カテゴリ:食べローグ( 26 )

エジプト食堂はエジプトにはなく、東急目黒線 「西小山駅」 にあるのだったの巻。

【2018年11月23日(木・)】

 3連休の初日。
 まちには、日の丸の旗がはためく。

e0358504_10184298.jpg
 さて、そもそもの発端は、9月29日(土)、出雲空港/16:05発 から羽田空港/17:30着に向かう帰京中のJAL284便の中で読んだ機内誌に載っていた 107.png「エジプト塩」 なるソルトについてのコラムを読んだことがきっかけだったのだ。
 そのコラムによれば、その塩は、料理家のたかはしよしこさんが考案した、塩・ナッツ・スパイスをブレンドした魔法の万能調味料のことで、エジプトに 「エジプト塩」 があるわけではなく、異国情緒を演出するためのネーミングだということだったのだ。
 早速、都に帰っていろいろ調べてみたら、いろんなことがわかったのであ~る。
e0358504_10194331.jpg

 177.png商品のラインナップについて
 177.pngたかはしよしこさんのアトリエである「S-S-A-W」 について
 177.pngその「S-S-A-W」で、月に何日かオープンする 「エジプト食堂」 について
 177.png「エジプト食堂」 に関するレポート記事

 月に数日、お店をレストランにして 「エジプト食堂」 をオープンしているとのこと。
 けふは、11月のオープン日に当たるというわけなのだ。

e0358504_10251410.jpg
 これは行かねば!!というわけで、この日、電車に乗って、興味津々、「エジプト食堂」 に向かったのである。
 目指す東急目黒線 「西小山駅」 には、何と南北線で乗り換えなしに行け、おまけに、日吉まで行けることがわかって、びっくりしたなぁ~もぉ~。
e0358504_10201740.jpg
e0358504_10220803.jpg
 というわけで、 「西小山駅」 初上陸。きょろきょろしながら、駅前の様子を撮影す。
e0358504_10224657.jpg
e0358504_10231044.jpg
e0358504_10234255.jpg
e0358504_10241394.jpg
e0358504_10242993.jpg
 お店のホームページに乗っていた地図を頼りにお店にむかう。この地図、ちとわかりにくいすな。
e0358504_10253223.jpg
 で、かなり迷いながら、やっとお店に到着。
e0358504_10301762.jpg
e0358504_10305463.jpg
 予約制ではないので、来た順である。早くも、開店待ちのお客があり、当方は、7番札をちょうだいした。
 入店と同時に、お店は満席。
 ランチメニューは1種類のみである。この日は、饅頭(まんとう)にエジプト塩を使った具材を挟んで食べる 「台湾プレート(2,000円/税込)」 なり。
e0358504_10312942.jpg
e0358504_10314411.jpg
 調味料に使われた、ロースとしたアーモンドやその他の素材でつくられた 「エジプト塩」 は、なかなかにおもしろい味でしたね。

 ボクは、ふだん、バゲットのスライスには、オリーブオイル+マジックソルト+バジル(パウダー)のディップをつくって食べる習慣なのだが、機会があったら、今度は、マジックソルトを 「エジプト塩」に替えて試してみることにしよう。
 自分用と、あのひとこのひと用のおみやげに、 「エジプト塩ミニパック(540円/税込)」 と 「エジプト塩レシピブック(378円/税込)」を購入して帰宅す。
e0358504_10335807.jpg


by misaochan3x7 | 2018-12-01 10:16 | 食べローグ | Comments(0)

巣鴨でえびフライ定食と肉まんを食すの巻。

【2018年11月11日(日)】

 169.png「アコースティックボイス2018 vol,31 ~ブルースを抱いて歌え!~」の会場である上野水上音楽堂を辞し、この日、ボクが次に向かったのは、巣鴨だ。
 お目当ては、 「ときわ食堂」 のえびフライ定食なり。
 東京都交通局が編集するフリーペーパー 「都電沿線情報マガジン さくらたび。」の2018年11月号 VOL.09に載っていた「ときわ食堂」のえびフライ定食がひどく気になり、これを食さんと、107.png巣鴨地蔵通り商店街に赴く。

e0358504_09034239.jpg
e0358504_08521018.jpg
 この前巣鴨地蔵通り商店街に来たのはいつのことだったろうか。
 お孫ちゃんが、まだ、さくらさんひとりの時に、息子夫婦と一緒にみんなで来たような気がするが、記憶はおぼろなのだ。
 さて、都営三田線を使って 「巣鴨駅」 に到着。
 記念のスタンプを押印して地上に上がらんとす。
e0358504_08524166.jpg
 おお、高齢者のまちだけあって、エスカレーターが上り用と下り用の両方あるのが、両脚の具合の悪くて歩行に支障をきたしているいまのボクには、大変ありがたいでございます。
e0358504_08530355.jpg
e0358504_08531688.jpg
 ほかの都市がどうなっているかは知らないが、JRにしろ、ほかの私鉄にしろ、あるいは都営の駅だって、下りのエスカレーターはあるが、上りは階段だけとか、両方階段だけとかバラバラで、東京は障害者にとって決して住みやすいまちではない。エスカレーターの数も圧倒的に足りないのだ。
 さて、お店に向かって商店街を歩く。
e0358504_08534823.jpg
e0358504_08540414.jpg
 あれっ!? こんな案内所は、以前前はあったっけな。2020年に向けて、外国からの観光客が増えているからなのだろうか。
e0358504_08542991.jpg
 日の丸の旗がはためいているが、これは日常的な風景なのだろうか。などと考えながらさらに歩く。
e0358504_08544131.jpg
 高岩寺(とげぬき地蔵)の前を通過。
e0358504_08560907.jpg
e0358504_08562407.jpg
e0358504_08593351.jpg
 そして、お店に到着だ。
 件(くだん)のフリーペーパーでは、お店の看板はひとつしか映っていなかったのだが、実際は看板はふたつあって、お店は中でつながっていたのである。
 店内はけっこう混んでいたので、ひとり客だったボクは、ほかのお客のことを考えてカウンター席に座ったのだが、丸椅子は固定式で、しかもテーブルとの間隔がものすごく狭くて、ひどくいごこちが悪かったのである。
 ものをこぼしやすい年寄りのための細工なのかもしれないが、この造作はいけねーや。成人男性にはきつい設計なのである。
 看板の数といい、店のつくりといい、現場に出向かなければわからないことは、あるですね。

 そんでもって、そのフリーペーパーでは、えびフライ定食が1,030円と書かれていたのだが、そんなメニューは存在しなかったのである。

 実際は、単品の 「えびフライ760円(税込)」 に「ごはん・味噌汁・お新香の三点盛りで270円(税込)」 というメニューをプラスしてはじめて 「えびフライ定食1,030円(税込)」 が完成するという仕組みだったのであ~る。
e0358504_09050975.jpg
e0358504_09051801.jpg
 あぶねーわ。
 あのさ、大事なことなんだから、ちゃんと書いとけよな。
「えびフライ定食」 のつもりで、「えびフライ」 だけを注文してたら完全にアウツだったじゃーねーかよ、ふんとにもう。
 目の前の貼り紙を見てやっと気づいたというわけなのである。
 たのむで、しかし。

 余談だが、関東風の配膳(ごはんが手前の左で、味噌汁は手前の右【写真上】)よりは、関西風の配膳(ごはんが手前の左で、味噌汁はごはんの奥【写真下】)の方がずっと食べやすい配置なので、最近は、配置を入れ替えることにしているのである。
 というのは、関西風の配膳だと、右利きであるボクの場合、ごはんと味噌汁の取り替える動きを左手を使って交互にお膳の左半分で自由に展開できるのだが、関東風の配膳では、ご飯と味噌汁の動きがえびフライの皿をはさんで交錯するので、ものすご~く不便なのだ。
e0358504_05511364.jpg
e0358504_05512229.jpg
 これは、前にTVで見た 「秘密のケンミンSHOW」 の大阪の秘密で教わった作法なのである。
 この大きさのエビフライが2本で1,030円(税込)の 「定食」 は、確かにお値打ち品ですね。ボクは、もうこの一食で満足しましたが。
 このあと、駅に移動する途中にも、 「ときわ食堂」 のほかのお店がありましたぞなもし。
e0358504_09085586.jpg
 そんでもって、駅前 にあるお菓子屋 「駿河屋」に向かう。
e0358504_09125446.jpg
e0358504_09131098.jpg
e0358504_21565352.jpg
e0358504_21532588.jpg
 この店で肉まんを買うのが目的なのだ。
 店の天井から外に湯気が勢いよく噴き出しているね。
 手のひらに乗る小さなサイズ。
e0358504_21521538.jpg
e0358504_21530722.jpg
 コンビニで売っている肉まんとは違って、ここの肉まんの具材の肉は、何やら舌を刺すような調味料の味がしなくて、実にやさしい味がするのである。
 それは、皮にもいえることなのである。
 さっきのえびフライとは違って、こっちは食べ飽きない味だな~。
 巣鴨に寄る機会があったら、ぜひ一度はお試しいあただきたい味なのである。
 え~っと、一年中売っているかどうかはわかりまてんが。


by misaochan3x7 | 2018-11-17 09:42 | 食べローグ | Comments(0)

「バーガーキング」 中野坂上店近日オープンの巻。

【2018年10月22日(月)】

 地元の新高円寺にあった 「バーガーキング新高円寺駅前店」 閉店のお知らせについては、108.png今年の6月8日(金)のスレッドで、すでに皆さまにお知らせいたしました。

 また、その後、 「バーガーキング新高円寺駅前店」 は、ラーメンチェーン店 「日高屋」 に変身したことも、117.png9月16日(日)のスレッドでお知らせしたとおりです。

 さて、その 「バーガーキング」 ですが、捲土重来、今度は中野坂上で勝負をかけようとしているようですね。
 オープニングスタッフ募集もしてますな。
 今度はうまくいきますように。
 ボクはなかなか行けないと思うけど。
 ところで、 「近日中」 って、いったいいつなんだYO YO YO!!

e0358504_21111834.jpg
e0358504_21114503.jpg
=======================================

【2018年10月24日(水)】 
 あ、ポスターが2枚増えて全面貼りになっとる。

e0358504_19463171.jpg

=======================================

【2018年11月8日(木)】 

 あ、「近日中」とは、11月6日(水)のことだったのか。

e0358504_03205670.jpg


by misaochan3x7 | 2018-10-23 21:13 | 食べローグ | Comments(0)

ギンビス製品とわたくし。

 ある日、仕事帰りの地元のスーパーストアで「ギンビス枝豆ノンフライ焼き(6パック入り)」という製品が目に入り、試しに購入してみると、甘すぎずしょっぱ過ぎず、絶妙な味のたてつけなのであ~る。
 素晴らしい!! さすが、ギンビスだ。

e0358504_10094249.jpg
e0358504_10095077.jpg
e0358504_10095768.jpg
 後日、もう一度同じ製品を見つけに店に行ったが、もう店内のどこにもその姿を見つけることはできなんだ。
e0358504_10124746.jpg

 続けて、ギンビスネタ第2弾。
 今度は、「ギンビスたべっ子水族館(5パック入り)」編だ。

e0358504_10100718.jpg
e0358504_10101234.jpg
e0358504_10102125.jpg
 この製品も、ある日、仕事帰りの地元の上述のスーパーストアで見つけた製品なり。
 177.png先日の3人目のお孫ちゃんの1歳の誕生日をことほぐ3家族(ボクと奥さん、お嫁ちゃんのご両親とお嫁ちゃんの末妹、そして、息子一家)の集いに持参す。

 その時、味見はしてみなかったので、後日、生協の宅配サービスで同じ製品を購入して食してみたところ、チョコのしみしみ感がハンパないっす!!
 ほんと、ハンパないんすわ!!(2回いった)
 こちらも、ギンビスならではのシュアーな味の設計なのであった。

 感無量なり。南~無~。


by misaochan3x7 | 2018-08-29 10:12 | 食べローグ | Comments(0)

夏の到来を告げる日高屋の「冷やし麺」の巻。

【2018年5月27日(日)】

 ジャポンもそろそろ雨期だよね。
 九州地方はもう、突入している模様。
 176.pngネットの予想情報では、TOKIOは来週末のようである。

 さて、夏の到来を告げる日高屋の「冷やし麺」だ。

e0358504_04103357.jpg
 このお店でボクが唯一惹かれるのが、このメニューなのである。
 麺と具材が別々に盛られてくるのがよい。
 それを、客自らが混ぜ合わせるというスィステム。
 甘酸っぱい出汁(ダシ)は、ボクの好みの味。細切りのハムと錦糸玉子も

e0358504_04110308.jpg

 これで530円は、お得なり。

 あらためてネットで調べてみたら、店の名前は174.png「熱烈中華食堂 日高屋」となっていたので、ちょっとビックリしたのである。
 そんなに熱烈なんだっけ!?

 というわけで、別々に盛られてきた麺と具材を自らの手で合わせる。
 これが、けっこう楽しい。

e0358504_04104304.jpg
 店のオペレーション的には、ひとつの皿にいっぺんに盛り付けた方が、洗い物む含めて、手間も楽なはずだが、この店は、その選択肢を取らなかった。
 なかなかのものだと思いますね、ボクは。
e0358504_04135746.jpg

【追伸】
 ところで、客に一手間かけてもらうという観点では、東京都中野区に、〝自分で作って食べる最中のキット〟を販売している125.png(有)丸井商店という店がありますのじゃ。


by misaochan3x7 | 2018-06-02 04:12 | 食べローグ | Comments(0)

どうぶつヨーチとわたくし。

 3月29日(木)、すなわち、60歳の誕生日の前日、筋痛症の治療を始めた高円寺の診療所のカウンセラー氏の助言に従い、1977年に大学入学のために上京してから開始した飲酒の習慣を、今後の治療の結果のことを考えて、きっぱりやめることにしたのであ~る。

 飲みも飲んだり41年。飲むとついつい深酒をすることになるので、やめ時はここかもしれないなと思ったのだ。
 なので、誰かと飲み屋に入る時は、いまはウーロン茶だ。
 東中野にある行きつけの音楽酒場「じみへん」も、いままではウィスキーのボトルをキープしてハイボールにして飲んでいたのだが、いまや、店にいる3時間はコーヒー1杯で全然平気になってしまったのである。

 もともと甘党のボクなのだが、そいうわけで、最近はますます甘いものを食べる機会が増えてしまったのだ。
 で、最近ハマっているのが、このお菓子。どうぶつヨーチ。108円(税込)。
 ビスケットの上にかかった砂糖の甘さ、それに、サクサクしたビクケットとガリっと割れる時の砂糖の食感がタマらんです。
e0358504_00170433.jpg
 ヨーチってどういう意味かなって気になって調べてみたら、108.png何じゃいこの回答は!!
 ぎゃふん!!
e0358504_00304509.jpg

by misaochan3x7 | 2018-05-21 00:21 | 食べローグ | Comments(0)

GWア・ゴーゴー2018.<上野の甘味処「みはし」に行って来ましたよん♪の巻>

【2018年5月5日(土)・

 GW2日目。
 上野の甘味処「みはし」は、以前からずっと行きたいと思っていた場所なのである。

e0358504_03215460.jpg
e0358504_03220174.jpg
 この日、近くに用事があったので、白玉クリームあんみつを食す。720円なり。
e0358504_03220946.jpg
 失敗しない味であることはわかっていたので、一度行けば溜飲が下がり満足するのだった。
 南~無~。



by misaochan3x7 | 2018-05-18 02:50 | 食べローグ | Comments(0)

「スパゲティーのパンチョ」のミートソース300gはおいしかったけど、ちょっと量が足らなかったなの巻。

【2018年4月5日(木)】

 仕事帰りに、晩ごはんを食べに「スパゲティーのパンチョ」御徒町店にイン。
 この日は、ミートソースを食すのが目的。
 178.png前回、はじめて入店して食べたナポリタン400gは量が多過ぎたので、今回は300gを試みる。

e0358504_08171493.jpg
 ナポリタンよりミートソースの方がボクの好みだわ。
 ウマいす!!
 でも、なぜかミートソースだと300gでは少々量が足りない感じ。
 次回は、400gを注文することにしよう。


by misaochan3x7 | 2018-04-07 08:18 | 食べローグ | Comments(0)

「スパゲティーのパンチョ」御徒町店 入店記。

【2018年3月18日(日)】

 この日、念願の125.png「スパゲティーのパンチョ」御徒町店に入店を果たす。

e0358504_20001975.jpg
e0358504_20002921.jpg
 地下に降りると、店内は満員。
 券売機を使って注文したのは「ナポリタン目玉焼き」。740円なり。
 店の女の子に食券を渡すと、量はどうしますかという。
 300g、400g、600gと3種類のタイプがあるようだ。
 はじめてのことなので、とりあえず400gを注文。
 店の女の子が注文の品を持って来た時、彼女はそれを「並盛り」といってテーブルの上に置いたのである。

 なぬッ!? これで「並盛り」!?

e0358504_20003607.jpg
 食べ始めてわかったのだが、400gって、結構な量なのである。
 相席になった常連と思われる目の前のおっさんのスパは山盛りになっている。
 おそらく600gのナポリだ。
 片手で文庫本を読みつつ、なれた手つきでもう一方の手にしたフォークで麺を次々に口に運びながら、おっさんは、時々、かけ放題の粉チーズをふりかけてハイペースでナポリをペロリとたいらげると席を立ち、悠々と退店したのだった。

 それにしても、600gを注文しなくてよかったわ~。
 400gでもボクには多過ぎるくらいの量なのだ。
 それに、途中で味に飽きてしまい、タバスコをかけたり、粉チーズで味を変えたりしてようやく完食するといったありさまだったのだ。

 やっぱり、アルデンテでないゆで麺のふくれ具合というか、麺の量は、ハンパないんすわ!!

e0358504_20341305.jpg
 今度食べに来る時は、麺は300gにして、ミートソースを注文してみることにしよう。
 「ソーズが少ないミートソースはゆるさない!」と、パンフレットは豪語しているのだぜ。
e0358504_20004444.jpg
e0358504_20005004.jpg


by misaochan3x7 | 2018-03-20 20:03 | 食べローグ | Comments(0)

2017年9月8日(金)で閉店したスパゲッティナポリタンの店「パンチョ」  御徒町店 復活の記。

【2018年3月12日(月)】

 118.png昨年の9月8日(金)で閉店したスパゲッティナポリタンの店「パンチョ」御徒町店。
 閉店の理由は、営業不振ではなく、入店しているビルの耐震調査のためということであった。

 あのですね、どうやら、その耐震調査とやらは終わったようで、先週3月9日(金)の仕事帰りにこの店の前を通ったら、なんと店の看板が復活しているではないですか!!
 そんでもって、週明けのけふ、店の前を通ると、開店祝いまで届いているではありませんか。
 てっきり、「耐震工事=ビル解体」と勘違いして思い込んでいたのですが、耐震調査なら、ビルの取り壊しはなくても大丈夫ですわな。
 半年ぶりの復活というわけである。

 177.png2017年9月21日(木)

e0358504_21195219.jpg
 177.png2017年10月6日(金)
e0358504_21195903.jpg
 177.png2018年3月12日(月)
e0358504_21262499.jpg
e0358504_21263137.jpg
e0358504_21264277.jpg
e0358504_21265320.jpg
 夜、この店の前を通って家路に向かう時、ひとりのサラリーマンがこの店の地下に吸い込まれていったのを目撃。
 心なしかその背中は、久しぶりの開店によって喜々として映って見えたのだった。
 よし、近いうちに満を持してこの店に突撃することにしよう。
 押忍!!


by misaochan3x7 | 2018-03-12 21:28 | 食べローグ | Comments(0)