ある決心。2017年元旦の朝に。

【2017年1月1日(日)・

 あれから40年。

e0358504_7293657.jpg
e0358504_72518.jpg

 この年の2月の大学受験~合格~上京~大学生活の始まりと終わり。社会人生活の始まり。
 いま、ここTOKIOに生きているボクの人生の始まりは、この年からスタートしたのだった。

 そして、その日暮らしを続けての59歳を迎える新年の朝である。

 音楽的生活としては、やっとソロでステージに立つ気になったのである。
 持ち歌は、あの歌とあの歌の2曲で始めよう。
 そして、初舞台は、今年の5月4日(木・)の埼玉県与野市で開催されるあの歌の祭典でのデビューと決めてかかろう。
 ステージ・ネームは、「フライング・ミミオ・バンド・プロジェクト」とする。
 当面ソロだが、いつかバンドもやれればいいなという思いを込めて、“プロジェクト”なのである。
 さあ、バンド仲間探しの旅に出かけよう。




[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-01-01 07:41 | 自分遺産 | Comments(0)

すでに勝てもしないこの国のこのダメな感じを思いながら、鰊蕎麦を啜る大晦日の夜の巻。

【2016年12月31日(土)】

 四角い部屋を丸く掃く風に、部屋に溜まった埃をダイソンに吸わせて、あっという間に大掃除終了だ。
 
 夜、「紅白歌合戦」を観ながら、先日、平和島で調達して来た鰊の甘露煮を乗せた年越し蕎麦を食して過ごす。

e0358504_6333212.jpg

 それにしても、還暦を越えた郷ひろみを起用する意味と価値というものが、この世にはまだあるのであろうか。

 そして、視聴者と会場の観客の票では、圧倒的に白組優勢の中、会場審査員票の開票の結果、紅組優勝と決まったある種〝逆転優勝〟の瞬間の有村架純の唖然とした表情に、同じ思いを感じた日本国民は多いのではあるまいか。
 世間では、こんなやり口を〝いかさま〟というのだが、国民放送局である日本放送協会=NHKではまったく通用しないご様子。あな恐ろしや。

e0358504_17163942.jpg

 それにしても、敗戦国民を歌で励ますために始まった「紅白歌合戦」。相変わらずショーアップからは程遠いこの泥臭さが消えない限り、ジャポンのエンターテインメントは、一等国にはなれないね~。
 っていうか、明治開国以来、われわれジャップは、わが国が一等国だと思い続けて生きて来たのだが、これだけ貧困が広がっていては、どうにもならないよね~。

 経済は大事なことなんだろうが、資本主義を超越したスタンダードで、誰もがしあわせを感じる国にならなければ、一等国とはいえないし、そもそも、一等国でなくても全然いいので、政治家や役人だけがウマい汁をチューチュー吸い続けるこの国のシステムだけは、どうにかすべきだろう。

 民主主義ってヤツと、これとセットになった選挙ってヤツが、そもそもインチキの元凶で、政治家や役人どもの育つ〝悪の温床〟であるこの制度を滅ぼさないとね~。

 敗戦ですべてを新しくすべき時にそれが出来なかったのなら、ジャポンはもう一度敗れるべきだわね。
 ん!?再び勝負に徹する前に、すでに勝てもしないこの国のこのダメな感じとは、一体何なのか。
[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-01-01 07:05 | 自分遺産 | Comments(2)

日経電子版と三国志(横山光輝)とのコラボレーション。

 電車の中で見た中吊り。
 056.gif日経電子版と三国志(横山光輝)とのコラボレーションなり。

e0358504_16132533.jpg
e0358504_16133872.jpg

 三白眼で生気を失った横山光輝のキャラの眼、特に三国志のキャラは、頭にヘンな物を乗っけたすっとぼけた感じのコスチュームとも相まって、もはや格好のパロディー・ネタなのである。













 072.gifおまけ
e0358504_1625612.jpg

[PR]
# by misaochan3x7 | 2016-12-31 16:15 | キャラ立ち | Comments(0)

横浜→飯能!?

【2016年12月31日(土)】

 もはや曜日の感覚がない。
 森三摩地氏の家で一泊。一夜明けたこの日は、大晦日。暮れも押し詰まった感覚もなく、ありふれた休日の感じ。

 杉並の自宅に戻るために、横浜市営地下鉄「吉野町駅」で電車に乗って「横浜駅」で下車。そして、東横線の「横浜駅」に乗り換える。
 久し振りにこの駅のホームに立ち(1995年から1999年頃までは、仕事でよく利用していた駅なのだ)、目に入って来た掲示板に驚く。

 なぬっ、横浜→飯能!?

e0358504_1643442.jpg

 いまや、横浜から072.gif埼玉県飯能までがつながっているのか!!昔では考えられないことなのだ。

e0358504_1610510.jpg

 ああ、渋谷から「副都心線」につながって、かの地まで行くわけね!!

 といふわけで、隔世の感に浸りながら帰途に着くのだった。
 南~無~。
[PR]
# by misaochan3x7 | 2016-12-31 16:06 | 自分遺産 | Comments(0)

森三摩地(もり さんまじ)シークレット・ライブレポート。

【2016年12月30日(金)】

 業のパフォーマー森三摩地(もり さんまじ)氏のシークレット・ライブに、音楽仲間数名と赴(おもむ)く。

e0358504_1565545.jpg

 場所は、彼の自宅のある横浜市内。
 彼が自宅の部屋の整理をしていたら、空き部屋がひとつ出来上がり、稽古場兼小さなイベントスペースが出来上がったとのことで、これを「一止庵(いっしあん)」と称した杮(こけら)落としのライブなり。
 演目は、「江戸っ子繁盛記」という一人芝居。かつてこの出し物は、いまはなき「ときどき食堂」で観た演目だ。
 2013年11月17日(日)のことである。

 ところで、なぜシークレット・ライブかというと、彼は、061.gifこの演目を12月18日(日)に、労音御茶ノ水センターで演じたのだが、これを観られなかった今回の同行者のひとりから、ぜひ観たいとのリクエストがあり、今回のライブとなったという次第なのである。
 かくいうボクも、所要があって、この時のパフォーマンスを観ることは出来なかったのである。

e0358504_15245785.jpg
e0358504_15251483.jpg
e0358504_15253890.jpg
e0358504_15255921.jpg
e0358504_15262040.jpg

 先の12月18日(日)の労音御茶ノ水センターでのパフォーマンスは、本人曰く、「無事終了というにはほど遠い活舌の悪さで(今までで最悪だったんじゃないかしら?)」 という出来だったらしいのだが、今回、3年振りに観たボクの感想は、脱線のないスッキリした筋運びに好感が持てた上に、江戸の生活者であるそれぞれのキャラクターの輪郭がシャープに描かれていて、実に気持ちのいいステージだったのである。

 この人は、いいたいことや、やりたいことが多過ぎて、あれやこれやを詰め過ぎて墓穴を掘るタイプなのだが、今回のステージはそれを押さえ、心・技・体がうまく噛み合った好演といえるのではないかしら。

 終了後、氏手作りの酒の肴などをツマミに酒を飲み、楽しく語り合い、会場内でみんなで「交流会」を開催。
 三摩地氏所有のギターでの弾き語りなどもあり、夜はふけゆく。060.gif

e0358504_15415540.jpg
e0358504_15422491.jpg

 この日、ボクはこの家に泊めてもらい、一泊したのだった。
[PR]
# by misaochan3x7 | 2016-12-31 15:11 | キャラ立ち | Comments(0)