カテゴリ:キャラ立ち( 7 )

グレート子鹿とわたくし。

【2017年3月30日(木)】

 あなたは、グレート子鹿という男をご存知だろうか。
 グレートな子鹿(バンビちゃん)ではないよ、173.pngグレート子鹿。75歳だ。

 このおじいちゃん、この歳で何と現役バリバリのプロレスラーなのである。まったくもって、恐ろしいことである。




 「週刊プロレス」2017年412号 No.1897は、真ん中のページに、何と24ページも割いて「アルバムシリーズ」として、グレート子鹿特集を組んでいるのである。
 一度コンビニで立ち読みしてそのまま棚に戻したものの、結局、後ろ髪引かれて、けふ、その号を買ったしまったのだった。

e0358504_20161943.jpg

 それにしても、若い頃、亜米利加でヒールとして活躍していた頃のルックスは、超かっこいいな!!
 仕事が出来る男は、えてしてこういういい顔をしているのものなのである。その見事なお手本が、これなのだ。

e0358504_20180741.jpg

 子鹿のバンビちゃんに「グレート」という冠がついているのも、よく考えるとチャ~ムな味わいだ。
 そういえば、むかし、子鹿ミキっていう女性歌手(アイドルのはしり)がいたっけ。

 それにしても、75歳にしてリングに上がる「グレート子鹿」という人生は、常人の常識をはるかに越えているのである。

 記事によれば、相撲部屋での修行ののち、力道山の門を叩いてプロレス入りして21歳でデビューし、以来54年、派手な跳び技やバックドロップ、ジャーマンスープレックスといったプロレスならではの醍醐味を感じさせる必殺技もなしに、全盛期の「殺人フルコース」技が、クロー(掴み技)→スリーパーホールド(裸締め)→チキンシンク(相手をロープに飛ばして返って来る反動を利用して、膝を相手の胃の腑にブチ込む荒技)だけで凌いで来れたというのは、驚きである。
 ひとえに、受け身(プロレスの基本中の基本のようなのだ)の賜(たまもの)といえるようである。

 それに、天龍源一郎のコメントや、大日本プロレスの社長のグレート子鹿評も、読めば読むほど、噛めば噛むほど味わいのある、いいコメントだよね~。
 「グレート子鹿」という生き方には、人をして大いに納得させる大きな力がありますわ!!

 つまらない人生訓や生き方のノウハウ本なんかより、この特集から得る物はたくさんありますので、〝悩めるよい子ちゃん〟は、迷わずこの号を購入された方がよいと思いますよ。

 合掌。
 


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-03-31 20:27 | キャラ立ち | Comments(0)

生まれてはじめて「オール讀物」を買いましたの巻。

【2017年3月27日(月)】

 仕事帰りの地元の書店で、文藝春秋社発行の「オール讀物」を生まれてはじめて買うの巻。
 買ったのは4月号だ。

e0358504_20051655.jpg

 その昔、亡くなった父親がこの雑誌を定期購読していたのだが、これに載っていた池波正太郎の「鬼平犯科帳」を楽しみにしていたことを思い出す。
 確か、連載開始から読んでいて、面白いからお前も読んでみろと、母親にも勧めていたような記憶があるんだわさ。

 ちなみに、「鬼平犯科帳」をウィキってみたら、「鬼平」の登場は1967年12月号の「オール讀物」で、翌月号の1968年1月号から連載開始となったようである。
 ってことは、1月号の発売は、1967年12月ってことだな。
 いまからちょうど50年前の出来事である。この時、ボクは小学校4年、9歳である。

 その時以来、ボクは一貫してこの雑誌を〝おっさんの読物〟として認識していて、決して自分で購入することはないと、59歳の初老の身となるいまのいままで思っていたのだが、それを覆したのが、この号に載った178.png梶芽衣子の自伝なのである。
 しかも連載ときたもんだ!!

e0358504_20055209.jpg

 ぃやっほ~い!!

 読後感は、「満足!!」のひとことに尽きますね。

 それにしても、なぜ、いま、「梶芽衣子自伝」なのか。
 そして、願わくばこの連載が単行本化し、多くの未発表のカラー写真が載せられて発行されますように!!
 南~無~。


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-03-31 20:10 | キャラ立ち | Comments(0)

日経電子版と三国志(横山光輝)とのコラボレーション。

 電車の中で見た中吊り。
 056.gif日経電子版と三国志(横山光輝)とのコラボレーションなり。

e0358504_16132533.jpg
e0358504_16133872.jpg

 三白眼で生気を失った横山光輝のキャラの眼、特に三国志のキャラは、頭にヘンな物を乗っけたすっとぼけた感じのコスチュームとも相まって、もはや格好のパロディー・ネタなのである。













 072.gifおまけ
e0358504_1625612.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2016-12-31 16:15 | キャラ立ち | Comments(0)

森三摩地(もり さんまじ)シークレット・ライブレポート。

【2016年12月30日(金)】

 業のパフォーマー森三摩地(もり さんまじ)氏のシークレット・ライブに、音楽仲間数名と赴(おもむ)く。

e0358504_1565545.jpg

 場所は、彼の自宅のある横浜市内。
 彼が自宅の部屋の整理をしていたら、空き部屋がひとつ出来上がり、稽古場兼小さなイベントスペースが出来上がったとのことで、これを「一止庵(いっしあん)」と称した杮(こけら)落としのライブなり。
 演目は、「江戸っ子繁盛記」という一人芝居。かつてこの出し物は、いまはなき「ときどき食堂」で観た演目だ。
 2013年11月17日(日)のことである。

 ところで、なぜシークレット・ライブかというと、彼は、061.gifこの演目を12月18日(日)に、労音御茶ノ水センターで演じたのだが、これを観られなかった今回の同行者のひとりから、ぜひ観たいとのリクエストがあり、今回のライブとなったという次第なのである。
 かくいうボクも、所要があって、この時のパフォーマンスを観ることは出来なかったのである。

e0358504_15245785.jpg
e0358504_15251483.jpg
e0358504_15253890.jpg
e0358504_15255921.jpg
e0358504_15262040.jpg

 先の12月18日(日)の労音御茶ノ水センターでのパフォーマンスは、本人曰く、「無事終了というにはほど遠い活舌の悪さで(今までで最悪だったんじゃないかしら?)」 という出来だったらしいのだが、今回、3年振りに観たボクの感想は、脱線のないスッキリした筋運びに好感が持てた上に、江戸の生活者であるそれぞれのキャラクターの輪郭がシャープに描かれていて、実に気持ちのいいステージだったのである。

 この人は、いいたいことや、やりたいことが多過ぎて、あれやこれやを詰め過ぎて墓穴を掘るタイプなのだが、今回のステージはそれを押さえ、心・技・体がうまく噛み合った好演といえるのではないかしら。

 終了後、氏手作りの酒の肴などをツマミに酒を飲み、楽しく語り合い、会場内でみんなで「交流会」を開催。
 三摩地氏所有のギターでの弾き語りなどもあり、夜はふけゆく。060.gif

e0358504_15415540.jpg
e0358504_15422491.jpg

 この日、ボクはこの家に泊めてもらい、一泊したのだった。
[PR]
by misaochan3x7 | 2016-12-31 15:11 | キャラ立ち | Comments(0)

暮れてみれば星野 源の2016年。

 ん!?、ベッキーのゲスネタでスタートした2016年だったが、暮れてみれば、結局、今年は、星野 源の1年ではなかったろうか。
 どやさ、ブラザー。

e0358504_2372530.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2016-12-07 23:09 | キャラ立ち | Comments(0)

桜は秋になっても絵になる木なのである。

【2016年11月28日(月)】

 家の近所にあるこの木は桜の木なのだ。

e0358504_11205683.jpg

 晩秋というより、もはや冬となったこの季節に、桜はその葉を紅葉させて、我々の目を楽しませてくれるのである。

e0358504_1123289.jpg

 京都嵐山なんぞに紅葉刈り(もみじがり)に行くなど笑止である。
 近所にこそ見るべき季節の姿があるのだ。

 たのむでしかし。

e0358504_11232634.jpg
e0358504_11233936.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2016-12-03 11:23 | キャラ立ち | Comments(0)

ボクが新宿で反応したもの。

【2016年11月20日(日)】

 この日、新宿で用事があったので、午後4時頃、電車でJR新宿駅に到着。

 駅構内で、まずボクが反応したのは、西口の改札口の近くにある売店の壁に貼られた、アコギを弾きながらサーフィンするドノヴァン・フランケンレイターの装飾。
 ギターとサーフィン、どちらも遊び半分ではなく、プロとしての本気さがストレートに伝わる力強いビジュアル。

e0358504_21944.jpg
e0358504_2023884.jpg
e0358504_20231963.jpg

 いやー、かっこいい生き方っすわ~。

 サーフィン、ボクには無理だけれども。



 そして、もうひとつは、スタジオアルタの1階玄関に上がる階段の手前にあった、「HMV」のポスター。

e0358504_2163928.jpg
e0358504_20234686.jpg

 ボクは、「TOWER RECORDS」の大衆性より、それよりもずっとマニアックなイメージを感じさせる「HMV」のファンだったので、「HMV」が復活するのはうれしい派なんだわさ。

 でも、ボクがCDを買うことは、もうないんだけれども。
[PR]
by misaochan3x7 | 2016-11-25 20:23 | キャラ立ち | Comments(0)