<   2016年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ハロウィンと違和感とわたくし。

【2016年10月30日(日)】

 まちのあちこちでオレンジ色のかぼちゃのオバケを見かける。
 また、仮装した痴(し)れ者の群れに遭遇する機会が、例年にも増して多いと感じる。

e0358504_214057.png
 
 ブロガー生活を始めたのが、2005年3月。
 今日(こんにち)までの11年8ヶ月、この間(かん)、かつて、何かの用事で駒場東大前の住宅街を歩いている時、家々の玄関がハロウィンのディスプレイを施される様子に、ひどく違和感を覚えた記憶がある。
 それは、ボクが歌とアコギによる音楽生活を開始した時よりも前のことだったと記憶しているので、2009年よりも前のことだったのではあるまいか。
 少なくとも7年以上前から、この風習がジャポンに根付き始めていたことを意味しているということをいいたいのだ。
 あいにく、古い拙ブログの記事を探したのだが、見つからなかったが。

 今年、TOKIOでは、渋谷の交差点で、初めてハロウィン仮装のための交通規制(歩行者天国)をしたというニュースが伝わって来たのだった。
 一体ジャポンは、いつからこげな奇祭に浮かれるようになったのであろうか。

e0358504_2125710.jpg
e0358504_21252437.jpg

 先日参加したあるイベントでは、開口一番、司会者の口から出たあいさつが「ハッピー、ハロウィーン!!」だった日には、思わず膝から崩れ落ちそうになったものである。

 ゲロゲロゲローッ。

e0358504_21375232.jpg


 もう、完全に違和感なのだ。

 やめれ。
[PR]
by misaochan3x7 | 2016-10-30 21:18 | 違和感とわたくし | Comments(0)

「超入門 麻雀教室」に入門す。

【2016年10月30日(日)】

 自宅から至近の距離にある区の施設で始まった「超入門 麻雀教室」に入門し、毎週日曜日の朝10時から、パイを並べているのであ~る。

e0358504_18433715.jpg
e0358504_18432792.jpg

 10月2日(日)から始まったこの教室も、けふでもう4回目。
 先週は、わけあって結果的にずる休みとなったしまったので、今回で3回目の参加となる。

 参加者は、ボケ防止や認知症対策のために指先と頭を使っての対策を考えて参加した地元の高齢者の方が中心。男性は、ボクを含めて2名。そして、女性は3名といったメンバーで、講師も区民の高齢者の方なのである。
 もちろん、いちばん若いのは、50代後半のボクだ。ボク以外は、全員、今回はじめてパイをさわった人たち。

e0358504_19412178.png

 で、かくいうボクは、中3から高1に進学する間の休みの時期に、はじめて友だちと卓を囲んで麻雀をかじった時(1973年初春=15歳)以来なので、実に40年以上ぶりにパイを触ることになる。
 最近目にした072.gif就職試験に麻雀を採用する企業が出始めているというニュースをきっかけに、ふだん慣れ親しんでいる音楽以外の世界で誰かと交流出来るジャンルとして、麻雀って何だか面白いなってあらためて思ったからなのである。
 それに、いまのボクにとっては、地元の方と交流出来るツールとして、音楽以外のジャンルがとても意義あることだと感じているのでありますよ。

 というわけで、回を重ねる度にだんだんゲームに慣れて来て、けふは「メンタンピン」でアガれることが出来ました。

e0358504_19415255.gif

 うぇ~い!!


 
[PR]
by misaochan3x7 | 2016-10-30 18:50 | 自分遺産 | Comments(0)

玉域まさゆき氏主催の音楽イベント「風の轍 vol.27」レポート。

【2016年10月29日(土)】
 
 今年は、夏も何だかショボい感じでしたが、残暑もそれほどではなく、台風は被災地にむごい結果をもたらしたものの、やがていつの間にか秋になり、いよいよ冬に向かっておりますね。
 けふは、ちと、サブいんよ。太陽も顔を出さないしね。
 
e0358504_18284682.jpg
e0358504_1829183.jpg

 なので、この日、ボクは、地元の帽子屋さんで、冬に備えて帽子を新調したのあります。
 さて、過日、音楽仲間である玉城さんから、このインビテーション・メールをいただく。▼
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 インディーズレーベル「RBC's Records」がこの秋、復活します!
 レーベル再建第1弾はこれ!!!!
 このメンバーでこの料金。さらに追加ドリンクは、200円。
 歌あり、笑いありの2時間半。ぜひ、遊びに来てください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 おお!!このメンバー数で、この料金は、お得だわ!!

 コスパ最高ーッ!!

 というわけで、この日の夕方、「風の轍 vol.27」の会場である労音お茶の水会館へと電車で向かう。
 当レーベル復活を記念した所属のアーチストたち5組によるライブなのであ~る。

e0358504_19145217.jpg

 会場のメインスペースには机が据えられ、そこに盛り盛りのお菓子と酒が並ぶ。(笑)来場者は、次々に車座になってそれを囲む。
 そして、その机の回りをさらに椅子が囲むといったレイアウト。
 何しろ、出演アーチストが5組だけに、それぞれのファンが集合した関係で、場内はほぼ満席状態なのだ。049.gif

e0358504_1113152.jpg

 では、出演者順に写真アーカイブだ。

 072.gifグラスール
 沖縄出身の女子+福島出身の男子ふたりのユニット。
 ユニット名のスペルは、「Glass Wool」。直訳すれば、ガラスの綿だが、実は、男性は元大工さんとかで、彼が職場で使っていた断熱材のことなのだそうだ。

e0358504_1122856.jpg
e0358504_1135544.jpg

 グラス・ウールなら、まだ意味を追いかけられるのだが、グラスールとなると、まった 意味がわからず、ことばの意味を知りたがるボクとしては、ついイラッとなってしまうのだ。
 現場では、グラス・ウールといわずに、グラスールと呼んでいるんだとか。
 女の子が弾く4弦ギターは、はじめて見たのだが、ヤイリというギターメーカーとBIGINが共同製作した、「一五一会」という新楽器なのだそうである。ふ~ん。

 072.gifヒルギ×小野寺のりふみ
 沖縄出身の女性ボーカル=ヒルギと、ギター奏者小野寺のりふみ氏によるユニット。 
 素晴らしいギターテクニックと美しい音にうっとりだ。
e0358504_1188100.jpg
e0358504_1181931.jpg
e0358504_1183731.jpg

 ちなみに、ヒルギとは、ヒルギ科に属する双子葉植物で、熱帯から亜熱帯に分布する常緑木。ジャポンでは、九州南部以南にオヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギの3属3種が自然分布するとのこと。
 マングローブとは、このヒルギの群生状態を指すということは、056.gif職員旅行で沖縄県に行った時(2012.10.5(金)~10.7(日))か、056.gifその前の職員旅行で石垣島に行った時(2008年2月8日~10日)に、バスガイドさんから聞いたことがあるのねんのねん。

 072.gif小野寺のりふ
 うぇ~い。ソロ演奏だよ!!
 
e0358504_1111506.jpg

 072.gifアツオニア・ウエッチーノ
 沖縄出身の芸人さん。この日は、ゴーヤと彼を囲む野菜たちとの確執を描いたドラマのひとり芝居。
 ふだんは、黒塗りの顔をして、JB(ジェームス・ブラウン)などを演じる人です。

e0358504_11132120.jpg

 072.gifわけありブラザース
 ロックン・ロールを感じさせるコミックテイストなバンド。
 サンリオから許諾を得て、キティちゃんコラボTシャツを制作したようである。

e0358504_11142024.jpg

 072.gif玉城まさゆき
 このレーベルの主宰者である。旧コザ市(現沖縄市)出身。のびのある声と美しくメリハリのあるギター。
 沖縄県人の本当の心根が知りたかったら、この人の歌をぜひ聞いて欲しい。
 ステージ・サポートは、金子雄一氏。<チーム金子>のバンマス。本職は、コンクリート土木の技師さんなのだ。この日は、フルートとハーモニカ演奏。やっぱり、ウマいね、この人。

e0358504_11152374.jpg

 072.gifそして、出演者全員によるフィーナーレ 

e0358504_11191768.jpg
e0358504_11193570.jpg

 この後、同じ会場内で、出演者と来場者による打ち上げを行い、幕となる。(写真、撮り忘れました)
e0358504_11201517.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2016-10-30 18:36 | 音楽とわたくし | Comments(0)

断崖に立つ夢。

【2016年10月27日(木)】
 
 ゆうべ見た夢。いや、もしかしたら、今朝見た夢なのかもしれない。

 主人公はボク。
 あと2年で還暦を迎えるというのに独身という体で、その歳になっても結婚出来ていないことに、ある種、絶望に近い焦りの気分を覚えるという内容。
 実際は、結婚して今年で31年になり、もうお孫ちゃんもいる身であるにもかかわらずだ。
 いい年をして結婚出来ないというこの種の夢は、前にもたまに見る夢なのだった。

 もうあとがない、断崖に立つ夢といえるだろう。

e0358504_11383961.jpg

 そういえば、昔、違うシチュエーションで、同じように断崖に立つ夢を何度も見たことがあるな。

 就職が決まったにも関わらず、単位を落としてしまい、卒業できなくなった大学4年の春。1981年の3月のことである。その時、ボクは、23歳。
 もはや、親からの仕送りは得られず、ひとりの稼ぎで生きていかなければならなくなった時、幸いにも、就職先の社長の厚意で入社出来、その会社に勤めながら、土曜日の休みの日に大学に行って単位を取り、卒業だけは出来たので、大学中退だけはかろうじてまぬがれたのだった。

 このトラウマは、その後長くボクを苛(さいな)み、結婚してからも、単位を落として卒業できなくなった夢を何度何度もも見るハメになったのだった。
 その時も、絶望に近い焦りの気分に陥ったものである。

 きょう、ネットで見つけた記事。
「孤独死は独居老人より独身40代のほうが多い」特殊清掃人が断言

 トラウマで夢見に断崖に立つボクと、リアルに断崖に立つ独身者に、精神的なクライシスの差は、ない。
[PR]
by misaochan3x7 | 2016-10-29 11:39 | 自分遺産 | Comments(0)

久松温泉@池上で音楽仲間と宴会を開催しましたの巻。

【2016年10月22日(土)】

 かつて、<チーム金子>というアコースティック・バンドで、何人かの仲間と一緒に音楽活動をしていたボクは、今年の6月、諸般の事情によりそこでの活動を一旦中断し、いまは、<DMM.タガメ>(でぃーえむえむどっとたがめ、と読む)というグループを仮寓としているのである。
 「DMM.」とは、メンバーのどんぐりさん(リードギター、ボーカル、ハーモニカ、作曲)、正子さん(ボーカル、作詞)、ボク(ミミオ/ボーカル)の読み音のアルファベットで、タガメとは、かなめさん(三線、ボーカル)の舞台での呼び名なり。

 で、この日、音楽仲間を中心に声をかけ、東急池上線の「池上駅」にある銭=072.gif久松温泉で、こんな催しを企画したんですわ。

e0358504_9293597.jpg

 この銭湯の2階には、舞台付きの宴会場があり、入湯料と2階の借り賃が、2時間で1,000円というセット料金設定となっていて、入場時、番台でお金を払い、入場券をもらって2階に上がるというシステムになっている。
 2階には、お世話係の女性がいて、ここで入場券を出す。
 外出したければ、この入場券をもらい直して外出し、帰ってきたら、またこの入場券を出せばよい。
 食べ物の持ち込みはOKだが、お酒、ソフトドリンク、氷は、必ず2階のカウンターで買わなければならないというのが決まりなのだ。
 舞台にカラオケもあるし、有線も流れている。
 楽器持ち込みもOK。当方の実績ベースでは、アコギ、ハーモニカ、フラット・マンドリンの持ち込みは、当方の実績ベースではOKなのだった。

e0358504_11205674.jpg

 ところで、銭湯に入ろうが入るまいが、入場時、番台で1,000円は支払わなければならないので、当然、宴会開始前にお風呂に入った方がお得なのだが、ボクは企画側のお世話係をずっと務めているので、ここのお風呂に一度も入ったことがないのである。
 残念だと思ったことはないのだが、でも、1回くらいは入ってみてもいいかなって、今回、ちょっと思ったのである。
 なので、年内には入浴を果たし、その帰りに、近くにある中華屋で牡蠣の天ぷらを肴に、紹興酒の熱燗を胃の腑に流し込んでみたいものよと思った次第なんだわさ。

 さて、この日集まった善男善女は、ボクを含めて15人。ヽ(`Д´)ノ 

e0358504_11282638.jpg
e0358504_9471290.jpg
e0358504_9473822.jpg
e0358504_950193.jpg

 17:00~19:00の2時間、歌と酒と肴で楽しく過ごす。

 「フォークグループあじさい」のメンバーである菊っちょさんのブログでもこの催しをアップしていただいております。056.gifここで見てね。
 また、この会場を使って開催した過去の宴の様子は、下記をご覧くださいましね。

 072.gif2012年12月1日(土)/<チーム金子>忘年会@池上。
 072.gif2014年12月27日(土)/<チーム金子>忘年会@池上/久松温泉。
 072.gif2015年12月23日(水)・祝/<チーム金子>プレゼンツ!!オープン・マイク・ショー2015(池上温泉編)開催!!

 この催しを企画した当初は、今年赤いちゃんちゃんこ着ることになったメンバーの正子さんを寿(ことほ)ぐ会にしようと思ったのだが、この案は、時間が経つにつれてなし崩し的に消滅し、ふつうに飲み会となったのであ~る。(笑)

 さて、前フリが長くなったが、出演者、会場の様子をアーカイブだ。

 それっ!!
 
 072.gifスタートは、まず、ボクから▼。

e0358504_9442988.jpg

 072.gifどんぐりさんのステージ▼
 
e0358504_1003937.jpg

 072.gifタガメさんのステージ。▼

e0358504_1014652.jpg

 072.gif南部合唱団(有志)のステージ▼

e0358504_1041153.jpg

 072.gif菊っちょさん、ミヤちゃん、戸谷(とや)さんfrom「フォークグループあじさい」feat.タガメさんのステージ。▼

e0358504_1063385.jpg

 072.gif「フォークグループあじさい」feat.タガメさん、モーリス松井のステージ。▼ 
 
e0358504_1083799.jpg

 072.gifエレジーいわた登場!!

 さあ、今宵の企画のキモは、ある意味、〝裏メニュー〟ともいえる、エレジーいわた氏のこのデビューステージで、この日、ボクには、この舞台でそれを実現し、成功させるという意図があったのであ~る。
 まさに、きょうという日が、大衆を前にして、「エレジーいわた」としてのデビューとなる記念日だったのだ。071.gif
  演ずるは、、「赤色エレジー」。060.gif
 いまのところ、氏のレパートリーはこの曲ひとつだけなのだが、しかし、恐らく今後も、この曲1本に賭けるステージ人生となるのではあるまいか。
 「一意専心」と励んでいただければ幸いなのである。

e0358504_10254216.jpg
e0358504_1026249.jpg

 ここに、モーリス松井のフラット・マンドリンが入ることで、哀愁はいや増しに増し、いい感じのステージを形成していくのだった。049.gif

e0358504_10291917.jpg
e0358504_10293520.jpg
e0358504_10295136.jpg

 そこに、なかを社長のボーカルが加わる。(笑)

e0358504_10423788.jpg
e0358504_10425174.jpg
e0358504_1043571.jpg
e0358504_1043173.jpg

 072.gifそして、フィナーレだ!!060.gif

e0358504_10445635.jpg
e0358504_10451034.jpg
e0358504_10452455.jpg

 時間にキビしいハコである。無情にも楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、午後7時には撤収となる。

 その後、いつものように、いつものあの場所053.gifに移動して2次会となり、三々五々、解散す。

e0358504_10553834.jpg
e0358504_10555155.jpg
e0358504_1056457.jpg

 歌と酒と楽器と音楽仲間。 それ以外に何か必要?

e0358504_1104448.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2016-10-29 09:47 | 音楽とわたくし | Comments(0)

「フォークグループ あじさい」主催のフィールド・フォーク・イベントに参加して来ましたの巻。【改訂版】

 引っ越し前のブログに載せた056.gifこの記事

 実は、書き足したい原稿があり、かつ、それに対応して載せたい写真と画像があったものの、引っ越し前のブログに挙げられる写真や画像の最大容量をオーバーしてしまった関係で、<未完>の状態だったのである。
 そこで、今回、テキストと写真・画像を追加した【改訂版】をアップしますので、再読のほどよろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【2016年10月16日(日)】

 わが愛すべき音楽仲間「フォークグループ あじさい」が主催する、毎年秋の恒例のフィールド・フォーク・イベントに参加して来ましたよん。060.gif

a0141884_14455765.jpg
a0141884_14461781.jpg

 場所は、昨年に引き続き、西武池袋線「高麗(こま)駅」下車、徒歩20分くらいのところにある巾着田(きんちゃくだ) の河原。
 ここで、豚汁などを作って食べながら、飲めや歌えの野外パーリーという趣向なのですだ。
 
 毎回、シュールで楽しいタイトルをプレゼンしてくださるのは、「あじさい」のメンバー近周(きんしゅう)さん(ギター、バンジョー、フラットマンドリン、ヴォーカル)

 今回のタイトルは、「タガメの密を探して」なのであ~る。(笑)

 過去の様子は、ここで確認しておくんなましね。

 072.gif2014年10月12日(日)/河原でポン@飯能河原。
 072.gif2015年11月1日(日)/フィールドフォーク in 巾着田(きんちゃくだ) 「タニシの歌声を聴く」。
 今回、ボクはちょっと遅れて駅に到着。しかも、デジカメを忘れてしまったので、携帯電話のカメラで撮るハメに。
 んぢゃ、早速、写真アーカイブ行きまっせ~!!071.gif

 ちぇすとーっ!!

 おっとその前に、同じく「あじさい」のメンバーである菊っちょさん(パーカッション、ギター、ボーカル)のブログでの今回の模様も、056.gifここで確認しておいてくださいねっ。053.gif

 好天にめぐまれての開催。途中、ちょっと雲行きが怪しくなる場面もあったのだが、何とか持ち直したのだった。
 河原の周囲は、かようなランドスケープなり。

a0141884_1438359.jpg
a0141884_143853100.jpg

 そして、気になるのは、参加者数なのだ。前回、前々回の参加者は、ともに11人で、萩尾望都の作品「11人いる!」をダシにブログ展開出来たのだが、さて、今回参加の人数は!?

 あーっ、14人いるぅぅうう!!(笑)

 ヽ(`Д´)ノ 

 んがしか~し、何人の善男善女だろうが、このブログは成立しますのだ。わっはっはっは!!

e0358504_20241193.jpg
a0141884_14401976.jpg

 072.gifまずは、火起こしなのだ。▼

a0141884_14423343.jpg
a0141884_14424616.jpg

 072.gifメインの豚汁の準備。▼

a0141884_14442631.jpg
a0141884_14444324.jpg
a0141884_14445738.jpg

 でけましたっ!!

a0141884_14451316.jpg

 ウマイですっ!! うえ~い!! 

a0141884_14452913.jpg

 072.gifこっちは、総菜パンの〝炙(あぶ)り〟!!(笑)▼

 
a0141884_1450366.jpg

 072.gifそんでもって、何といっても、BBQの定番アイテムは、フランクフルト・ソーセージでして。
 ちなみに、そのまわりを取り囲んでいる白くて小さなものは、カニカマですね。▼


e0358504_19561588.jpg

 飲み、喰らい、そして歌う。この繰り返しなり。宴は続くよ、どこまでも。<3<3070.gif

a0141884_14574584.jpg
a0141884_1458693.jpg
a0141884_14582177.jpg
a0141884_14583378.jpg
a0141884_14584253.jpg
a0141884_14585721.jpg
a0141884_1459862.jpg

 今回、初参加のどんぐりさん(憲法フォークジャンボリー事務局長)は、最近、ギブソンのSGを購入してエレキ小僧となっており、この日もSGとミニ・アンプを持参しての参戦。
 ボクもSGを借りて、1曲演ってみましたよ。おほほのほ。
 (写真は、「あじさい」のメンバーである菊っちょさんのブログから拝借。了解済み )

a0141884_154196.png

 さて、いよいよ宴も終盤に差しかかった時、隣のグループから、合唱の声が聴こえて来たのだった。

a0141884_1571155.jpg

 それを聴きつけたどんぐりさんが、引き寄せられるようにエレキとミニ・アンプを持って、ごく自然な流れでその輪に加わって行くのである。
 このへんが、この男の真骨頂なのだ。(笑)
 
a0141884_15104524.jpg

 そして、「翼をください」の歌唱誘導を始めるやいなや(as soon as)、わがグループも完全にこの輪に加わっての大合唱となりぬ。

a0141884_15112865.jpg
a0141884_1511413.jpg

 このグループは、山岳関係の方たちの集まりで、この近くでの山岳救助訓練を追えた後の河原での催しだったようである。
 リーダーの男性は、若い頃、056.gif新宿のうたごえ喫茶「ともしび」(いまもあります )に通っていたとのことで、今回のハプニングは、大変喜ばれたのだった。
 また、リーダー以外の参加者からも好評で、「サプライズをありがとう!!」という声をいただいたり、「最近の若い者も捨てたもんじゃないね」といってくださる声が聞こえたりで、なかなかに素晴らしいエンディングとなる。
 いや、いや、見た目は、一見若く見えたかもかもしれないんですが、実際は、わがグループは、みんなそこそこにけっこういい歳なのでして。(笑)

 このあと、腹ごなしに散歩に出かけたメンバー以外の数人は、先ほどの大団円の余韻の中、車座になってアコギを弾き交わす。
 あ、飲み疲れて(?)寝ている人もいるね。(笑)

a0141884_15161149.jpg

 最後は、現場を片付けて、この宴も終了となる。

a0141884_15162494.jpg

 ところで、帰りの駅へと向かう道すがら、参加者の中の父と娘がふたり、ごく自然に手をつないで夕日に向かって歩きながら帰るシーンを目撃す。
 う~ん、何て素敵な親子の関係でありましょう!!

 素晴らしい!!

e0358504_2025397.jpg

 これにあやかって、ボクも思わず彼女の手を握らせてもらい、しばし一緒に歩く喜びを分かち与えてもたったのでした。じわわ~ん。
 (この写真も、「あじさい」のメンバーである菊っちょさんのブログから拝借。了解済み )

e0358504_2031622.png

 音楽を通じて集える仲間のつながりって、やっぱり、いいね。049.gif

e0358504_20115029.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2016-10-28 20:03 | 音楽とわたくし | Comments(0)

英吉利とわたくし。

【2006年10月6日(木)】

 この日の夜、出張先の広島市でひと仕事終えたあと、市内のとある料理屋で、仕事関係者と飲んだ時、なぜか、英吉利の話になる。

 その仕事関係者は、かつて大英帝国として世界中で植民地化政策を進めたこの国が、いまやEUを離脱してグローバル化から身を遠ざけ、その身を小さく小さく折りたたもうとしているスタンスを、「実験的」で、かつ、「先進的」なニュアンスとして捉えて語っていて、その視点がボクを大いに引きつけたのだった。

e0358504_2121130.jpg

 確かに、日本はいうまでもなく、先進国といわれる国が抱える資本主義の弊害を乗り越える新しいスタンダードが、そこにありそうな気がするのである。

 左肩下がりになることを怖れず、身の丈で生きる。
 むしろ、身を小さく折りたたむことに可能性を見出す。

 新しい考え方のようでもあるが、日本人は、パックストクガワーナ(江戸時代)にこれを実現していたのではないか。
ちょっと囓っただけのわずかな知識だけを基にした、ほとんどカンなんだけど。

 未来を照らす鏡は、過去にあるのではないか。
 シュリンクしていく自分を怖れないことって、なかなか出来ないことではあるよね。

 海外渡航にほとんど興味はない身ではあるのだが、英吉利、特に倫敦には行ってみたいと、ちょっと思ったってわけなのだ。

 いずれにしても、ボクは、資本主義が終わった後のワールドは、いまよりもっとよくなっていて欲しいと切に願う男なのである。南~無~。
[PR]
by misaochan3x7 | 2016-10-24 21:00 | Comments(0)

引越し完了です。

【2016年10月24日(月)】

 引越し完了です。
[PR]
by misaochan3x7 | 2016-10-24 20:36 | Comments(0)