阿佐ヶ谷の和菓子屋 vs 西荻窪の和菓子屋の 「もち菓子食べ比べ大会 」 開催の巻。

【2017年9月16日(土)】

 この日、大久保にある177.png「あらばき協働印刷」において、かような酔狂な催しを開催す。

e0358504_15494166.jpg
e0358504_16241003.png

 ●催事名:阿佐ヶ谷の和菓子屋 vs 西荻窪の和菓子屋の 「もち菓子食べ比べ大会

 ●食べ比べる餅菓子:
  177.png阿佐ヶ谷の和菓子屋「マスヤ」の豆もちと豆大福(買い出し担当は、ボク)
  177.png西荻窪和菓子屋「喜田屋(きたや)」豆もちと豆大福(買い出し担当は、菊地さん)

 ●日時:9/16(土)16:00~

 ●場所:あらばき協働印刷(おばちゃんの事務所

 ●参加者:菊地さん(フォークグループあじさい)、三摩地さんおばちゃん、ボク(4名)


 【開催のいきさつ】
  もともと、ボクが書いたこのブログ(↓)に三摩地さんが反応し、
 178.png【阿佐ヶ谷の和菓子店「マスヤ」の豆もちについてわたしが知っている二三の事柄。】

 また、私のブログを読んだ菊地さんが自身のブログで呼応し(↓)、
 178.png【西荻窪 喜田屋(きたや)さんの豆大福】

この度の運びとなったのである。
 これ、すなわち、〝素晴らしきコール&レスポンス〟!!
 開催場所は、みんなが大好きなおばちゃんの事務所で決まりってワケなのさ。(笑)

e0358504_15502039.jpg

 縦の左半分のパッケージが、西荻窪「喜田屋(きたや)」の品々。そして、縦の右半分のパッケージが、阿佐ヶ谷の和菓子店「マスヤ」の品々である。

e0358504_15543200.jpg

 包装紙を開けるとこんな感じ。
 今回の食べ比べの品である豆もちと豆大福以外に、みたらし団子とごま団子(上段の真ん中の品)と粟もち(下段の真ん中ののしもち)、きびもち(下段の右端ののしもち)もフィーチャーされているのだ。

 そして、対決品は、この品なり。
 左の皿が、西荻窪「喜田屋(きたや)」の豆もちと豆大福であり、右の皿が、阿佐ヶ谷の和菓子店「マスヤ」の豆もちと豆大福である。粟もちときびもち(「マスヤ」製)は、おまけなのだ。


e0358504_16044000.jpg

 個人的には、
 179.png豆もちは、豆の量と硬さと塩味、そして、甘くないもち生地が素晴らしい阿佐ヶ谷の和菓子店「マスヤ」
 そして、
 171.png豆大福は、甲乙つけがたいが、器量のよさで西荻窪「喜田屋(きたや)」の品がよかったですね!!

 しかし、それよりも何よりも、こんな酔狂な集いを楽しめる仲間がいることの方がボクには大事なことなのである。

 皆さん、また今度、何かやらかしましょう!!(笑)
 
 174.pngPS.菊池さんのブログでのレポートは178.pngこちら。写真が大きくてきれいです。

e0358504_16312457.jpg


[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-09-17 16:00 | 食べローグ | Comments(0)

「アルデンテってなんですか?」 ってなんですか?

 以前、友人から、しゃらくさいイタリアンスパに対して、真っ向から 「アルデンテってなんですか?」と言い放つスパ屋があることは聞いていたんすわ。
 しかも、店員が着ているシャツにそのフレーズが書かれているというのである。
 ボケとツッコミを同時にカマすこの素晴らしきテーマを実践する同店のことを、ボクはずっとさがしていたのねんのねん。 
 そして、ついにその店が見つかったのである。

 そうさ、これなのさ!!
 スパゲッティナポリタンの店「パンチョ」。

 やっぱり、ナポリタンの麺に芯があっちゃイカんのよ。
 うどんに芯があってはならないのと同じようにね。
 あのさ、そもそも、ジャップの麺感には、芯ねーんだよ。(笑)

                (177.png画像は、上記のリンクブログから転載)

e0358504_14541540.jpg

 あっ!! ところで、もしかして!!

 そうなんです。
 職場のある御徒町にもあったわ、166.pngこの店!!

e0358504_14545374.jpg

 んがしかし、残念ながら、9月8日(金)で閉店していたのだった。
 営業不振かと余計な心配をしたものの、入店しているビルの耐震調査のためというもの。

e0358504_14553935.jpg
e0358504_14562196.jpg
e0358504_14563001.jpg
e0358504_14564076.jpg

 179.pngチェーン店みたいだから、機会があったら、どこかの店で食べてみたいものである。


[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-09-14 23:01 | キャラ立ち | Comments(0)

嗚呼(ああ)、マックシェイクの「チェルシー」は、どうしようもなくボクをひきつけるの巻。

【2017年9月14日(木)】

 元気してますか、ブラザー。

 あのですね、きのうから販売が開始されたマックシェイクの「チェルシー」は、いま、ボクをひどくひきつけるのでありますよ。

 この「チェルシー」は、1971年に明治製菓から発売されたキャンディでして。
 味はバタースカッチ、ヨーグルトスカッチのほか、アソートパッケージに入っているコーヒースカッチの3種類。

 今回、その中からマックシェイクとコラボレーションして、バタースカッチがフィーチャーされたというのであります。

e0358504_21575157.jpg

 一体どんな味なのか、すんご~く気になるのですよ。

 日頃、マックには何の関心もないわたくしが、今回ひどく反応したのは、ネタが「チェルシー」であるからにほかなりましぇん。
 そして、それよりも何よりも、シェイクの味はほっといて、ボクの関心の中心は、どこまでも、明治製菓の「チェルシー」のこのCMソングにとどめを刺すのでーす!!




[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-09-14 22:05 | キャラ立ち | Comments(0)

梶芽衣子を探しに外出した挙句、荻窪でインディラ・ガンジー翁に遇う。そして、山田孝之のこと。

【2017年9月13日(水)】

 文藝春秋社発行の「オール讀物」で、4月号から連載が開始された「自伝 梶芽衣子」のことは、168.png以前にも書いた

e0358504_13193875.jpg

 毎月発売される号は、コンスタントに購入していたつもりだったのだが、実は、7月号を買いそびれていたことに気がついたのは、8月号の連載を読んでいた時だったのである。
 その8月号で、女史が、映画「曽根崎心中」に渾身の演技で取り組んだといった内容のことを7月号で語ったと述べている記述に出くわし、そのことがわかったという次第。
 本棚を見たら、確かに7月号がないのだった。
 その号の発売月は6月だ。その月は購入を忘れるほど忙しかったのだろうか。

 というわけで、後日、その7月号を求めて、地元の書店で尋ねたが在庫はなく、ネットで調べても品切れだったのだ。

 ところが本日、

 そうだ!!図書館にならあるかもしんなーい!!

 そう気づいて、家から一番近い成田図書館にチャリをトバす。
 あ、ちなみに、本日は夏季休暇の取得日なり。
 んがしかし、最新号も含めて「オール讀物」のバックナンバーはあるものの、7月号はない。
 そこで、再びチャリをトバして中央図書館に移動す。

e0358504_13161284.jpg

 しかし、ここも事情は同じで、最新号も含めて「オール讀物」のバックナンバーはあるものの、7月号の在庫はないのだった。
 結局、ほしいものは、すぐには手に入らないのである。

 仕方なく館外に出たのだが、この建物の裏手に何だか深くて濃そうな緑があるのを感じて、そちらの方に歩いて行ってみることに。

e0358504_13221392.jpg
e0358504_13222110.jpg

 すると、そこには何と、インディラ・ガンジー翁の銅像が建っていたのである!!
 ゴッサームッ!!!


e0358504_13225247.jpg
 
 杉並には1992年から住み続け、今年25年になるのだが、ここにガンジー翁がおわすとは知らなんだ。
 秘境は近くにある。そして、まさに “地球空洞説=杉並編” というわけなのだ。

 「梶芽衣子を探しに外出した挙句、荻窪でインディラ・ガンジー翁に遇う。 」
というこのブログタイトルには、そういう事情があったのであ~る。

 それにしても、夜中、ここでこの3匹に会うことがあったら、かなりコワいな。

e0358504_13255358.jpg

 さらに、この裏手から続く道に気づいてそれをたどってみると、隣にある公園につながっているのだった。
 その名を「読書の森公園」という。

e0358504_13272918.jpg
e0358504_13273869.jpg
e0358504_13274885.jpg
e0358504_13275629.jpg
e0358504_13280568.jpg
e0358504_13281547.jpg

 そして、そのあと、「オール讀物」7月号の在庫を尋ねたあの書店に赴き、「ユリイカ 2017年8月臨時増刊号 総特集 山田孝之」を買う。
 こうして、新刊は買った瞬間に古本と化してしまうのである。
 南~無~。

e0358504_13563973.jpg


 んー、田おんもしろ~い!!





[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-09-14 21:34 | 梶 芽衣子 | Comments(0)

横尾忠則とわたくし。

【2017年9月11日(月)】

 この日発売された「週刊ポスト」。

e0358504_11490142.jpg

 巻頭のカラー特集ページは、「横尾忠則 未完の芸術」だ。

e0358504_11491946.jpg

 「最近は週刊誌が愛読書です。どの記事も因果応報、自業自得で仏教書として面白い。」

というコメントに惹かれて、速攻購入。
 そういうボクも、ここ最近は、なぜかコンビニで週刊誌を立ち読みする機会が増えてるんだよな。
 で、時々買ってしまうんだ。以前には考えられなかった生活習慣で、自分でもちょっと驚いているのであるが。

 それにしても、今年81歳とはおどろきだ。
 この人ほど時代に選ばれた人はいないだろうな。

e0358504_12003309.jpg
e0358504_12005069.jpg
e0358504_12010172.jpg
e0358504_12012369.jpg
e0358504_12084796.jpg
e0358504_12085598.jpg

 ところで、この週刊誌の表紙のど真ん中に置かれたキャッチは、

 「 『老後』 も 『再雇用』 も役人はこんなに優遇されている」

である。
 横尾忠則氏の、この輝くばかりの生き方に比べたら、クソみたいな事柄だが、時代に選ばれなかった人間からすれば、これが現実なのである。
 どちらが素敵な人生かといえば、答えは明らかなのだが、このジャポンは、明治以来、官僚社会主義で貫かれている。

 すなわち、役人天国のダーティー・カントリーなのである。

 選ばれなかった人間からすれば、これでいいのだ、ではないのだ。
 はんたいのはんたいのはんたいなのだ。やっぱりね。


[PR]
# by misaochan3x7 | 2017-09-14 21:30 | キャラ立ち | Comments(0)