カテゴリ:音楽とわたくし( 80 )

「憲法フォークジャンボリーin 東京2018」開催。

「憲法フォークジャンボリーin 東京2018」のチラシが出来ました。
 今年のチラシは、表現者(出場者)であり事務局員でもある “ぶる~ず永井氏” に制作を依頼しました。
 募集開始は、4月2日(月)からです。
 よろしくお願いします。
e0358504_13555663.jpg
e0358504_14000019.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-03-31 13:58 | 音楽とわたくし | Comments(0)

福田文昭さん主催の「アリの街でお花見」に参加するの巻。

【2018年3月24日(土)】

 桜は、例年より10日くらい早いペースでジャポン列島を北上中のようである。
 ここTOKIOの桜も、例年よりも早い開花である。
 そして、カメラマンの福田文昭さんから届いた、福田さん主催による「アリの街でお花見」の案内チラシはこれなんだわさ。

e0358504_13055925.jpg


 え!? 「アリの街」って何ですかって?
 では、178.pngボクが昨年の夏に「アリの街実行委員会」の一員として関わった写真展資料展の図録の一部で、それを理解してくださいね。

e0358504_13070477.jpg
e0358504_13071144.jpg
e0358504_13071649.jpg
e0358504_13072614.jpg
e0358504_13073484.jpg
e0358504_13074358.jpg
e0358504_13075784.jpg
e0358504_13080412.jpg
e0358504_13081136.jpg
e0358504_13082105.jpg
e0358504_13083146.jpg

e0358504_13083983.jpg





 宴会場は、墨田公園の中の千年桜のすぐ近く。
 この桜は、2013年1月に福島県田村郡三春町から寄贈された桜なのだそうである。知らなんだ。
e0358504_13125245.jpg

e0358504_13130553.jpg

e0358504_13131850.jpg
 実は、この宴会場が、「アリの街」の跡地なのである。
 そして、「アリの街」がここのあったことを多くの人に知ってもらうための〝由来看板〟設置の署名とカンパを求める「地べた写真展」を開催!!
e0358504_13133884.jpg

 会場には、「アリの街実行委員会」の代表の北畠さんやメンバーの陶山さんも参加。
e0358504_13140562.jpg

e0358504_13143590.jpg

e0358504_13145842.jpg

e0358504_13152264.jpg

 そして、ボクも歌で参加す。
 この日歌ったのは、

 177.pngAll Along the Watchtower/Bob ylanカバー
 177.png折ればよかった/ブラームス カバー
 177.pngいえばよかった/ブラームス カバー(オリジナル歌詞)
 177.pngAlone In My Room/オリジナル
 177.png雨のバラード/湯原昌幸カバー
 177.png夜明けの停車場/石橋正次カバー

e0358504_13204480.jpg
 ところで、「アリの街実行委員会」は、6月にパフォーマンス集団「自由の翼」との共同企画で、この街に生きた北原玲子(さとこ)さん=「アリの街のマリア」や、ゼノ・ゼブロフスキー修道士(戦前、長崎でカトリックの布教活動を始めたポーラーンド出身の宗教家)をはじめとする当時の人々の暮らしを舞台化したステージを展開する予定なのである。

e0358504_03101108.jpg
e0358504_17470203.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-03-31 13:02 | 音楽とわたくし | Comments(0)

福田文昭写真展「パンダへのラブレター」会場内での「ひな祭りコンサート」で歌うの巻。

【2018年3月3日(土)】

 カメラマンの福田文昭さんから届いた写真展「パンダへのラブレター」の案内は、その記事が載った「東都よみうり新聞」の切り抜きを拡大コピーしてハガキに貼り付けたものだった。

e0358504_21334165.jpg
 会場は、177.png「隅田公園リバーサイドギャラリー」

e0358504_21335176.gif

 隅田公園(吾妻橋から東武鉄橋)の地下にある長さ116m、幅7m、高さ2.5mの直線の空間。
 吾妻橋の水上バス乗り場の近くにある地下駐輪場の隣に位置しているのである。

e0358504_21013829.jpg
 「東京新聞Web」の記事はこちら。
e0358504_21340259.jpg
 そして、この日、会場内で「ひな祭りコンサート」やるので、ぜひ演奏をと頼まれたので、音楽仲間であり、「憲法フォークジャンボリーin東京」の事務局同士で、かつ、出演者同士でもある〝たかよしさん〟にも声をかけ、演奏す。

 会場にいたのは、主宰者の福田さん、ボク、たかよしさん、福田さんのお客様で同業のカメラマンの方2人、そして、写真展のついでに観客となった女性の合計6人である。
 そして、ボクが歌ったのは、以下の5曲なり。
177.png折ればよかった
177.pngいえばよかった
177.png
Wish You Were Here/Pink Floyd (cover)
177.pngWelcome To The Machine/Pink Floyd (cover)
177.pngTomorrow Never Knows/John Winston Ono Lennon(cover)

e0358504_21340906.jpg
e0358504_21341505.jpg

 客の多寡など問題ではない。
 公共地下空間でのライブ初体験。得難い機会であったのだ。
 終了後、地上に上がり、〝たかよしさん〟とふたりで墨田公園のベンチに座り隅田川を見ながらワンカップと崎陽軒のシウマイで打ち上げ。
 実に感慨深い日となったのであ~る。




e0358504_20370408.jpg

 【おまけ】
 パンダにまつわる拙ブログアーカイブ。125.pngここっす。
 残念ながら、この「パンダの人形焼き」を販売していた上野動物園内の「桜木亭」という売店は、142.png2016年6月に閉店していたようである。
e0358504_21585512.jpg
e0358504_21590293.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-03-08 20:37 | 音楽とわたくし | Comments(0)

「じみへんロック・デー」で新ネタを披露するの巻。

【2018年2月26日(月)】

 毎度おなじみ、東中野の音楽酒場「じみへん」。
 今宵は、ロック・デー。
 トリは、125.png「ゴールデン・ラット」のステージなり。

e0358504_17354686.jpg
e0358504_17370770.jpg
e0358504_17371859.jpg
e0358504_17373037.jpg
e0358504_17374262.jpg
 そして、このバンドが会場に到着する前に展開されるのが、常連のロック野郎たちによるオープンマイクというスィステムなのである。
 ロックするおやぢたちは、実に楽しそうなのだ。
e0358504_17384013.jpg
e0358504_17385011.jpg
e0358504_17390350.jpg
e0358504_17391991.jpg
e0358504_17393197.jpg
 そして、吾輩も、この日、新ネタを2曲披露したのだった。
 そうさ、この曲。

 121.png「折ればよかった」
 121.png「いえばよかった」

 それはロックじゃないねという会場での意見もあったのだが、その後、会場にいた別のお客からもらったメールには、ロックだと思いますというありがたい意見も頂戴した。
 基本的にボクが歌う歌は、英語の歌にしろ、日本語の歌にしろ、ロックン・ロール・チョイスであるのだが。

e0358504_17394224.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-03-04 15:55 | 音楽とわたくし | Comments(0)

ジャスティス×河豚目翻車魚ライブ@高円寺グレインに行くの巻。

【2018年2月25日(日)】

 至高のご夫婦デュオ「ジャスティス」と「河豚目翻車魚」とのジョイントライブを観に、高円寺のライブスポット「グレイン」に行くの巻。
 完全に地元なので、チャリで気軽に行けるとことがいいね!!

e0358504_16563916.jpg
e0358504_16565051.jpg
 さすがに、初見で「河豚目翻車魚」は、読めねー。「ふぐもくまんぼう」であるそうな。
 「フォークグループあじさい」に所属する近周&MAKOTOのご夫婦ユニットなのだ。
e0358504_16570043.jpg
e0358504_16570751.jpg

 その125.pngフォークグループあじさい」のメンバー菊地さんのブログも読んでちょ。
e0358504_16582781.jpg
e0358504_16584979.jpg
e0358504_16590070.jpg
e0358504_16591221.jpg

 当日配られた新聞に原稿を書いてほしと依頼されたので、わが音楽仲間「DMM.タガメ」の三線弾きのろくしんさんと寄稿す。

e0358504_17020490.jpg
e0358504_17021186.jpg
 ライブ終了後、「ジャスティス」と「河豚目翻車魚」を交え、有志で近くの居酒屋で打ち上げる。



[PR]
by misaochan3x7 | 2018-03-04 15:51 | 音楽とわたくし | Comments(0)

石井明夫さんのライブに行く@じみへんの巻。

【2018年2月24日(土)

 東中野の音楽酒場「じみへん」。
 オーナーのみどりさんから、石井明夫さんのライブがあるから来てね、とのお誘いで、この日、お店に出向く。
 着いてみると、メビウスというユニットとの対バンライブだったのだ。

e0358504_16241412.jpg
 明夫さんと初めて会ったのは、169.png2015年10月18(日)にやった杉並区内にある都立和田堀公園での〝<チーム金子>プレゼンツ!!オープン・マイク・ショー2015〟の時だったっけ。

 この人のロックは、村八分とかフールズとかの不良の匂いがプンプンする日本のロックン・ロール・バンドの系譜を感じるから好きなのだ。

e0358504_16242321.jpg
e0358504_16243259.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-03-04 15:50 | 音楽とわたくし | Comments(0)

高円寺のライブハウス「JIROKICHI」のララリーヌさんのライブに行ってきましたの巻。

【2018年2月3日(日)】

 日にちが前後するのだが、この日の夜、カメラマンの福田文昭さんのお誘いで、高円寺のライブハウス「JIROKICHI」の178.pngララリーヌさんのライブに行ってきましたのだ。
 「JIROKICHI」、ずいぶん前に一度だけ行ったことがあるような気がする。いつ、誰のライブだったかは思い出せないが。

e0358504_12332122.jpg
 客席は満員。
 169.pngバックバンドにさまざまなゲスト・プレーヤーを加えた熱く楽しいステージを堪能できたのだった。
 その中には、「センチメンタル・シティ・ロマンス」のメンバーの方もおられたのだが、このバンド、今年で結成45周年になるそうな。
 ララリーヌさん、アコーディオンだけでなくピアノも弾けるんすね。
 うらやまCでございます。
 
e0358504_12341063.jpg
e0358504_12341702.jpg
e0358504_12342289.jpg
e0358504_12345624.jpg
e0358504_12350781.jpg
e0358504_12352179.jpg
e0358504_12352727.jpg
e0358504_12353440.jpg
e0358504_12354409.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-02-17 12:25 | 音楽とわたくし | Comments(0)

ブラームスとわたくし。

【2018年1月21日(日)】

 終日、外出せず、パジャマも着替えずに家にひきこもり。
 170.pngカメラマンの福田文昭さんには、以前からこの曲をギターを弾いて人前で歌ってほしいと頼まれていたのだが、ボクのギターのストロークとはまるでテンポが合わず、断っていたのである。

 177.png「折ればよかった」 作曲:ヨハネス・ブラームス 詞:高野 班山(辰之




e0358504_18281026.gif
 んがしかし、やっぱりやってほしいと重ねて頼まれたからには、最早やるしかないという状態なのであ~る。
 しかも、演奏日は、来週の日曜日(1/28・日)なのだ。
 ぎゃーっつ!!

 ところで、この曲、調べてみたら、ヨハネス・ブラームス(Johannes Brahms、1833年5月7日 - 1897年4月3日)の169.png作品47-3(opt.47 No.3 )〝Sonntag〟(ゾーンターク。忖度ちゃいまっせ。ドイツ語で「日曜日」の意味なんだってさ)がオリジナルなんですな。



 ついでにウィキってみたら、、ブラームスは、19世紀ドイツの作曲家、ピアニスト、指揮者で、J.S.バッハ(Bach)、ベートーヴェン(Beethoven)とともに、ドイツ音楽における「三大B」とも称され、一部には、彼をしてベートーヴェンの後継者ととらえる人もあり、指揮者のハンス・フォン・ビューローは彼の交響曲第1番を「ベートーヴェンの交響曲第10番」と評した、なんてことが書かれておったんよ。
 ハンブルクに生まれ、ウィーンに没す。

e0358504_18422437.jpg
e0358504_18423709.jpg
 というわけで、けふは自部屋でこの曲を練習していたのである。
 まさか、このわたくしが、ブラームスをギターで弾こうとは。生きてはみるものである。

 ところで、高野 班山(辰之)の詞「折ればよかった」は、原曲とはまったくかけ離れた詞内容で、その詞の由来する感覚は、たとえば、衣笠貞之助が監督した「狂つた一頁」(1926年(大正15年)製作・公開。無声映画)がもたらす地軸の狂った大正期の感覚表現を感じるのである。


 メロディーは、このバイオリン演奏がとても役にたちました。ダンケシェーン。



 177.png追伸
 ところで、ブラザー、このジャポンには、TOKIOは原宿に、「ブラームスの小径(こみち)」というのがあるんすわ。すげー国ですね!!
 


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-01-21 17:59 | 音楽とわたくし | Comments(0)

「じみへん」ロック・デーに緊急参戦の巻。

【2018年1月15日・月】

 まいどお馴染み、東中野の音楽酒場「じみへん」。
 月に1度のロック・デー。今月はこの日らしく、オーナーのみどりさんから、わが携帯電話に、「来れますか?」のメールが。

 エーーッツ!!
 聞いちょらんきに!!

e0358504_11070153.jpg
 
 でも、そのメールには、ボクが歌うのを待っている人(女性)も来るのよん169.pngみたいな殺し文句が書かれてあったので、行かないわけにはいかなくなる。
 確かにその人はボクの"アキレス腱"で、この人を盾に来店誘導をされると、抵抗できないのよね~。くねくねくね。
 あのですね、ボクは、ボクに興味を持って下さる方には極端に弱いんすよ。
 なぜだかこの人は、ボクが歌うことについて、ものすごく好意的に受け止めてくださるる女性なのでして。
 まったくもって、ありがたい話なのです。
 というわけで、仕事が終わる否や(as soon as)すぐに職場を辞し、帰宅後、私服に着替え、コード譜2冊を携えて電車に乗る。

 そして、お店に到着。
 実は、この日は、169.pngギルバートさんの新バンド「ゴールデン・ラット」のギクなり。
 前回は、ドラムスも入った3人編成だったのだが、この日はドラムスなしの2人組だ。

e0358504_10485173.jpg
 セット・リストは、以下のとおり。
e0358504_10490412.jpg
 1曲目がローリング・ストーンズの曲だとはわかったが、あとは知らない曲ばかりなり。わずかに、「Rock'n' Roll Heart」は、歌が始まったら、ルー・リードの曲だってわかったよ。
 あとは、ボ・ディドリー、ジョニー・サンダース、パティ・スミス、ライトニン・ホプキンスらの曲で、まさに〝ロックン・ロール・エッセンシャルズ〟といった趣(おもむき)のラインナップなのだった。

 この日、ボクは、「ゴールデン・ラット」のギクが始まる前に、店の置きアコギで数曲弾き歌う。
 その中で、この店ではお初のこの曲を披露し、自己満足す。

 177.pngやぎさんゆうびん 作詞:まど みちお 作曲:團 伊玖磨



 「ゴールデン・ラット」のギク終了後は、この店のは初お目見えのブルースバンド(名前はまだないみたい)登場。

e0358504_10582872.jpg
e0358504_10583682.jpg
 続いて、「じみへんオールスターズ」のステージだ。
 何曲か演奏された曲の中で、ボーカル&ギターの〝りば でぃらんさん〟(写真左)が歌ったボブ・ディランの知らない曲は、すごくカッコよかったな~。
 なんていう曲か聞けばよかったな。
 この方には、いつもいろんな知らないことを教われるのでありがたい。
 ボクは、〝りば でぃらんさん〟の人柄を含めたすべてが大好きなのである。
 ちなみに、上述の女性は、彼の奥さんである。
e0358504_10592970.jpg
e0358504_10593850.jpg
e0358504_10595108.jpg
e0358504_11000050.jpg
e0358504_11001227.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-01-19 20:27 | 音楽とわたくし | Comments(0)

Elvis Costello(エルビス・コステロ)+ Bruce Springsteen(ブルース・スプリングスティーン)=超カッコいい!!


Elvis Costello(エルビス・コステロ)




+(プラス)

Bruce Springsteen(ブルース・スプリングスティーン)



=(イコール)

超カッコいい!!




[PR]
by misaochan3x7 | 2018-01-14 03:26 | 音楽とわたくし | Comments(0)