<   2016年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

息子んちでのクリスマス会ア・ゴーゴー2016。

【2016年12月23日(金)・

 朝一で奥さん運転の奥さん号に乗って、息子んちでの「クリスマス会ア・ゴーゴー2016」開催のために、家を出発。
 
 そして、かの家でチーズフォンデュで野菜やパンを食す。そんでもって、クリスマスケーキなども頬張りながら、ファミリーが集うことのささやかなしあわせを感じつつ、時間を共有したのである。

e0358504_9364267.jpg
e0358504_937086.jpg

 姉のさくらさんには、小さな冷蔵庫のおもちゃを買い、音楽好きの妹のりおちゃんには、あんぱんマンのギターのおもちゃをプレゼント。

e0358504_9385341.jpg
e0358504_9391322.jpg

 おいおい、さくらさんよ、それはあんたのおもちゃとちゃうんだよ!!
 何か企んでる悪そうな顔してるな~。(笑)

e0358504_9393317.jpg

 会の途中、さくらさんとりおちゃんのお父さん、つまり、ボクの息子の朝ごはんというか、お昼ごはんを買うために、さくらさんとふたりで近所の商店街に外出。

e0358504_9455895.jpg

 タコス屋で、息子が好きな「タコライス」を購入。そして、ボクは、ボクが好きな「タコス」を買ったのさ。

e0358504_9495556.jpg
e0358504_9501321.jpg

 息子の家に戻り、彼は「タコライス」を食べ、やがて仕事に向かうことに。そして、ボクは「タコス」を食べ、このファミリーを残して、次の行動地に移動するのだった
 ああ、忙しい、忙しい。070.gif
[PR]
by misaochan3x7 | 2016-12-28 07:21 | お孫ちゃん物語 | Comments(0)

多国籍バンド「Black Sea」ラスト・ギグ観戦記。

【2016年12月19日(月)】

 仕事帰りに、東中野の音楽酒場「じみへん」に立ち寄る。

 この日は、多国籍バンド「Black Sea」ラスト・ギグなり。
 ボーカル&ギターのジェイソンさん(Jason Channing氏/下の写真。中央)が、仕事の関係で一旦、母国の英吉利に帰国し、その後、台湾での仕事に就くということで、このメムバーでの日本での最後のギグになるのだ。

e0358504_17254784.jpg

【ボクがBlack Seaについて知っているいくつかの事柄】

072.gif2015年7月3日(金)/雨の中、六本木ミッドタウン内「Oak Wood」に友人のライブを観に行くの記。
072.gif2015年9月28(月)/「Black Sea」ライブ@東中野「じみへん」。
072.gif2016年1月18日(月)/朝起きると外は雪模様。そして、夜、東中野「じみへん」でロック!!の巻。
072.gif2016年3月13日(日)/STUDIO BAYD(スタジオベイド)高輪店主催のLIVEに行くの巻。
072.gif2016年6月13日(月)東中野ひとりみかん。
072.gif2016年9月15日(木)旧ドラマーのリッチさん再来日記念。「Black Sea」ライブ@東中野「じみへん」に行くの巻。
072.gif2016年11月20日(日)「Black Sea=ブラック・シー」新宿ライブレポート。

e0358504_17243385.jpg

 ボクが好きな曲は、〝Dover Beach〟と〝The Mirror of the Sea〟の2曲だ。
 
e0358504_172913100.jpg
e0358504_17293132.jpg
e0358504_17295638.jpg
e0358504_17301530.jpg

 すべての曲が終わり、ジェイソンさんは、身に付けていた白いネクタイを外してマイクにかけたのだ。
 山口百恵が最後のステージでマイクを舞台の床の上に置いて引退したかのごとくに。(笑)

e0358504_17331148.jpg

 この後、セッションタイムに突入し、「じみへん・オールスターズ」が暴れまくる。

e0358504_17341418.jpg
e0358504_17343473.jpg

 そして、ボクもアコギで数曲、弾き歌う。
 その中のこの曲のサビのコーラス部分に、エレキギター担当のギルバートさん(Fromスイッツァーランド)がアコギを弾いてくれながら、コーラスで参加してくれたのはうれしかったであります。



 ありがとう、そしてさようなら。
 
 ボクの好きな多国籍バンド「Black Sea」。
[PR]
by misaochan3x7 | 2016-12-28 07:19 | 音楽とわたくし | Comments(0)

能古島(のこのしま)上陸記2016。

【2016年12月11日(日)】

 博多市内のシティ・ホテルで一泊した後、056.gif能古島(のこのしま)に向かうことに。
 この島は、壇一雄が最晩年に住んだ島だということを思い出して行くことにした島なのである。

e0358504_12472143.jpg

 宿泊先から一番近い地下鉄駅「大濠公園」で電車に載り、能古島行きのフェリー乗り場のある「姪浜(めいのはま)」で下車。
 そして、「姪浜)」に到着。

e0358504_12423295.jpg

 駅に着いたら、コインロッカーに荷物を預けて、フェリー乗り場まで歩き出す。

e0358504_12372683.jpg

 フェリー乗り場まではなかなかたどり着かない。途中で嫌気が差すほど歩くこと30数分、やっと乗り場は姿を現したのさ。

e0358504_12431481.jpg
e0358504_12433157.jpg

e0358504_12403866.png

 フェリー乗り場まで徒歩で行く気なら、覚悟しておいたほうがいいよ、ブラザー。遠過ぎて反吐が出そうになる。

e0358504_12542214.jpg
e0358504_12544263.jpg

 姪浜から島までのフェリーは、1時間おきに出港している。そして、島から姪浜までのフェリーも1時間おきに出港しているのである。
 そこで、13:15発のフェリーに乗って上陸し、帰りの飛行機の時間に十分に間に合うように、島を14:00に発つ〝タッチ・アンド・ゴー〟プランで帰ってくるスケジュールで船に乗り込む。

e0358504_12593031.jpg

 島までの時間は、10分くらいなのだ。

e0358504_1301875.jpg
e0358504_1372512.jpg
e0358504_13101037.jpg
e0358504_1374420.jpg
e0358504_138046.jpg
e0358504_1382075.jpg

 能古島、初上陸。
 岸壁で釣りをしている姉と弟。対岸に見えるのが、博多のまちなのだ。

e0358504_13141281.jpg
e0358504_13142717.jpg

 島内探検をすることもなく、港で数十分を過ごし、島の土を踏んだというアリバイだけを作って、再びフェリーに乗って姪浜に帰る。

e0358504_13214571.jpg

 帰り、フェリー乗り場から地下鉄駅までのあの長い距離は、もう歩く気にはなれず、タクシーに乗る。

 そして、地下鉄で飛行場まで行って、16:00福岡発→17:35羽田着のJALに乗って帰京したのだった。

e0358504_13195926.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2016-12-28 07:16 | トラベローグ | Comments(0)

オープンマイク放浪記<博多編2016>。

【2016年12月16日(土)】

 前日、ボクは出張で宮崎市入りしていたのである。

 そして、この日、仕事は午前中で終了した。
 しかし、そのまま帰京するのはもったいないので、博多在住の知人と旧交を温めるために、高速バスで博多に移動することにしたのだった。

 ちなみに、前回、博多を訪れたのは、やっぱり仕事での出張で、2005年の秋のことだったのだ。
 過去ログの記述日は、2005年10月である。博多訪問日がこの月なのか、実際は9月で、ログを挙げたのが10月のことだったのかは、今はもう記憶にない。
 072.gif博多に出張に行って来ました(1)  
 072.gif博多に出張に行って来ました(2) 
 072.gif博多出張のお土産は。 

 さて、JR宮崎駅前のバスの案内所で、14:30発→18:52着(博多バスターミナル)のフェニックス号のチケットを購入して、バスに乗り込む。
 予定どおりであれば、4時間半弱で移動は完了していたのだが、途中、交通渋滞などがあり、結局、バスが目的地である博多バスターミナルに着いたのは、19:30頃。
 しかし、長時間のバス移動に疲れなかったのは、意外だったな。

 そして、もうひとつ意外だったのは、客の退屈しのぎ用に車内で流されたビデオ映画は、もはや定番の「男はつらいよ」や「釣りバカ日記」ではなく、「深夜食堂」だったってことなのさ。

 時代は変わる。

 それにしても、この作品の小林 薫は、かっけーな!!



 さて、その夜、予定どおり博多市内で旧知である方と再開出来、その方と、その方の奥様と3人で酒を飲みながら旧交を温めた後、当初の目的である博多市内のオープンマイクの店060.gif「温故知新」にこの3人で向う。
 んがしかし、店はこの日、貸切のため入店出来ず。
 そこで、急遽、スマホで別のオープンマイクの店を探して向かったのが、060.gif「白いギター」という名のオープンマイクの店であったのだ。
 店の玄関の上には、文字どおり白いギターが看板がわりに掲げられていたのであ~る。(笑)

e0358504_1121968.jpg
e0358504_1123764.jpg

 まったくもって、どこから見ても由緒正しきフォークの店。

 そこで、構わず、お得意のこの曲らをブチ込む。
 まったくもって独りよがりの世界は気持ちよいのである。わっはっはっは!!
 
 072.gifBob Dylan- Knockin' on Heaven's Door

 072.gifKing Crimson, '21st Century Schizoid Man'

 この日、なぜか博多市内のホテルはどこも予約が一杯でどこにも泊まれない状態。
 しかし、カプセルサウナ好きのボクは、ホテルでなくても、カプセル泊まりで十分だったのだが、そのカプセルでさえも宿泊の予約が取れずキャンセル待ちの状態で、サウナの休憩室の寝椅子の上で夜を越すつもりだったのである。
 何でも、二代目 J Soul Brothersのライブがその原因とは、現地で、旧知の方から聞いた情報。
 しかし、幸い、この方のご助力で、シティ・ホテルの一室を確保していただけたという次第。感謝である。

 こうして、先日の金沢に続き、オープンマイクの店を極めたのだった。
 南~無~。

e0358504_11295290.jpg
072.gif072.gif072.gif
[PR]
by misaochan3x7 | 2016-12-28 07:14 | 音楽とわたくし | Comments(0)

「憲法フォークジャンボリー in 東京」望年会に行って来ましたの記。

【2016年12月10日(土)】

 この夏056.gif、「憲法フォークジャンボリー in 東京」は、10回目の開催を迎え、「憲法フォークジャンボリー in 東京2016」として、8月19日(金)・20日(土)・21日(日)の3日間にわたって歌の祭典を催したのである。

e0358504_18263460.jpg

 そんな中、たいへん残念なことだが、040.gif開催を前に、2007年から実行委員長を務めていただいた八田満穂(はった みつほ)さんが、8月3日(水)に急逝されたのだった。

 今年の開催は、例年よりも会期がずれて、お盆明けの開催となったため、真夏の祭典らしさに不足が感じられたり、初日の8月19日(金)は台風に見舞われ、来場者の出足が心配されるなどの出来事もあり、また、「憲法フォークジャンボリー in 東京「としては、このイベントに長く深くかかわっていただき、とてもとてもお世話になった東京労音事務局の横尾さんが、今年限りで勇退されるなど、よくも悪くも、曲がり角を迎えたことは否めない1年となったのである。

 さてそんなことを背景に、「憲法フォークジャンボリー in 東京」の忘年会は、「忘」ではなく希望の年を迎えられるようにと「望年会」とし、この日を迎えたのだった。

e0358504_18274955.jpg
e0358504_1828583.jpg

 開場してみると、今回は何と41名の参加を得、座っていただく席もないほど多くの参加者にお越しいただき、これまでに例を見ない盛況となったのである。

e0358504_18293393.jpg
e0358504_18295388.jpg
e0358504_18302016.jpg
e0358504_18303898.jpg
e0358504_18305649.jpg
e0358504_18311337.jpg
e0358504_18313016.jpg
e0358504_18315580.jpg
e0358504_1832166.jpg
e0358504_18323510.jpg
e0358504_18371752.jpg
e0358504_18373443.jpg
e0358504_18375169.jpg
e0358504_18381164.jpg
e0358504_18382661.jpg
e0358504_18384269.jpg
e0358504_1839367.jpg
e0358504_18392698.jpg
e0358504_18394672.jpg
e0358504_1840735.jpg
e0358504_1840259.jpg
e0358504_18404522.jpg
e0358504_1841515.jpg
e0358504_18412345.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2016-12-28 07:10 | 音楽とわたくし | Comments(0)

暮れてみれば星野 源の2016年。

 ん!?、ベッキーのゲスネタでスタートした2016年だったが、暮れてみれば、結局、今年は、星野 源の1年ではなかったろうか。
 どやさ、ブラザー。

e0358504_2372530.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2016-12-07 23:09 | キャラ立ち | Comments(0)

TOKIO紅葉事情2016。

【2016年12月6日(火)】

 TOKIOの紅葉も、なかなか捨てたものではないよ。

 この日、仕事の合間に皇居を睥睨しながら、その紅葉の様子を大いに愉しむ。
 戦前なら、確実に「不敬罪」で斬首されていたことでありましょうな。ぶるるっ。

e0358504_22532044.jpg
e0358504_22533315.jpg
e0358504_22534345.jpg

 また、地上の銀杏(いちょう)も、見事に黄葉しておりましたぞよ。

e0358504_22535950.jpg
e0358504_22543710.jpg

 そして、これは、西新宿の黄葉である。

e0358504_22561251.jpg

 わがまちTOKIOの季節の装いにもおどろかれぬる。
[PR]
by misaochan3x7 | 2016-12-07 22:57 | Comments(0)

お初の出会いに感謝しながら、三軒茶屋で馬肉を食すの巻。

【2016年12月4日(日)】

 東京は夜の7時~060.gif





 所は、TOKIO世田谷は三軒茶屋。
 キャロットタワーに接近した東急世田谷線の乗り場近くである。
 そこでの夜の7時なり~060.gif

e0358504_22291639.jpg

 この日は、久しぶりの東急世田谷線。久しぶりの世田谷区。久しぶりの三軒茶屋。
 そして、久しぶりに旧交を温めたTさん(2013年から疎遠になっている)と、056.gif「うまえびす」という蹴飛ばし屋(馬肉料理屋)で、生まれてはじめて馬肉の刺身と焼き肉を食し終え、満足・満服して家路に着くところなのであ~る。

 【Tさん関連ログ】
 072.gif2013年4月27日(土)①/伊豆大島レイドバック・キャムプ2013。(1)
 072.gif2013年4月27日(土)②/伊豆大島レイドバック・キャムプ2013。(2)
 072.gif2013年4月28日(日)/伊豆大島レイドバック・キャムプ2013。(3)
 072.gif2013年4月29日(月)・祝/伊豆大島レイドバック・キャムプ2013。(4)

e0358504_22305679.jpg
e0358504_22311471.jpg
e0358504_22315161.jpg
e0358504_2232745.jpg

 その昔、母方の祖父が、満州で騎馬隊の隊長をしていたそうである。
 また、「人馬一体」といういい方もあり、何となくお馬さんは、食肉というよりは、人間の仲間であり、その肉を食べることにはちょっとばかり抵抗感を抱いていたのだが、先日、とある健康セミナーに赴いた折、動物の肉を食べるなら、体温が人間に近い馬の肉が一番で、その次に豚・牛とのこと。

e0358504_1939193.jpg

 反対に、絶対ダメなのが鶏で(鶏の生肉を手で握ると脂だらけになることでもわかるように、鶏を食べると、血管にコレステロールがへばりつくみたい。また、二本足(人間)が二本足(鶏)食べることもいかがなものか、とも)、ついでにビールも絶対ダメ(理由は不明。今度聞いてみよう)、というご託宣をいただいた直後のタイミングで、今回の仕儀と相なりぬ。

e0358504_19315328.jpg

 調べてみると、お馬さんのお肉は、低カロリー、高タンパクで049.gif栄養的にはかなりの優等生のようである。

 そして、実際に刺身を食したところ、脂身がなくさっぱりとしていながら、うま味というか、滋味豊かなその味わいと噛み応えは、何ともいえない食の充実感をもたらしてくれ、お初の出会いに感謝しながらその味を楽しませていただいたのであった。

 結論から申しますと、お馬さんの肉は、焼き肉より、断然刺身が美味であります。
 若い男性店員の接客態度も気持ちがよく、お店がテーブルに用意してくれた感謝カードも、なかなか気が利いているなり。

e0358504_22394837.jpg

 年が明けたら、今度は新年会ということで、またこの店で再会することにしよう。

 ひひーん!!

e0358504_22385549.jpg

 PS.
 世田谷線の車内の中吊りに「世田谷ボロ市」の案内ポスターが。
 何年か前に一度だけ行ってみたことがあるのだが、調べてみたら、035.gif2007年12月16日(日)のことだったのさ。

e0358504_22463941.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2016-12-07 22:32 | 食べローグ | Comments(0)

盧 佳代(ノ カヨ)さんライブに行って来ました。

【2016年12月3日(土)】

 泣いても笑っても12月である。
この日、東武日光線新古河(しんこが)駅にある060.gifレコードライブラリー&カフェ「シャムロック」で開催される盧 佳代(ノ カヨ)さんライブに赴く。

e0358504_2150073.jpg

 新古河発上陸。

e0358504_21572376.jpg

 自宅を出たのが12時過ぎ。店に着いたのは、約3時間後の15:30過ぎなのであった。

 Oh,too far!!

 住所は、埼玉県加須市柏戸3-1。
 埼玉県でありながら、電車は利根川を越えたのだった。アメイジング!!

e0358504_2155480.jpg
e0358504_21582293.jpg

 店内撮影は禁止なのか、ステージにカメラを向ける人が誰もいないので、ボクも遠慮して、今回はステージ写真なしなのであります。

 ちなみに、お店のホームページによれば、

 「お店の売りは、1万枚のレコードと5千枚のCD(60~70年代ロックを中心に、オール・ジャンル)を自由に聴くことができること。また、1967年頃からコレクションしている音楽雑誌や音楽に関する書籍も多数揃えており、自由に読むことができる。」

 とのことである。

 ライブ終了後、交流会となり、お店のレコード棚からElvis Costelloを選んでかけてもらう。
 この日、ボクが聴きたかったのは、〝Watching The Detectives〟だったのだ。





 この曲、店にあった「Armed Forces 」に入っているのかと思いきや、入っておらず、やむを得ずこのアルバムを聴くことにしたのだが、30数得年振りにレコードを聴き返してみて、あらためて気付かされたのは、デビュー当時、パンク・ニューウェーブのアーチストであったことにかき消されていた彼の資質は、最初からメロディー・メイカーとして有能だったってことだったんだ!!

e0358504_2265559.jpg
e0358504_227949.jpg

 あとであらためて調べたら、Watching The Detectivesは、デビュー・アルバム「My Aim Is True1977」に収録されていたのである。

e0358504_22121096.jpg

 そうか、このアルバムも、リリースされたばかりの時に、たぶん渋谷の「SISCO」って外盤専門のレコード店で買ったはずだが、どんな曲が入っていたのか、すっかり忘れてるな~。
 それにしても、デビュー・アルバムで、すでにこの水準に達していたのか!!
 つくづく恐るべし、らElvis Costello!!
[PR]
by misaochan3x7 | 2016-12-07 22:07 | 音楽とわたくし | Comments(0)

あ、「サンクス」は「ファミマ」に飲み込まれたんだっけな。

 先日、職場近くのコンビニ「サンクス」に赴き、久しぶりにここのオリジナル商品である〝食塩を使わないミックスナッツ〟が無性に食べたくなったので、商品棚にまっすぐに向かったのだが、何とその棚は、すべて「無印良品」のお菓子の棚に変貌しているのに遭遇したのであった。

 あっ、そういえば、、「サンクス」と「サークルK」は、「ファミマ」に飲み込まれたんだっけな。
 
 やめてけれ、やめてけーれ、ケバゲバ!!(古ッ)





 ボクは、「無印良品」のお菓子が嫌いではない。いや、むしろ好きである。
 んがしかし、「サンクス」に入店して、ここのオリジナル商品である〝食塩を使わないミックスナッツ〟が買えないというのは、一体、いかなる理由によるのか。

 社長を出せ、社長を。

 とまではいわないが、この商品を愛してやまないひとりの消費者の声を聞き届けて欲しいものなのである。
 南~無~。
[PR]
by misaochan3x7 | 2016-12-03 11:33 | 食べローグ | Comments(0)