閉店した南阿佐谷の書店「書原(しょげん)」の入っていたビル消失の1年後。そして、佐々木マキのこと。

【2109年1月14日(月)・

 3連休もけふで最終日なのだ。
 目覚めたら11時過ぎ。
 125.pngきのうの本厚木のH邸でのもちつきでもらったおみやげのおもちを食べると、もうお昼ごはん時なのだった。
 時間をずらして、午後3時、遅いお昼ごはんを食べに阿佐ヶ谷の「富士そば」にチャリで赴き、このところハマっているコロッケそばを食す。
 余談だが、ボクが食べたことのある都内にある下記の立ち食い蕎麦屋チェーンの3店の蕎麦を比較すると、あくまで私見だが、表記上、左から右に向かって、麺と出汁の醸し出すハーモニーがお上品になっていくようである。

 富士そば ⇒ ゆで太郎 ⇒ 小諸そば

 かといって、必ずしも右に向かうにつれてボクの味の好感度が上がるというわけではなく、むしろ、左に向かう方向で蕎麦の麺と出汁の醸し出すハーモニーは好きな味になっていくなるのである。
 したがって、蕎麦の出汁の中に入れて 「コロッケ蕎麦」として完成させるべき蕎麦は、ボクにとっては富士そば最高なのであ~る。

 えっ!? 「どーでもいいわ、そんなこと」 ってか? Fair enough.(そりゃ、そうだね)

 帰り道、中杉通りと青梅街道がぶつかるところに巨大な重機がそびえ建っているのが目に入る。

e0358504_20302807.jpg
 ここは、107.pngちょうど1年前にレポートした南阿佐谷の書店 「書原(しょげん)」 の入っていたビルの建て替え工事現場である
e0358504_20095963.jpg
 2020年完成を前に、フェンスの上にまだ骨組みも見えず、いまだ基礎工事中のようである。
e0358504_20101401.jpg

 さらにその帰り道、久しぶりに地元の図書館に寄る。
 奥さんの情報によると、図書館のサービスも民間に委嘱され、書店の 「丸善(MARUZEN)」 が請け負っているとのことである。
 何冊かの本を手に取りながらパラパラとめくっていた中で、佐々木マキの作品集があったので手に取って見たら、1977年発行の 「月刊宝島」 の108.pngロバート・クラムもどきの表紙は、佐々木マキの絵だったことがわかったのだった。

e0358504_20111352.jpg
e0358504_20112163.jpg
e0358504_20112881.jpg
 42年振りの発見というわけなのである。
 ぎゃふん!!


# by misaochan3x7 | 2019-01-17 20:06 | ご近所アーカイブ | Comments(0)

本厚木のH邸で開催されたもちつきに今年も行ってきましたよの巻2019。

【2109年1月13日(日)】

 9連休となった年末年始の冬期休暇が明けて早1週間。
 それに続く3連休の2日目なり。
 この日、雪模様の天気予報も出されていたので、主催者のHさんから中止の連絡があったものの、一転、予報が晴れに変わったので、無事、開催の運びに。

 というわけで、小田急線の快速に乗って本厚木にあるH邸に赴く。
 当日は、例年どおりお日柄もよく、大人とお子ちゃまを合わせた善男善女40人弱での開催となったんだYO!! YO!! YO!!
 到着した1時過ぎには、すでに何回かのもちつきが終わり、テーブルの上にはきなこもち、からみもちをはじめ、数々のごちそうが並べられていたのであります。

e0358504_20173644.jpg
e0358504_22584548.jpg
【過去ログ】
177.png【2014年1月12日(日)】誘われて〝もちつき大会〟@本厚木。
177.png【2015年1月18日(日)】今年も本厚木で〝もちつき大会〟開催。
177.png【2016年1月10日(日)】3年目の〝もちつき大会〟@本厚木2016参加の巻。
177.png【2018年1月14日(日)】本厚木のH邸で開催された「もちつき」に参加するの巻。

 当日の様子をお写真で。

e0358504_20204200.jpg
e0358504_22595354.jpg
e0358504_23000558.jpg
e0358504_23001642.jpg
e0358504_23002892.jpg
e0358504_23004128.jpg
e0358504_23005211.jpg
e0358504_23010461.jpg
e0358504_23011886.jpg
e0358504_23013070.jpg
 また、餅つき大会終了後、H邸の居間において音楽の宴に移行したのであ~る。
e0358504_22535819.jpg
e0358504_22541082.jpg
e0358504_22542087.jpg
e0358504_22543388.jpg
e0358504_22544582.jpg
e0358504_22545512.jpg


# by misaochan3x7 | 2019-01-17 20:01 | 自分遺産 | Comments(0)

スキルのいらないまち東中野で、ステキな音楽イベント 「東中野ミュージックストリート」 が開催されますよ!!

 177.png讀賣新聞(夕刊)2019年1月12日(土)

e0358504_20175130.jpg
e0358504_20034591.jpg

 讀賣新聞(夕刊)の出ていた東中野に関する小室等氏のコメント。

 「新宿で過ごすにはスキルが必要で、スキルがあれば手に入る面白さがあるんだけど、ここ(東中野)はね、それがいらないんですよ」

 いや、実にウマいこといいますな~。
 スキルの必要な新宿。田舎者が田舎者に求める新宿村のスキル。
 洗練のカケラもないな。ボクも田舎者なんだけど、ウザいでございます。
 ボクが新宿を好きくない一番の理由は、まさにそこにあるんだよな!!

 その東中野だが、かつてここには、神田川沿いのアパートに独身時代のボクの奥さんが住んでいて(え!? そんあことはどうでもいい?)、いまは、ボクが足繁く通う169.png音楽酒場「じみへん」 があるまちなのです。 

 そのスキルのいらないまち東中野で、 「じみへん」 主催によるステキな音楽イベント 「東中野ミュージックストリート」 が開催されますよ!!
 このイベントは、 「じみへん」 オープン5周年記念の2017年に開催された「東中野Music Festival(2017年1月21日(土)~22日(日))」を第1回目として、東中野にある音楽酒場や飲食店などをつなぎ、プロ・アマの音楽家が出演できるような場づくりを目指す地域イベントなのである。
 今年は、1月26日(土)~27日(日)の2日間の開催である。
  「じみへん」 のホームページでの告知はこちら。

e0358504_20115849.jpg
 また、プログラムはこちら。
(画像をクリックしてジャンプした次のページで、画像の右下隅に出る(+)プラスをクリックすると大きくなるよん169.png
e0358504_20181107.jpg
e0358504_20265080.jpg
 わが、 「DMM.タガメ with 近周」 も、1月26日(土)に「じみへん」 に出演しますので、来てね!!
e0358504_20131760.jpg
 出演時間は、後日、 「じみへん」 のホームページで告知されますので、こまめにチェックをお願いします。


# by misaochan3x7 | 2019-01-15 20:13 | 音楽とわたくし | Comments(0)

NHK BSプレミアム 2019年1月2日(水)放送 名盤ドキュメント「YMOソリッドステイトサヴァイヴァー」 YouTube キタ!!

 きたっスよ、ブラザー。
 先日書いた107.pngこのログの元ネタでがごわす。




# by misaochan3x7 | 2019-01-14 12:51 | 音楽とわたくし | Comments(0)

あれっ、「どろろ」 って未完だったっけ!?

【2019年1月4日(金)】

 新宿駅西口の地下通路にある大型広告スペースに掲示された手塚治虫作品 108.png「どろろ」 のアニメ&舞台化の告知ボード。
 「手塚治虫未完の傑作」 とあるね。
 あれっ、そうだっけ!?

e0358504_21534954.jpg
e0358504_21540197.jpg
 174.pngオフィシャルサイトによれば、一応完結しているようなのだが。
 連載誌が2誌にまたがっていたことは気がつかなかったな。
e0358504_21541104.jpg

 177.png1967/08/27-1968/07/21 「週刊少年サンデー」(小学館)連載 
 177.png1969/05-1969/10 「冒険王」(秋田書店)連載







e0358504_19301463.jpg
e0358504_19302055.jpg
 ボクは、「どろろ」 の連載第1回が載った 「週刊少年サンデー」 をたまたま買ってもらったことがある。
 しかし、当時、ボクの母親はいわゆる教育ママで、マンガ雑誌など簡単には買ってくれなかった人だったのだ。
 その母が、なぜマンガ雑誌を買ってくれたのか。
 そして、それが、なぜ、1967年8月27日号の 「週刊少年サンデー」 だったのか。
 その時、ボクは9歳で小4だったが、すべてはマボロシである。
e0358504_19292593.jpg
e0358504_19554998.jpg

 それにしても、「どろろ」 の連載第1回目のシーンだけは、いまも鮮やかにまぶたの裏に焼き付いているのはなぜだろう。

e0358504_19294497.jpg
e0358504_19411894.jpg
 あとで単行本も買ったような記憶があり(あいまい)、単行本を1冊にまとめた分厚いコンビニコミックスも買ったことがある(これは確実)が、最後まで読んだかどうかまでは覚えてないなー。
e0358504_19441884.jpg
 なぜなら、ボクはこの作品をほとんど愛していないからね。
 時代劇にはあまり関心がないからかもしれないのだが、いまとなっては、もうすべてがあいまいなのだ。
e0358504_19561180.jpg
e0358504_22320182.jpg
e0358504_19304557.jpg
e0358504_19305148.jpg


# by misaochan3x7 | 2019-01-08 21:50 | まんが道(みち) | Comments(0)