カテゴリ:キャラ立ち( 61 )

地獄の底からの脱出の巻。

 先日、携帯に届いた粋なジャンクメール。

 地獄の底から脱出するのは今しかありませんよ。

 地獄の底にいるとは思わないが、ずっと地上の煉獄に生きていることは確かなんだよな。
e0358504_14113056.jpg
e0358504_14165688.jpg

 


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-06-16 14:12 | キャラ立ち | Comments(0)

「老人ポスト」「老人現代」、そして、老人の入口に立ったボク。

 誰かがいったよ、「老人ポスト」「老人現代」とね。
 たしかにそうだ。
 読者がそのまま老人になっていくから、そうなるのだろう。

 177.png讀賣新聞(朝刊)2018.6.4(月)

e0358504_10101726.jpg

177.png讀賣新聞(朝刊)2018.6.10(日)

e0358504_10102365.jpg

 サラリーマン向けの週刊誌なんて、いまの若い人が買いそうにはないからね。そもそも、壮年のボクでさえ(60歳なのだ)、週刊誌を買う習慣なんてないもんな。
 そういえば、去年亡くなった父親は、なじみの本屋さんに「週刊現代」を毎週届けてもらって読んでいたっけな。
 ボクが少年の頃、実家に住んでいた1970年代のことなのさ。
 そのボクもいつの間にか老人の入口に立っているのである。なぜなら、体のいろんなところが痛いし、この頃、やけにおしっこが近くなったんだ。(><)


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-06-16 10:08 | キャラ立ち | Comments(0)

そこは濁らないでほしいと思いますね、ボクはの巻。

 いつも乗る電車のドアに貼られた広告。

 「どうせ味わうなら、
  ほろにがいぐらいの
  夏がいい。」

e0358504_09364198.jpg
 く~っつ。
e0358504_09424427.jpg
 できれば、「ぐらい」は、「くらい」にしてほしかったんだよな~。

「どうせ味わうなら、
 ほろにがいくらいの
 夏がいい。」

 
e0358504_10021336.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2018-06-10 09:58 | キャラ立ち | Comments(0)

日大藝術学部藝術資料館企画展「-オリジナルプリント展- Life 命の輝き -Portraits-」に行って来ましたの巻。

【2018年6月2日(土)】

 いま、何かと話題の日本大学。
 この日は、カメラマンの福田文昭さんのお誘いで、174.png日大藝術学部藝術資料館企画展「-オリジナルプリント展- Life 命の輝き -Portraits-」を見るために、西武池袋線「江古田」で降りて、藝術学部江古田キャンパスへと向かう。

 この地には、3つの大学があり、文教地区となっているのであ~る。

e0358504_20031644.jpg
e0358504_20024876.jpg
e0358504_20025782.jpg
e0358504_20030738.jpg
e0358504_20042018.jpg
 待ち合わせ場所の、キャンパス内の敷地で待ち合わせ。
 この日集まったのは、福田さん、ボクも含めた7人のおっさんたちだ。

 塀のない広大で近代的なキャンパス。

e0358504_20034853.jpg
 142.png今回の一連の騒動で、義憤に駆られた日藝生のバリストでもおっぱじまったら、さぞかし痛快なことだろうなどと思いきや、キャンパスには、この貼り紙が貼られていたのみ。
e0358504_20054708.jpg
e0358504_19481420.jpg

 この日の参加者である日藝OBから聞いた話では、その昔、塀はなかったものの出入りは比較的自由であったそうだが、いまは、塀がなくなった代わりに、キャンパス内には何人かのガードマンが立ち、本日の企画展に際しては、受付に用意された名簿に名前と連絡先の電話番号を記入し、代わりに渡された番号入りの入館証を首から提げての入館となり、セキュリティーは、より厳しくなったようなのである。
 つまんねーの!!

 ついでながら、この日、日藝OBから今回の一連の騒動に関して発せられた、「日本大学藝術学部は、独立して『日藝』という名前に変えればいいのに」という発言は、なかなか含蓄に富んだ発言だと感じたのである。

 さて、西棟に入り、エレベータで会場へ。

e0358504_20043245.jpg


 入り口掲げられた案内パネルには、1972年から同学部が始めた古今東西のオリジナルプリント所蔵の結果集めた2,000点だか3,000点の作品の中から、今回95点を選んでの展示となった旨が記されていたのである。
 そして、その中には、林忠彦氏が撮った太宰治と坂口安吾のあの有名な写真もあり、ボクは、この2点に反応したのだが、でも、別にオリジナルプリントであることに特別な感興はなく、複製された印刷物で十分満足できるのだ。

e0358504_20234307.jpg
e0358504_20234962.jpg

e0358504_20201066.jpg
e0358504_20203231.jpg
 見終わったあと、みんなでお昼ご飯を食べて解散。
e0358504_20314562.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2018-06-04 20:11 | キャラ立ち | Comments(0)

しぼんじゃった高木ブー。

 ああ、しぼんじゃったな~、高木ブー。
e0358504_04315073.jpg



[PR]
by misaochan3x7 | 2018-05-19 04:35 | キャラ立ち | Comments(0)

うんこと生き方。

 出版不況が叫ばれて続けて久しいが、一発当たればまだまだおいしい“水商売”であることは間違いないだろう。
 最近のビッグ・ヒッツでいえば、「うんこ漢字ドリル」と「漫画 君たちはどう生きるか」だ。
 「うんこ漢字ドリル」は、108.pngシリ-ズ累計販売部数が260万部というスレッドを見つけたし、いま書店に積み上げられている「漫画 君たちはどう生きるか」も、「200万部突破!」を喧伝している昨今なのである。

e0358504_03155128.jpg
e0358504_03155723.jpg

 さて、二匹目のどじょうを狙った二本目のうんこと思われる「うんこ図鑑」の新聞広告に遭遇(日本経済新聞 朝刊 5月16日(水))。
 監修は、荒俣宏。この版元知らないなー。

e0358504_03063608.jpg
 動物であれば、うんこだけしていれば生き方は問われないのだが、人間でいる限り、われわれは、うんこはもとより、生き方からも逃れられないのだ。

 GO!! GO!!(業!!業!!)ヒューマンビーイング!!
 


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-05-19 02:59 | キャラ立ち | Comments(0)

乱行倶楽部虎の穴の白木葉子からのメールを受信。

【2018年5月17日(木)】

 けふ、携帯電話に届いたジャンクメール。

 「乱行倶楽部虎の穴の白木葉子です。
 是非、一度、乱行倶楽部虎の穴にお越しくださいませ。」

 虎の穴とは、いわずと知れたタイガーマスク=伊達直人が地獄の特訓を課せられた悪役プロレスラー養成所。
 そして、白木葉子は、「あしたのジョー」に出てくる財閥令嬢で白木ジムの若きオーナー兼プロモーターだ。
 ともに、梶原一騎が作り上げたフィクションの産物なり。

 このエロサイトの勧誘メールの作成者は、女ではなく、間違いなく梶原一騎ファンちゅうかマニアの60代のおっさんだ!!(笑)
 
e0358504_04073959.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2018-05-18 04:08 | キャラ立ち | Comments(0)

英会話「NOVA」の入会はともかく、表参道「メリリッサ」のオーダーケーキには、大いに興味があるな。

 いま、英会話の「NOVA」に入会すると、うさぎケーキがもらえる178.pngキャンペーン(7.31(火)まで)をやってるそうな。
 入会はともかく、ケーキには大いに興味があるな。
e0358504_03415936.jpg
 左のケーキのクリーム、何だかウマそうだな。
 むかし、子どもの頃食べたクリスマスケーキを思い出したんだ。
 奥さんはぜんぜんおいしそうだとは思わないっていってたけどね。
 表参道のケーキ屋の名前「メリリッサ」って、
 
e0358504_03433144.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2018-05-18 03:47 | キャラ立ち | Comments(0)

やっぱり、ホリエモンの考えることは、おもしろいな~。(後日、訂正あり)

 やっぱり、ホリエモンの考えることは、おもしろいな~。
 好きだわ、この男の発想。

e0358504_03291000.jpg

 ちなみに、autolookというメーラーで新しいメールを書くとき、「Ctr」+「N」を叩くと、投稿画面がスグに起ちあがって来るという“早ワザ”をあなたは知ってたかな?
 むかし読んだ彼の本で教えてもらったんだ。
 ありがとう、ホリエモン。

【追伸】
 あっ!!
 これ、ホリエモンの著書じゃないね!!
 ホリエモン推薦の本だわ。
e0358504_05474334.jpg
 彼の写真が入っているから、てっきりそう勘違いしてしまったよ。
 あとで気付いたんよ。お恥ずかしい。
 それほどホリエモンの看板力はあるってことだわさ。
 大した男よ。
 推薦するってことは、「信用貸し」ってことなのである。
 本がつまらなければ、ホリエモン自身が信用を失うってことだから、ホリエモンもリスクを負っているわけだ。
 そのリスクを越えて、この本の著者の発想は、ホリエモンの琴線に触れたのに違いない。


 

[PR]
by misaochan3x7 | 2018-05-18 03:30 | キャラ立ち | Comments(0)

腸にチョコ、チョコ、乳酸菌。バックに流れる曲が。

 腸にチョコ、チョコ、乳酸菌。



 バックに流れる曲が、この曲そっくりで
e0358504_17324210.jpg
 世間では、それをパクリというのであろうか。
 んがしかし、いいものはいいので、ボクは少しも気にならないんだよな。




 さあ、この曲をバックに、「腸にチョコ、チョコ、乳酸菌」って、歌ってみようよ!!
 気分がよくなること、うけあいだよ!!


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-03-31 17:37 | キャラ立ち | Comments(0)