職員旅行で長崎に行ってきましたの巻。<原爆×カトリック編(前編)>

【2018年2月10日(土)】

 テキスト&写真後送。


[PR]
# by misaochan3x7 | 2018-02-13 22:18 | トラベローグ | Comments(0)

職員旅行で長崎に行ってきましたの巻。<ハウステンボス編>

【2018年2月9日(金)】

 職員旅行に行ってきましたよ。
 今年は、長崎県。例によって、お初の上陸です。
 まずは、九州全図。

e0358504_13481906.gif
 続いて、長崎県。
e0358504_13482792.gif
 この日、9:50発のANA3733便に乗り、約2時間後、エアプレーンは、長崎空港に無事着陸。
 水上に作られた人工島の飛行場かと思いきや、あとで調べてみたら、長崎県大村市にある空港で、大村湾の海岸から約2kmに浮かぶ箕島(みしま)を全域を開発し、1975年5月1日に世界初の海上空港として開業したとのこと。
 知らなんだ。
e0358504_13553753.jpg
e0358504_13554464.jpg

 空港からバスに乗り、「ハウステンボス」(Huis Ten Bosch。長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1 )へと向かう。
 佐世保に作られたニセのオランダの街。

 オランダ語で「Huis」が「家」、「Ten」が「の」あるいは「〜にある」、「Bosch」が「森」で、「森の家」だとか。 
 当初の旅程は、長崎空港から高速船に乗って大村湾を航行しながら、「ハウステンボス」に向かう予定だったのだが、諸般の事情により、バスでの移動になったようである。
 この行程だけは楽しみにしていたのであるが、予定が変更されて至極残念だったのだ。

e0358504_14164686.jpg

 さて、目的地に到着。
 同行した年下の職場の仲間によれば、20年前、高校生の時に来たというので、あとで調べてみたら、開園は、1992年3月25日。もう四半世紀以上経っているのか。
 途中、経営不振に陥り、たしか大手旅行代理店のエイチ・アイ・エスが再建に乗り出したっていう記憶があるな。
 ロボットが接遇する「変なホテル」があるはずだ。
 
 さて、バスは、14:00頃に到着。17:15出発まで3時間もあるのだ。
 とりあえず、「佐世保バーガー」だけは食べておこうと、職場の仲間数人と一緒に施設内のレストランに入店。

 正直なところ、この間飯田橋で食べた178.pngWendy's(ウェンディーズ)のバーガーの方がウマかったよな。
 ちょうど10年前、阿佐ヶ谷で息子と178.png「佐世保バーガー」を食べた記録を再録。この時の味は、ウマかったとの記述あり。すっかり忘れてしまったが。

 それにしても、おっさんには何も見どころのない「ハウステンボス」での3時間は、ヘル(地獄)なのだった。
 
 死ぬかと思ったぜ。たのむでしかし。


e0358504_14394104.jpg
e0358504_14231445.jpg


[PR]
# by misaochan3x7 | 2018-02-13 22:10 | トラベローグ | Comments(0)

Wendy's x First Kitchen@飯田橋でランチの巻。

【2108年2月7日(水)】

 この日は、144.png昨夏受けた「心エコー」及び「経食道心エコー」によってボクの心の臓に見つかった得体の知れぬ石灰化したと思われる白い影が、その後どう変化したかを調べる「心エコー」による再検査の日。
 検査の結果、特に変化はみられす、まあ大丈夫でしょうとの若い男性ドクターの見立て。

 検査が終わり、そろそろお昼ごはんだ。
 職場に向かう途中の飯田橋に162.pngWendy's(ウェンディーズ)があることを思い出し、向かう。

e0358504_12053049.jpg
e0358504_12053822.jpg
 入店し、ウェンディーズバーガー、チリ(M)、コーヒー、緑の酵素サラダを注文。閉めて1,230円なり。
e0358504_12054644.jpg
e0358504_12055498.jpg
 リーマンおやじのランチにしては、いい値段だが、満足と引き換えだ。
 ずっと、ここのチリを食べたいと思っていたからね。
 168.png30年前に恵比寿で働いていた頃よく食べていたチリに比べて、何だか汁っぽい気がするが、味はそれほど変わっていないようだ。
 ハンバーガーもウマかったね。


[PR]
# by misaochan3x7 | 2018-02-13 21:46 | 食べローグ | Comments(0)

高円寺北口商店街にある「王将」までずっと。

【2018年2月3日(日)】

 この日、奥さんはバスのひとり旅にでかける。
 なので、ボクはみーちゃんとお留守番なのだ。

 お昼ごはんは、高円寺の「王将」と決めていたので、チャリで向かう。
 青梅街道に着いた時、道端に手袋の片方が2種類落ちていたのを発見。
e0358504_11072657.jpg
 まったくもって、手袋ってやつは、片方だけだと何の役にも立たないものだ。高い手袋を買って片方なくすと、悔しくて夜も眠れないくらいなのだ。
 違う種類の手袋がペアでそろってもね~。

 あら、この手袋の落ちている後ろを振り返ると、新しい店が。
e0358504_11075811.jpg
 店の大型の看板には、「創業昭和二十七年 大阪 平野 串かつ どて焼き 餃子 名代(なしろ)二度漬け禁止発祥」とあるね。
 やかましいわ!! 二度漬けしたるて、絶対。てか、そもそも、この店のそのアティトュードそのものが好かんので、行かんわ。
 確かここは、その前はラーメン屋だったんだよな。このあたりの地周り、商売的にけっこうデンジャラースな土地柄なので、もつのかな。
 ま、知ったこっちゃないのだが。
 そんでもって、その隣のラーメン屋は、気がつけばいつの間にか「麺屋 一徳」となっているではないか。
e0358504_11110522.jpg
e0358504_11111338.jpg
 ここは以前は、長く177.png「ちりめん亭」だったんだけどね。
 息子が家にいた頃は、時々ここでふたりでラーメンを食べたものなのさ。ここの硬めのちじれ麺、好きだったな~。
 「一徳」、何の変哲もない店のようだね。ここももつのかな。

 というわけで、「王将」に到着。
e0358504_11254710.jpg
 ずいぶん前に、高円寺にも「王将」はあって、いつか食べてみたいと思いながらなかなか行けず、ある時ふと思い立って息子とふたりで行こうとした時には、店はもうなくなっていたってことがあったっけ。
 とんこつラーメン(ジャストサイズ=半ラーメンのことらしい)と餃子を注文。
 期待どおりのうまさだったので満足す。
e0358504_11313572.jpg
 隣の席に座ったふたりの若いアジア人の男の口からは、いままでに聞いたこともないことばが発せられていたことに驚く。

[PR]
# by misaochan3x7 | 2018-02-13 21:42 | 食べローグ | Comments(0)

息子に貸した●万円とわたくし。

 嗚呼(ああ)、もう2月なのか。

 さて、息子に貸した万円。
 「返してもらえたらスーツ買いたいな~」なんて奥さんの前でひとりごと。
 「じゃ、返してって自分でいえばいいじゃん」と、奥さん。
 「うん、まあ、あげたと思えばそれでもいいんだけど。もぐ、もぐ、もぐ」と、ボク。
e0358504_02312063.jpg
 その後、奥さんは息子にそのことを連絡したらしく、奥さんからボクに届いたメールには、3分割でなら返せると彼はいっているらしいのだ。
 返ってこなければこないで済ませられないではない額なのだが、息子の懐は一括で返せるほどの余裕がないことがわかり、むしろボクの器の小ささが浮き彫りになったかっこうなのだった。
 いわなければよかったな。自己嫌悪なのだ。

 ゲロゲロゲロゲーーーーッツ!!
e0358504_20535615.jpg

[PR]
# by misaochan3x7 | 2018-02-07 21:00 | 息子とわたくし | Comments(0)