<   2017年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

性的聖夜について。

【2017年12月25日(月)】

 結局、クリスマスなんて、168.pngそういうことなんすよ。
 この日、ウマいことやれるヤツと、ぼっちのヤツと。
e0358504_20353216.jpg




e0358504_20454971.gif

[PR]
by misaochan3x7 | 2017-12-25 20:38 | キャラ立ち | Comments(0)

音楽仲間の戸谷(とや)さん主催の忘年会に行って来ましたよ、ブラザー。

【2014年12月24日(日)】
 
 世間的には、クリスマス・イブである。
 そーれがどーした~、ボク、ドラえもん~169.pngといったところである。 
 かーっ、ペッツ!

 さて、わが音楽仲間の戸谷(とや)さん(フォークグループあじさい、ドーンズ所属)主催の忘年会に行かねば。
 というわけで、会場である「ギャラリー古藤(ふるとう)」に午後3時半過ぎに到着。
 けふは、奥さんに車で送ってもらったのだった。

e0358504_21574076.jpg
e0358504_21575543.jpg
 おお、会場には、たくさんのご馳走と酒が。
e0358504_21580504.jpg
e0358504_21581528.jpg
 ステージでは、参加者が好きに歌うことができる2daysなり。
e0358504_22042734.jpeg
 演者は次々に自身のパフォーマンスを披露。
 ボクもソロで4曲歌い、仲間の伴奏でさらに2曲を歌い、大いに楽しむ。
 戸谷さん持参の屏風が、実にいい味をかもしていたのだった。
e0358504_22050223.jpeg
e0358504_22051061.jpeg
e0358504_22051896.jpeg

 VIVA!!音楽のある生活。
 音楽を分かち合える仲間!!

e0358504_22055702.jpg
e0358504_22060683.jpg
e0358504_22061735.jpg
e0358504_22062738.jpg
e0358504_22063651.jpg
e0358504_22064488.jpg
e0358504_22065703.jpg
e0358504_16094225.jpg
e0358504_22070900.jpg
e0358504_22072269.jpg
e0358504_22073450.jpg
e0358504_22160398.jpg
e0358504_22161484.jpg
e0358504_22162851.jpg
e0358504_22164251.jpg
e0358504_22165427.jpg
e0358504_22170948.jpg
e0358504_22172205.jpg
e0358504_22173404.jpg
e0358504_22174644.jpg
e0358504_22175954.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-12-25 20:25 | 音楽とわたくし | Comments(0)

息子の家でクリスマス会2017の巻。

【2017年12月23日・(土)】

 177.png去年のクリスマスには、このおのこはいなかったよね。

e0358504_21073716.jpg
e0358504_21074792.jpg
 そして、息子たちの住まいは新しい家に変わったのだった。
e0358504_21075452.jpg
e0358504_21080346.jpg
 1年経つといろんな変化があるものだ。来年はどうなっていることだろう。
 きっと、あっという間に来ると思われるな。
e0358504_21081209.jpg
e0358504_21082660.jpg
e0358504_11451668.jpg

 177.png追伸
 4歳児と2歳児に超やられまくっているじーさんの図なのだ。かわいそう。
 あのですね、彼らに手加減という概念はないんすよ。(笑)

e0358504_21083577.jpg
e0358504_21084551.jpg
e0358504_21085460.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-12-25 20:23 | お孫ちゃん物語 | Comments(0)

憲法フォークジャンボリー in 彩の国の「2018望年ライブ」に参加しましたの巻。

【2017年12月17日(日)】

 ボクがリードボーカルを務めるアコースティックユニット「DMM.タガメ(ディー・エム・エム・ドット・タガメ)」の今年最後のステージ。
 ただし、三線のタガメ氏は、今回はよそのお座敷がかかっていたので、3人で参加。

e0358504_09262526.jpg
e0358504_09293857.jpg
 会場は、埼京線与野本町(よのほんまち)駅から近い「与野本町コミュニティーセンター多目的ルーム」。
e0358504_09223483.jpg
e0358504_09224639.jpg
e0358504_09225545.jpg
 全10組が出場し、それぞれの表現で自己実現を図るのだ。
 わが「DMM.タガメ」は2番目の出場で、25分の枠の中でこの日演奏した曲目は以下のとおりなり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 1.海に向かって(カバー)
 2.チャイルドソルジャー(オリジナル)
   ※アフリカの少年兵の悲劇を歌う。
 3.さようなら世界夫人よ(頭脳警察カバー)
 4.Alone In My Room(ボクのオリジナル曲)
 5.キャピタリズムソルジャー
   ※チャイルドソルジャーのスピンオフ曲。歌詞がボクのオリジナルなのだ。
 6.鳩を飛ばそう(オリジナル)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 主催者による説明~リハーサル風景。

e0358504_09241694.jpg
e0358504_09232169.jpg
e0358504_09233193.jpg
e0358504_09234138.jpg

 出演者順に写真をアーカイブ。残念ながら、わがユニットの写真はない。

e0358504_09405202.jpg
e0358504_09410552.jpg
e0358504_09411460.jpg
e0358504_09414495.jpg
e0358504_09415787.jpg
e0358504_09421673.jpg
e0358504_09424696.jpg
e0358504_09425910.jpg
e0358504_09431168.jpg
e0358504_09432348.jpg

 本日のわがユニット「DMM.タガメ」の出来は、時間配分のコントロールも含めて、あんまり大したことはなかったですね。
 時間が余っちゃったもんな。ぐすん。
 あのですね、メンバーのどんぐりさんがいみじくもいったこのひとことに象徴されとりますな。

 「本番は(練習とは)違う」

 うわーい!!

 何はともあれ、酒だ、酒だ、酒だー!!

 終了後、会場を「産業文化センター」に移しての交流会なのだ!!
 この日ステージに上がらなかった人を中心に余興が続き、お開きとなる。

e0358504_09473936.jpg
e0358504_09475395.jpg
e0358504_09480575.jpg
e0358504_09481799.jpg
e0358504_09482645.jpg
e0358504_09483715.jpg
e0358504_09484907.jpg
e0358504_09503047.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-12-19 01:24 | 音楽とわたくし | Comments(0)

FROITO(フロイト)のレコ発ライブに行って来ましたの巻。

【2017年12月16日(土)】

 友人の162.pngまりちゃん(フレンチ・イタリアンのシェフにしてパティシエ)がドラムスを担当する変拍子インストバンドFROITO(フロイト)のレコ発ライブに赴く。

 会場は、新宿の169.png「ナインスパイス」。

e0358504_20333186.jpg

 各バンドのベースとドラムスの爆音が鼓膜を破り、心の臓を突き上げそうな激烈・過酷な音環境に4時間(18時~22時)耐え抜く。
 よくやったね~、おじいちゃん!!(ボクのことさ)

 タイプの違う6バンドがおのおののスタイルで演奏し、トリでFROITO(フロイト)の登場だ。

e0358504_20334751.jpg
 ボクのライブの感想は、114.png2008年の時の感想と同じなり。

 まりちゃんが自らの奏法を「庶民派」と自称する彼女のスタティックなドラムが、気持ちのいいグルーヴを紡ぐ。
 彼女がいかにメンバーから信頼されているかがわかろうというステージだったのだ。
 友人として満足です。
e0358504_20341218.jpg
e0358504_20342293.jpg
e0358504_20410894.jpg
e0358504_20344373.jpg
e0358504_20350279.jpg
e0358504_20413825.jpg
 最後に、162.pngminakumari(ミナちゃん)とのジョイント。
 いくつになってもミナちゃんはかわいい人だな~。
e0358504_20361505.jpg
e0358504_20364770.jpg
e0358504_20370600.jpg
e0358504_20371966.jpg

 で、最後は、ふらふらになりながら、老体にむち打ち会場を後にして家路に着く。
 何しろ、この日は宮崎出張(1泊)からの帰りで、羽田空港から直行しての参戦だったのでー。

 ぎゃーっつ!!


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-12-19 01:21 | 音楽とわたくし | Comments(0)

わが愛しの アンナミラーズ、ウェンディーズ、シェイキーズ。

 過日、都内で開かれた着座式の会食の席で、デザートに出されたパイの生地が厚すぎ、かつ、全然おいしくなかったので、

 やっぱりパイは 「アンナミラーズ」 ですわな~

と隣に座った人にふとボクが放ったそのひとことに、自分が自分でひどく反応してしまい、急に「アンナミラーズ」のパイが食べたくなってしまったのだった。
 ちなみに、この席上でのパイ以外の食事もすべておいしくはなかったのだが、出されたものを完食したのは、ひとえに貧乏性ゆえの悲しさなり。

 さて、そんなある日、今度は音楽仲間らと飲んでいた席で「アンナミラーズ」のことを話したら、さっそく同席のひとりがタブレットで店を検索してくれたところ、何といまや店舗は都内にひとつしかないことが判明したのである。

 エーーーーッツ!!
 そげなフーリッシュなーーッツ!!

e0358504_10262087.jpg

 むかし、目黒にある店にチーズケーキかなんかをホールで買いに行ったことがあるぞ!!
 でも、息子が生まれる前か、生まれたちょっとあとだったかもしれないから、30年くらい前の情報なんすけどね。

 で、自分でも店舗情報を調べ直したら、たしかに高輪店の1店舗だけになっていたんだわさ。
 いろんな意味でショックなり。
 おしゃれな店の雰囲気とパイのおいしさだけではなく、この店の制服こそが、アキバ萌え系のはじまりであり、絶対領域へと向かう〝欲望の架け橋〟なのであるから。

e0358504_10333523.jpg

e0358504_10332690.jpg

 ついでなので、関連スレッドを貼っておこう。

 ■アンナミラーズ 高輪店
 
 ■「アンナミラーズ」を絶やしてはならぬ! 最後の1店舗でその魅力、再発見 最後の1店舗となった「アンナミラーズウィング高輪店」マイナビニュース
 
 ■アンナミラーズとは - ニコニコ大百科
 
 ■常盤貴子がドラマでバイトしてたとこだっけ?
 
 ■井村屋株式会社 事業紹介 企業情報
 日本のアンナミラーズの店舗経営は、井村屋がフード事業として行っているゆうのんは知ってはりましたか?

 あとですね、ボクが社会人となった1981年に、当時の職場があった恵比寿のJR駅南口に「ウェンディーズ」が出来、ボクはここのチリビーンズとカップアイスをこよなく愛していたのだが、やがてこの店も消えてしまい、ケンタッキーフライドチキンに替わってしまったのは、いつのことだっけか?
 この間、赤坂見附で店舗を見かけたので、店舗情報を調べてみたのです。
 ファーストキッチン(たしか、サントリー系だったよね)が経営してるみたいだね。
 そういえば、飯田橋にも店があったことを思い出したんよ。

 ■Shop Search - Wendy's x First Kitchen

e0358504_20025522.jpg
 
 さて、最後に、ピザのシェーキーズについて。(たしか、ここはKIRIN系だったような)
 これも30年以上前のこと。当時、ボクは独身で、職場が広尾にあったので、広尾にあったお店で、お昼に時々ここのランチバイキングを食べていた記憶あり。
 ボリューミーなピザは、コーラで流し込むと、そのおいしさが一層引き立ち、ボクはこのメニューをこよなく愛したものだった。
 瓶に入った目の粗い赤唐辛子のシーズニングもボク好みだったのさ!!

 時はたち、シェイキーズに行くこともなくなった日々の中で、荻窪に店があることには気づいていたので、いつかここに行ってやろうと思っているうちに、荻窪店はなくなったしまったのだった。
 いまでもランチバイキングをやっているなら、また行ってみたいのものである。
 じわわ~ん。
 ■シェーキーズ 店舗情報

 いや、それにしても、いまだに知識のすべてが30年前の情報をベースにしている自分の古さにあきれ返ってしまうのである。

 ぎゃふん!!

177.png追伸

 シェイキーズの"ランチバイキング"、あるね!!

e0358504_19534109.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-12-19 01:15 | キャラ立ち | Comments(0)

憲法フォークジャンボリー in 東京の「望年会」に参加しましたの巻。

【2017年12月9日(土)】

 長年親しんだ労音お茶の水センターでは最後となる憲法フォークジャンボリー in 東京の「望年会」を開催。
 昨年の模様は、169.pngこちらで

e0358504_10103664.jpg
e0358504_10105592.jpg
 この日集まった善男善女は、全部で30人。
 スタート時は人数が少なく、どうなることかと気を揉んだものの、その後、参加者は次々と来場。
 最後は、会場はぎっしりだったので、もっと人がいるように思えたのだが、あとで人数を聞いてその数だったので、逆にびっくりしたのである。
 新しい参加者が来場する度に乾杯を繰り返し、歌・歌・歌、酒・酒・酒と宴は続くのだった。
e0358504_10113692.jpg
e0358504_10124502.jpg
e0358504_10140954.jpg
e0358504_10142690.jpg
e0358504_10150292.jpg
e0358504_10151423.jpg
e0358504_10153541.jpg
e0358504_10154973.jpg
e0358504_10171037.jpg
 来年のことをいうと鬼が笑うとはどういう意味なのか、この年になるまでいまだにわからないのだが、手帳の高橋が「もうほとんど2018年ですよ!」というとおり、この時期、もうほとんど来年である。
e0358504_10191705.jpg
 さあ、憲法フォークジャンボリー in 東京、来年はどうなりますやら。
 いろんな意味で、「来てます!!」
e0358504_10235129.jpg
e0358504_10283509.jpg
e0358504_10290509.jpg
e0358504_10293455.jpg
e0358504_10300533.jpg
e0358504_10303572.jpg
e0358504_10310717.jpg
e0358504_10313799.jpg
e0358504_10354937.jpg
e0358504_10362750.jpg
e0358504_10365714.jpg
e0358504_10372832.jpg
e0358504_10375727.jpg
e0358504_10382855.jpg
e0358504_10390027.jpg
e0358504_10393045.jpg
e0358504_10440332.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-12-19 01:10 | 音楽とわたくし | Comments(0)

さくらさんのお遊戯会に行くの巻。

【2017年12月9日(土)】

 3人のお孫ちゃんのうち、長女のさくらさんが通う幼稚園の年中組 「任侠ひばり組」(ウソ)のお遊戯会があるというので、奥さんとふたりで観に行くの巻。

 うわっつ!!
 息子のお嫁ちゃんからもたったプログラムによると、早朝からのスタートではないか。

e0358504_10170112.jpg
 諸事情があって、現在、奥さんは車の運転を控えているので、息子に車での送迎を頼むことにしたのだった。
 朝が早かったので、着替えが間に合わず、ボクはパジャマの上に防寒具を着用しての出発となったのであ~る。

 前回訪れた時は「敬老会」だったので、じーさん、ばーさんだけだったのだが、今回は園児の父兄がたくさん集まるので大変なのだ。

e0358504_10174367.jpg
e0358504_10175316.jpg
 会場に到着すると、早くもホールは父兄でいっぱいだ。
 あちこちにヴィデオ・カメラを乗せた三脚が並ぶ。

 さて、「ひばり組」の最初の出し物は「かちかち山」だ。
 さくらさんの役は、おばあさんだと聞いていたので笑ってしまう。
 なぜなら、赤子も同然の幼稚園児がおばあさんになるというのが、ボクにはすご~く面白く感じられたからなんだ。

e0358504_10182311.jpg
e0358504_10183501.jpg

 あのですね、ストーリー運びは、正直よくわからないつくりだんたんですわ。
 でも、驚いたのは、おじいさん役が一人ではなく、4人いたことである。(笑)
 4本しめじなのだ!!
 (白土三平の忍者漫画に出て来る分身術。4分身なり!!)

 役がつかない子がひとりもいないように、全員に役が振られているようなのだ。たぶん、うるさい親がいるんだろうな、昨今は。その対策と思われる。
 で、さくらさんの演じるおばーさん役は、3人のおなごが当たっていたのであるよ。
 こっちは、3本しめじでなのである。

 おじーさん役は、白いまゆげや白いひげを付けていたからそれらしかったんだけど、おばーさん役はノーメイクだったので、ちっともおばーさんらしくなかったんだわさ。

e0358504_10184330.jpg
e0358504_10185369.jpg
e0358504_10190256.jpg
e0358504_10191241.jpg

 続く、合奏、合唱を観て、早々に引き上げる。

 お嫁ちゃんのお父さんも来られていたので、大人5人、子ども3人で車に乗って寿司チェーン店に行き、お昼を食べてから息子の家でちょっとくつろぎ、解散。
 息子の運転する車に奥さんともども乗せてもらって帰宅す。


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-12-19 01:07 | お孫ちゃん物語 | Comments(0)

福田文昭さん(記録写真家)の2017年。

 福田文昭さん(記録写真家)の2017年だ。

 「明るい多喜二」というタイトルは、官権に辛酸をなめさせられた福田さんならではの反骨が光ったすごくいいタイトルである。

 すばらしい!!

 次回(1/28・月)の“朗読ボクシング”もいい企画なり。早速、ボクも何か出し物を考えねばね。

e0358504_00212672.jpg
e0358504_00245279.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-12-09 00:21 | キャラ立ち | Comments(0)

父のこと、佐々木 邦のこと。

 11月のとある休日(土曜日だったか日曜日だったかは、もう記憶にない)、地元の図書館にチャリで赴く。

 以前は足繁く通った図書館だが、いまや調べたいことはだいたいネットで用が足せるので、図書館に行く頻度は激減した。
 この日は、奥さんにたのまれて、図書館に置いてある資源回収用(新聞紙用)の紙袋ををもらいに行ったのである。

 入口付近で必要な数の紙袋を入手すると、かたわらに「リサイクル本」の棚があるのが目に入る。図書館で用済みとなった蔵書を、区民は上限10冊で、無料でもらえるのだ。

 この日、ボクは、2冊の「リサイクル本」をもらうことにしたのだが、その中の1冊に、「評伝 佐々木邦 ユーモア作家の元祖ここにあり/小坂井 澄 著」という本を選んだ。

e0358504_22053150.jpg
 170.png今年の1月に亡くなった父親(1931~2017)享年85歳は、生前、この作家(1883年(明治16年)~1964年(昭和39年))のことが好きだったようなことをいっていたのを、ふと思いだしたからなのだ。
 確か、ユーモア作家だといっていた記憶があるな。

 死に近い最晩年、認知症となった父は、亡くなる前に体調を崩して入院していた。
 そうなる前に電話で父と話をしたとき、ある本を読みたいので探してくれとボクにたのんできたのだが、確かその本は、佐々木 邦の作品だったのではなかったか。

 ちゃんと聞いておけばよかったと、いまあらためて強い後悔をおぼえるのだが、父の亡くなったいまでは、それが、佐々木 邦の作品であったかどうかは、もう確かめようがない。

 死んでからでは、すべてが遅いのである。そうさ、懺悔の値打ちさえないのさ。われながらシデー息子であることよ。
 ごめんね、おとうちゃん。

e0358504_22093542.png


[PR]
by misaochan3x7 | 2017-12-05 22:09 | 自分遺産 | Comments(0)