<   2018年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

オリジナル・ソング・コレクション@ 「じみへん」 に参加してきましたの巻。

【2018年9月26日(水)】

 まいどおなじみ東中野の音楽酒場 「じみへん」 。
 この日の夜、オリジナル・ソング・コレクション〟と題した企画に初参加す。

e0358504_00303598.jpg
 入店時、すでに先客の方の演奏は終わろうとしていたのだった。
 続いて、写真の順番に、上から、ハリーさん、江戸屋五郎八さん、177.pngStanding Birds、けんさん、飛び入りのギターと歌の方、キーボードと歌の方の歌と演奏が続く。
e0358504_17043457.jpg
e0358504_17044346.jpg
e0358504_17045075.jpg
e0358504_17050898.jpg
e0358504_17051531.jpg
e0358504_17052197.jpg

 そして、僭越ながら、トリはボクという順番なのだった。

 2015年11月からオリジナルの日本語の曲をつくりはじめたこのボクも、2018年8月作の最新作を含めて、いまや、オリジナル5曲を擁するシンガー・ソンガ―なのである。
 もう少し拡大解釈するなら、戦前のアナキストであった177.png大杉栄の詩にボクが曲をつけた2曲(2012年12月実作)と、ブラームスの曲に日本語の歌詞をつけた戦前の流行歌の歌詞を完全に書き換えたカバー曲(2018年1月実作)もおまけとしてあるのである。

 というわけで、この日は、日本語のオリジナル曲2曲とブラームスの曲に日本語の歌詞をつけた戦前の流行歌の歌詞版の曲、そして、そのブラームスの曲に日本語の歌詞をつけた戦前の流行歌の歌詞を完全に自分流のラブソングに書き換えた曲の4曲を披露したのであった。

 おっと、その前に、この企画にはお初の参加だったので、こけおどしな名刺代わりに、この曲をアコギで弾きながら1コーラスだけ歌って “つかみ” としたのであ~る。



 それにしても、自分のオリジナル曲を持っているということは、何と素晴らしいことであろうか。
 一芸があるということは、実に誇らしいことである。この日は、それを実感することだできた夜だった。

 177.pngPS.
 飛び入りのギターの方の歌とギターは、なかなか素晴らしいものだった。ギターの鳴りがものすごくよくて、ビックリ!! おまけに、ボーカル力もあったしね。
 ボクはこの方が使い終わった店のギターを使ったんだけど、どうやら変則チューニングだったらしくて、音が変な調子だったので、すぐに別のギターに変えたのだった。
 通常、ギターは、5弦の2フレットと4弦の2フレットを抑えるとEm(イーマイナー)というコード(和音)になるのだが、この方は、その指の押さえを3フレット目で構成してちゃんと何かの音を出していたのである。実に不思議な方であったのだ。

e0358504_17255196.png


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-09-30 17:05 | 音楽とわたくし | Comments(0)

樹木 希林の旧芸名が悠木 千帆であることは知っていたのだが、前夫が岸田 森であることを知ったのは、つい最近のことであったのだ。

 樹木 希林さん、(本名 内田啓子さん)2018年9月15日2時45分、東京都渋谷区の自宅で家族に看取られ逝去。享年75歳。
 旧芸名が悠木 千帆であることは知っていたのだが、117.png前夫が岸田 森であることを知ったのは、つい最近のことであったのだ。
 それにしても、いま見ると、いや、いま見るからこそ、この芸のインパクトは爆発的なのだ。
 1974年(いまから44年前)の悠木 千帆氏のパフォーマンスである。






 それにしても、おさげにするとこんなにかわいい人だったとは。

e0358504_21471823.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-09-24 21:47 | キャラ立ち | Comments(0)

B'z30TH YEAR新聞広告。

【2018年9月23日(日)】

 稲葉も松本も、腹が出ちょらんのぉ~。
 やっぱり、ロッカーは、腹が出ちょったらいけんのんじゃのぉ~。

 177.png讀賣新聞(朝刊)2018年9月23日(日)

e0358504_21174575.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-09-24 21:18 | キャラ立ち | Comments(0)

そろそろ退屈してるんじゃないのか、安室奈美恵。

【2018年9月23日(日)】

 三連休の中日(なかび)、そして安室奈美恵の引退(9月16日(日))からちょうど1週間なのだ。

 大見得切って引退した以上、そう簡単には復帰できないだろうと思うのは所詮常人のセンスで、そもそも河原者のセンスは常軌を逸しているのだから(だからこそ、傾(かぶ)けるのである)、そろそろ復帰を考えているのではなかろうか。

 いまごろ家で退屈してるんじゃないのか、安室。

e0358504_13320064.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-09-24 13:32 | キャラ立ち | Comments(0)

「フライング・ミミオ・ハンド」 主催のオープンマイク@久松温泉 開催記。

【2018年9月22日(土)】

 「フライング・ミミオ・ハンド」 ことわたくしの生誕60周年を記念して開催するオープンマイク企画第2弾。

e0358504_12302978.jpg

 場所は、池上線 「池上駅」 にある銭湯の 「久松温泉」 の2階にある宴会場なのである。

e0358504_12305910.jpg
e0358504_12311037.jpg

 125.png過去の利用例
【2016年10月22日(土)】久松温泉@池上で音楽仲間と宴会を開催しましたの巻。

e0358504_12311576.jpg
【2017年8月14日(月)】雨の日は池上の 「久松温泉」 にいて。

 117.pngすでに9月2日(土)に、東中野の音楽酒場 「じみへん」 で第1弾を開催しており、この時、来ていただきたい方にはだいたいお越しいただいているので、この日の来場は、何人になるのかまるで読めなかったとです。
 で、結局、この日お越しいただいた善男善女は、男子2名、女子2名の4名なのであった。
 あいにく、持参したデジカメの調子が悪く、携帯電話のカメラを使って撮影した画像も、うっかり手違いで全部削除してしまったので、残念ながら写真はありまてん。
e0358504_12351507.png
 荷物が多かったので、ギターは誰かが持参してくれるものと期待して持って行かなかったのだが、結局、この日の来場者は誰もギターを持参していなかったので、この日ステージに立った全員は、アカペラでの演奏を敢行したのだった。

 来場者の方全員に、記念のTシャツを進呈。
e0358504_12304187.jpg
 そして、いつもここで宴会をすると、 「久松温泉」 のオーナーの方から、ビールの差し入れをいただくのである。
 この日は、瓶ビールを3本いただいたので、オーナーの方と、2階のお世話係りの女性の方に、お礼にTシャツを差し上げたのであった。
e0358504_12373911.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-09-24 13:25 | 音楽とわたくし | Comments(0)

「つぶやき岩の秘密」 の主題歌は、 「遠い海の記憶」 というのか。

【2018年9月17日(月)・

 3連休の最終日である。敬老の日なのだ。
 朝、目覚めると枕元にお孫ちゃんのさくらが立っていた125.png今年の元旦の椿事(ハプニング)が再来し、ボクと奥さんの老を敬してくれれば、かなりおもろい一日になるのになと思っていたのだが、あいにくそのような日にはなりませんでした。

 さて、朝から30度を超す夏日となりぬ。
 午後3時半頃まではそんな調子だったのだが、午後4時頃になると日はすっかり陰ってしまい、おそらく十数年ぶりに地元のプールに行って帰宅した午後5時頃から雨が降り始めたのだった。
 やっぱり、体を動かすときもちがいいな。
 わかってはいるのだが、なかなかそんな気分になれなかったこの十数年なのだった。

 ところで、唐突だが、夏の終わりにふと思い出したのが、174.pngNHK少年ドラマシリーズ「つぶやき岩の秘密」(1973年7月放映)である。
 放送当時観たドラマの記憶はなく、いまは、石川セリが歌う主題歌だけが記憶に残っているだけなのだ。


 

 それにしても、いまやありがたいことに、第1話と最終回の映像を観ることが出来る世の中になったのである。
 世の中は悪くなっているという人がいる。人間の脳は、どうやら将来を不安視するようにできているようだが、テクノロジーの進歩は、人の生活を確実に便利なものにしているのである。
 そこだけを切り取れば、世の中はよくなっているといえるのだ。

 


 


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-09-17 20:10 | キャラ立ち | Comments(0)

閉店した 「バーガーキング新高円寺駅前店」 がラーメンチェーン店 「日高屋」 に変身するの巻。

【2018年9月16日(日)】

 117.png今年の6月に 「バーガーキング新高円寺駅前店」 の閉店をお知らせし

e0358504_11505353.jpg
さらに125.png8月には、そこがラーメンチェーン店 「日高屋」 になることはお伝えしましたよね、ブラザー。

 というわけで、 「熱烈中華食堂 日高屋 新高円寺店」 の開店なのである。
e0358504_11462444.jpg
 この店で唯一ボクが食べたいメニューは、冷やし麺(俗にいう冷やし中華)だけなのだが、あいにく店頭のサンプル棚にはその姿を見つけることができなかったので、もう夏のメニューから外されてしまったようなのだ。 
 なので、ボクがこの店を訪れるのは、来年の夏のことになりそうなのである。
 その頃まで、店よ、どうか持ちこたえていておくんなまし。
e0358504_11475063.jpg
e0358504_11480236.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-09-17 11:48 | ご近所アーカイブ | Comments(0)

夜のルック商店街。店じまいをしてしまった本屋とアニマル洋子のこと。

【2018年9月14日(金)】

 所用ありて、仕事帰りにチャリを走らせる地元新高円寺の夜のルック商店街。

e0358504_11061594.jpg
 西郊の場末なまちには、ひとかげもまばらなのだ。
 さて、煌々とあかりがともる朝日電気工業(写真下の左の店)の右隣にあるシャッターを半分閉めた暗い店は、元は本屋だったのである。
e0358504_11062776.jpg
e0358504_11063671.jpg
 ボクら一家が、それまで住んでいた板橋区を逃れて杉並区に引っ越してきたのは、息子が小学校に上がる1992年のことだった。
 この店はその頃からここで商売をされていたのではないかと思う。
 以来、26年。ネット通販の爆発的な拡大の影響などもあり、とうとう店を閉めることにされたようなのだ。
 店の棚から、すっかり本は取り払われていて、店の奥にはご主人と思われる方の姿があった。営業中の奥さんの姿を見たこともある。
 残念ながら、ボクはこの店で本を買ったことはない。
 この店のよい客になれなかったことを悔いても、もう遅いのだが、ちょっとさびしい気持ちになってしまうのだ。
 店がなくなる時になってはじめて、その店のことを考えるなんて手遅れだよな。

 そして、アニマル洋子(写真下)の前を通りかかると、珍しく営業中であった。
 2016年5月から、ボクは、毎週土・日には必ずこの店を訪れて店頭の100円棚を物色する習慣をやめてしまったのだが、それを境に、何だかこの店の開店日が不定期になった気がするのである。
 この日、店頭の100円棚の中から、講談社手塚治虫全集52 「旋風Z」 (1978年第1刷)を100円で購入す。
e0358504_11064625.jpg


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-09-17 11:11 | ご近所アーカイブ | Comments(0)

みなと合唱交流 @田町リーブラ に参加してきましたの巻。

【2108年9月9日(日)】

 108.png昨年に続き、DMM.タガメで2度目の出場。

e0358504_12350343.jpg
e0358504_12352100.jpg
e0358504_12354782.jpg

 実は、今回のステージは、次のステップである 「2018東京のうたごえ合唱発表会@福生市民会館 2018.9.29(土)~30(日)」という上位のイベント(直下のチラシ参照)への出場団体を選ぶ選評会を兼ねているのである。

 合唱団が7組もいるのは、そういうわけなのだ。つくりとしては、昨年と同様である。

e0358504_08312789.jpg
 で、そのに7組に交じって、バンドでの出場はわがチームだけであり、異色の存在ではあるのだ。
 残念ながら、今回は、リードギターのどんぐりさん(写真下、左)が仕事で参加できず、3人のメンバー(写真下、左から、ボク、正子さん、タガメさん)での出場となりぬ。
e0358504_12465012.jpg
 本来、わがチームは、どんぐりさんのリードギター、ボーカルのボク、コーラスの正子さんというアコーステックバンドの編成に、タガメさんの三線を取り入れたアンサンブルを最大の〝特異点〟としているバンドなのである。

 その三線のタガメさんがギターに回らざるを得なかったことで、他の合唱団との差別化を図る上でのわがチーム最大の〝売り〟であるその〝特異点〟を生かせなかったことは、返す返すも無念なのだった。

 それにしても、なんちゅ~か、本中華。



 実は、ボクは、何年か前に、とある合唱団に乞われてメンバーとして合唱活動に参加したことがあるのだが、合唱団というのは、〝練習と歌唱指導〟が、一種、修練の場と化していることがわかり、ほうほうのていで退団した経験があるのだ。

 まったくもって、この〝練習と歌唱指導〟には、つくづく辟易したものである。
 何事も体験であるというのであれば、まあ、ある種の体験はできたのである。


 というわけで、〝練習と歌唱指導〟を是とする合唱団だらけの周囲のこの環境に対抗するには、 「あいつら、合唱団とちがって、〝練習と歌唱指導〟に縛られないで、ほんとに楽しそうに音楽やってるな~」 と思わせるしかないのだというのが、今回の実感だったのである。
 いかに楽しく音楽をやるか。そして、このメンバーで、いかに傾(かぶ)くかが問われているのである。

 今回、3名の講評員によって4つの合唱団が推薦を受け、次の次のステップである 「2018東京のうたごえ合唱発表会@福生市民会館 2018.9.29(土)~30(日)」 に駒を進めることとなった。
 残念ながら、わがDMM.タガメはこの選にもれてしまったのだが、敗因は、正規の4人のメンバーによる三線を取り入れたアンサンブルという〝特異点〟と、この4人による傾(かぶ)きの様(さま)を生かせなかったことである。
 このままでは、結局、「かませ犬」でしかない。
 もし、このチームで来年も出場するのなら、捲土重来、合唱団ではできない傾(かぶ)きを見せつけるしかないのだと痛感したのだった。
 
 その時のMCは、 「〝練習と歌唱指導〟が嫌いな惑星からきたDMM.タガメです」 として、わがチームのスタンスをはっきり宣言しようと思うのだ。

e0358504_13051083.jpg
 ところで、目の前に三脚を立ててヴィディオ(?)撮影するおっさんがいるので、なかなかステージの写真が撮れなかったのである。
e0358504_12364306.jpg
e0358504_12365704.jpg
e0358504_12371352.jpg

[PR]
by misaochan3x7 | 2018-09-17 10:34 | 音楽とわたくし | Comments(0)

わけあってお孫ちゃんの琉誠の様子を見に行くの巻。

【2018年9月8日(土)】

 この日、わけあってお孫ちゃんの琉誠の様子を、奥さんの車に乗って見に行く。
 1歳をちょっと過ぎたのだが、立てはするけどまだ歩けない様子なり。

e0358504_11354853.jpg
e0358504_11362598.jpg
 ふたりの姉たちへのおみやげは、たこやきとした。
e0358504_11363997.jpg
e0358504_11365028.jpg
 だから、そのピースはやめろって。
 


[PR]
by misaochan3x7 | 2018-09-17 10:31 | お孫ちゃん物語 | Comments(0)