カテゴリ:違和感とわたくし( 9 )

親指びの思いで2017。

 気がつくと、左手の親指の付け根に、何だか突き指をした時のような違和感が。
 思い当たる節がない中、ある時、何気にペットボトルの蓋をひねろうとした時にわかったのである。

e0358504_17181797.jpg
 そうなんす。
 今年の夏、我が家では、ジャスミン茶のペットボトルをダンボールで何度か箱買いし、ボクと奥さんは、せっせとそれを飲んだのである。
 その時、きつくしまったプラスチックの蓋を夏中ひねり続けた結果、左手の親指の付け根に突き指をした時のような違和感が生じたのだと気がついた。
e0358504_17182476.jpg
 いや、実際、この蓋って、かなり強く締められているんですわ。
 それを夏中繰り返したら、この結果に。
 意外な結末なのであった。
e0358504_17183267.jpg
e0358504_23304840.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-10-15 17:19 | 違和感とわたくし | Comments(0)

「9月1日問題」とわたくし。

【2017年9月1日(金)】

 あっという間に8月も終わり、けふから9月なり。学校は新学期か。

 世間では、見慣れない143.png「9月1日問題」といふ問題が浮上していることに気づく。
 こげな問題があるなんて、ついぞ知らなんだ。
 夏休みが終わって新学期が始まる9月1日、その日が恐怖でしかない子どもたちが、自ら命を絶つ。これが、「9月1日問題」だというのである。
 データが明らかになったのは2015年とのこと。 
 どうりで知らないわけだ。

 「もし、逃げ場がなければ、動物園にいらっしゃい」という8月30日付の上野動物園のツイッター投稿記事が胸を衝き、切なさで落涙しそうになる。
 動物は、敵から逃げるときは誰の許可もなく、脇目も振らず逃げるというのである。

e0358504_20280562.jpg
e0358504_20282262.jpg
 それに、「学校は命をかけてまで行くところじゃない」というメッセージは、いまだからこそわかるのだ。

 学校に行かずに自分を磨き学力を上げる方法や選択肢など、昔に比べたらいまはたくさんあることに気づくべきなのだ。
 いっそ、猫のように眠ることを基本に生きられたなら、人生はもっともっと素晴らしいものになるだろうな。
e0358504_20304231.jpg



[PR]
by misaochan3x7 | 2017-09-05 21:48 | 違和感とわたくし | Comments(0)

「経食道心エコー」初体験記。グエーッ!!

【2017年8月28日(月)】

 この日は、仕事を休んで、代々木にある総合病院の循環器内科外来を訪ねる。

 というのは、4年前の定期検診で、心の臓に若干の異常が見られるとの検査結果を受けていて、今年の3月の定期検診では、専門医による検査を受けた方がいいすよとのことで、紹介状をもらっていたのである。
 とはいえ、心の臓に痛みや圧迫感、違和感、脈の乱れといった不具合などはまるでなく、いますぐどうにかしなければという切迫した状態ではないのではあるが。

e0358504_02555955.jpg

 まず最初に受けたのは、超音波を胸の上から当てて心の臓の様子を観察する177.png心臓超音波検査(心エコー。経胸壁超音波ともいう)。
 この検査によって、心の臓の様子が立体動画で得られるのである。

e0358504_02562577.gif
e0358504_02563250.jpg

 続いて受けたのが、177.png「経食道心エコー」と呼ばれる検査だ。
 これは、心の臓のすぐ後ろを走っている食道から超音波(エコー)を当てて観察するという検査方法で、被験者は、超音波を出す発信装置(探触子)を先端に着けた直径1センチくらいの太さの管を飲み込み、心の臓を裏側から観察するという仕組みである。

e0358504_02565889.jpg


 この検査によって、先の心エコーからは得られなかった別の情報が得られるというわけなのだ。

 検査開始前、小さなキャップに注がれたちょっと粘度のある透明なシロップを渡され、この液を喉の奥に溜めるよう指示されたのだが、この液は麻酔薬とのこと。
 約5分間、じっと我慢して液を喉の奥に溜め、それを吐き出したとき、喉の奥にはちょっと麻痺した感覚が起きていた。
 管を飲み込むときの痛みをやわらげる目的かと思っていたのだが、あとで調べたら、嘔吐反射(異物を飲み込んだ時の吐きたくなるような感覚)をなくして、管をするっと飲み込めるようにするための麻酔とのこと。
 そのとき、そげな説明は一切なく、いわれるままにじっと我慢して液を喉の奥に溜めていたのだった。
 いつもながらに、医療機関というのは説明不足の組織なんだよな~。
 もっと客の気持ちをわかってほしいのねんのねん。

 さて、検査は、探触子の着いた管を動かしやすいように、左横向きになった状態で約20分もの間行われたのである。

e0358504_10084663.jpg
e0358504_10090100.jpg
 いや~、管を飲み込むときには、かなり苦労したですよ。
 直径1センチの管を胃の奥まで飲み込むなんて、そうそうたやすく出来る行為じゃござんせんや。何しろはじめてのことなので、喉の奥の筋肉を蠕動(ぜんどう)させて管を飲み込むコツをつかむまでは嗚咽して、なかなかうまくいきません。舌は、ついつい管を吐き出そうとするのである。

 麻酔に効果があったかどうかは、正直よくわからない体験だったよな~。
 この検査も、終わるまでの約20分間、じっと我慢してひたすら気を紛らわせ、違和感に堪えていたというわけなのである。

 最後に、今後あなたが「経食道心エコー」の検査を受けられることがあるときに備えて、このレポートが予備知識となれば幸いです。

e0358504_03051441.gif
 検査結果は、9月13日(水)に出る予定である。
 

[PR]
by misaochan3x7 | 2017-09-02 02:51 | 違和感とわたくし | Comments(0)

職場で聞く、麺をすする音の貧しさよ、ああ、貧しさよ、貧しさよの巻。

 職場での昼休み。

 お昼ごはん用に、蕎麦だかカップラーメンだかを買って来た職員が自席ですする麺の音が、けふもわたくしの席の後方から聞こえて来るのであります。

 その音の何とわびしい響きよ。その音の何と貧乏臭い響きであることよ。
 その音を聞くたびに、日本はまだまだ貧しい国なんだなということが、身に滲みて伝わって来るのである。
 そして、この先も、この国は決して豊かにはなれないんだなという、暗澹たる気持ちにさせられる音なのである。

 レストランや食堂以外で聞こえて来る、ものを食べる音。 
 とりわけ、職場で麺をすする音ってやつは、わたくしをして、軽々と絶望の淵まで連れて行ってくれるのであ~る。

e0358504_19315558.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-08-02 19:32 | 違和感とわたくし | Comments(0)

暑中お見舞い申し上げます。

【2017年7月23日(日)】

 暑中お見舞い申し上げます。
 皆さま、いかが過ごしですか。
e0358504_14255923.jpg
 わたしは、ひどい肩こり性なんですが、このところそのせいで疲れが抜け切れず、さらに、最近は、何年かぶりに、疲労から来ると思われるアレルギー性の湿疹が体のあちこちに出るのです。
 おまけに、長年の睡眠障害で、慢性的な睡眠不足ときたもんで、体調はそんなにいいわけではありましぇん。
 おまけに、第四次性徴期のための成長痛で両膝の調子が。ぐわっ!!

 ところで、1週間のスタートを日曜日からカウントする考え方を採るなら、来週はもう8月じゃねーか!!
 うかうかしてるとお盆が過ぎて、海には土用波が立ち、夏ももう終わりなのである。
 短いよな、ジャポンの夏。
 そして、TOKIOには半年もの長き冬が訪れるのである。ファック!!

 しばらく聴くものがなくてクサっていたのだが、この音はいいっすね!!





[PR]
by misaochan3x7 | 2017-07-23 14:15 | 違和感とわたくし | Comments(0)

両ひさ痛とわたくし。

【2017年5月3日(水)・

 3月に右ひざのまわりを覆う腱というか筋を痛め、それをかばって左ひざに体重乗せたのが災いし、今度は荷重のために、左ひざの皿のすぐ下にある腱というか筋を痛めたのだった。

 そして、4月になり、エレベーターのない、とあるビルの地下一階から3階までを階段で何度も行き来した結果、後日、両方のひざの、さっき述べた個所の状態がさらに悪化し、GWを前に地元の整形外科にいってレントゲン写真を撮り、薬の処方を受けたというわけなのである。

e0358504_14112903.jpg

 さて、この日は、埼玉県まで遠出する用事があったので、家にあったノルディック式ウォーキング用の杖を2本使って遠出したのでありんす。

 久しぶりに器具を使って歩行したのだが、なかなか不自由なものですね。
 帰りに新宿駅の人ごみに巻き込まれてしまい、向かい風のように目の前に現れてくる人の流れをうまくかわせなかったのである。
 健常な人間の身体感覚(センサーの働き)とは、まったく素晴らしいものいだと痛感。

 補助器具の助けなしに、ふつうに歩行出来ることのありがたさを改めて知るのだった。
 それにしても、不具者に対するジャップどものアティトュードには思いやりのかけらもなく、民度の低さを感じだのだった。
 南無~。


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-05-07 14:17 | 違和感とわたくし | Comments(0)

閉店した南阿佐谷の書店「書原(しょげん)」を再び訪ねるの記。

【2017年4月29日(土)】

 髪の毛が伸びてうっとうしくなったので、阿佐ヶ谷の床屋に行って9ミリの丸刈りにしてもらってサッパリした帰り、閉店した南阿佐谷の書店「書原」跡を目の当たりにし、おもむろにカバンからカメラを取り出して写真を撮る。

e0358504_22080820.jpg

 閉店してはじめて、通りに面したビルに看板が出ていたことに気づく。
 そしてまた、「東京靴流通センター」も閉店セールをやっていることに気づくのだ。
 うんと安かったら、仕事靴とプライベートの靴を買っておこうかな。

e0358504_22082171.jpg
e0358504_22083147.jpg
e0358504_22084176.jpg

 そういえば、何年も前に、「書原」から出て来る国語学者の金田一秀穂氏の姿をを見たことがあったっけ。家が近いのかな、なんて思ったものなのさ。


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-05-02 22:09 | 違和感とわたくし | Comments(0)

南阿佐谷の書店「書原(しょげん)」の閉店を知るの巻。

【2017年4月25日(火)】

 雑誌「オール讀物」に連載中の「梶芽衣子自伝」第2回を読みたいと思い、南阿佐谷の書店「書原(しょげん)」に買いに行こうと訪れると、何だか店の構えがいつもと違って変なのだ。
 何とそのとなりにある「東京靴流通センター」の商品(靴)が、書店があるべきスペースの前にドバーッと流れ込んでいるのだった。

 目をこらしてよく見ると、

「あーっ、
書原がなくなってるーーーーっ!!」

e0358504_02152817.jpg
 店を訪ねてきたどこかのおっさんも、ボク同様、目が点になってビックリしてたんよ。
 で、靴屋の店員のおねいさんに「書原ってなくなっちゃったの!?」って聞いたら、161.png2月19日(日)に閉店したとのこと。

 不覚なり。

e0358504_02143322.png

 どうやらビルの老朽化での閉店のようなのだ。
 開店は1967年というから、ちょうど50年、ここで本好きの欲求を満たしていたのだな。すげーよ、「書原」。
 本店機能を京王線のつつじヶ丘に移したみたい。

 行けねーよ、そんな不便なところまで!!


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-04-28 01:58 | 違和感とわたくし | Comments(0)

ハロウィンと違和感とわたくし。

【2016年10月30日(日)】

 まちのあちこちでオレンジ色のかぼちゃのオバケを見かける。
 また、仮装した痴(し)れ者の群れに遭遇する機会が、例年にも増して多いと感じる。

e0358504_214057.png
 
 ブロガー生活を始めたのが、2005年3月。
 今日(こんにち)までの11年8ヶ月、この間(かん)、かつて、何かの用事で駒場東大前の住宅街を歩いている時、家々の玄関がハロウィンのディスプレイを施される様子に、ひどく違和感を覚えた記憶がある。
 それは、ボクが歌とアコギによる音楽生活を開始した時よりも前のことだったと記憶しているので、2009年よりも前のことだったのではあるまいか。
 少なくとも7年以上前から、この風習がジャポンに根付き始めていたことを意味しているということをいいたいのだ。
 あいにく、古い拙ブログの記事を探したのだが、見つからなかったが。

 今年、TOKIOでは、渋谷の交差点で、初めてハロウィン仮装のための交通規制(歩行者天国)をしたというニュースが伝わって来たのだった。
 一体ジャポンは、いつからこげな奇祭に浮かれるようになったのであろうか。

e0358504_2125710.jpg
e0358504_21252437.jpg

 先日参加したあるイベントでは、開口一番、司会者の口から出たあいさつが「ハッピー、ハロウィーン!!」だった日には、思わず膝から崩れ落ちそうになったものである。

 ゲロゲロゲローッ。

e0358504_21375232.jpg


 もう、完全に違和感なのだ。

 やめれ。
[PR]
by misaochan3x7 | 2016-10-30 21:18 | 違和感とわたくし | Comments(0)