カテゴリ:音楽とわたくし( 75 )

「フォークグループあじさい」ライブに行って来ましたよ。♪

【2018年6月10日(日)】

 テキスト&写真後送。

[PR]
by misaochan3x7 | 2018-06-17 02:06 | 音楽とわたくし | Comments(0)

「SALAD FOREVER」 FOREVER!!

 親しみやすいメロディーと歌詞。 
 それに美しい歌ごえ。
 この曲は、すんごく
e0358504_21481084.jpg




 177.pngキューピーオフィシャルサイト

 177.pngキューピードレッシングCM女性歌手は誰?曲も調査【サラダフォーエバー

 誰か、この歌を耳コピして、ボクにコード譜を送ってくれないかな~。
169.png
野菜の物語 
明日の私の夢

無限に広がっていく 
サラダフォーエバー

この新しい出会い
サラダの幸せよ


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-06-11 21:49 | 音楽とわたくし | Comments(0)

マーク・ジュリアナとわたくし。

 108.png彼のことは、つい最近、この記事で知ったばかりなのだ。

 174.png日本経済新聞(夕刊)2018.6.1(金)

e0358504_20062108.jpg
 ちなみに、日経夕刊文化欄の音楽記事は、なかなか侮れないってことが最近わかってきたのである。
 それにしても、デビッド・ボウイと一緒に仕事をしたなんて、スゴいよな。
 しかも、ジャズ畑のミュージシャンとは異色なのだ。

 ジャズ。
 もうとっくに終わってしまったジャンルなのかと思っていたら、(ロックもそうなりつつある)、この音を聴くと、そんなことはトンでもない間違いだってことに気づかされるのである。
 いくらボクがジャズの門外漢だとしても、この音の清明さと新しさくらいはわかるわさ。



 それにしても、マーク・ジュリアナという名前は、わが国のバブルの頃を知っている身としては何やら扇情的だし、そもそも、そのルックスは、IT系の技術者みたいで、すごくカッコいいぞ!!
 おまけに、この映像で見るスタジオワークの風景などは、ネットファンドだとかビットコインだとかブロックチェーンだとかフィンテックだとか、ネット上での最先端の金融シーンを動かすエンジニアが集まるラボでの仕事っぷりを想起させるようなグルーヴなのだ。
 彼の口から発せられる「JAZZ」ということばも、解脱したような何か新しい別のもの=something newの様相を帯びている。
 あくまでも勝手なボクの感じ方なんだけどね。
 ま、それほどの新しさを感じたってわけなのであ~る。



[PR]
by misaochan3x7 | 2018-06-07 20:10 | 音楽とわたくし | Comments(0)

フォークグループあじさい“うたいつづける”ライブ2018だよ♪

 わが音楽仲間「フォークグループあじさい」の125.png“うたいつづける”ライブ2018は、いよいよ来週の日曜日、6月10日に169.png大久保の“R’sアートコート”で開催です。
e0358504_20571905.jpg
e0358504_20572598.jpg
e0358504_21033350.gif
    来てね!!
 ボクもいくから!!





[PR]
by misaochan3x7 | 2018-06-06 21:04 | 音楽とわたくし | Comments(0)

「私の愛した街」という歌について私が知っている二、三の事柄。

 埼玉で活動中のコーラスグループ「オリーブ」のハーモニーは、とても美しい。
 彼女らのレパートリーの中のこの曲は、ステージで何度も聴く機会があり、聴く度にそのハーモニーの美しさに魅了されているボクなのだ。
 you tubeのこの画面では、3人の姿しか見られないが、このグループには、ほかに男性のアコギ&エレキ・ベース奏者とキーボードの女性のメンバーがいる。



 実は、ボクは、この曲のよさにも惹かれていて、誰の曲なのかずっと気になっていたので、今回、調べてみることにしたのである。
 すると、174.pngこのスレッドに行き着いたのだ。

 1972年1月30日、北アイルランドのロンドンデリーで、公民権要求の平穏なデモ行進中の市民27名が、イギリス陸軍落下傘連隊に銃撃された事件。14名死亡、13名負傷。
 「血の日曜日事件」といわれる事件が起きた。
 この曲は、この事件をテーマした曲で、1975年第5回ポリティカル・ソング・フェスティバル(ベルリン)に参加した169.png横井久美子さんという女性が持ち帰った曲とのこと。
   169.png【横井さんのCD情報】




 オリジナルは、英語の歌だとわかったのだが、すっかり日本語になじんで練れた感じに仕上がっているのは、さまざまな人たちが40余年をかけて歌い込んだ結果なのだろう。
 原文の歌詞の(3)番目の一番最後では、「私が愛した街で妻を見つけた」となっているところを、横井さんの訳詞では、「夫を知った街」になっているところがミソなのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   The Town I Loved So Well

(1)In my memory I will always see
   the town that I have loved so well
   Where our school played ball by the gasyard wall
   and we laughed through the smoke and the smell
   Going home in the rain, running up the dark lane
   past the jail and down behind the fountain
   Those were happy days in so many, many ways
   in the town I loved so well

(2)In the early morning the shirt factory horn
   called women from Creggan, the Moor and the Bog
   While the men on the dole played a mother's role,
   fed the children and then trained the dogs
   And when times got tough there was just about enough
   But they saw it through without complaining
   For deep inside was a burning pride
   in the town I loved so well

(3)There was music there in the Derry air
   like a language that we all could understand
   I remember the day when I earned my first pay
   And I played in a small pick-up band
   There I spent my youth and to tell you the truth
   I was sad to leave it all behind me
   For I learned about life and I'd found a wife
   in the town I loved so well

(4)But when I returned how my eyes have burned
   to see how a town could be brought to its knees
   By the armoured cars and the bombed out bars
   and the gas that hangs on to every tree
   Now the army's installed by that old gasyard wall
   and the damned barbed wire gets higher and higher
   With their tanks and their guns, oh my God, what have they done
   to the town I loved so well

(5)Now the music's gone but they carry on
   For their spirit's been bruised, never broken
   They will not forget but their hearts are set
   on tomorrow and peace once again
   For what's done is done and what's won is won
   and what's lost is lost and gone forever
   I can only pray for a bright, brand new day
   in the town I loved so well

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ちなみに、この「血の日曜日事件」は、こんな人たちも歌にしているようだ。
 174.pngジョン・レノン/「血まみれの日曜日」、「ザ・ラック・オブ・ジ・アイリッシュ」 アルバム〝サムタイム・イン・ニューヨーク・シテ〟ィに収録。






 174.pngポール・マッカートニー/「アイルランドに平和を」



 174.pngU2/「Sunday Bloody Sunday」 -アルバム〝WAR〟(1983年)に収録。

PS.
 「血の日曜日事件」と呼ばれる事件は、今回述べた事件だけではなく、世界中でこんなにたくさん起きていることも、はじめて知ったことなのだった。
 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%80%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9B%9C%E6%97%A5%E4%BA%8B%E4%BB%B6


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-06-06 20:02 | 音楽とわたくし | Comments(0)

“20 Jazz Funk Greats”ふたたび。

 177.png讀賣新聞(夕刊)2018年5月24日(木)

e0358504_19534293.jpg
 
 讀賣新聞(夕刊)2018年5月24日(木)版に載ったThrobbing Gristle のアルバム “20 Jazz Funk Greats”に関する記事。
 この記事を読みながら、117.png今一度静かにこのアルバムに耳を傾けてみようと思うのであ~る。
 南~無~。



[PR]
by misaochan3x7 | 2018-05-30 19:53 | 音楽とわたくし | Comments(0)

ダイワハウスCM 「物流にAIを」 篇 (60秒バージョン/英語歌詞付き)だよ。

 125.pngこの曲は調子がよくて、すごく
e0358504_00563030.jpg
 役所公司のロン毛と髭ヅラが、西部劇風の衣装にすごくよくマッチしているしね。



[PR]
by misaochan3x7 | 2018-05-28 01:05 | 音楽とわたくし | Comments(0)

DMM.タガメで「第20回 五月の夜の夢」参加しましたよ♪の巻。

【2018年5月26日(土)】

 125.png昨年に続き、東上野区民館(東京都台東区)で開催された「第20回 五月の夜の夢」に、「DMM.タガメ」で参加しましたよん。169.png

e0358504_19360566.jpg
 多彩な出し物。そして、演者、お客を含めて、会場内の平均年齢は軽~く70歳は超えていると思われる日本の縮図。(正直、会場は、老人臭でくさかったっす (>_<)。いや、108.pngオレの加齢臭も含めてか!? くん、くん。(゜Д゜;))
 それが、「五月の夜の夢」なのである。
e0358504_19363321.jpg
e0358504_19364543.jpg
e0358504_19365205.jpg
e0358504_19375543.jpg
e0358504_19453580.jpg
e0358504_19381218.jpg
 いまは昼間の開催になってしまったが、主宰者に聴いたところ、当初は、小学校の体育館で夜にやっていたらしいとのことでした。
 ちなみに、わが「DMM.タガメ」(自ステージの自撮りは不可能)と、そのひとつ前の相撲甚句(ボクらは、バックステージで出番待ちだったため)の写真はありません。
 なので、「DMM.タガメ」のMCを採録しておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 皆さん、こんにちは。
 昨年に続き、2回目の出場となります「DMM.タガメ」です。

 バンド名は、メンバーである
  ・どんぐりのD
  ・正子(まさこ)のM
  ・ミミオのM         
 の頭文字と、
  ・三線(さんしん)のタガメ

 から由来し、「ディー・エム・エム・ドット・タガメ」と申します。

 わたしたちは、毎年、新大久保にあります〝アールズアートコート〟というホールで行われる「憲法フォークジャンボリーin東京」という催しを活動の拠点にしながら、さまざまな場所で、「戦争と平和についての歌」を歌い続けています。

 本日は、4曲聴いていただきます。
 最初の曲は、「スノードロップ」という歌です。
 2011年、東日本大震災が起きて間もなく、ボランティア活動で現地に行った正子さんの詞に、わたしたちの音楽仲間が曲をつけたオリジナルで、被災地の復興に思いをはせた歌です。

 ■スノードロップ

 続いての歌は、「海に向かって」という歌で、こちらはカバー曲です。海を目の前にしてひたすら無力であることを歌った歌ですが、歌の最後に、ひとつの思いを届ける歌になっています。

 ■海に向かって

 わたしたちは、震災があった2011年、東京からレンタカーを借りて被災地に向かい、この未曽有のできごとを忘れないよう、鎮魂の意味を込めて、いまの2曲やその他の歌を、さまざまな場所で歌うことを毎年続けています。

 続いては、わたしのソロで、〝性悪説〟をテーマにした「憎しみの川、かなしみの橋、にんげんのはしくれ」というオリジナル曲をお聴きください。

 ■憎しみの川、かなしみの橋、にんげんのはしくれ

 それでは、最後に、平和を願う歌「鳩を飛ばそう」という曲で締めくくりたいと思います。これも、オリジナルソングです。明るく元気が出る曲なので、皆さん、手拍子をお願いします。

 ■鳩を飛ばそう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 それでは、お子ちゃまのバレーでスタートしたステージを写真でアーカイブ。

e0358504_19403987.jpg
e0358504_19405144.jpg
e0358504_19410415.jpg
e0358504_19411980.jpg
e0358504_19413479.jpg
e0358504_19414708.jpg
e0358504_19420015.jpg
e0358504_02474489.png
e0358504_02474489.png
e0358504_19421424.jpg
e0358504_19485806.jpg
e0358504_19500339.jpg
e0358504_19433748.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-05-28 00:41 | 音楽とわたくし | Comments(0)

DMM.タガメで「第20回 五月の夜の夢」に今年も参加しますよ。

 皆さん、わがDMM.タガメは、169.png昨年に続き、「第20回 五月の夜の夢」に今年も参加しますよ。

e0358504_03034704.jpg
 われわれの出番は、16:47からです。
e0358504_03011487.jpg
e0358504_03012314.jpg
 場所は、東上野区民館。
e0358504_03111309.jpg
 来てね!!
 

[PR]
by misaochan3x7 | 2018-05-18 03:04 | 音楽とわたくし | Comments(0)

GWア・ゴーゴー2018.<「KFJ in 彩の国2018」に参加しましたの巻>

【2018年5月4日(金)・】 

 125.png昨年に続いて、「KFJ in 彩の国2018」に参加。去年はソロでの参加だったけど、今年は、DMM.タガメでね。

e0358504_12511594.jpg
e0358504_12512651.jpg
e0358504_12513170.jpg
e0358504_12513738.jpg
e0358504_20584600.jpg
e0358504_20585322.jpg
 特筆すべきことは、特にありませんが、写真をアップして足跡だけは残しておくことにしようかな。
 あいにく、出演者の写真は、諸般の事情により、【第3部】のステージ限定なり。
e0358504_12521517.jpg
e0358504_12522383.jpg
e0358504_12523535.jpg
e0358504_12524757.jpg
e0358504_12525843.jpg
e0358504_12531206.jpg
e0358504_12532384.jpg
e0358504_12533616.jpg
e0358504_12534602.jpg
e0358504_12540175.jpg
e0358504_12571542.jpg
e0358504_12572552.jpg
e0358504_12573531.jpg
 終了後、懇親会に参加。
e0358504_12575742.jpg
e0358504_12581973.jpg
e0358504_12583626.jpg
e0358504_12590316.jpg
e0358504_12593564.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-05-18 02:46 | 音楽とわたくし | Comments(0)