カテゴリ:音楽とわたくし( 40 )

多国籍バンド「Black Sea」ラスト・ギグ観戦記。

【2016年12月19日(月)】

 仕事帰りに、東中野の音楽酒場「じみへん」に立ち寄る。

 この日は、多国籍バンド「Black Sea」ラスト・ギグなり。
 ボーカル&ギターのジェイソンさん(Jason Channing氏/下の写真。中央)が、仕事の関係で一旦、母国の英吉利に帰国し、その後、台湾での仕事に就くということで、このメムバーでの日本での最後のギグになるのだ。

e0358504_17254784.jpg

【ボクがBlack Seaについて知っているいくつかの事柄】

072.gif2015年7月3日(金)/雨の中、六本木ミッドタウン内「Oak Wood」に友人のライブを観に行くの記。
072.gif2015年9月28(月)/「Black Sea」ライブ@東中野「じみへん」。
072.gif2016年1月18日(月)/朝起きると外は雪模様。そして、夜、東中野「じみへん」でロック!!の巻。
072.gif2016年3月13日(日)/STUDIO BAYD(スタジオベイド)高輪店主催のLIVEに行くの巻。
072.gif2016年6月13日(月)東中野ひとりみかん。
072.gif2016年9月15日(木)旧ドラマーのリッチさん再来日記念。「Black Sea」ライブ@東中野「じみへん」に行くの巻。
072.gif2016年11月20日(日)「Black Sea=ブラック・シー」新宿ライブレポート。

e0358504_17243385.jpg

 ボクが好きな曲は、〝Dover Beach〟と〝The Mirror of the Sea〟の2曲だ。
 
e0358504_172913100.jpg
e0358504_17293132.jpg
e0358504_17295638.jpg
e0358504_17301530.jpg

 すべての曲が終わり、ジェイソンさんは、身に付けていた白いネクタイを外してマイクにかけたのだ。
 山口百恵が最後のステージでマイクを舞台の床の上に置いて引退したかのごとくに。(笑)

e0358504_17331148.jpg

 この後、セッションタイムに突入し、「じみへん・オールスターズ」が暴れまくる。

e0358504_17341418.jpg
e0358504_17343473.jpg

 そして、ボクもアコギで数曲、弾き歌う。
 その中のこの曲のサビのコーラス部分に、エレキギター担当のギルバートさん(Fromスイッツァーランド)がアコギを弾いてくれながら、コーラスで参加してくれたのはうれしかったであります。



 ありがとう、そしてさようなら。
 
 ボクの好きな多国籍バンド「Black Sea」。
[PR]
by misaochan3x7 | 2016-12-28 07:19 | 音楽とわたくし | Comments(0)

オープンマイク放浪記<博多編2016>。

【2016年12月16日(土)】

 前日、ボクは出張で宮崎市入りしていたのである。

 そして、この日、仕事は午前中で終了した。
 しかし、そのまま帰京するのはもったいないので、博多在住の知人と旧交を温めるために、高速バスで博多に移動することにしたのだった。

 ちなみに、前回、博多を訪れたのは、やっぱり仕事での出張で、2005年の秋のことだったのだ。
 過去ログの記述日は、2005年10月である。博多訪問日がこの月なのか、実際は9月で、ログを挙げたのが10月のことだったのかは、今はもう記憶にない。
 072.gif博多に出張に行って来ました(1)  
 072.gif博多に出張に行って来ました(2) 
 072.gif博多出張のお土産は。 

 さて、JR宮崎駅前のバスの案内所で、14:30発→18:52着(博多バスターミナル)のフェニックス号のチケットを購入して、バスに乗り込む。
 予定どおりであれば、4時間半弱で移動は完了していたのだが、途中、交通渋滞などがあり、結局、バスが目的地である博多バスターミナルに着いたのは、19:30頃。
 しかし、長時間のバス移動に疲れなかったのは、意外だったな。

 そして、もうひとつ意外だったのは、客の退屈しのぎ用に車内で流されたビデオ映画は、もはや定番の「男はつらいよ」や「釣りバカ日記」ではなく、「深夜食堂」だったってことなのさ。

 時代は変わる。

 それにしても、この作品の小林 薫は、かっけーな!!



 さて、その夜、予定どおり博多市内で旧知である方と再開出来、その方と、その方の奥様と3人で酒を飲みながら旧交を温めた後、当初の目的である博多市内のオープンマイクの店060.gif「温故知新」にこの3人で向う。
 んがしかし、店はこの日、貸切のため入店出来ず。
 そこで、急遽、スマホで別のオープンマイクの店を探して向かったのが、060.gif「白いギター」という名のオープンマイクの店であったのだ。
 店の玄関の上には、文字どおり白いギターが看板がわりに掲げられていたのであ~る。(笑)

e0358504_1121968.jpg
e0358504_1123764.jpg

 まったくもって、どこから見ても由緒正しきフォークの店。

 そこで、構わず、お得意のこの曲らをブチ込む。
 まったくもって独りよがりの世界は気持ちよいのである。わっはっはっは!!
 
 072.gifBob Dylan- Knockin' on Heaven's Door

 072.gifKing Crimson, '21st Century Schizoid Man'

 この日、なぜか博多市内のホテルはどこも予約が一杯でどこにも泊まれない状態。
 しかし、カプセルサウナ好きのボクは、ホテルでなくても、カプセル泊まりで十分だったのだが、そのカプセルでさえも宿泊の予約が取れずキャンセル待ちの状態で、サウナの休憩室の寝椅子の上で夜を越すつもりだったのである。
 何でも、二代目 J Soul Brothersのライブがその原因とは、現地で、旧知の方から聞いた情報。
 しかし、幸い、この方のご助力で、シティ・ホテルの一室を確保していただけたという次第。感謝である。

 こうして、先日の金沢に続き、オープンマイクの店を極めたのだった。
 南~無~。

e0358504_11295290.jpg
072.gif072.gif072.gif
[PR]
by misaochan3x7 | 2016-12-28 07:14 | 音楽とわたくし | Comments(0)

「憲法フォークジャンボリー in 東京」望年会に行って来ましたの記。

【2016年12月10日(土)】

 この夏056.gif、「憲法フォークジャンボリー in 東京」は、10回目の開催を迎え、「憲法フォークジャンボリー in 東京2016」として、8月19日(金)・20日(土)・21日(日)の3日間にわたって歌の祭典を催したのである。

e0358504_18263460.jpg

 そんな中、たいへん残念なことだが、040.gif開催を前に、2007年から実行委員長を務めていただいた八田満穂(はった みつほ)さんが、8月3日(水)に急逝されたのだった。

 今年の開催は、例年よりも会期がずれて、お盆明けの開催となったため、真夏の祭典らしさに不足が感じられたり、初日の8月19日(金)は台風に見舞われ、来場者の出足が心配されるなどの出来事もあり、また、「憲法フォークジャンボリー in 東京「としては、このイベントに長く深くかかわっていただき、とてもとてもお世話になった東京労音事務局の横尾さんが、今年限りで勇退されるなど、よくも悪くも、曲がり角を迎えたことは否めない1年となったのである。

 さてそんなことを背景に、「憲法フォークジャンボリー in 東京」の忘年会は、「忘」ではなく希望の年を迎えられるようにと「望年会」とし、この日を迎えたのだった。

e0358504_18274955.jpg
e0358504_1828583.jpg

 開場してみると、今回は何と41名の参加を得、座っていただく席もないほど多くの参加者にお越しいただき、これまでに例を見ない盛況となったのである。

e0358504_18293393.jpg
e0358504_18295388.jpg
e0358504_18302016.jpg
e0358504_18303898.jpg
e0358504_18305649.jpg
e0358504_18311337.jpg
e0358504_18313016.jpg
e0358504_18315580.jpg
e0358504_1832166.jpg
e0358504_18323510.jpg
e0358504_18371752.jpg
e0358504_18373443.jpg
e0358504_18375169.jpg
e0358504_18381164.jpg
e0358504_18382661.jpg
e0358504_18384269.jpg
e0358504_1839367.jpg
e0358504_18392698.jpg
e0358504_18394672.jpg
e0358504_1840735.jpg
e0358504_1840259.jpg
e0358504_18404522.jpg
e0358504_1841515.jpg
e0358504_18412345.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2016-12-28 07:10 | 音楽とわたくし | Comments(0)

盧 佳代(ノ カヨ)さんライブに行って来ました。

【2016年12月3日(土)】

 泣いても笑っても12月である。
この日、東武日光線新古河(しんこが)駅にある060.gifレコードライブラリー&カフェ「シャムロック」で開催される盧 佳代(ノ カヨ)さんライブに赴く。

e0358504_2150073.jpg

 新古河発上陸。

e0358504_21572376.jpg

 自宅を出たのが12時過ぎ。店に着いたのは、約3時間後の15:30過ぎなのであった。

 Oh,too far!!

 住所は、埼玉県加須市柏戸3-1。
 埼玉県でありながら、電車は利根川を越えたのだった。アメイジング!!

e0358504_2155480.jpg
e0358504_21582293.jpg

 店内撮影は禁止なのか、ステージにカメラを向ける人が誰もいないので、ボクも遠慮して、今回はステージ写真なしなのであります。

 ちなみに、お店のホームページによれば、

 「お店の売りは、1万枚のレコードと5千枚のCD(60~70年代ロックを中心に、オール・ジャンル)を自由に聴くことができること。また、1967年頃からコレクションしている音楽雑誌や音楽に関する書籍も多数揃えており、自由に読むことができる。」

 とのことである。

 ライブ終了後、交流会となり、お店のレコード棚からElvis Costelloを選んでかけてもらう。
 この日、ボクが聴きたかったのは、〝Watching The Detectives〟だったのだ。





 この曲、店にあった「Armed Forces 」に入っているのかと思いきや、入っておらず、やむを得ずこのアルバムを聴くことにしたのだが、30数得年振りにレコードを聴き返してみて、あらためて気付かされたのは、デビュー当時、パンク・ニューウェーブのアーチストであったことにかき消されていた彼の資質は、最初からメロディー・メイカーとして有能だったってことだったんだ!!

e0358504_2265559.jpg
e0358504_227949.jpg

 あとであらためて調べたら、Watching The Detectivesは、デビュー・アルバム「My Aim Is True1977」に収録されていたのである。

e0358504_22121096.jpg

 そうか、このアルバムも、リリースされたばかりの時に、たぶん渋谷の「SISCO」って外盤専門のレコード店で買ったはずだが、どんな曲が入っていたのか、すっかり忘れてるな~。
 それにしても、デビュー・アルバムで、すでにこの水準に達していたのか!!
 つくづく恐るべし、らElvis Costello!!
[PR]
by misaochan3x7 | 2016-12-07 22:07 | 音楽とわたくし | Comments(0)

フォークグループあじさい主催の「CLIMAX SEXY PARTY2016」に行って来ましたの巻。

【2016年11月27日(日)】

 毎年、年の瀬が近づくと楽しみなのが、わが愛すべき音楽仲間「フォークグループあじさい」が主催する音楽イベント「CLIMAX SEXY PARTY」なのである。
 いわば忘年会なのでありますが、昨年の記憶があいまいなのは、開催場所がいつもと違った場所で開催されたからにほかならない。
 そういえば、昨年は、大塚だったのだ。
 あれから、早1年。今年は、お馴染みの江古田にある072.gif「ギャラリー古藤」。
 自アコギをかついて電車で赴く。

e0358504_10464192.jpg
e0358504_10465765.jpg

 【「CLIMAX SEXY PARTY」/過去の記録】
 072.gif2010年12月4日/フォークグループ「あじさい」クライマックスPARTY。
 072.gif2013年12月14日(土)/あじさい主催の音楽パーティー(忘年会)に参加して来ましたよ。
 072.gif2015年12月6日(日)/フォークグループ「あじさい」〝クライマックス セクスィー パーティー2015〟に参加して来ましたの巻。

 【ボクが「フォークグループあじさい」について知っている九(ここの)つの事柄。】

e0358504_10441223.jpg

 午前中、自宅の近所の公共施設での「麻雀教室」に参加していた関係で、パーリー開始から1時間遅れの入場。
 早くも主催者である「フォークグループあじさい」が演奏を開始中である。

e0358504_1047577.jpg

 木戸銭1,500円を払い、入口付近に並べられたおいしそうな食べ物を皿に取り、発泡酒の缶を片手に着席す。
 そのおいしそうな食べ物の写真をうっかり撮り忘れてしまったので、056.gifここでご確認を。
 「フォークグループあじさい」のメンバー(パーカッション、ギター、ボーカル)にして、プロのグラフィックデザイナーである菊っちょさんを主筆とするブログなのであ~る。(ちなみに、自アコギを弾き歌うボクの姿も写ってます)

 では、来場者のステージの模様をアーカイブだ!!

 ちぇすとーっ!!

e0358504_119760.jpg
e0358504_1193263.jpg
e0358504_1194987.jpg
e0358504_1110145.jpg
e0358504_11101834.jpg
e0358504_11103816.jpg
e0358504_11105655.jpg
e0358504_11111470.jpg
e0358504_11113334.jpg
e0358504_11115131.jpg
e0358504_11143094.jpg
e0358504_1114429.jpg
e0358504_11145936.jpg
e0358504_1115134.jpg
e0358504_11152958.jpg
e0358504_1115436.jpg
e0358504_1116226.jpg
e0358504_11162063.jpg
e0358504_1116382.jpg
e0358504_11165578.jpg

 正直、歌い足りなかったので、大いにくすぶるものがあったのであります。
 このフラストレーションをどこで晴らそうか。
 ちなみに、12/24(土)~12/25(日)の2日間、ここ「ギャラリー古藤」で、あじさいのメンバーである〝とやさん〟主催の忘年会があり、演奏の場が与えられているのだが、あいにく2日間とも草津温泉泊の先約があって参加出来ないのである。
 残念至極なのであ~る。

e0358504_21451335.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2016-12-03 10:35 | 音楽とわたくし | Comments(0)

今宵も「じみへん」でロックの巻。

【2016年11月21日(月)】

 まいどお馴染みの、東中野にある音楽酒場「じみへん」ネタで恐縮です。
 この日は、ロックセッション・デーなり。060.gif

 いつもの常連が集い、オールドなロックに興じたのであります。
 ボクは、前日のこともあり071.gif若干の疲れが隠せず、夜8時頃に入店し、この日は2時間ほどで引き上げたのでありました。

e0358504_20592453.jpg
e0358504_20593948.jpg
e0358504_20595362.jpg
e0358504_210764.jpg
e0358504_2101922.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2016-11-25 20:33 | 音楽とわたくし | Comments(0)

「Black Sea=ブラック・シー」新宿ライブレポート。

【2016年11月20日(日)】

 わが愛すべき多国籍バンド「Black Sea=ブラック・シー」の日本人ベーシストのちくちゃんから、現メンバーでの活動が年内いっぱいで終了になるとの報が届く。

 えーーッ!!

e0358504_10123385.jpg

 亜米利加人のドラマー、リッチ(リチャード)さんが、母国シカゴに帰られたのは、056.gif今年の3月のことだった
 そして、今回は、ギター&ボーカル(たぶん、曲づくりも)の英吉利人のジェイソンさんが、母国に帰られることになったんだそうである。
 ううむ、いたしかたないが、残念でならない事態である。

 残されたライブは、あと2回とのこと。
 そのうちの1回が、新宿1丁目にある072.gifインドレストラン「PAPERA=パペラ」で開催されるというので、友人2人を誘って3人で行くことに。

e0358504_10174765.jpg
e0358504_10181555.jpg
e0358504_10183175.jpg
e0358504_1018558.jpg
e0358504_10191859.png

 ちくちゃんからのインビテーション・メールは、以下のとおりである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ■会場:レストランパペラ(インド料理)
 新宿御苑前駅(東京メトロ丸の内線)下車1番出口すぐ目の前
 東京都新宿区新宿 2-8-1 新宿セブンビル2F
 アクセス

 ■18:00開場、18:30頃開演(~22:00頃まで)
 ※Black Seaは18:30~の演奏です。
※レストランは23:00閉店

 ■入場無料(要オーダー/フード350円~)
 ※入場の年齢制限はありません。
 ※ライブ中のご注文は、キャッシュ・オン・スタイルとなります。
 ※レストラン内は禁煙です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 当日は、「Live from the Kitchen Disco vol.30」と題した企画で、5バンドが出演。

 わが「Black Sea=ブラック・シー」は、トップ・バッターでの出演となる。当初、30分の演奏時間と聞いていたのだが、オリジナルの持ち歌をほぼ全部出し切った感じで、50分くらいの充実した演奏となったのだった。
 
 会場は外国人のお客が多く、お店のスィステムとしては、出演バンドの集客ノルマはないようで、しかも、箱代無料とのこと。飲食客の注文(フードとドリンク)だけで成り立っているようなのだ。
 素晴らしい!!

 ボクの連れのともだち2人は、カレーやナンなどを食べながら、トップ・バッターで出演した「Black Sea=ブラック・シー」だけを観て帰ったのだが、ボクは、全部のバンドを観たので、終わった時には、夜11時近くになっていたのだった。

 072.gifBlack Sea=ブラック・シー
 アコギが、ジェイソンさん。ジェイソンは、姓ではなく、名の方です。

e0358504_10272828.jpg
e0358504_10274924.jpg
e0358504_1028569.jpg
e0358504_10283240.jpg
e0358504_10284821.jpg

 072.gif以下の4バンドのバンド名は、不明。
 歌はすべて英語の歌詞で、日本語による歌はなかったのである。

e0358504_1030612.jpg
e0358504_10324840.jpg
e0358504_1033317.jpg
e0358504_10332238.jpg

 会場には、060.gif東中野にある音楽酒場「じみへん」の常連客であるフジワラくんもいたので、彼と並んで飲んでいると、テーブルを挟んで向かい合わせとなった男性外国人2人と偶然、仲良くなる。

 聞けば、ロス・アンジェルスから来たCameron=キャメロン(長髪・髭の青年/写真の真ん中)と、サンフランシスコから来たIMRAN=イムラン(短髪で目の大きな青年/キャメロンの左隣)という2人組のツーリストだったのである。

e0358504_10334974.jpg


 I'm so glad to see you,Cameron and IMRAN!!
 we had a good fun time!!  

 東京は、今回はじめての訪問なのだそうで、旅のガイドブックなどは持って来なかったらしいが、来日初日にこのレストランを選択したとは、鋭い!!
 11月23日(水・)には帰国するので、東京でお薦めの場所などあるかと聞かれ、酒を飲める場所に関心があったようなので、新宿西口の「思いで横丁」、御徒町の飲み屋筋、それに、お薦めの№1として、浅草の観光船などについて、ボクの中学生レベルの英語の筆談で回答したところ、会話が通じ、大いに盛り上る。

 キャメロンには、ボクのブログのURLを教え、彼とのメアドの交換などを行った。
 また、キャメロンからは、ボクとフジワラくんに、彼の住むロスまでは、片道4万円あれば行けるので、自分の家に泊まりに来いよと誘われたのだが、ボクについていえば、「一期一会=ichigo ichie」という日本語について、これは東洋的な考え方の一種であるとして、その意味を伝え、たぶんもう2度と直接会えることはないだろうとの意志を示したのだった。

 「Black Sea=ブラック・シー」のライブに端を発して、期せずして国際交流を図ることが出来、充実した時間を過ごすことが出来たのだった。

 VIVA MUSIC!!
 VIVA 国際交流!!(International Frendship)049.gif

 072.gif追伸
 Black Sea Last Live
 12月19日(月)/東中野「じみへん」/19:30~060.gif

 これも行かねば!!
[PR]
by misaochan3x7 | 2016-11-23 10:36 | 音楽とわたくし | Comments(0)

玉域まさゆき氏主催の音楽イベント「風の轍 vol.27」レポート。

【2016年10月29日(土)】
 
 今年は、夏も何だかショボい感じでしたが、残暑もそれほどではなく、台風は被災地にむごい結果をもたらしたものの、やがていつの間にか秋になり、いよいよ冬に向かっておりますね。
 けふは、ちと、サブいんよ。太陽も顔を出さないしね。
 
e0358504_18284682.jpg
e0358504_1829183.jpg

 なので、この日、ボクは、地元の帽子屋さんで、冬に備えて帽子を新調したのあります。
 さて、過日、音楽仲間である玉城さんから、このインビテーション・メールをいただく。▼
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 インディーズレーベル「RBC's Records」がこの秋、復活します!
 レーベル再建第1弾はこれ!!!!
 このメンバーでこの料金。さらに追加ドリンクは、200円。
 歌あり、笑いありの2時間半。ぜひ、遊びに来てください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 おお!!このメンバー数で、この料金は、お得だわ!!

 コスパ最高ーッ!!

 というわけで、この日の夕方、「風の轍 vol.27」の会場である労音お茶の水会館へと電車で向かう。
 当レーベル復活を記念した所属のアーチストたち5組によるライブなのであ~る。

e0358504_19145217.jpg

 会場のメインスペースには机が据えられ、そこに盛り盛りのお菓子と酒が並ぶ。(笑)来場者は、次々に車座になってそれを囲む。
 そして、その机の回りをさらに椅子が囲むといったレイアウト。
 何しろ、出演アーチストが5組だけに、それぞれのファンが集合した関係で、場内はほぼ満席状態なのだ。049.gif

e0358504_1113152.jpg

 では、出演者順に写真アーカイブだ。

 072.gifグラスール
 沖縄出身の女子+福島出身の男子ふたりのユニット。
 ユニット名のスペルは、「Glass Wool」。直訳すれば、ガラスの綿だが、実は、男性は元大工さんとかで、彼が職場で使っていた断熱材のことなのだそうだ。

e0358504_1122856.jpg
e0358504_1135544.jpg

 グラス・ウールなら、まだ意味を追いかけられるのだが、グラスールとなると、まった 意味がわからず、ことばの意味を知りたがるボクとしては、ついイラッとなってしまうのだ。
 現場では、グラス・ウールといわずに、グラスールと呼んでいるんだとか。
 女の子が弾く4弦ギターは、はじめて見たのだが、ヤイリというギターメーカーとBIGINが共同製作した、「一五一会」という新楽器なのだそうである。ふ~ん。

 072.gifヒルギ×小野寺のりふみ
 沖縄出身の女性ボーカル=ヒルギと、ギター奏者小野寺のりふみ氏によるユニット。 
 素晴らしいギターテクニックと美しい音にうっとりだ。
e0358504_1188100.jpg
e0358504_1181931.jpg
e0358504_1183731.jpg

 ちなみに、ヒルギとは、ヒルギ科に属する双子葉植物で、熱帯から亜熱帯に分布する常緑木。ジャポンでは、九州南部以南にオヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギの3属3種が自然分布するとのこと。
 マングローブとは、このヒルギの群生状態を指すということは、056.gif職員旅行で沖縄県に行った時(2012.10.5(金)~10.7(日))か、056.gifその前の職員旅行で石垣島に行った時(2008年2月8日~10日)に、バスガイドさんから聞いたことがあるのねんのねん。

 072.gif小野寺のりふ
 うぇ~い。ソロ演奏だよ!!
 
e0358504_1111506.jpg

 072.gifアツオニア・ウエッチーノ
 沖縄出身の芸人さん。この日は、ゴーヤと彼を囲む野菜たちとの確執を描いたドラマのひとり芝居。
 ふだんは、黒塗りの顔をして、JB(ジェームス・ブラウン)などを演じる人です。

e0358504_11132120.jpg

 072.gifわけありブラザース
 ロックン・ロールを感じさせるコミックテイストなバンド。
 サンリオから許諾を得て、キティちゃんコラボTシャツを制作したようである。

e0358504_11142024.jpg

 072.gif玉城まさゆき
 このレーベルの主宰者である。旧コザ市(現沖縄市)出身。のびのある声と美しくメリハリのあるギター。
 沖縄県人の本当の心根が知りたかったら、この人の歌をぜひ聞いて欲しい。
 ステージ・サポートは、金子雄一氏。<チーム金子>のバンマス。本職は、コンクリート土木の技師さんなのだ。この日は、フルートとハーモニカ演奏。やっぱり、ウマいね、この人。

e0358504_11152374.jpg

 072.gifそして、出演者全員によるフィーナーレ 

e0358504_11191768.jpg
e0358504_11193570.jpg

 この後、同じ会場内で、出演者と来場者による打ち上げを行い、幕となる。(写真、撮り忘れました)
e0358504_11201517.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2016-10-30 18:36 | 音楽とわたくし | Comments(0)

久松温泉@池上で音楽仲間と宴会を開催しましたの巻。

【2016年10月22日(土)】

 かつて、<チーム金子>というアコースティック・バンドで、何人かの仲間と一緒に音楽活動をしていたボクは、今年の6月、諸般の事情によりそこでの活動を一旦中断し、いまは、<DMM.タガメ>(でぃーえむえむどっとたがめ、と読む)というグループを仮寓としているのである。
 「DMM.」とは、メンバーのどんぐりさん(リードギター、ボーカル、ハーモニカ、作曲)、正子さん(ボーカル、作詞)、ボク(ミミオ/ボーカル)の読み音のアルファベットで、タガメとは、かなめさん(三線、ボーカル)の舞台での呼び名なり。

 で、この日、音楽仲間を中心に声をかけ、東急池上線の「池上駅」にある銭=072.gif久松温泉で、こんな催しを企画したんですわ。

e0358504_9293597.jpg

 この銭湯の2階には、舞台付きの宴会場があり、入湯料と2階の借り賃が、2時間で1,000円というセット料金設定となっていて、入場時、番台でお金を払い、入場券をもらって2階に上がるというシステムになっている。
 2階には、お世話係の女性がいて、ここで入場券を出す。
 外出したければ、この入場券をもらい直して外出し、帰ってきたら、またこの入場券を出せばよい。
 食べ物の持ち込みはOKだが、お酒、ソフトドリンク、氷は、必ず2階のカウンターで買わなければならないというのが決まりなのだ。
 舞台にカラオケもあるし、有線も流れている。
 楽器持ち込みもOK。当方の実績ベースでは、アコギ、ハーモニカ、フラット・マンドリンの持ち込みは、当方の実績ベースではOKなのだった。

e0358504_11205674.jpg

 ところで、銭湯に入ろうが入るまいが、入場時、番台で1,000円は支払わなければならないので、当然、宴会開始前にお風呂に入った方がお得なのだが、ボクは企画側のお世話係をずっと務めているので、ここのお風呂に一度も入ったことがないのである。
 残念だと思ったことはないのだが、でも、1回くらいは入ってみてもいいかなって、今回、ちょっと思ったのである。
 なので、年内には入浴を果たし、その帰りに、近くにある中華屋で牡蠣の天ぷらを肴に、紹興酒の熱燗を胃の腑に流し込んでみたいものよと思った次第なんだわさ。

 さて、この日集まった善男善女は、ボクを含めて15人。ヽ(`Д´)ノ 

e0358504_11282638.jpg
e0358504_9471290.jpg
e0358504_9473822.jpg
e0358504_950193.jpg

 17:00~19:00の2時間、歌と酒と肴で楽しく過ごす。

 「フォークグループあじさい」のメンバーである菊っちょさんのブログでもこの催しをアップしていただいております。056.gifここで見てね。
 また、この会場を使って開催した過去の宴の様子は、下記をご覧くださいましね。

 072.gif2012年12月1日(土)/<チーム金子>忘年会@池上。
 072.gif2014年12月27日(土)/<チーム金子>忘年会@池上/久松温泉。
 072.gif2015年12月23日(水)・祝/<チーム金子>プレゼンツ!!オープン・マイク・ショー2015(池上温泉編)開催!!

 この催しを企画した当初は、今年赤いちゃんちゃんこ着ることになったメンバーの正子さんを寿(ことほ)ぐ会にしようと思ったのだが、この案は、時間が経つにつれてなし崩し的に消滅し、ふつうに飲み会となったのであ~る。(笑)

 さて、前フリが長くなったが、出演者、会場の様子をアーカイブだ。

 それっ!!
 
 072.gifスタートは、まず、ボクから▼。

e0358504_9442988.jpg

 072.gifどんぐりさんのステージ▼
 
e0358504_1003937.jpg

 072.gifタガメさんのステージ。▼

e0358504_1014652.jpg

 072.gif南部合唱団(有志)のステージ▼

e0358504_1041153.jpg

 072.gif菊っちょさん、ミヤちゃん、戸谷(とや)さんfrom「フォークグループあじさい」feat.タガメさんのステージ。▼

e0358504_1063385.jpg

 072.gif「フォークグループあじさい」feat.タガメさん、モーリス松井のステージ。▼ 
 
e0358504_1083799.jpg

 072.gifエレジーいわた登場!!

 さあ、今宵の企画のキモは、ある意味、〝裏メニュー〟ともいえる、エレジーいわた氏のこのデビューステージで、この日、ボクには、この舞台でそれを実現し、成功させるという意図があったのであ~る。
 まさに、きょうという日が、大衆を前にして、「エレジーいわた」としてのデビューとなる記念日だったのだ。071.gif
  演ずるは、、「赤色エレジー」。060.gif
 いまのところ、氏のレパートリーはこの曲ひとつだけなのだが、しかし、恐らく今後も、この曲1本に賭けるステージ人生となるのではあるまいか。
 「一意専心」と励んでいただければ幸いなのである。

e0358504_10254216.jpg
e0358504_1026249.jpg

 ここに、モーリス松井のフラット・マンドリンが入ることで、哀愁はいや増しに増し、いい感じのステージを形成していくのだった。049.gif

e0358504_10291917.jpg
e0358504_10293520.jpg
e0358504_10295136.jpg

 そこに、なかを社長のボーカルが加わる。(笑)

e0358504_10423788.jpg
e0358504_10425174.jpg
e0358504_1043571.jpg
e0358504_1043173.jpg

 072.gifそして、フィナーレだ!!060.gif

e0358504_10445635.jpg
e0358504_10451034.jpg
e0358504_10452455.jpg

 時間にキビしいハコである。無情にも楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、午後7時には撤収となる。

 その後、いつものように、いつものあの場所053.gifに移動して2次会となり、三々五々、解散す。

e0358504_10553834.jpg
e0358504_10555155.jpg
e0358504_1056457.jpg

 歌と酒と楽器と音楽仲間。 それ以外に何か必要?

e0358504_1104448.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2016-10-29 09:47 | 音楽とわたくし | Comments(0)

「フォークグループ あじさい」主催のフィールド・フォーク・イベントに参加して来ましたの巻。【改訂版】

 引っ越し前のブログに載せた056.gifこの記事

 実は、書き足したい原稿があり、かつ、それに対応して載せたい写真と画像があったものの、引っ越し前のブログに挙げられる写真や画像の最大容量をオーバーしてしまった関係で、<未完>の状態だったのである。
 そこで、今回、テキストと写真・画像を追加した【改訂版】をアップしますので、再読のほどよろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【2016年10月16日(日)】

 わが愛すべき音楽仲間「フォークグループ あじさい」が主催する、毎年秋の恒例のフィールド・フォーク・イベントに参加して来ましたよん。060.gif

a0141884_14455765.jpg
a0141884_14461781.jpg

 場所は、昨年に引き続き、西武池袋線「高麗(こま)駅」下車、徒歩20分くらいのところにある巾着田(きんちゃくだ) の河原。
 ここで、豚汁などを作って食べながら、飲めや歌えの野外パーリーという趣向なのですだ。
 
 毎回、シュールで楽しいタイトルをプレゼンしてくださるのは、「あじさい」のメンバー近周(きんしゅう)さん(ギター、バンジョー、フラットマンドリン、ヴォーカル)

 今回のタイトルは、「タガメの密を探して」なのであ~る。(笑)

 過去の様子は、ここで確認しておくんなましね。

 072.gif2014年10月12日(日)/河原でポン@飯能河原。
 072.gif2015年11月1日(日)/フィールドフォーク in 巾着田(きんちゃくだ) 「タニシの歌声を聴く」。
 今回、ボクはちょっと遅れて駅に到着。しかも、デジカメを忘れてしまったので、携帯電話のカメラで撮るハメに。
 んぢゃ、早速、写真アーカイブ行きまっせ~!!071.gif

 ちぇすとーっ!!

 おっとその前に、同じく「あじさい」のメンバーである菊っちょさん(パーカッション、ギター、ボーカル)のブログでの今回の模様も、056.gifここで確認しておいてくださいねっ。053.gif

 好天にめぐまれての開催。途中、ちょっと雲行きが怪しくなる場面もあったのだが、何とか持ち直したのだった。
 河原の周囲は、かようなランドスケープなり。

a0141884_1438359.jpg
a0141884_143853100.jpg

 そして、気になるのは、参加者数なのだ。前回、前々回の参加者は、ともに11人で、萩尾望都の作品「11人いる!」をダシにブログ展開出来たのだが、さて、今回参加の人数は!?

 あーっ、14人いるぅぅうう!!(笑)

 ヽ(`Д´)ノ 

 んがしか~し、何人の善男善女だろうが、このブログは成立しますのだ。わっはっはっは!!

e0358504_20241193.jpg
a0141884_14401976.jpg

 072.gifまずは、火起こしなのだ。▼

a0141884_14423343.jpg
a0141884_14424616.jpg

 072.gifメインの豚汁の準備。▼

a0141884_14442631.jpg
a0141884_14444324.jpg
a0141884_14445738.jpg

 でけましたっ!!

a0141884_14451316.jpg

 ウマイですっ!! うえ~い!! 

a0141884_14452913.jpg

 072.gifこっちは、総菜パンの〝炙(あぶ)り〟!!(笑)▼

 
a0141884_1450366.jpg

 072.gifそんでもって、何といっても、BBQの定番アイテムは、フランクフルト・ソーセージでして。
 ちなみに、そのまわりを取り囲んでいる白くて小さなものは、カニカマですね。▼


e0358504_19561588.jpg

 飲み、喰らい、そして歌う。この繰り返しなり。宴は続くよ、どこまでも。<3<3070.gif

a0141884_14574584.jpg
a0141884_1458693.jpg
a0141884_14582177.jpg
a0141884_14583378.jpg
a0141884_14584253.jpg
a0141884_14585721.jpg
a0141884_1459862.jpg

 今回、初参加のどんぐりさん(憲法フォークジャンボリー事務局長)は、最近、ギブソンのSGを購入してエレキ小僧となっており、この日もSGとミニ・アンプを持参しての参戦。
 ボクもSGを借りて、1曲演ってみましたよ。おほほのほ。
 (写真は、「あじさい」のメンバーである菊っちょさんのブログから拝借。了解済み )

a0141884_154196.png

 さて、いよいよ宴も終盤に差しかかった時、隣のグループから、合唱の声が聴こえて来たのだった。

a0141884_1571155.jpg

 それを聴きつけたどんぐりさんが、引き寄せられるようにエレキとミニ・アンプを持って、ごく自然な流れでその輪に加わって行くのである。
 このへんが、この男の真骨頂なのだ。(笑)
 
a0141884_15104524.jpg

 そして、「翼をください」の歌唱誘導を始めるやいなや(as soon as)、わがグループも完全にこの輪に加わっての大合唱となりぬ。

a0141884_15112865.jpg
a0141884_1511413.jpg

 このグループは、山岳関係の方たちの集まりで、この近くでの山岳救助訓練を追えた後の河原での催しだったようである。
 リーダーの男性は、若い頃、056.gif新宿のうたごえ喫茶「ともしび」(いまもあります )に通っていたとのことで、今回のハプニングは、大変喜ばれたのだった。
 また、リーダー以外の参加者からも好評で、「サプライズをありがとう!!」という声をいただいたり、「最近の若い者も捨てたもんじゃないね」といってくださる声が聞こえたりで、なかなかに素晴らしいエンディングとなる。
 いや、いや、見た目は、一見若く見えたかもかもしれないんですが、実際は、わがグループは、みんなそこそこにけっこういい歳なのでして。(笑)

 このあと、腹ごなしに散歩に出かけたメンバー以外の数人は、先ほどの大団円の余韻の中、車座になってアコギを弾き交わす。
 あ、飲み疲れて(?)寝ている人もいるね。(笑)

a0141884_15161149.jpg

 最後は、現場を片付けて、この宴も終了となる。

a0141884_15162494.jpg

 ところで、帰りの駅へと向かう道すがら、参加者の中の父と娘がふたり、ごく自然に手をつないで夕日に向かって歩きながら帰るシーンを目撃す。
 う~ん、何て素敵な親子の関係でありましょう!!

 素晴らしい!!

e0358504_2025397.jpg

 これにあやかって、ボクも思わず彼女の手を握らせてもらい、しばし一緒に歩く喜びを分かち与えてもたったのでした。じわわ~ん。
 (この写真も、「あじさい」のメンバーである菊っちょさんのブログから拝借。了解済み )

e0358504_2031622.png

 音楽を通じて集える仲間のつながりって、やっぱり、いいね。049.gif

e0358504_20115029.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2016-10-28 20:03 | 音楽とわたくし | Comments(0)