GWの尻尾にしがみつけ!!

【2017年5月7日(日)】

 気がつけば今年のGWもけふで終わりである。
 3日(水)から休んでいるので5連休なのだ。
 夏日が続いている。きのうよりも暑いなり。じゃによって、わが家では、この日こたつを撤去したのだった。

 知り合いのおっちゃんらと厚木方面の温泉に遠出をする予定だったが、両膝痛による歩行障害でそれを断念し、自宅に潜伏。

 淡々と過ごしたGWだったが、このまま指をくわえて終わりを待つのも何だかもったいない気がして、歩行器代わりのチャリの前かごに、ハイボール缶とおつまみを乗せて、近所に流れる川の周りにある緑地帯に出向く。
 現場に到着したのは、夕方の5時近くになってからだった。そこで、〝ひとり酒場〟を開店す。

e0358504_20192292.jpg
e0358504_20195901.jpg
e0358504_20200883.jpg
e0358504_20203253.jpg
e0358504_20204642.jpg

 それにしても、川は、いいね~。
 川のそばにいると、海よりも内省的な気分になるから、ボクは川が好きである。

 そんなボクが歌える川をテーマにした曲は、この4曲である。

 ●The River/Bruce Springsteen
 ●Pissing in a River/Patti Smith
 ●London Calling/The Clash
 ●きょうボクは川には行かなかったよ/きょうボクは阿佐ヶ谷には行かなかったよ(オリジナル)

 それにしても、気がつけば今年もほぼ半分終わりですがな。
 夏は短く、うかうかしていると、あっという間にまた冬に逆戻りなのだ。
 キライだな~、北半球。

e0358504_03131356.jpg


[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-05-10 03:15 | 自分遺産 | Comments(0)

自宅の近所にある四方をつつじに囲まれた公園について。

【2017年5月6日(土)・

 いきなり夏日である。
 と申しますのも、今年の立夏が5月5日(金)とのことなので。

 さて、陽気にさそわれ、夏にふさわしく、Tシャーツ、半ズボン、ギョサン姿で外出。
 ただし、このところ、両膝の具合が悪く、歩行器代わりのチャリにまたがってのことである。

 藤、つつじ、ジャスミン、その他、色とりどりの花々が、町々のそこここに咲き誇る。緑は萌え狂っているし、いや、いい季節になったよね~。

 ん!?

 いまの家を居所に選んで今年で20年を迎えるはずだが、自宅の近所にあるこの公園の中に、四方がつつじに囲まれた一角があることは、いまのいままで気がつかなかったのであ~る。
 というわけで、公園内に入って写真を撮りまくる。
 んがしかし、あんまり臨場感を伝える写真にはならなかったようで残念なり。

e0358504_20124047.jpg
e0358504_20125053.jpg
e0358504_20130150.jpg
e0358504_20130936.jpg
e0358504_20131742.jpg
e0358504_20132744.jpg
e0358504_20133982.jpg


[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-05-10 03:10 | ご近所アーカイブ | Comments(0)

阿佐ヶ谷の和菓子店「マスヤ」の豆もちについてわたしが知っている二三の事柄。

【2017年5月6日(土)・
 
 う~ん、だんだん曜日の感覚が薄れていくな~。

 さて、この日、阿佐ヶ谷の「パールセンター」にチャリを走らせる。
 して、そのココロはといえば、2か月くらい前にケーブルTVで観た「雑居時代」(1973年10月~1974年3月に日本テレビ系列で放送された全26話のホームドラマ)というTVドラマの再放送で、主役の石立鉄男(プロ・カメラマンのアシスタント役)が、その師匠を演じる川崎敬三(プロ・カメラマン役)と、実にウマそうに豆もちを食らっているシーンが目に焼き付いて、


 あ~、オレもウマい豆もちを食らいたい~!!

 っていう妄執にとらわれてしまったからなのであ~る。

e0358504_21085381.jpg

 そこで、ここなら売っているだろうという見当をつけながら訪れたのが、阿佐ヶ谷のアーケード商店街「パールセンター」にある和菓子店の「マスヤ」なり。
 で、思ったとおり、ありましたがな、豆もちが!!


e0358504_18200142.jpg

 そんでもって、豆もち3枚と草だんご2個を購入。閉めて590円(税込)。

 あのですね、この豆もちの生地に練り込まれた豆は、あり得ないくらい量が多いんすわ!!

 そんでもって、この豆は塩ゆでの豆であり、かつまた、もち生地に至っては甘みを一切排しているのであーる。
 ちゅーことは、〝大人の味〟なり。それでいて、1枚の価格は130円(税込)ときたもんだ。
 ぅわお!!

e0358504_18203823.jpg

e0358504_18205388.jpg

e0358504_18210426.jpg

e0358504_21100656.jpg
 今日(こんにち)のごとき資本主義末期の行き場のない袋小路状態にあって、

 このお店のような誠実な商いが商売の基本であることに触れ、経済行為のすべてが、素朴な〝商業主義〟の原点に回帰するというか後退すべきであることを夢想してやまない、いま現在のこのボクなのである。

 そうなのだ。
 資本主義よ、いま、ここで直(ただ)ちに終われっ!!
 「れ」
e0358504_20301307.jpg




[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-05-07 18:18 | キャラ立ち

「きっちん ひとくち」の閉店とわたくし。

【2017年5月5日(金)・

 午後、自転車を歩行器具がわりに、気分転換に阿佐ヶ谷に向かってチャリをこぐボクなのさ~。
169.png
 パール商店街の和菓子屋で豆大福を2つ買って、食べながら家に帰る。

 その途中、閉店した「きっちん ひとくち」の前を通る。

 ずいぶん前に、何人かとここでご飯を食べたことがあるのさ。

 確か、「東京みかん」でボクがナビゲーターをやった2003年3月9日(日)の「阿佐ヶ谷パン屋放浪記」の途中、お昼ごはんを食べに参加者と立ち寄った時ではないかと思うのだ。

 【みかんの活動記録】参照

  http://www.tokyomikan.com/index.htm

e0358504_15433707.gif





e0358504_15480267.jpg
e0358504_15481368.jpg
e0358504_15482360.jpg
e0358504_15483379.jpg
e0358504_15484137.jpg
 44年間、ここで営業されていたとのこと。
 てーことは、創業は1973年か。完全に〝自分史〟の範疇である。

 自宅からチャリで10分もかからず行ける店なのに、結局、一度しか行かず、売上に貢献出来なかった「きっちん ひとくち」。ボクの不義理をお許しください。

 さようなら。


[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-05-07 15:43 | ご近所アーカイブ | Comments(0)

1983年の細野晴臣。

【2017年5月5日(金)・

 177.png前日の疲れが抜けず、また両ひざの具合もよくなく、加えて、右肩口の筋肉痛というか神経痛があり、かつ、両肩の肩こりも慢性的な痛みとなっている。
 人間は痛みに弱い動物なのだ。

e0358504_17353697.jpg

 この痛みから来るストレスと不快感で、遠出するような快活な気分にはとてもなれず、午前中は今でTVを観ながらゴロゴロ過ごす。

 と、ケーブルTVの日本映画専門チャンネルでは、高倉健特集が組まれており、この日、観るともなくたまたま観たのが「居酒屋兆治」という山口瞳の小説を原作にした1983年公開の日本映画なのだった。
 脇役に実に多くの個性派俳優が出ているのが意外で、中でも細野晴臣が市役所の職員役で出ているのにはビックリしたよね!!

e0358504_15160777.jpg
e0358504_15170852.jpg

  あのですね、この映画の公開年である1983年は、YMOが散解した年なんすよ。
  何をしとるんだよ、細野晴臣。
  いまさらだけどさ。



 ところで、坂本龍一の「WAR HEAD」は、時々、モーレツに聴きたくなる曲なのである。どやさ、ブラザー!!



[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-05-07 15:19 | キャラ立ち | Comments(0)