高円寺北口商店街にある「王将」までずっと。

【2018年2月3日(日)】

 この日、奥さんはバスのひとり旅にでかける。
 なので、ボクはみーちゃんとお留守番なのだ。

 お昼ごはんは、高円寺の「王将」と決めていたので、チャリで向かう。
 青梅街道に着いた時、道端に手袋の片方が2種類落ちていたのを発見。
e0358504_11072657.jpg
 まったくもって、手袋ってやつは、片方だけだと何の役にも立たないものだ。高い手袋を買って片方なくすと、悔しくて夜も眠れないくらいなのだ。
 違う種類の手袋がペアでそろってもね~。

 あら、この手袋の落ちている後ろを振り返ると、新しい店が。
e0358504_11075811.jpg
 店の大型の看板には、「創業昭和二十七年 大阪 平野 串かつ どて焼き 餃子 名代(なしろ)二度漬け禁止発祥」とあるね。
 やかましいわ!! 二度漬けしたるて、絶対。てか、そもそも、この店のそのアティトュードそのものが好かんので、行かんわ。
 確かここは、その前はラーメン屋だったんだよな。このあたりの地周り、商売的にけっこうデンジャラースな土地柄なので、もつのかな。
 ま、知ったこっちゃないのだが。
 そんでもって、その隣のラーメン屋は、気がつけばいつの間にか「麺屋 一徳」となっているではないか。
e0358504_11110522.jpg
e0358504_11111338.jpg
 ここは以前は、長く177.png「ちりめん亭」だったんだけどね。
 息子が家にいた頃は、時々ここでふたりでラーメンを食べたものなのさ。ここの硬めのちじれ麺、好きだったな~。
 「一徳」、何の変哲もない店のようだね。ここももつのかな。

 というわけで、「王将」に到着。
e0358504_11254710.jpg
 ずいぶん前に、高円寺にも「王将」はあって、いつか食べてみたいと思いながらなかなか行けず、ある時ふと思い立って息子とふたりで行こうとした時には、店はもうなくなっていたってことがあったっけ。
 とんこつラーメン(ジャストサイズ=半ラーメンのことらしい)と餃子を注文。
 期待どおりのうまさだったので満足す。
e0358504_11313572.jpg
 隣の席に座ったふたりの若いアジア人の男の口からは、いままでに聞いたこともないことばが発せられていたことに驚く。

[PR]
by misaochan3x7 | 2018-02-13 21:42 | 食べローグ | Comments(0)


<< Wendy's x F... 息子に貸した●万円とわたくし。 >>