あじさいとわたくし。

【2018年5月20日(日)】 

 おっ、早くも満開の近所のあじさいだ。
 今度は、雨の日のしっとりとした写真を撮ることにしよう。
e0358504_00340295.jpg
e0358504_00341279.jpg


[PR]
# by misaochan3x7 | 2018-05-21 00:34 | 花とわたくし | Comments(0)

どうぶつヨーチとわたくし。

 3月29日(木)、すなわち、60歳の誕生日の前日、筋痛症の治療を始めた高円寺の診療所のカウンセラー氏の助言に従い、1977年に大学入学のために上京してから開始した飲酒の習慣を、今後の治療の結果のことを考えて、きっぱりやめることにしたのであ~る。

 飲みも飲んだり41年。飲むとついつい深酒をすることになるので、やめ時はここかもしれないなと思ったのだ。
 なので、誰かと飲み屋に入る時は、いまはウーロン茶だ。
 東中野にある行きつけの音楽酒場「じみへん」も、いままではウィスキーのボトルをキープしてハイボールにして飲んでいたのだが、いまや、店にいる3時間はコーヒー1杯で全然平気になってしまったのである。

 もともと甘党のボクなのだが、そいうわけで、最近はますます甘いものを食べる機会が増えてしまったのだ。
 で、最近ハマっているのが、このお菓子。どうぶつヨーチ。108円(税込)。
 ビスケットの上にかかった砂糖の甘さ、それに、サクサクしたビクケットとガリっと割れる時の砂糖の食感がタマらんです。
e0358504_00170433.jpg
 ヨーチってどういう意味かなって気になって調べてみたら、108.png何じゃいこの回答は!!
 ぎゃふん!!
e0358504_00304509.jpg

[PR]
# by misaochan3x7 | 2018-05-21 00:21 | 食べローグ | Comments(0)

西荻窪の夜を歩く。

【2018年5月18日(金)】

 写真家の荒井眞治さんから、写真展案内のDMハガキをもらったので、この日、仕事帰りに会場のある西荻窪に赴く。

e0358504_20165291.jpg
e0358504_20170377.jpg

174.png荒井眞治さんに関する自ブログ関連スレッド

【2014年6月2日(月)】
【2015年2月15日(日)】

 会場は、125.png「SAWYER CAFE」

 カフェの中に入って気づいたのは、この日は、写真集の出版記念パーティーも兼ねていたらしいってこと。
 なので、店の壁に掛けられていた写真の額をぐるっと見回す程度にして、荒井さんには悪いけど、挨拶もせず、そそくさと退散す。

e0358504_20173240.jpg
e0358504_20173956.jpg
 というのは、前にもどこかで書いたのだが、ボクはパーティーというのがものすご~く苦手なのである。
 知らない人が多い場合は、会話の糸口が見いだせず、これが苦痛の極みなり。
 たとえ知っていた顔があったとしても、知り合い同士だけで固まっているのも何だか社交性に欠けた人間だと思われるのも、至極残念な気分なのだ。
 何しろ、パーティーの客になったときのボクの〝疎外感〟はハンパなく、むしろ、主催者側になって客をあしらう立場の方が水を得た魚というタイプなのであ~る。

 というわけで、ほうほうのていで会場を辞し帰宅することにして、西荻窪南口の商店街を駅の方に向かって歩き出す。
 あのですね、このクリーニング屋は、そのむかし、「新星堂」というCDショップだったんですよ。

e0358504_20191000.jpg
 そして、黄色く囲んだこの真ん中の建物には、かつてボクが牛馬のように使役され働いていた無添加パン工房があったのデス。
e0358504_20225881.jpg
 店はずいぶん前に閉店(廃業)したのだが、いまは何に使われているのだろうか。シャッターが閉まっていて、それはわからない。
 建物全体が新しく改装されている様子。
 おんや? その建物の右側に階段が作られているぞなもし。ボクが働いていた頃、こんな階段はなかったんよね。
 それに、3階に灯りがともっているけど、そこは事務所なのか、住居なのか。
e0358504_20242694.jpg
 そして、その隣の店は瀬戸物屋なのだが、こちらもシャッターが閉まっていて、営業を続けているかは不明なのだ。
 というわけで、プチな感傷的気分にひたりつつ、帰りの駅までの道筋を旅したボクなのだった。


[PR]
# by misaochan3x7 | 2018-05-20 06:48 | 自分遺産 | Comments(0)

キミは、「マスクマン0」と「ネオマスク」の区別がきちんとつけられるか?

 いったいキミは、「マスクマン0」と「ネオマスク」の区別がきちんとつけられるのか?

e0358504_13445739.gif
 ボクは、NOだな。
 並べて比べないと区別がつかないのさ。
 というわけで、並べて区別できるようにしようと思ったってわけなのさ。
 174.pngマスクマン0 (月刊冒険王/1971年~1972年まで連載) 原作:小池一雄 漫画:小畑しゅんじ
e0358504_13460932.jpg
e0358504_13462235.jpg
e0358504_13463322.jpg
 174.pngネオマスク (週刊少年チャンピオン/1972年7号~29号連載) 原作:辻真先 漫画:小畑しゅんじ

e0358504_13471846.jpg
e0358504_13470981.jpg
e0358504_13500270.jpg
 連載時期がオーバーラップしていることに加え、キャラクターのコスチュームが似すぎている上に、ともにSFマンガであり、同じ漫画家が原作付きで描いている点も大いに紛らわしいのである。


[PR]
# by misaochan3x7 | 2018-05-19 13:48 | まんが道(みち) | Comments(0)

桜とあじさい。

【2018年5月19日(土)】

 自宅の近所にある桜とあじさい。
 このあじさい(4月22日(日)撮影)は、桜の木の下を居場所に生きているのである。

e0358504_12283861.jpg
 冬の間は、まったくの枯れ木と化して〝死に体〟を装っているのだが、新緑の季節になると、見まごうばかりに元気をみなぎらせ、やがて来る雨期に備えているのである。
 まったくもって自然とは恐ろしいものよ。
 さっき撮って来た写真(下)を見ると、だんだん花が大きくなって来たぞ。
 ボクは、あじさいが大好きなのだ。
e0358504_12284860.jpg

 そして、下の写真は、これも4月22日(日)撮影の緑したたる葉を繁らせた桜の姿。

e0358504_12291688.jpg
 だが、最近、この桜は、枝を刈られて、下の写真のように丸裸になってしまったのだ。
e0358504_12292365.jpg


[PR]
# by misaochan3x7 | 2018-05-19 12:29 | 花とわたくし | Comments(0)