1968年、少年漫画界のクロスロードに立っていた男、永井豪。そして、石川賢のこと。

 いまから60年前 (1958年) の少年漫画は、いま読むと、スピード感というかテンポが遅過ぎて、とてもじゃないけど読むに堪えない。

 177.png1959年に創刊された 「週刊少年サンデー」 と 「週刊少年マガジン」

e0358504_21084953.jpg
 たとえそれが、手塚治虫の作品だったとしてもだ。
 というより、当時の少年漫画の最先端の技法であった〝手塚漫画〟の限界がそこに露呈されているのである。

 177.png少年クラブ連載 「旋風Z」 1957年1月号
e0358504_21093375.jpg
e0358504_21094374.jpg

 そして、そこから10年を経た、いまから50年前 (1968年) の少年漫画はどうだったかというと、そのスピード感、テンポ、いや、何よりセンスという点で、断然、いまに通用するものがある。
 そうなのだ、漫画は、センスなのである。

 1968年、月刊少年漫画誌の衰退期にあって、断末魔の 「月刊少年 」(光文社)  が、劇画の導入でテコ入れを図ったころの様子は、108.pngすでに述べたとおりである
 週刊少年漫画誌でいえば、1966年、 「週刊少年マガジン」 が177.png劇画家さいとう・たかを起用し177.png 「サイレント・ワールド」 連載の連載を開始し、他誌に先がけて劇画路線化を進め、やがてそれが 「無用ノ介」 (1967年~1970年 ) の連載へとつながっていくのである。

e0358504_21282308.jpg
e0358504_21143461.jpg
e0358504_22365071.jpg
e0358504_21275228.jpg
e0358504_21293322.jpg
 当時の少年漫画界は、手塚治虫、石ノ森章太郎、横山光輝、藤子不二雄といった正統派の少年漫画家 (その頃は、児童漫画家と呼ばれていた) と劇画家が、少年漫画誌上で交錯しており、そのクロスロードに立っていた男こそ、石ノ森章太郎のアシスタントを努めた177.png永井豪であり、彼の出世作である 125.png「ハレンチ学園」 だったということに、先日、ふと、気づかされたのだった。

 驚くべきことに、 「ハレンチ学園」 が示すセンスは、いま見ても十分に新しい。
e0358504_22124263.jpg
e0358504_21090522.jpg
 ということは、この50年間、永井豪のつくった漫画(少年漫画、青年漫画)の文法・文体 は、いまだに更新されないまま今日 (こんにち) に至っているということを意味しているのである。
 残念ながら、われわれは、現在のところ、次の50年の漫画の文法・文体を担う男の出現には立ち会えていない。
 だからこそ、永井豪が、漫画界の革新者 (イノベーター) であったことに気づかされるのである。
e0358504_21520353.png

 ちなみに、1968年にあって、その当時、やはり中堅少年漫画家であった桑田次郎は、この絵を見る限りでは、まだその画力を維持していると思える。

 177.png「豹マン」 連載第1回 1968年 (昭和43年) 「ぼくら」 新年号付録・新書判 全68頁

e0358504_21313784.jpg
 しかし、3年後の1971年、週刊少年マガジンで連載されていた 177.png「カワリ大いに笑う!」 (1971年39号から1972年9号まで連載。原作:牛 次郎) では、全盛期のシャープな描線から発せられる、一種神がかった絵のセンスは失われ、もうすっかり “型落ち” した彼の絵を目にしたボクは、子ども心に桑田次郎は 「終わった」 と感じたのである。
 作品全体がひどく古臭いものに変わってしまったのだった。

 177.png週刊少年マガジン1971年 (昭和46年) 39号 「カワリ大いに笑う!」 (新連載)
e0358504_21341174.jpg
e0358504_21342613.jpg
e0358504_21343412.jpg

 さて、177.png石川賢である。
 悲しいことに、ボクは、永井豪の右腕だったこの男の 108.png「学園番外地 (少年画報連載 1969年9月8日号~1970年9月22日号) 」 という作品にいままで出会える機会にめぐまれなかった。

 177.png少年画報 1969年 11月10日号

e0358504_21352139.jpg
e0358504_22125245.jpg
e0358504_22110828.jpg
e0358504_22120865.jpg
 後年の気色の悪い石川の画風には嫌悪感しかないのだが、この頃の絵柄には、いまだに強く惹かれる新鮮さを感じるのだ。
 作家としての初々しさと可能性に、何だかわくわくして、血が騒ぐのである。
 何かの縁でこの作品に触れる機会があったら、ボクはこの作品を 「新作」 としてう読むことだろう。
 50年前、177.pngこの男も、確実にクロスロードに立っていたのである。

 177.png少年画報 1970年7月28日号 15号
e0358504_23011588.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-10-14 21:06 | まんが道(みち) | Comments(0)


<< さくら、りお、琉誠のお孫ちゃん... ほう、波田陽区のギターは、モー... >>