<   2017年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

息子が娘にいう気の利いたセリフ。

 いうこと聞かない4歳の娘に向かって、ボクの息子がいうセリフは、なかなか気が利いているのである。
 (いうこときかなかったら)働いてもらうよ!!
 すると、娘は即座にこう答える。
 「いやっ!!」
e0358504_03251468.jpg
 4歳にしてすでにこの子は、働くことの本質を知っているのである。
 つまり、働くことは苦痛なのだ、人間にとって。
 誰でもが楽をして暮らしたいのである。

 それにしても、なぜ、人は働くのか?
 あるいは、働かなければならないのか?
 人それぞれに理由はあるだろう。同じ指紋がひとつとしてないように。

 ボクの場合は・・・。
e0358504_03300590.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2017-07-30 03:27 | お孫ちゃん物語 | Comments(0)

わが青春の漫画十選 弥生美術館学芸員松本品子/日本経済新朝刊連載とわたくし。

【2017年7月21日(金)】

 朝の通勤電車で、向かいの座席に座って日本経済新聞朝刊を広げて読んでいるおっさんがこちら側に見せる紙面に、バロン吉元の描く女性の絵(下記の絵)がカラーで小さく載っているのを、対面で座っていたおっちゃん(つまり、ボク)は、見逃さなかったんよ。

e0358504_12095122.jpg

 あの記事は何だろうと思って職場に行き、職場で取っているその日の日本経済新聞朝刊の裏面の文化欄を見たら、「わが青春の漫画 十選(6)バロン吉元「日本柔侠伝」 弥生美術館学芸員 松本品子」という連載コラムだったのだ。

 げーっ!! もう、始まって6回目やーん!!
 前の5回は、どんな漫画なんだよーっ!! 

 って、ものすごーく気になったんすよ。

 そのあとは、せっせと追いかけて読み続けるボクだったのだが、ネットで調べてみたら、過去の連載が画像で出て来たので、それも合わせて、すべてをここに採録しておこうと思うのだ。

 ●わが青春の漫画十選(1)植木金矢「風雲鞍馬秘帖」
 ●わが青春の漫画十選(2)辰巳ヨシヒロ「月刊漫画ガロ 表紙絵」
 ●わが青春の漫画十選(3)滝田ゆう「寺島町奇譚」
 ●わが青春の漫画十選(4)つげ義春「ねじ式」
 ●わが青春の漫画十選(5)平田弘史「弓道士魂」
 ●わが青春の漫画十選(6)バロン吉元「日本柔侠伝」
 ●わが青春の漫画十選(7)梶原一騎・ながやす巧「愛と誠」
 ●わが青春の漫画十選(8)村上一夫「同棲時代」
 ●わが青春の漫画十選(9)宮谷一彦「孔雀風琴」
 ●わが青春の漫画十選(10)林静一「赤色エレジー」

e0358504_12102477.jpg
e0358504_12103072.jpg
e0358504_12105386.jpg
e0358504_12110418.jpg
e0358504_12111518.jpg
e0358504_12113064.jpg
e0358504_12115285.jpg
e0358504_20390364.jpg
e0358504_20391373.jpg
e0358504_20393032.jpg
e0358504_20394208.jpg
e0358504_12162456.jpg

 ふむう。(横山光輝風に)

 品子という名の特殊な響き。弥生美術館学芸員という特殊能力を感じさせるそのキャリア。 
 手塚治虫、石ノ森章太郎はもちろんのこと、永井豪、川崎のぼる、ジョージ秋山、一峰大二、ふくしま政美、大友克洋はいうに及ばず、女性読者なのに、少女漫画家らも排除した、ほぼガロ派というか、貸本漫画系ともいえるこのラインナップ。
 でも、花輪和一や丸尾末広は入れとらんのだね。ギロリ。

 それにしても、植木金矢なんて、わしゃ知らんよ~。昔の時代劇漫画家といえば、堀江卓でしょうに。ま、いずれにしても、特殊なラインナップだわな~。

 これらの漫画を青春の十選として挙げる品子、その人は、一体何歳で、どんな女性なのであろうか?

【追伸】
179.png宮谷一彦「孔雀風琴(くじゃくおるがん)」という作品(けいせい出版刊/1983年)は知らなんだ。
 でも、ボクのイチオシの作品は、何といっても177.png「キャメル」だな。

178.png週刊少年チャンピオン1975年(昭和50年)14号(3月31日号)・15号(4月7日号)

e0358504_21004443.jpg
e0358504_21105275.jpg
e0358504_21081690.jpg
e0358504_21083551.jpg
e0358504_21091728.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-07-29 12:19 | まんが道(みち) | Comments(0)

暑中お見舞い申し上げます。

【2017年7月23日(日)】

 暑中お見舞い申し上げます。
 皆さま、いかが過ごしですか。
e0358504_14255923.jpg
 わたしは、ひどい肩こり性なんですが、このところそのせいで疲れが抜け切れず、さらに、最近は、何年かぶりに、疲労から来ると思われるアレルギー性の湿疹が体のあちこちに出るのです。
 おまけに、長年の睡眠障害で、慢性的な睡眠不足ときたもんで、体調はそんなにいいわけではありましぇん。
 おまけに、第四次性徴期のための成長痛で両膝の調子が。ぐわっ!!

 ところで、1週間のスタートを日曜日からカウントする考え方を採るなら、来週はもう8月じゃねーか!!
 うかうかしてるとお盆が過ぎて、海には土用波が立ち、夏ももう終わりなのである。
 短いよな、ジャポンの夏。
 そして、TOKIOには半年もの長き冬が訪れるのである。ファック!!

 しばらく聴くものがなくてクサっていたのだが、この音はいいっすね!!





[PR]
by misaochan3x7 | 2017-07-23 14:15 | 違和感とわたくし | Comments(0)

息子の家で両家の会食の巻。

【2017年7月16日(日)】

 息子の両親であるボクと奥さん。そして、息子のお嫁ちゃんのご両親。
 その2組の両親(4人)と息子一家(4人)が、息子の新居に集って、久々の食事会を催すの巻。
 前回、両家が一堂に揃ったのはいつのことだっけ。

 で、この日は、外食せずに、お家(うち)の中で手巻き寿司を作って食べることに。
 いや~、手巻き寿司は、作るのが簡単な上に楽しいから、やっぱりいいよね~。

 といふわけで、写真をアーップ。

e0358504_01340617.jpg
e0358504_01343048.jpg
e0358504_01344618.jpg

 さて、本日のアトラクションは、ボクが左手でコードチェンジをして音を変えながら、さくらさんとりおさんのお孫ちゃん姉妹が、2人がかりでピックを使って弦を掻き鳴らすアコギの〝連弾〟なり。

e0358504_01350676.jpg
 でも、169.png以前にボクの自宅で初めて試弾したときの方が、何だか楽しかったな。
 この日のウケがいまいちだったのはなぜだか、ボクにはよくわからない。

 ピアノを持ち出して弾き始め、歌い始めるさくらさん。そして、りおさんも歌い始める。
 ちなみに、小さくてもこのピアノは、KAWAI製だったのだ。

e0358504_01360739.jpg
e0358504_01362632.jpg

 やがて、お嫁ちゃんの4人姉妹のうちの3番目のシスターも合流。

e0358504_01365059.jpg
 楽しい時間はあっという間に終わり、散会となったのであ~る。

 それにしても、さくらも、りおも、両家の両親(彼女らにとっては、お父さん筋のおじいちゃんとおばあちゃん、すなわち、ボクとボクの奥さん。そして、お母さん筋のおじいちゃんとおばあちゃん、つまり、息子の嫁ちゃんのお父さんとお母さん)は健在だし、その先の両家の実家(ボクの実家とボクの奥さんの実家。そして、お嫁ちゃんのお母さんの実家)にも行けるし、彼女らの父親(つまり、ボクの息子)のいとこの家や彼女らの母親の姉妹らともつきあいがあり、親戚の交流関係がハンパなく、実にしあわせなやっちゃな~、って思うのである。


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-07-17 09:45 | お孫ちゃん物語 | Comments(0)

ウィンブルドン女子戦とわたくし。

 TVのチャンネル権を奪われて、居間で寝転がりながら、奥さんが観戦しているウィンブルドン女子戦に付き合わされている2017年夏のわたくし。

 ルールわからないし、そもそもスポーツなんて興味ないのに、しばらく観るともなく観ていた理由は、準決勝に出場した世界7位の地元イギリスのヨハナ・コンタ選手の白いスポーツウェアに胸のビーチクが突起しているのに気づいたからなのだ。
 そこを映していいのか、NHK!!って感じだったのさ。
 彼女のビーチクは、試合中ずっと突起していました。(笑)

 で、決勝戦。
 元世界女王で、現在、世界ランキング11位のアメリカのビーナス・ウィリアムズ選手(37)と世界ランキング15位のスペインのガルビニエ・ムグルーサ選手(23)のビーチク対決。
 ビーナス・ウィリアムズ選手のビーチクは、終始突起しっぱなしであったのに比べ、ガルビニエ・ムグルーサ選手は、ラリー戦が続くとビーチク突起するという体質。

 広がれ、女子テニス・ビーチク観戦スタイル!!

[PR]
by misaochan3x7 | 2017-07-17 09:43 | キャラ立ち | Comments(0)

「フォークグループあじさい」2017ライブレポート。

【2017年7月9日(日)】

 音楽・音楽・音楽。
 音楽なくして人生はあり得ない。

 音楽仲間の169.pngフォークグループあじさい」による2017年のライブ。
 今年のテーマは、「ひびき」とのこと。

e0358504_12373677.jpg
 会場は、新大久保にあるお馴染みの171.pngR’Sアートコート。(JR新大久保駅から徒歩7分)
e0358504_12371061.jpg
e0358504_12372483.jpg
 キャパ170人の地下ホールは、お客さんでほぼいっぱいの盛況ぶりだったのだ。
e0358504_13024836.jpg

 ボクは、お客さんとしての参加と、会場でのお手伝い要員として参加。
 1階ロビーで出店された「くまのパン」の販売のお手伝いをさせていただいたのだった。

e0358504_12374386.jpg
e0358504_12391304.jpg
 残念ながら、ボクは、かつて、<チーム金子>という音楽仲間との活動を、2009年のクリスマス・イヴの夜から始めて、2016年の春頃までの7年弱しか続けられなかったのだ。
 音楽が取り持つ縁とはいえ、結局、仲間との活動は、人間関係そのものなのである。そこに嫌気や関係性のひび割れが生じてしまえば、結局、チームは解体するしかないのだ。

 そういう意味では、「フォークグループあじさい」の現メンバーは長く続いているので、頭が下がる思いなのである。
 よい関係が続いているということの証しなのだね。162.png

【第一部】のステージ

e0358504_12404553.jpg
e0358504_12405637.jpg
e0358504_12410814.jpg
e0358504_12412074.jpg
【井上ともやす氏】によるゲスト・ステージ
 この人もブレないね~。やりたいことが一貫しています。
e0358504_12485408.jpg
【第二部】のステージ
e0358504_12492486.jpg
e0358504_12501707.jpg
e0358504_12503172.jpg
e0358504_12504982.jpg
e0358504_12510690.jpg
e0358504_12512588.jpg
e0358504_12515195.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2017-07-17 09:13 | 音楽とわたくし | Comments(0)

十八番と書いて「おはこ」と読む。ボクの十八番(おはこ)は。

【2017年7月10日(月)】

 昼間はかなり暑いけど、夜は意外と涼しくて、気を緩めていると風邪をひいてしまいそうなオカシな気候なのである。
 先日、飲んで酔っ払って帰って、気がつけば居間でなぜか素っ裸で寝ていたのだが、それを見た奥さんから、「バカじゃねーの!!」っていわれましたが、わたし、あなたが思うほどバカじゃねいです。
 でも、その日から何だか風邪気味で、咳が出るんすわ。ゴホ、ゴホッ。

 なんて感じで、この日、お約束の東中野の音楽酒場「じみへん」のロック・デーに赴く。
 十八番と書いて「おはこ」と読むんですが、ボクの十八番(おはこ)は、この曲なんすよ、御同輩。



 スイッツァランド人のギターリストのギルバートさん(写真下の右の人物)がドラムに入り、常連のおっさんロッカーたちにバックを務めてもらい、この曲を歌い、大いに溜飲を下げるの巻。
e0358504_22441527.jpg
 やっぱり、演奏を人に頼んで歌に集中できるってのは、しやわせの極致だわね~。162.png
 そして、新しいウィスキーボトルを入れ直した夜。

 で、結局、この日は、帰りの電車の乗り継ぎに失敗し、終点の「光が丘」駅で降りた時には終電で、帰りの電車はなくなっていたので、仕方なくタキシーをトバして自宅までたどり着いたってわけなのさ、ブラザー。ファック!!
e0358504_22434709.jpg
e0358504_22435791.jpg
e0358504_22440613.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2017-07-14 22:45 | 音楽とわたくし | Comments(0)

仮面ライダーアマゾンのこと。そして、石森章太郎、おまえはもう死んでいる。当たり前だが。

e0358504_22462139.jpg


 石森章太郎、おまえはもう死んでいる。

 いや、文字どおり、1998年に60歳で没しているのだが、先日買った「仮面ライダー2号&仮面ライダーアマゾン」(SPコミックス/リイド社刊)の「仮面ライダーアマゾン」は、ボクとしては、今回、初めて目にする作品だったので、思わず買ってはみたものの、石森章太郎名義の作品であるにもかかわらず、絵は全編完全にアシスタントまかせのひどい仕上がりで、よくも恥ずかしくもなく自分の名前を出せたものだと、いまさらながらあきれ果てるばかりのマンガなのである。

e0358504_22494931.jpg

 全5話で、179.pngテレビマガジンに74年11月号~翌75年3月号に連載された、いわゆるコミカライゼーション作品なのだとか。
 連載当時、石森36歳。
 すでにして、画業は死に体だったことが判明した。40年超ぶりに。(笑)
 そうなると、没するまでの24年間というのは、画家である本人にとっては、ピークの到来が早すぎた分、さぞやイバラの道であったろうと、察するに余りあるのである。
 晩年、マンガは「萬(よろず)画」だなんてことをいい出して、傍目(はため)にも気の毒なほど迷走していたっけな。
 60年代半ばの20代前半で書いた「マンガ家入門」、「続・マンガ家入門」で、全国の少年少女を、当時の最先端クリエイターである漫画家という職業に走らせた天才オーガナイザーのなれの果てなのである。
 南~無~。

e0358504_22334364.jpg
e0358504_22335076.jpg
e0358504_22335733.jpg

 ちなみに、「仮面ライダーアマゾン」は、TVでいえば、仮面ライダーシリーズの第4作として、1974年10月~1975年3月に放映されたとのことだが、さすがにこの頃のボクは、高校2年から3年にかけての年ごろなので、TVは観ておりませんな~。

 あのですな、仮面ライダーは、1号、2号のバッタが仮面ライダーで、あとのキャラはみな似非(エセ)過ぎて、とてもじゃないけど、仮面ライダーとはいえないのである。
 いまTVで放映されているのは、もう別モノの詐欺みたいなものだな。

e0358504_22422033.jpg
e0358504_22453757.jpg
 


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-07-12 22:35 | まんが道(みち) | Comments(0)

高橋一生とブルースハープ。

e0358504_22044846.jpg

く~っ!!

高橋一生、ブルースハープ弾けるんかーい!!
 






かっけーっ!!



[PR]
by misaochan3x7 | 2017-07-02 22:10 | キャラ立ち | Comments(0)

清原和博よ、あなたはいまどこに立っているのか。

 171.png清原とベッキーのスキャンダルで開けたのが、確か2016年のスタートではなかったかな。もう記憶が定かではないが。

 通勤電車の中でふと目にしたこの中吊り広告には驚いた。
 脂の抜け切った、どこかの田舎の町長さんみたいな顔つき、髪型と服の着こなしをしたこの人は誰かな?って思ってよく見たら、清原和博その人だったのだ。
e0358504_02072319.jpg
 人間は、ここまで変わってしまえるのか。
 同じ人物とは思えない何かが、この男の人生の中に生じたことだけは確かなのである。
 
e0358504_02090785.jpg
 彼はいま、どのポジション、どのスタンスに立って生きようとしているのか。

[PR]
by misaochan3x7 | 2017-07-02 02:10 | キャラ立ち | Comments(0)