カテゴリ:音楽とわたくし( 80 )

“20 Jazz Funk Greats”ふたたび。

 177.png讀賣新聞(夕刊)2018年5月24日(木)

e0358504_19534293.jpg
 
 讀賣新聞(夕刊)2018年5月24日(木)版に載ったThrobbing Gristle のアルバム “20 Jazz Funk Greats”に関する記事。
 この記事を読みながら、117.png今一度静かにこのアルバムに耳を傾けてみようと思うのであ~る。
 南~無~。



[PR]
by misaochan3x7 | 2018-05-30 19:53 | 音楽とわたくし | Comments(0)

ダイワハウスCM 「物流にAIを」 篇 (60秒バージョン/英語歌詞付き)だよ。

 125.pngこの曲は調子がよくて、すごく
e0358504_00563030.jpg
 役所公司のロン毛と髭ヅラが、西部劇風の衣装にすごくよくマッチしているしね。



[PR]
by misaochan3x7 | 2018-05-28 01:05 | 音楽とわたくし | Comments(0)

DMM.タガメで「第20回 五月の夜の夢」参加しましたよ♪の巻。

【2018年5月26日(土)】

 125.png昨年に続き、東上野区民館(東京都台東区)で開催された「第20回 五月の夜の夢」に、「DMM.タガメ」で参加しましたよん。169.png

e0358504_19360566.jpg
 多彩な出し物。そして、演者、お客を含めて、会場内の平均年齢は軽~く70歳は超えていると思われる日本の縮図。(正直、会場は、老人臭でくさかったっす (>_<)。いや、108.pngオレの加齢臭も含めてか!? くん、くん。(゜Д゜;))
 それが、「五月の夜の夢」なのである。
e0358504_19363321.jpg
e0358504_19364543.jpg
e0358504_19365205.jpg
e0358504_19375543.jpg
e0358504_19453580.jpg
e0358504_19381218.jpg
 いまは昼間の開催になってしまったが、主宰者に聴いたところ、当初は、小学校の体育館で夜にやっていたらしいとのことでした。
 ちなみに、わが「DMM.タガメ」(自ステージの自撮りは不可能)と、そのひとつ前の相撲甚句(ボクらは、バックステージで出番待ちだったため)の写真はありません。
 なので、「DMM.タガメ」のMCを採録しておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 皆さん、こんにちは。
 昨年に続き、2回目の出場となります「DMM.タガメ」です。

 バンド名は、メンバーである
  ・どんぐりのD
  ・正子(まさこ)のM
  ・ミミオのM         
 の頭文字と、
  ・三線(さんしん)のタガメ

 から由来し、「ディー・エム・エム・ドット・タガメ」と申します。

 わたしたちは、毎年、新大久保にあります〝アールズアートコート〟というホールで行われる「憲法フォークジャンボリーin東京」という催しを活動の拠点にしながら、さまざまな場所で、「戦争と平和についての歌」を歌い続けています。

 本日は、4曲聴いていただきます。
 最初の曲は、「スノードロップ」という歌です。
 2011年、東日本大震災が起きて間もなく、ボランティア活動で現地に行った正子さんの詞に、わたしたちの音楽仲間が曲をつけたオリジナルで、被災地の復興に思いをはせた歌です。

 ■スノードロップ

 続いての歌は、「海に向かって」という歌で、こちらはカバー曲です。海を目の前にしてひたすら無力であることを歌った歌ですが、歌の最後に、ひとつの思いを届ける歌になっています。

 ■海に向かって

 わたしたちは、震災があった2011年、東京からレンタカーを借りて被災地に向かい、この未曽有のできごとを忘れないよう、鎮魂の意味を込めて、いまの2曲やその他の歌を、さまざまな場所で歌うことを毎年続けています。

 続いては、わたしのソロで、〝性悪説〟をテーマにした「憎しみの川、かなしみの橋、にんげんのはしくれ」というオリジナル曲をお聴きください。

 ■憎しみの川、かなしみの橋、にんげんのはしくれ

 それでは、最後に、平和を願う歌「鳩を飛ばそう」という曲で締めくくりたいと思います。これも、オリジナルソングです。明るく元気が出る曲なので、皆さん、手拍子をお願いします。

 ■鳩を飛ばそう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 それでは、お子ちゃまのバレーでスタートしたステージを写真でアーカイブ。

e0358504_19403987.jpg
e0358504_19405144.jpg
e0358504_19410415.jpg
e0358504_19411980.jpg
e0358504_19413479.jpg
e0358504_19414708.jpg
e0358504_19420015.jpg
e0358504_02474489.png
e0358504_02474489.png
e0358504_19421424.jpg
e0358504_19485806.jpg
e0358504_19500339.jpg
e0358504_19433748.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-05-28 00:41 | 音楽とわたくし | Comments(0)

DMM.タガメで「第20回 五月の夜の夢」に今年も参加しますよ。

 皆さん、わがDMM.タガメは、169.png昨年に続き、「第20回 五月の夜の夢」に今年も参加しますよ。

e0358504_03034704.jpg
 われわれの出番は、16:47からです。
e0358504_03011487.jpg
e0358504_03012314.jpg
 場所は、東上野区民館。
e0358504_03111309.jpg
 来てね!!
 

[PR]
by misaochan3x7 | 2018-05-18 03:04 | 音楽とわたくし | Comments(0)

GWア・ゴーゴー2018.<「KFJ in 彩の国2018」に参加しましたの巻>

【2018年5月4日(金)・】 

 125.png昨年に続いて、「KFJ in 彩の国2018」に参加。去年はソロでの参加だったけど、今年は、DMM.タガメでね。

e0358504_12511594.jpg
e0358504_12512651.jpg
e0358504_12513170.jpg
e0358504_12513738.jpg
e0358504_20584600.jpg
e0358504_20585322.jpg
 特筆すべきことは、特にありませんが、写真をアップして足跡だけは残しておくことにしようかな。
 あいにく、出演者の写真は、諸般の事情により、【第3部】のステージ限定なり。
e0358504_12521517.jpg
e0358504_12522383.jpg
e0358504_12523535.jpg
e0358504_12524757.jpg
e0358504_12525843.jpg
e0358504_12531206.jpg
e0358504_12532384.jpg
e0358504_12533616.jpg
e0358504_12534602.jpg
e0358504_12540175.jpg
e0358504_12571542.jpg
e0358504_12572552.jpg
e0358504_12573531.jpg
 終了後、懇親会に参加。
e0358504_12575742.jpg
e0358504_12581973.jpg
e0358504_12583626.jpg
e0358504_12590316.jpg
e0358504_12593564.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-05-18 02:46 | 音楽とわたくし | Comments(0)

GWア・ゴーゴー2018.<アリ街跡地での地ベタ写真展&ライブに参加しましたの巻>

【2018年5月3日(木)・】 

 この日のためにカメラマンの福田文昭さんから届いたインビテーションメールは、以下のとおり。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

174.png「アリの街」跡地看板の設置署名活動。ついでに「地べた写真展」と勝手に「朗読とライブ」へのお誘い

●5月3日(木・祝)午後1時現地集合。
●場所「アリの街」跡地。隅田公園「千年桜」の下。
 この桜は、福島の三春滝桜の移植木。
 周りには菜の花やミニヒマワリが咲く。
 「千年桜」は、言問橋の台東区側西詰めに、歩行者用トンネルあり。
 トンネルを北へくぐり抜け、約50メートル先の小山の上にある。
 この近くには、「ああ東京大空襲の碑」と「花」の歌碑があります。
 平成中村座のテント小屋から南へ100メートル。
 夏の花火の特等席でもある。

●雨天小雨は順延で6日に。

 前回の3月24日(土)の「花見」では、6名の署名をいただいた。

以上。

福田文昭

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 というわけで、買ったばかりのトラベルギターを担いでの参加。
 お客さんは、福田さんのご友人のカメラマンのムトー清次さん。
 お客がひとりでもいれば心強いのだ。
 写真は、ムトーさんに撮っていただいたもの。
 感謝です。

e0358504_04062832.jpg

e0358504_04065868.jpg
e0358504_04072880.jpg
e0358504_04075813.jpg

 この日の模様は、以下の福田さんによるレポ-トでご確認を。
 ボクの「勝手にライブ」は実践したのだが、今回は、「勝手に朗読」はありませんでした。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 昨日は、アリの街のご近所にお住まいのムトー清次さんも駆けつけていただきました。私もミミオさんも、今回は2回目なので余裕しゃくしゃく。小山の上の誰もいない公園で 、「いえば良かった!」を熱唱していました。
 私は、風邪をひいたので、新井満の「この街で」をカセットで二度かけ、歌詞カードを 配りました。
 皆さんが気に入るようでしたら、♪「この街で」を「アリの街ライ?ブ」のテーマミュージックにどうか?と思っております。



 終わって、隣の「平成中村座」のテント小屋跡地を歩き、リバーサ?イドスポーツセンターへ。
 一階レストランの自販機のピーチネクターなどでお茶しました。
 なんとここは、昔力道山が大活躍したプロレス中継の聖地「台東体育館」跡地そのものです。
 横の隅田川の船上から夏の風物詩「隅田川花火大会の花火が打ち上げられます。
 この辺が花火の特等席。
 私は、ここから北の橋場に30年以上 住んでいましたので、花火は貧乏人の夏のただの楽しみでした。
 アリの街近辺は、毎朝の散歩の庭のようなところでした。

 次回のライブには是非。
 CCRの「雨を見たかい」も期待しております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  今回、ボクは、B・J・トーマスの「雨にぬれても」(Raindrops Keep Fallin' on My Head)を歌ったのだが、次回は、CCRの「雨を見たかい」を歌うことにしよう!!




[PR]
by misaochan3x7 | 2018-05-18 02:44 | 音楽とわたくし | Comments(0)

「憲法フォークジャンボリー in 東京」主催の「花見」@多摩川河川敷丸子橋付近に参加しましたの巻。

「憲法フォークジャンボリー in 東京」主催の「花見」に参加す。

 思えば、125.png昨年の「憲法フォークジャンボリー in 東京」の「花見」は、2017年4月1日(土)、「労音お茶の水センター」での開催で、参加者は20人だったのだ。

 今年は、135.png諸般の事情により、長年親しんだ活動拠点である「労音お茶の水センター」を離れ、多摩川河川敷丸子橋付近での開催としたのである。
 雨天の場合の開催場所を別に確保していたのだが、幸いにも好天に恵まれ、桜こそなかったものの、19人の善男善女が集っての「花見」を開催することが出来たのだった。

e0358504_12124831.jpg

 この日、朝9時半に、買い出し班の有志との集合場所である東急多摩川線の「沼部駅」に到着。

e0358504_12140464.jpg
 杉並区から大田区へのアクセスは、いまのボクの両脚が、長い移動距離を歩くには大いに支障をきたしているという事情や、そのための乗り換え時間等を考えると、都内でのたかだか2区の間の移動であるにもかかわらず、21世紀になっても2時間仕事なのである。
 まったくもって、ありえへんアクセスの悪さなのだ。
 なので、この日の起床は、朝7時だったのさ。ファック!!
e0358504_12135710.jpg
 この地はお初の上陸なり。
 さて、ここでボクは数人の有志と待ち合わせ、宴会場である河川敷に移動し、ほかの有志が買い出しに出掛けて帰るまでの間、ここで番をしていたのである。
e0358504_12143914.jpg
e0358504_12144593.jpg
e0358504_12145148.jpg

 この日の天候は、吹く風の芯に悪意のある冷たさを感じたものの、日が照っている間、陽射しはけっこう強かったので、夕方6時あたりに閉会する頃には、筆者の顔は紫外線で真っ赤になってしまったのだった。
 当日の模様を写真で一気にアーカイブだ。

e0358504_12374074.jpg

e0358504_12152610.jpg
e0358504_12153476.jpg
e0358504_12154366.jpg
e0358504_12155066.jpg
e0358504_12160054.jpg
e0358504_12160707.jpg
e0358504_12172882.jpg
e0358504_12173410.jpg
e0358504_12173956.jpg
e0358504_12174426.jpg
e0358504_12175488.jpg
e0358504_12180371.jpg
e0358504_12181125.jpg
e0358504_12184082.jpg
e0358504_12185069.jpg
 この下の写真は、われわれの宴(うたげ)に興味津々だったおじさんとベトナムから来たという若者の2人組が合流し、おじさんが好きだというよしだたくろうの歌の中から「落陽」を選んで歌って差し上げ、大いに喜ばれたという一コマである。
e0358504_12193858.jpg

 さて、こうして今年の「花見」は無事終えることが出来たのであ~る。

e0358504_12202942.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-04-15 12:00 | 音楽とわたくし | Comments(0)

50歳を過ぎてギターを弾き歌うようになってから5台目のギター購入記。

【2018年4月6日(金)】

 122.png昨年の4月を境に両膝の骨のまわりを覆う筋肉というか筋というか腱に痛みが発生し、やがてその痛みは、両ももやら両脚のふくらはぎに移り、また、痛みは左右交互にいろんなところで起きるので、ひどく歩行に支障をきたすようになりぬ。
 時々杖をついたり、時々松葉杖を片方使ったりしながらの日々。毎日の生活では、歩くことは不可欠の行為なので、なかなか大変なのである。

e0358504_00434930.jpg
 そんな中、昨年の12月から今年の2月まで、中野にある整体治療院に通っていたのだがなかなか痛みは消えず、時々ロキソニンを飲んで痛みを誤魔化す。

 そして、年が明け、たまたま地元の高円寺をチャリで通りかかった時に見つけたとある診療所で、先日、カウンセラー氏に症状を見てもらったところ、酒も原因のことがあり得るとの発言に、(カウンセラー氏は、酒が分解する時のアセトアルデヒドが作用してどうとかいっていたような)酒をやめて痛みが薄らぐのなら、酒なんかやめてしまおうと、その見立てのその日から断酒を初めて1周間で、とりあえず、両ももやら両脚のふくらはぎにあった痛みは霧散したのだった。
(それ以外の元来の骨のまわりを覆う筋肉というか筋というか腱にある痛みは、まだ消えないのであるが)
 どうやら、毎晩、仕事から帰って来ると、自部屋でハイボールをつくってマグカップで3杯をハイペースでガブ飲みするようなボクの深酒の習慣は、この痛みには毒素として働いていたようなのだった。
 
 さて、169.png外出してギターを弾歌う機会が増えた昨今、両脚の具合が悪いので、椅子のない場所での演奏のためには、キャンプ用の折りたたみ椅子を持って行く必要があり、かつまた、アコギもかつがなければならない。
 こうなると、重いアコギは負担が大きいので、ミニギターを新調することにする。
 というわけで、MARTINのBACKPACKER(マーティンのバックパッカー)というトラベルギターをネットで購入。
e0358504_00132589.jpg

 先日、テレビを観ていたら、「ナスD」が無人島ロケでこのギターを弾きながら「やつらの足音のバラード」をものすごく上手に弾き歌っていたので、モーレツに欲しくなってしまったというわけなのである。



 50歳を過ぎてギターを弾き歌うようになって、これで5台目のギターなのだ。
 いま家に置いてあるのは、このトラベルギターのほかに、モーリスのアコギが1台だけ。
 その間、持っていたギターは、中古楽器屋に持ち込んだり人にあげたりして今日(こんにち)に至る。

 で、MARTINのBACKPACKERだが、家に届いた段ボール箱には、MADE IN MEXICOと書かれていたので、軽くがっかりしたことは告白しておこう。
 重量は、さすがに軽く、(奥さんいわく、愛猫のみーちゃんよりも軽い!!)これは持ち運びにはものすご~く便利なのだが、胴の面積が小さい分、音も軽いのにはまいったでございます。
 結局、物の善し悪しは、買ってみなければわからない、というのが、今回の教訓なのであ~る。



[PR]
by misaochan3x7 | 2018-04-12 00:17 | 音楽とわたくし | Comments(0)

「憲法フォークジャンボリー in 彩の国2018」にDMM.タガメで出場します。

 DMM.タガメ(ディー・エム・エム・ドット・タガメ)は、2016年に活動を開始した、どんぐり(D)、正子(M)、ミミオ(M)の頭文字とタガメ(ろくしんかなめのステージネーム)の4人で構成された、戦争と平和の歌を歌うアコースティックバンドで、アコギと三線のアンサンブルが絶妙なユニットである。(ウィキペディア風に)
e0358504_08520112.jpg
 125.png昨年、ボクがソロで出場した「憲法フォークジャンボリー in 彩の国」に、今年は、 DMM.タガメとして出場します。
 会場は、177.png「さいたま市産業文化センター」。
e0358504_09175785.jpg
 7番目(12:15~)の出場です。
 来てね!!

e0358504_08520945.jpg
e0358504_08591637.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2018-04-06 08:59 | 音楽とわたくし | Comments(0)

今宵、りば・でぃらんさんに教わったある曲のこと。

【2018年3月26日(月)】

 月に1度の東中野の音楽酒場「じみへん」のロック・デー。
 この日の建て付けも、117.png前回同様、スィッツァランド人のギルバート氏率いる「ゴールデンラット」のトリ前のオープンマイクという仕儀なり。
 今宵のオープンマイクの演者は、りば・でぃらんさん(写真)とボクだけという陣容。
e0358504_16550937.jpg
 おかげで、のんびりとした気分で、数曲歌うことができました。
 そして、「ゴールデンラット」のステージ。
e0358504_17015891.jpg
 そのあと、「ゴールデンラット」のギタリストとりばさんら、店の常連のロック屋さんたちとのジョイントなのだ。
e0358504_17023611.jpg
e0358504_17024629.jpg
 ジョイント・ライブ終了後、ボブ・ディラン好きのりばさんに、ボクは春になるとなぜかディランのこの曲が聴きたくなってしまうんでうよねというと、よしだたくろうの「春だったね」は、その曲にインスパイアされて作られた曲なんだよね、と教えてもらったのである。

 177.pngBob Dylan - Stuck Inside Of Mobile With The Memphis Blues Again



 そうか、たくろうがこの曲から春を想起していたとは、初耳だ。
 りばさん、いろんあことを知ってますね。教えてくれてありがとう。

 それにしても、その後、ネットを漁ってみたら、118.png「春だったね」が、「Stuck Inside Of Mobile With The Memphis Blues Again」のパクリだなんてことを書いたスレッドも見つかったのだが、ボクの耳には、たくろうの曲がパクリのようには少しも聴こえないのだが、ボクの耳がおかしいのかな。




[PR]
by misaochan3x7 | 2018-03-31 17:19 | 音楽とわたくし | Comments(0)