カテゴリ:音楽とわたくし( 80 )

1968年の夏も暑かったけど 50年たった2018年の夏もハンパないのさ

169.png(1)雨季があけたジャポンでは
   西日本で豪雨が続き
   多くの死者と行方不明者が出る

   平成が終わる前に
   TOKIOでは地鉄サリン事件などに関与した
   オウム真理教元幹部のうち7人の
   死刑執行が行われ

   ゆうべ地がで起きた地震のせいで
   NHKは
   「バカボンのパパよりバカなパパなのだ」の
   第2回の放送を中止しやがったのさ

Chorus:
   そして床の低いボクの家の洗面所には
   ちいさなナメクジが這い
   キッチンのテーブルには
   甘い食材に蟻がたかり列をなす

   1968年の夏も暑かったけど
   50年たった
   2018年の夏も暑いのさ
   夏はだいたいハンパない

169.png(2)ウィダ―インゼリーのパッケージから
   いつの間にか
   ウィダ―の文字が消え
   インゼリーになってしまったよ
   そもそも
   ウィダ―ってなんだったんだ

   紀州のドンファンを殺したのは誰だ
   ドカベンを46年間終わらせなかったのは誰だ
   画力の落ちたさいとうたかをの
   ゴルゴ13を終わらせないのは誰なんだ

   「○○○になります」という
   最近のいい回しのこの語尾は
   ふつうに「○○○です」といいかえられるのに
   この違和感はなんなんだ

Chorus:
   そして床の低いボクの家の洗面所には
   ちいさなナメクジが這い
   キッチンのテーブルには
   甘い食材に蟻がたかり列をなす

   1968年の夏も暑かったけど
   50年たった
   2018年の夏も暑いのさ
   夏はだいたいハンパない

e0358504_20185673.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-07-08 20:19 | 音楽とわたくし | Comments(0)

KFJ in 東京2018「ふれあいまつり」開催のお知らせ

 「KFJ in 東京2018」に出場する表現者とタイムテーブルも決まりました。

e0358504_14214005.jpg

e0358504_01205027.jpg
 そこで、7/14(土)、125.png「ライフコミュニティ西馬込」の2Fの特別研修室(ステージ、緞帳あり)で、「ふれあいまつり」を開催します。
e0358504_14280664.jpg
 楽器持ち込みOK。一品持ち寄りで、ふるってご参加ください。
 来てね!!


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-07-08 14:29 | 音楽とわたくし | Comments(0)

「KFJ in 東京2018」の出場者が決まりました!!


e0358504_14214005.jpg
 お待たせしました。
 「KFJ in 東京2018」の出場者が決まりました。

 また、タイムテーブルも出来ましたので、あわせてお知らせします。
e0358504_14220635.jpg
 わが「DMM.タガメ(ディー・エム・エム・ドット・タガメ)」は、8月19日(日)の15時台の5番目の出場ですよ。
e0358504_14224168.jpg
e0358504_15022862.jpg
 来てね!!


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-07-08 14:23 | 音楽とわたくし | Comments(0)

オープンマイク放浪記@埼玉県加須市新古河「シャムロック」2108の巻。

【2018年7月1日(日)】
 125.png昨年4月に続き、埼玉県加須市柏戸にある169.png音楽カフェ「シャムロック」のオープンマイクに、音楽仲間の「フォークグループあじさい」のメンバーである近周さん(写真下)と参加す。

e0358504_13454232.jpg
e0358504_13415962.jpg
 その前に行ったのは、125.png2016年12月3日(土)のことだっけ。

 新宿から湘南新宿ライン宇都宮行きに乗り、「栗橋駅」まで行き、そこから東武日光線に乗り換えて「新古河駅」で降りると、そこが目的地である。

e0358504_13220603.jpg

 177.png東武日光線「栗橋駅」から進行方向を臨む。▼

e0358504_13214033.jpg

 177.png東武日光線「栗橋駅」ホーム。▼

e0358504_13215144.jpg

 自宅から店にたどりつくまで、電車の乗り換え時間も含めた移動時間は、だいたい3時間の道のり。
 ちょっとした旅気分なのである。
 そして、お店(写真下)の目の前に広がる田んぼの先の土手の向こうが、渡良瀬川なのだ。

e0358504_13302211.jpg
e0358504_13303809.jpg

 いつもは、開催間際の入店で川を見る機会がなく、いつかはこの土手を登って川を見たいと思っていたのだが、この日その願いが実現す。
 夏だな~。

e0358504_13325693.jpg
e0358504_13335927.jpg
e0358504_13334268.jpg
e0358504_13314093.jpg
e0358504_13322357.jpg
e0358504_13331084.jpg
e0358504_13323727.jpg
e0358504_13332666.jpg

 さて、オープンマイクとはいいながら、すでにこの日は、ボクも含めて13組の出場者がエントリーされ、客席も満席で立ち見が出るほどの盛況なり。

e0358504_13555019.jpg
 というわけで、この日は、ひとり2曲回しで2巡するという運びなり。
 ボクが歌ったのは、以下の4曲である。

 【1巡目】
  ●Welcome to the Machine/Pink Floyd(アコギによるカバー)
  ●Space Oddity/David Bowie(アコギによるカバー)

 【2巡目】
  ●折ればよかった
  ●いえばよかった(自作詞版)

 Space Oddity/David Bowieは、まさかのカブリで、ボクが先に演奏してしまったのだが、後続のユニット(男性ボーカル&男性アコギ)もこの曲をやろうとしていたとのことである。




 さすがにカブってしまうとやりにくいようで、別の曲の演奏となったのだが、ボクとしては、どんなアプローチでこの曲が演奏されるのかを聴いてみたかったので、すごく残念だったのである。

e0358504_14055890.jpg
e0358504_14063787.jpg
e0358504_14070756.jpg
e0358504_14073730.jpg
e0358504_14080761.jpg
e0358504_14083784.jpg
e0358504_14110544.jpg
e0358504_14113689.jpg
e0358504_14123274.jpg
e0358504_14130253.jpg
e0358504_14133110.jpg
e0358504_14140212.jpg
 この会場の客層は反応がとてもよく、店の雰囲気もすご~くいいので、今回も楽しい時間を過ごせて、とても楽しかったのである。
e0358504_14144485.jpeg
 VIVA MUSIC!!
 VIVA シャムロック!!
e0358504_14160796.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-07-08 13:36 | 音楽とわたくし | Comments(0)

憲法フォークジャンボリーin東葛に行って来ましたよん♪の巻。

【2018年6月17日(日)】

 「第1回 憲法フォークジャンボリーin東葛」開催。
 これからだね!!
e0358504_14452114.jpg
e0358504_14453008.jpg
e0358504_14453842.jpg
e0358504_14455215.jpg
e0358504_14463886.jpg
e0358504_14464837.jpg
e0358504_14465985.jpg
e0358504_14470959.jpg
e0358504_14472086.jpg
e0358504_14473071.jpg
e0358504_14474006.jpg
e0358504_14475210.jpg
e0358504_14482998.jpg
e0358504_14485236.jpg
e0358504_14490136.jpg
e0358504_14491630.jpg
e0358504_14493637.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2018-06-18 23:12 | 音楽とわたくし | Comments(0)

“うたいつづけるあじさいライブ2018”に行って来ましたよん♪の巻。

【2018年6月10日(日)】

 177.pngうたいつづけるあじさいライブ2014 

 177.pngうたいつづけるあじさいライブ2015 

 177.pngうたいつづけるあじさいライブ2016 

 177.pngうたいつづけるあじさいライブ2017 

 そして、“うたいつづけるあじさいライブ2018”なのだ。

e0358504_10222405.jpg
e0358504_10225331.jpg
e0358504_10552300.jpg
e0358504_10553282.jpg
e0358504_10554398.jpg
e0358504_10555280.jpg

 3人寄れば、そこはもう社会である。
 社会とは人間関係であり、軋轢であり、妥協であり、葛藤であり、そして何より調和を求められる世界なのである。ボクの不得手な世界なのだ。(><)
 さて、ボクがこのグループをはじめて知ったのは、169.png2010年のことだから、8年くらいのおつきあいなのだが、グループはそのずいぶん前から活動しているそうなので、同じメンバーで活動を維持していくことの大変さは、想像に余りあるのである。

 さて、会場は、おなじみの大久保にある「東京労音R's アートコート」。

e0358504_10265197.gif
 あ、いつの間にかこげな案内版が。
e0358504_10291793.jpg
 あいにくの雨だが、地球に雨は必要なのだ。
e0358504_10294797.jpg
e0358504_10370873.jpg
e0358504_10372060.jpg
e0358504_10375264.jpg
 1階ロビーには、今年も山梨県北斗市から出張販売に来られた「くまのパンやさん」が出店。(下の写真の左側)
 休憩時間、ボクも呼び込みのお手伝いをしましたぜ。
e0358504_10380766.jpg
 では、ステージの模様をアーカイブ。
e0358504_10425344.jpg
e0358504_10434919.jpg
e0358504_10440255.jpg
 今回のゲストの渡辺善行さん。
 ハンディキャップを微塵も感じさせない、軽やかでしなやかな生き方が歌に現れていて、すばらしい!!
e0358504_10441623.jpg
e0358504_10451561.jpg
e0358504_15115060.jpg
e0358504_10453434.jpg
e0358504_10455257.jpg
 VIVA あじさい!!
 VIVA MUSIC!!


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-06-17 02:06 | 音楽とわたくし | Comments(0)

「SALAD FOREVER」 FOREVER!!

 親しみやすいメロディーと歌詞。 
 それに美しい歌ごえ。
 この曲は、すんごく
e0358504_21481084.jpg




 177.pngキューピーオフィシャルサイト

 177.pngキューピードレッシングCM女性歌手は誰?曲も調査【サラダフォーエバー

 誰か、この歌を耳コピして、ボクにコード譜を送ってくれないかな~。
169.png
野菜の物語 
明日の私の夢

無限に広がっていく 
サラダフォーエバー

この新しい出会い
サラダの幸せよ


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-06-11 21:49 | 音楽とわたくし | Comments(0)

マーク・ジュリアナとわたくし。

 108.png彼のことは、つい最近、この記事で知ったばかりなのだ。

 174.png日本経済新聞(夕刊)2018.6.1(金)

e0358504_20062108.jpg
 ちなみに、日経夕刊文化欄の音楽記事は、なかなか侮れないってことが最近わかってきたのである。
 それにしても、デビッド・ボウイと一緒に仕事をしたなんて、スゴいよな。
 しかも、ジャズ畑のミュージシャンとは異色なのだ。

 ジャズ。
 もうとっくに終わってしまったジャンルなのかと思っていたら、(ロックもそうなりつつある)、この音を聴くと、そんなことはトンでもない間違いだってことに気づかされるのである。
 いくらボクがジャズの門外漢だとしても、この音の清明さと新しさくらいはわかるわさ。



 それにしても、マーク・ジュリアナという名前は、わが国のバブルの頃を知っている身としては何やら扇情的だし、そもそも、そのルックスは、IT系の技術者みたいで、すごくカッコいいぞ!!
 おまけに、この映像で見るスタジオワークの風景などは、ネットファンドだとかビットコインだとかブロックチェーンだとかフィンテックだとか、ネット上での最先端の金融シーンを動かすエンジニアが集まるラボでの仕事っぷりを想起させるようなグルーヴなのだ。
 彼の口から発せられる「JAZZ」ということばも、解脱したような何か新しい別のもの=something newの様相を帯びている。
 あくまでも勝手なボクの感じ方なんだけどね。
 ま、それほどの新しさを感じたってわけなのであ~る。



[PR]
by misaochan3x7 | 2018-06-07 20:10 | 音楽とわたくし | Comments(0)

フォークグループあじさい“うたいつづける”ライブ2018だよ♪

 わが音楽仲間「フォークグループあじさい」の125.png“うたいつづける”ライブ2018は、いよいよ来週の日曜日、6月10日に169.png大久保の“R’sアートコート”で開催です。
e0358504_20571905.jpg
e0358504_20572598.jpg
e0358504_21033350.gif
    来てね!!
 ボクもいくから!!





[PR]
by misaochan3x7 | 2018-06-06 21:04 | 音楽とわたくし | Comments(0)

「私の愛した街」という歌について私が知っている二、三の事柄。

 埼玉で活動中のコーラスグループ「オリーブ」のハーモニーは、とても美しい。
 彼女らのレパートリーの中のこの曲は、ステージで何度も聴く機会があり、聴く度にそのハーモニーの美しさに魅了されているボクなのだ。
 you tubeのこの画面では、3人の姿しか見られないが、このグループには、ほかに男性のアコギ&エレキ・ベース奏者とキーボードの女性のメンバーがいる。



 実は、ボクは、この曲のよさにも惹かれていて、誰の曲なのかずっと気になっていたので、今回、調べてみることにしたのである。
 すると、174.pngこのスレッドに行き着いたのだ。

 1972年1月30日、北アイルランドのロンドンデリーで、公民権要求の平穏なデモ行進中の市民27名が、イギリス陸軍落下傘連隊に銃撃された事件。14名死亡、13名負傷。
 「血の日曜日事件」といわれる事件が起きた。
 この曲は、この事件をテーマした曲で、1975年第5回ポリティカル・ソング・フェスティバル(ベルリン)に参加した169.png横井久美子さんという女性が持ち帰った曲とのこと。
   169.png【横井さんのCD情報】




 オリジナルは、英語の歌だとわかったのだが、すっかり日本語になじんで練れた感じに仕上がっているのは、さまざまな人たちが40余年をかけて歌い込んだ結果なのだろう。
 原文の歌詞の(3)番目の一番最後では、「私が愛した街で妻を見つけた」となっているところを、横井さんの訳詞では、「夫を知った街」になっているところがミソなのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   The Town I Loved So Well

(1)In my memory I will always see
   the town that I have loved so well
   Where our school played ball by the gasyard wall
   and we laughed through the smoke and the smell
   Going home in the rain, running up the dark lane
   past the jail and down behind the fountain
   Those were happy days in so many, many ways
   in the town I loved so well

(2)In the early morning the shirt factory horn
   called women from Creggan, the Moor and the Bog
   While the men on the dole played a mother's role,
   fed the children and then trained the dogs
   And when times got tough there was just about enough
   But they saw it through without complaining
   For deep inside was a burning pride
   in the town I loved so well

(3)There was music there in the Derry air
   like a language that we all could understand
   I remember the day when I earned my first pay
   And I played in a small pick-up band
   There I spent my youth and to tell you the truth
   I was sad to leave it all behind me
   For I learned about life and I'd found a wife
   in the town I loved so well

(4)But when I returned how my eyes have burned
   to see how a town could be brought to its knees
   By the armoured cars and the bombed out bars
   and the gas that hangs on to every tree
   Now the army's installed by that old gasyard wall
   and the damned barbed wire gets higher and higher
   With their tanks and their guns, oh my God, what have they done
   to the town I loved so well

(5)Now the music's gone but they carry on
   For their spirit's been bruised, never broken
   They will not forget but their hearts are set
   on tomorrow and peace once again
   For what's done is done and what's won is won
   and what's lost is lost and gone forever
   I can only pray for a bright, brand new day
   in the town I loved so well

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ちなみに、この「血の日曜日事件」は、こんな人たちも歌にしているようだ。
 174.pngジョン・レノン/「血まみれの日曜日」、「ザ・ラック・オブ・ジ・アイリッシュ」 アルバム〝サムタイム・イン・ニューヨーク・シテ〟ィに収録。






 174.pngポール・マッカートニー/「アイルランドに平和を」



 174.pngU2/「Sunday Bloody Sunday」 -アルバム〝WAR〟(1983年)に収録。

PS.
 「血の日曜日事件」と呼ばれる事件は、今回述べた事件だけではなく、世界中でこんなにたくさん起きていることも、はじめて知ったことなのだった。
 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%80%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9B%9C%E6%97%A5%E4%BA%8B%E4%BB%B6


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-06-06 20:02 | 音楽とわたくし | Comments(0)