<   2018年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

あじさい枯れる夏は目前。

【2018年6月30日(土)】

 どうやらTOKIOは雨期が明けた模様である。
 今年は雨が少なかったよな~。水は大丈夫なのだろうか。
 近所のあじさいはすっかり枯れ模様。
 もう夏は目の前なのだ。
e0358504_13325752.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2018-06-30 13:42 | 花とわたくし | Comments(0)

GO!! GO!! ホリエモン GO!! GO!!

【2018年6月30日(土)】

 志ある若者に向けてホリエモンが著した本(ポプラ新書)。
e0358504_02211998.jpg
 そのタイトルどおり、彼が出資する会社が打ち上げたロケットが炎上。
e0358504_02212606.jpg



 2006年、証券取引法違反容疑で逮捕されたホリエモンは、裁判の末、2011年6月にモヒカン頭で小菅の東京拘置所に収監されたあと長野刑務所に移送され、1年9カ月のムショ暮らしでの刑期を務め、2013年3月27日に仮釈放で出所する。
 その2日後の3月29日、北海道大樹町航空公園で実施されたSNSロケット5号機「ひなまつり」の打ち上げ実験に立ち会うが­、点火はしたものの推進剤がエンジンに供給されず、発射することなく機体は炎上、爆発し­、打ち上げは中止になった過去がある。




 この男は、雨乞い踊りを踊ったからり雨が降るのではなく、雨が降るまで踊り続ける覚悟があるかどうかだけがキモであることを知っている男なので、この事業もいつかは成功するに違いない。

 GO!! GO!! ホリエモン GO!! GO!!



[PR]
by misaochan3x7 | 2018-06-30 13:23 | キャラ立ち | Comments(0)

夜の浅草六区を歩くの巻き。

【2018年6月22日(金)】

 この日、わけあって仕事帰りに浅草を訪れる。
 はじめて夜に足を踏み入れた六区のたたずまいは、大坂の174.png新世界にある174.pngジャンジャン横丁とも違う、単にアジアというにはもっとオルタナティヴな磁場に包まれている感じがして、ちょっとたじろいでしまったのだった。
e0358504_12464059.jpg
e0358504_12464943.jpg
 浅草の出自については、むかし読んだこの本で、もう一度確認しておくことにしよう。
e0358504_12492420.jpg
 結局、諸事情により所用は果たされなかったのだが、まだ晩ごはんを食べていなかったので、お初の177.png「カレーは飲み物・浅草店」に入店す。
 券売機で買ったのは、黒いカツカレー750円なり。
 ごはんは、サフランライスなのだ。いいね!!
e0358504_12502119.jpg
e0358504_12503160.jpg
 そんでもって、無料で選べる10種類の中から、①味玉②らっきょ⑨豆サラダバジル(風味)の3つをチョイス。
e0358504_12523965.jpg
 んが、しかし、カレーの味には無感動だったのが、自分でも意外だったのであ~る。117.png
e0358504_13052554.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2018-06-30 12:53 | 東京遺産 | Comments(0)

「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」とあの人はいうのだった。

 108.pngあの本が8万部突破だ!!
e0358504_01055809.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2018-06-28 01:06 | キャラ立ち | Comments(0)

「ふきだまり」(川崎のぼる著)とわたくし。

 最近は、新刊を中心に読み本を購入し、毎朝の通勤時間中に充実した時間を過ごしていたのだが、いよいよ読む物がなくなってしまったのである。
 仕事帰りに地元の書店の棚を覗いてみても、ピンとくる本がない。

 困った挙げ句、部屋中にある本のことをあれこれ思い巡らしていたら、未読のこの本のことを思いだしたのさ。
 そうだよ、川崎のぼるの「ふきだまり」なのさ。

e0358504_01324474.jpg

 地元の雑貨と古本を商うジャンクな店で10年以上前に(たぶん)買ってそのままにしていた本なのだ。表紙に150円の値札が貼ってある。
 けっこうレアな本が手に入ったという満足感に浸りながら、いつかは読もうと思って取っておいたその日が、ついに来たというわけなのである。
 あらすじを書くのがおっくうだし苦手なので、それは、このスレッドに譲る。

 ■【うちの本棚】第百三十三回 ふきだまり/川崎のぼる 

 雑誌連載は、174.png「週刊少年チャンピオン」で、短期連載(1970年3月~6月)だったようである。

e0358504_00335532.jpg

 冒頭、黒澤明の「天国と地獄」を想起させるシーンでのスタートだ。登場人物の設定もよく似ている。
 それに、同じ時期に「週刊少年ジャンプ」に連載中だった174.png「男の条件」(梶原一騎原作、川崎のぼる作画)とカブるようなシーンも垣間見られたほか、川崎のオリジナルスパイアクション作品「タイガー66」に出て来たキャラも登場するなどして、なかなかおもしろく読ませてもらったのである。

e0358504_01325021.jpg
e0358504_00340852.jpg

 本を開けてはじめて気づいたのだが、「ある浪人の死」、「悪魔博士」という短編2作品がボーナストラックとして付いていたのもお得な編集なり。

 余談だが、you tubeに、こんな意味不明の無音の動画がアップされていたよ。

 ■ふきだまり 川崎のぼる 1976年
 


 今回、あらためて気づいたのは、原作付きの作品(「巨人の星」、「長男の時代」etc.)であれ、オリジナル作品(「いなかっぺ大将」、「大平原児」etc.)であれ、この作家は「人情ドラマ」の作家であり、作品の根底に流れている「人情」という情感は、川崎の絵柄そのものから発露していたという発見なのである。
 あらゆる作品の底に、血の通ったどこかほのぼのと「ぬくい」ものを感じるのだ。
 なんだか、もう一度、川崎のぼるのいろんな作品を読んでみたくなってきたな。

e0358504_00342729.jpg
e0358504_00383732.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-06-28 00:15 | まんが道(みち) | Comments(0)

「ドカベン」最終回にまつわる報道合戦の行く末とわたくし。

 「ドカベン」がまだ連載を続けていたことに、まず驚く。
 そして、作者の水島新司が79歳のおじいちゃんになってしまったことに、もっと驚く。
 エーーーっつ!!

e0358504_23545679.jpg
 それにしても、「ドカベン」最終回にまつわる報道合戦は、ボクが目にした2紙の中では、日経新聞(朝刊)に軍配が上がる。

 177.png日経新聞(朝刊)2018.6.21(木)
e0358504_23300101.jpg
 
 177.png讀賣新聞(朝刊)2018.6.21(木)
e0358504_23301294.jpg
 「最終回は巻頭カラーを含めて計40ページの本編に加え、作品を振り返る水島さんの寄稿や年表などの記事を掲載する。」という日経新聞(朝刊)の記述がなければ、ボクはこの号を買ってみたいなとは思わなかったからだ。
あぶね~。

e0358504_01005962.jpg
 讀賣新聞(朝刊)しか見ていなかったらと思うと冷や汗が出るよ。
 連載開始の1972年4月、ボクは中3で14歳だった。
 46年が経ち、14歳の少年は、文字どおりおじいちゃん(14+46=60)になってしまったのである。
 夢か!? 現(うつつ)か!?

e0358504_23344073.jpg
e0358504_23351199.jpg
e0358504_23351842.jpg
e0358504_23352479.jpg
e0358504_23353024.jpg
e0358504_23353598.jpg

e0358504_23375917.jpg

 


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-06-26 23:38 | まんが道(みち) | Comments(0)

マンガの神様 手塚治虫とわたくし。

 先日、Amazonで買った手塚治虫関係の本2冊。
 177.pngPen 2018年 3/1 号[生誕90周年 マンガの神様 手塚治虫の仕事。]

e0358504_23102841.jpg
 
 177.png手塚番 ~神様の伴走者~ (小学館文庫)
e0358504_23112656.jpg
 手塚治虫生誕90周年。
 そうか、病没から30年が経ったのか。

 それにしても、いまだに呼称が「マンガの神様」か。
 軽いんだよ、すべてが。
 そう呼ばれるマンガ自身にとっても、手塚治虫自身にとっても。
 この国の文化の貧困をいかにせん。

e0358504_23150260.jpg
 どうせなら、「マンガの軍神」とした方が、重みも出ようというものだが、いかがであろうか、ご同輩。
e0358504_23515111.jpg

 それにしても、この108.png掛け軸も悪趣味だよな。アトムのデッサン、完全に狂ってるし。
 誰が買うのであろうか。
 原画担当の白道(はくどう)って誰だ!?

e0358504_23184321.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-06-26 23:17 | まんが道(みち) | Comments(0)

母からのメールの巻。

 携帯に届いた素敵なジャンクメール。

 「母より」

 あのな、うちのかーちゃん、メールできねーんだよ。(笑)

e0358504_07295817.png

[PR]
by misaochan3x7 | 2018-06-21 07:30 | キャラ立ち | Comments(0)

憲法フォークジャンボリーin東葛に行って来ましたよん♪の巻。

【2018年6月17日(日)】

 「第1回 憲法フォークジャンボリーin東葛」開催。
 これからだね!!
e0358504_14452114.jpg
e0358504_14453008.jpg
e0358504_14453842.jpg
e0358504_14455215.jpg
e0358504_14463886.jpg
e0358504_14464837.jpg
e0358504_14465985.jpg
e0358504_14470959.jpg
e0358504_14472086.jpg
e0358504_14473071.jpg
e0358504_14474006.jpg
e0358504_14475210.jpg
e0358504_14482998.jpg
e0358504_14485236.jpg
e0358504_14490136.jpg
e0358504_14491630.jpg
e0358504_14493637.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2018-06-18 23:12 | 音楽とわたくし | Comments(0)

“うたいつづけるあじさいライブ2018”に行って来ましたよん♪の巻。

【2018年6月10日(日)】

 177.pngうたいつづけるあじさいライブ2014 

 177.pngうたいつづけるあじさいライブ2015 

 177.pngうたいつづけるあじさいライブ2016 

 177.pngうたいつづけるあじさいライブ2017 

 そして、“うたいつづけるあじさいライブ2018”なのだ。

e0358504_10222405.jpg
e0358504_10225331.jpg
e0358504_10552300.jpg
e0358504_10553282.jpg
e0358504_10554398.jpg
e0358504_10555280.jpg

 3人寄れば、そこはもう社会である。
 社会とは人間関係であり、軋轢であり、妥協であり、葛藤であり、そして何より調和を求められる世界なのである。ボクの不得手な世界なのだ。(><)
 さて、ボクがこのグループをはじめて知ったのは、169.png2010年のことだから、8年くらいのおつきあいなのだが、グループはそのずいぶん前から活動しているそうなので、同じメンバーで活動を維持していくことの大変さは、想像に余りあるのである。

 さて、会場は、おなじみの大久保にある「東京労音R's アートコート」。

e0358504_10265197.gif
 あ、いつの間にかこげな案内版が。
e0358504_10291793.jpg
 あいにくの雨だが、地球に雨は必要なのだ。
e0358504_10294797.jpg
e0358504_10370873.jpg
e0358504_10372060.jpg
e0358504_10375264.jpg
 1階ロビーには、今年も山梨県北斗市から出張販売に来られた「くまのパンやさん」が出店。(下の写真の左側)
 休憩時間、ボクも呼び込みのお手伝いをしましたぜ。
e0358504_10380766.jpg
 では、ステージの模様をアーカイブ。
e0358504_10425344.jpg
e0358504_10434919.jpg
e0358504_10440255.jpg
 今回のゲストの渡辺善行さん。
 ハンディキャップを微塵も感じさせない、軽やかでしなやかな生き方が歌に現れていて、すばらしい!!
e0358504_10441623.jpg
e0358504_10451561.jpg
e0358504_15115060.jpg
e0358504_10453434.jpg
e0358504_10455257.jpg
 VIVA あじさい!!
 VIVA MUSIC!!


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-06-17 02:06 | 音楽とわたくし | Comments(0)