実に2カ月ぶりの休日の晴天を満喫!! ぃやっほーい!!


【2017年11月3日(金)・

 ぃやったー!!
 久しぶりの休日の晴天だーっ!!
e0358504_18122176.jpg
 さあ、急いで外出だ!!
 というわけで、リュックにお昼ごはんを詰め、近所のおなじみお気に入りの川沿いのグリーンにチャリで駆け付ける。
 風もなく暖かな陽気で、気温は20℃超。なので、Tシャツとサンダルでお出かけだ。
e0358504_18141647.jpg
 けふのお昼は、最近ハマりにハマっている「カップヌードルBIG」なり。
e0358504_18142677.jpg
e0358504_18143777.jpg
 それにしても、休日の晴天なんて、実に2カ月ぶりなんぢゃないか、冗談抜きに。
 それほど9月、10月は台風のせいで雨ばかりの休日だったのさ、たのむでしかし。
e0358504_18191068.jpg
 護岸工事用の白いフェンスの向こうには善福寺川が流れる。
 それにしても、この工事、いつ終わるんじゃーい。(怒)
e0358504_18192078.jpg
e0358504_18192964.jpg
e0358504_18193845.jpg
 帰宅したら、奥さんが居間にこたつを出す準備をしていたよ。
 また、長い冬が来るな。
e0358504_18424364.jpg
e0358504_18435356.jpg
e0358504_18440340.jpg
e0358504_18453650.jpg
e0358504_18450474.jpg
e0358504_18460463.jpg
e0358504_18461248.jpg

[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-11-03 18:22 | 自分遺産 | Comments(0)

御徒町の御徒町のセルフ式居酒屋 「味の笛 本店」で750円でほろ酔い気分。

【2017年10月30日(月)】

 休日、居間で寝っ転がりながら見ていたTVプログラム「吉田 類の酒場放浪記(再放送)」で知った167.png御徒町のセルフ式居酒屋 「味の笛 本店」。

 御徒町を職場として過ごして早12年。このまちにそげな店があったとはつゆ知らず、早速、仕事帰りに訪れることに。
 この店は、178.png御徒町駅前の魚介専門店「吉池」の経営だとか。
e0358504_17451098.jpg
 1階は立ち飲み。2階は座って飲めるフロアなり。
 ボクは迷わず2階へ上がる。
e0358504_17452098.jpg
 カフェテリア形式でカウンターの上にある好みの肴をチョイスし、越後の地酒 「越の白鳥(はくちょう)一合」をピックアップ。ギヤマン(ガラス)のとっくり瓶がボク好みなのだ!!
 で、肴に選んだのは、まぐろぶつ250円とはんぺん100円。お酒300円と合わせて締めて750円なり。
 現金で払い、自席に移動。
e0358504_17453066.jpg
e0358504_17454163.jpg
 滞在時間はわずかだったが、仕事帰りにひとりで気軽にほろ酔い気分になれるのはいいもんだ。
 元来、外飲みのひとり酒は苦手なボクだが、これならいいや。
 今度またひとりで来てみよう。うふふのふ。

[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-11-03 17:56 | 自分遺産 | Comments(0)

最近なぜか自分のなかでブリ返すブライアン・フェリーというかRoxy Music熱について。

【2017年10月29日(日)】

 またしても週末が雨に見舞われる。
e0358504_23115820.jpg
 結局、この日も戸外での活動が出来ずじまいなのだった。殺すよ、ふんとにもう!!
e0358504_23120875.png
 自部屋にひきこもり、この曲のアコギ・カバーに着手し始める。最近ずっと自分の中で、なぜかブライアン・フェリーというかRoxy Musicがブリ返しているのである。



 この映像()の中、バックでフライングVのギターを弾いているのは、もしかしてクリス・スペディングではないのか。

 ところで、この曲にオリジナルがあったのは、つい先日知ったことなのだ。



[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-10-29 23:20 | 音楽とわたくし | Comments(0)

さくらさんの運動会に行って来ましたの巻。

【2017年10月28日(土)】

 今年、年中組となったお孫ちゃんの長女さくらさん(4.7歳)が通う幼稚園の運動会に、奥さん運転の車に乗って行く。
 178.png昨年に続いて2回目だ。
 会場は、昨年と同じ、板橋区内にあるとある小学校の校庭を借りての開催だ。
 台風接近による雨天とのせめぎ合いで、やれるかどうかが危ぶまれたのだが、なんとか開催にこぎつけたられた様子。
 ただし、プログラムは大幅に圧縮されて、午前中で終了に変更となる。
(結果的にこの日は、午後も雨は降らなかったのだが)

e0358504_13164697.jpg
e0358504_13173896.jpg
 んがしかし、ボクはもう競技などには興味がなく、アリバイ的に会場にいて、息子一家の写真を撮っていただけなのさ。
e0358504_13180792.jpg
e0358504_13181859.jpg
e0358504_13182853.jpg
e0358504_13184032.jpg
e0358504_13185301.jpg
e0358504_13191823.jpg
e0358504_13193518.jpg
e0358504_13203125.jpg
e0358504_13204281.jpg
e0358504_13205636.jpg
e0358504_13210729.jpg
 会場には、お嫁ちゃんのお母さんも来場。残念ながらお父さんは出張が入って不参加となる。
e0358504_13212922.jpg
 終了後、息子一家の家に移動して、お嫁ちゃんが用意してくれたお弁当をみんなで食すの巻。
e0358504_13215575.jpg
 さくらさん、今年8月に生まれた弟の琉誠(りゅうせい=7か月)を抱っこしてすっかりお姉さんの風情なり。
e0358504_13222565.jpg
e0358504_13223940.jpg
e0358504_13225302.jpg

 177.pngPS.
 運動会の会場で、2番目のお孫ちゃん(りお=2.7歳)のめんどうを見ていた時、息子が彼女と同じくらい小さい時のことを思い出したのだ。
 もう、今から30年近く前のことさ。

e0358504_13233837.jpg
e0358504_13234994.jpg
e0358504_13235932.jpg
e0358504_13240970.jpg
 その当時ボクが感じていたのは、子どもと一緒にいる時間の間じゅう、ボクが自分のために使いたい大事な時間が奪われて、好きなことが何も出来ないことへの強い〝違和感〟だったのだ。
 りおと遊んでいて、そのことをふいに思い出したのさ。
 ひどく身勝手な父親のエゴだとは思うのだが、否定できない違和感なのである。
 それでいて、息子が家を出て行って独立したあとで、彼と一緒にいられる時間が極端に短いことにはじめて気づいて後悔を感じたりする自分の態度って、われながら度し難いことではあるんよね。


[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-10-29 18:19 | お孫ちゃん物語 | Comments(0)

「オール讀物2017年11月号」自伝 梶芽衣子 最終回!!そして、遠藤賢司のこと。

 「オール讀物2017年11月号」自伝 梶芽衣子 最終回!!

 178.png今年の4月号の連載開始から数えて(10月号は連載がなかったので)、今回で7回目。いよいよ最終回なんすよ、ブラザー。
e0358504_16230094.jpg
e0358504_16431487.jpg
 その記述によれば、女史は、今年の3月24日(金)に70歳の誕生日を迎えられ、その日、青山のライブハウスでオールスタンディングのライブを開いて250人の動員を果たし、今後、70にしてロックのステージを展開するとのことである。
 そしてまた、今回の連載は、来春、文藝春秋社から単行本刊行とのこと。
 二重に楽しみな梶芽衣子の今後に瞠目せよ!!



 177.pngPS.
 ところで、同じ70歳にして音楽家の遠藤賢司氏(1947年1月13日~2017年10月25日)が、梶女史にバトンタッチするように(ボクの勝手なこじつけさ)10月25日(水)鬼籍に入られた。
 氏のこのアルバムは、ボクにとっては、いたくシミるアルバムなのである。
 リリース時、氏は24歳。ボクは13歳、中2の童貞少年なのだった。

 169.png満足できるかな 遠藤賢司 1971(フルアルバム)
e0358504_16462707.jpg


e0358504_16562826.jpg
 そんでもって、177.png氏が出演していた映画「中学生円山」の拙スレッドも掲載しておこうと思うのです。

 そして、最後に、先日発掘した梶女史のおっぱい写真を、すべての梶ファンとすべてのエンケンファンに捧げます。 162.png(付録)過去の梶画像
 合掌。
e0358504_16514501.jpg
e0358504_23011346.jpg
e0358504_23012514.jpg
e0358504_00250677.jpg
e0358504_00251909.jpg

[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-10-29 16:56 | 梶 芽衣子 | Comments(0)