東中野の音楽酒場「じみへん」ロック・デー参戦記。

【2017年4月17日(月)】

 毎度お馴染み、東中野にある音楽酒場「じみへん」のロック・デーに呼び出しを受けたので、喜々として参戦す。

 この日、いつもの面々によるステージが展開され、ボクは、日本語のオリジナル3曲をブチかます。

 ●ズルい女(シャ乱Qのあの歌とはまるっきり別ものです)
 ●きょうボクは川には行かなかったよ/きょうボクは阿佐ヶ谷には行かなかったよ
 ●憎しみの川、かなしみの橋、にんげんのはしくれ

e0358504_20490957.jpg


 歌い終えて、カウンターの自分の席に戻って来ると、隣の席でステージを観ていた〝りばでぃらんさん〟夫人の佐和子さんから、「よかったわよ」とのお言葉を受く。

 アマチュアといえども音楽家のはしくれ。お褒めの言葉は、手放しに嬉しいものです。 これからもどんどん新作を作っちゃおうっっと!!

e0358504_20493019.jpg
e0358504_20494266.jpg
e0358504_20501815.jpg
e0358504_20502976.jpg
e0358504_20504172.jpg
e0358504_20505728.jpg
e0358504_20511378.jpg


[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-04-26 20:54 | 音楽とわたくし | Comments(0)

新居に引っ越した息子一家を訪問しましたの巻。

【2017年4月16日(日)】

 息子一家が引越しをしたので、新居の様子を確かめようと、奥さん運手の車に乗って現地調査の巻。
 前よりもずいぶん広いお部屋なり。まだ荷物は片付いていない様子。

 いまから約30年前、息子がまだ幼稚園に通っていた頃、ボクら一家が親子3人で住んでいたそのまちに息子一家は居を決めたのである。

 そして、みんなで車に乗って、近くのステーキ・レストラン・チェーンに向かい、会食。

e0358504_20422889.jpg
 ドリンク・バーに、ビタミンCの爆弾といわれるローズヒップのティー・バッグがなかったり、サラダ・バーの野菜類が少々魅力に乏しかったりする以外、肉はおいしかったのであります。
e0358504_20424815.jpg
e0358504_20430001.jpg
e0358504_20431005.jpg
 また来てもいいかなと、おじいさんであるボクは思ったのだった。


[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-04-26 20:46 | お孫ちゃん物語 | Comments(0)

オリジナル曲とわたくし。

【2017年4月15日(土)】

 アマチュアなら、オリジナル曲は3曲も作れれば上々なのではないだろうか。
 現在、ボクのオリジナル曲は2曲である。
 そろそろ3曲目がほしいなと思う昨今。けふ会った人たちと八幡山のそば屋でお昼ご飯を食べながらの会話をきっかけに、3曲目の歌のテーマが浮かび上がり、やがて歌い出しの歌詞がひらめく。

 帰宅してそのテーマの芯を掘り進めながら、このブログに歌詞の続きを書きつけると同時に、ギターを弾いてひとつひとつの歌詞にコードを当てはめていくうちに、あらら、1曲できちゃったってわけなのである。
 OK、ブラザー。んじゃ、ここでその歌を発表させていただきますわ。169.png

 タイトル:憎しみの川、かなしみの橋、にんげんのはしくれ  (capo1)

 Am
 憎しみを抱いて
 F
 憎しみの川を渡る
 Am      E
 橋の名前は憎しみ橋
 Am 
 かなしみを抱いて
 F
 かなしみの川を渡る
 Am       E
 橋の名前はかなしみ橋

Chorus:
 C                  G
 ひとにいえないはずかしいことや
 C                 E 
 ひとにいえないわるいことなど
 C            G
 たくさんしてきたのさ
 C                   E
 そうさこのオレもにんげんのはしくれ

 Am
 どこにあるのか
 F
 約束の地平
 Am      E
 誰が呼ぶのかこのオレを
 Am
 朝がくるまで
 F
 泣きつづけていた
 Am             E  
 あのひとのことを思って歌いつづけた

 Am
 憎しみを抱いて
 
F
 憎しみの川を渡る
 
Am      E
 橋の名前は憎しみ橋
 Am
 
 かなしみを抱いて
 F
 かなしみの川を渡る
 Am       E
 橋の名前はかなしみ橋

Chorus:
 C                  G
 ひとにいえないはずかしいことや
 C                 E 
 ひとにいえないわるいことなど
 C            G
 たくさんしてきたのさ
 C                   E
 そうさこのオレもにんげんのはしくれ

e0358504_18531500.png


[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-04-15 17:46 | 音楽とわたくし | Comments(0)

ボクがロック少年になるよりも前だった頃のこと。

 少年の頃、ボクがロック化する以前に、まずは洋楽化(ポップス化)していたことを、この間唐突に思い出したんだ。

 それは、1971年、ボクが中1の時だったと思います。
 ボクの音楽的な嗜好(しこう)は、まずこの曲の直撃を受けて洋楽化したのである。



 そして、たたみかけるようにこんな曲もあったよね!!



 で、ほどなくこの曲で、ボクは完全にロックン・ロール化していくのだった。



 また、こんな曲にもシビれた中学生だったのである。







[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-04-13 20:58 | 音楽とわたくし | Comments(0)

桜の点検。エクストリーム出勤の巻。(その3)

【2017年4月12日(水)】

 近所の桜の開花状況を点検するために、いつもよりちょいと早めに行動を起こして、この日も出勤前に近所の善福寺川緑地へとチャリを走らせるのだ。
(このフレーズは、もはや慣用句化されている。っていうか、コピペして使い回しております。(笑))

 さて、ボク自らをして、「桜吹雪舞うここの桜並木のトンネルの中に立っていると、冗談抜きに、この桜の下で死んでもいいと思うのである。」といわしめる、<必殺の桜場>に到着。

e0358504_21053617.jpg

 残念ながら、桜は吹雪いていなかったが、来てみる価値は非常に高い場所なのである。

e0358504_20423926.jpg
e0358504_20425723.jpg
e0358504_20431332.jpg
e0358504_20433172.jpg
e0358504_20435116.jpg
e0358504_20442379.jpg


[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-04-12 20:44 | ご近所アーカイブ | Comments(0)