー・エム・エム・ドット・タガメ)」は、2009年のクリスマス・イヴに結成した前身のアコースティックバンド「チーム金子」を母体に、2016年から現メンバー(どんぐり=D、正子=M、ミミオ=M、タガメ)で活動中のバンドである。

 え?「チーム金子」はどうしたって? Don't look back!!過去を振り返っちゃイカんのよ、ご同輩。
e0358504_18151766.jpg
 というわけで、12月、われわれは以下の2つのステージをこなす予定なのである。
e0358504_18452939.jpg
e0358504_22365186.jpg
 その練習のため、この日、メンバーの正子さん(作詞、コーラス、リコーダー)の家に集合して軽く音合わせ。
 その中にこの曲のカバーも含まれているのである。



 それぞれのステージの曲目や構成を打ち合わせ、その後、シュばやくというか矢も盾もたまらず(笑)、酒盛りの準備のためにスーパーに買い出しに行き、鍋の宴に移行す。
e0358504_18255724.jpg
e0358504_18260429.jpg
e0358504_18263253.jpg
e0358504_18265747.jpg
 宴が始まるや否や(as soon as)、ボクは確信犯的にこの家に泊めさせてもらうことにしていたのだった。何しろここからは家が遠いし、それに、この日はヒドく疲れていたしね。
 家主の正子さん、いつもありがとうございます。
 ボクもオリジナル曲を2曲やりました。
e0358504_18385397.jpg
 一夜明けの帰りの駅のホーム。空気は冷たく、すすきが風にそよぐ。
 この駅にある崎陽軒の売店(スタンド)で、シウマイ弁当と横濱ピラフ弁当を買う。
e0358504_18302253.jpg
 帰宅するとコタツが出されていて、奥さんはいなかった。
e0358504_18314231.png
 朝ごはん代わりにシウマイ弁当を食べ、お昼になる頃、奥さんが帰って来たので、横濱ピラフ弁当を分けて食べたのだった。

[PR]
by misaochan3x7 | 2017-11-11 18:39 | 音楽とわたくし | Comments(0)

最近なぜか自分のなかでブリ返すブライアン・フェリーというかRoxy Music熱について。

【2017年10月29日(日)】

 またしても週末が雨に見舞われる。
e0358504_23115820.jpg
 結局、この日も戸外での活動が出来ずじまいなのだった。殺すよ、ふんとにもう!!
e0358504_23120875.png
 自部屋にひきこもり、この曲のアコギ・カバーに着手し始める。最近ずっと自分の中で、なぜかブライアン・フェリーというかRoxy Musicがブリ返しているのである。



 この映像()の中、バックでフライングVのギターを弾いているのは、もしかしてクリス・スペディングではないのか。

 ところで、この曲にオリジナルがあったのは、つい先日知ったことなのだ。



[PR]
by misaochan3x7 | 2017-10-29 23:20 | 音楽とわたくし | Comments(0)

カメラマン福田文昭さんの飲み会に行って来ましたの巻。

【2017年10月14日(土)】

 165.pngカメラマンの福田文昭さんが、さる事情によりわが身の自由を奪われたのは、2016年2月26日(金)の午前7時20分。
 それから4カ月たった6月24日(金)、福田さんはようやくその禁を解かれたのだそうである。

 ネットで「福田文昭 逮捕」と検索すると、さまざまなスレッドが立ち現われるのだが、自ら動いて福田さん本人からの言辞(一次情報)を直接聞かなければ、本当の情報は得られないのである。
 ボクが直接ご本人から聞いた範囲では、どれもこれも似非(えせ)情報というしかないクソネタで、核心に届いている情報はなにひとつとしてない。カスってさえいないのだ。
 結局、この逮捕劇は、“でっち上げ逮捕”であり“みせしめ逮捕”であって、極めて恣意的な国家犯罪なのだといえる。
 そうさ、“不当逮捕”なのだ。ブルルッ!!

 あれから1年を福田さんは様々な思いで過ごし、やっと174.png写真展などを積極的に開催するまでに気持ちを立て直し、こんにちを迎えることが出来たのである。
 そして今回、自身の「復活」の狼煙を上げることになり、この日、飯田橋にある中華料理店「大古久塔(だきこくとう)」を特別に16時以降を貸し切りにしてもらい、福田さんの親しい仲間が集う。
 あのですね、ここのメニューは、どれもウマいんすよ!!165.pngハズレがありません!!

e0358504_23454410.jpg

e0358504_18493010.jpg
e0358504_18493998.jpg
 氏の職業柄、写真家やジャーナリストの参加が多い中、バイオリニストやアコーディオン奏者などの音楽関係者も何人かあり、参加者それぞれに新しい出会いがあったのである。

 かくいうボクも、アコギをかついで参加し、最近あちこちで披露しているこんなコスプレで、オリジナル1曲と昭和歌謡のカバーを1曲披露し、そして、新しい出会いがあったのとういわけなのだ。
(写真下は、169.png今年の「憲法フォークジャンボリーin東京2017」のボクのステージ。撮影は、福田さん)
e0358504_23172212.jpg
e0358504_18495365.jpg
e0358504_18500263.jpg
e0358504_18501119.jpg
e0358504_18502072.jpg
e0358504_18503117.jpg
e0358504_18504263.jpg

 下の写真は、アコーディオンの169.pngララリーヌさん。ジャポンの古い曲なども弾ける方。
 話してみたら、家がご近所さんだったのだ!!

e0358504_18510417.jpg
e0358504_18511873.jpg
e0358504_18513078.jpg
e0358504_18514053.jpg

 飲んで語って歌っての楽しい3時間だったのであ~る。

e0358504_18595530.jpg



[PR]
by misaochan3x7 | 2017-10-15 19:00 | 音楽とわたくし | Comments(0)

玉城まさゆきさんが主催する音楽イベントのシリーズ〝風の轍〟に行って来ましたの巻。

【2017年10月9日・

 音楽仲間の玉城まさゆきさんが主催する音楽イベントのシリーズ〝風の轍〟。

e0358504_17530512.jpg
 今回は、ヒューマン・ファーマーズとのジョイント。
 会場の労音お茶の水センターに着いたのは、夕暮れ時だったのだ。
e0358504_17531366.jpg
e0358504_17532379.jpg
 北関東を活動の拠点に、農業従事者の視点から、食の安全や、自然とともに生きることなどについて歌うヒューマン・ファーマーズのステージ。
e0358504_17533190.jpg
 そして、玉城まさゆきさんのステージ。サポートは、金子さん。
e0358504_17545791.jpg
e0358504_17551144.jpg
e0358504_17552287.jpg
 後半は、ヒューマン・ファーマーズとのジョイント・ステージだ。
e0358504_17560354.jpg
e0358504_17561517.jpg
 実は、諸事情により、長年親しんできたこの労音お茶の水センターを一般の希望者が使えるのは、今年の11月いっぱいなのである。
 この場所での〝風の轍〟は、この日が最後となる。
e0358504_17562696.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-10-15 17:56 | 音楽とわたくし | Comments(0)

上野水上音楽堂に「アコースティックボイス2017」を観に行くの巻。

【2017年10月8日(日)】

 午後、電車に乗って外出。
 向かうは、上野水上音楽堂だ。
 この日、この会場で、フォークシンガーの井上ともやす氏が主宰する169.png「アコースティックボイス2017」が開催されるのだ。
 氏が25歳の時に始めて今年で25年、30回目を迎えるとのこと。したがって、氏は今年50歳なのだ。
 音楽が好きでなければ続かないことだね。逆にいうと、好きだからこそ続けて来られたということだ。うらやましいぞ!!


e0358504_14594547.jpg
e0358504_15001716.jpg
e0358504_15002916.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 アコースティックボイス30回記念コンサート
 ~自由な歌に酔え!~
 2017.10.8(日)開催決定!
 上野恩賜公園内水上音楽堂
 台東区上野公園2-1
 TEL03-3828-5644
 出演順決定!!

 12:30〜12:55 増子周作
 13:00〜13:25 カルチン
 13:30〜13:55 松本裕
 14:00〜14:25 千年弘高
 14:30〜14:55 森田智子
 15:00〜15:25 築秋雄
 15:30〜15:55 ソーセージ
 16:00〜16:25 MINAMI
 16:30〜16:55 石井明夫
 17:00〜17:25 いわさききょうこ
 17:30〜17:55 さとうもとき
 18:00〜18:25 ゲスト 川門正彦
 18:30〜18:55 井上ともやす
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 このイベントでのボクの最大の関心事は、出演者にあるのではなく、実は、会場そのものなのだ。というのは、日比谷の野音は行ったことがあるんだけど、ここはまだ行ったことがなかったのでね。

 というわけで、会場には、午後2時半頃に到着。
 交差点のむこうに見える緑色の半ドームがその建物なのだ。

e0358504_15071385.jpg
e0358504_15074359.jpg
 会場の目の前に広がる不忍池に繁茂するハスの葉。
e0358504_15081207.jpg
 会場の入り口に到着。
e0358504_15085721.jpg
 チケット代を払って入場すると、プログラムの5番目の演奏者のステージが始まっていたのだが、場内をカメラに収めることにむしろ夢中なボクだったのさ。
e0358504_15093559.jpg
e0358504_15122921.jpg
e0358504_15125862.jpg
e0358504_15133714.jpg
e0358504_15140742.jpg
e0358504_15144614.jpg
e0358504_15172917.jpg
e0358504_15180692.jpg
e0358504_15182228.jpg
 フェンスの向こうは不忍池なり。
e0358504_15190391.jpg
 9番目の演奏者の石井明夫氏のステージには、大いに反応す。
 というのは、演者の中でこの人だけが唯一のロッカーで、ボク好みのステージ展開の出来るキャラだったので。
e0358504_15253427.jpg
e0358504_15254348.jpg
 やがてあたりは夜を迎える。
e0358504_15262522.jpg
e0358504_15263315.jpg
e0358504_15264402.jpg
 そして、トリである井上ともやす氏のステージ。
e0358504_15273758.jpg
e0358504_15274608.jpg
e0358504_15275950.jpg
e0358504_15280893.jpg
e0358504_15281831.jpg
e0358504_15283242.jpg
e0358504_15283909.jpg
 ついにステージは、フィナーレとなる。
e0358504_15293795.jpg
 会場を出た頃には、上野はすっかり夜だった。
e0358504_15295789.jpg
 音響のよさに心動かされた水上音楽堂の一日だったのである。
e0358504_15380978.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-10-09 15:05 | 音楽とわたくし | Comments(0)

The Stooges - I Wanna Be Your Dogとわたくし。

 実は、50歳からアコギ弾きにチャレンジして、ボクがいちばんはじめに弾けるようになった曲がこの曲なんすよ。
 The Stooges の “I Wanna Be Your Dog”いいますねん。





 でも、アコギ一本では限界がありますわな。やっぱりバンドサウンドの厚みには勝てまへんて。

 こんだけの編成があって、オリジナルのあの音が構成されているのかと思うと、感慨もひとしおなのであります。

 それにしても、亜米利加のお子たち(たぶん)って、わかってるう~、アイフルウ~!!

e0358504_21230761.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2017-09-14 21:19 | 音楽とわたくし | Comments(0)

「発育ステータス」とわたくし。

【2017年9月9日(土)】
 
 広島出張から帰京する新幹線の中、持参したタブレットで音楽コンテンツを楽しんでいると、you tubeのサムネイルにこげな画面があるのを発見す。

e0358504_17362522.jpg

 ん!? おなごのベーシストとは気になるな。
 それに、この絵を見る限りでは、なかなかええ乳しておるではないか。ぐへへへ。

e0358504_17390270.jpg

 といふわけで、このコンテンツを見てみると、ベースのおなごは、椎名林檎によく似ているではないか。
 なぬっ!!ギターとドラムスもおなごかい!!
 ドラムスもまた、ええ乳しておるではないか。
 それにしても、ギターのおなご、田渕ひさ子女史によう似とるんじゃけど。




 で、調べてみたら、椎名林檎が2000年に作った「発育ステータス」というバンドで、めちゃくちゃカッコいいギターのリフを聴かせてくれるのは、やっぱり178.png田渕ひさ子女史だったのだ。
 それにしても、このバンドの存在に17年も気づかなかったこのオレって一体何なのだっ!!

e0358504_17472342.jpg

PS.実は、ギターの田渕ひさ子女史もなかなかええ乳をしているおなごであって、してみれば、このバンド、さながら「乳バンド」と称しても過言ではないチームといえるのではないか。
 んっ!?だから、「発育ステータス」なのかっ!?


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-09-10 17:43 | 音楽とわたくし | Comments(0)